「セイコードリームスクエア」が銀座にオープン。セイコーブランド時計の魅力を国内外に発信

腕時計ブランドなどを展開するセイコーウオッチ株式会社は、新しい小売施設「セイコードリームスクエア」を12月20日に銀座でオープンすることを発表しました。

同施設では、セイコーのシンボルである銀座和光の時計塔内部をコンセプトにしたミュージアムや、低〜中価格帯の腕時計ブランドを販売。インバウンド需要を呼び込むために、多言語での接客なども充実させます。

セイコーウオッチは、同施設で上質なエンターテインメント空間を演出。セイコーブランドを、国内外へ発信する拠点の一つとして確立する考えです。

各フロアでは販売するブランドごとに世界観を演出

「セイコードリームスクエア」は、4フロアで構成される体験型の小売施設です。

1階のミュージアムでは、「見て、触れて、体験」できる場所として時計の魅力を伝えます。2〜4階は、セイコーブランドの腕時計を販売するフロアです。

具体的には、

  • 2階:プロスペックス(PROSPEX)
  • 3階:プレザージュ(PRESAGE)とルキア(LUKIA)
  • 4階:アストロン(ASTRON)

の主力4ブランドを販売。フロアごとにブランド独特の世界観が、内装やデザインで演出されています。

セイコーウオッチは同施設の他にも、

  • 高価格帯の充実した「和光本館」と「セイコープレミアムブティック 銀座」
  • グローバルブランドを幅広く揃える「セイコーブティック」

の3店舗を銀座で展開。今回オープンする「セイコードリームスクエア」では、低〜中価格帯のブランドを販売し新たな顧客層の獲得を狙います。

2020年の東京オリンピックに向けて、他にも時計専門館をオープンしている企業があるようです。次の章では、東京の日本橋地区にオープンした、高島屋の時計専門館についてご紹介します。

高島屋が時計専門館をオープン、インバウンド需要の取り込みを狙う

高島屋が、2015年10月に時計専門館「タカシマヤ ウオッチ メゾン」をオープンしました。同施設では、国内最多規模となる80強のブランドで約3,000種類の商品を取り揃えます。

取り扱う商品は、ロレックスやオメガなどの有名ブランドに加え、パテックフィリップやリシャール・ミルといった高級品などがメインです。

また、訪日客が購入しやすいように免税手続きができるカウンターを設置。旅行ツアー客に備え、隣接する場所に大型観光バスが待機できる駐車場も確保しています。

これらの試みにより、高島屋は高級品を好む訪日中国人や富裕層をメインターゲットとして獲得する見込みです。

インバウンド需要の拡大が期待される日本では、こうした時計業界の発展が注目されています。近年では、高級時計のネット販売などが好調に推移。実店舗でも顧客を獲得するため、魅力的なブランディングが求められます。

その他の銀座でのインバウンド施策について詳しく知りたい方は「銀座三越、地下1階の化粧品売り場に最新の案内板を設置。訪日客向けに多言語対応」をご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38373680Q8A131C1TJC000/

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP