YouTuber「クリス・ブロードさん」の日本自転車旅。地方へのインバウンド集客になる理由を解説

「YouTuberのクリス・ブロードさんって誰だろう。日本自転車旅ってどんな企画なのかな…」

と感じている方。

クリス・ブロードさんは、日本に住む外国人YouTuberの1人です。日本の食事や文化についての動画を配信しているため、外国人のファンも少なくありません。

そして今回、クリスさんは日本を自転車で横断しながら、YouTubeで配信する旅に取り組んでいます。このようなインフルエンサーの配信は、地方の魅力を多くの人に伝えるため、インバウンドの集客につなげることができます。

とはいえ、具体的な旅の内容は、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • YouTuber「クリス・ブロードさん」の日本自転車旅とは
  • 地方がインフルエンサーの協力を得るメリット
  • インフルエンサーとの企画で知っておきたいインバウンド用語

を紹介します。

「インフルエンサーが地方に来てくれるのかな…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは、クリスさんの日本自転車旅からざっくりと紹介します!

YouTuber「クリス・ブロードさん」の日本自転車旅とは?

YouTuberのクリス・ブロードさんが10月より、レッドホースグローバル株式会社の協力をもとに、日本自転車旅をスタートしています。

この企画では山形県から鹿児島県までを、クリスさんが自転車で横断します。

そして旅の最中に、各エリアの

  • 観光スポット
  • アクティビティ
  • 食事

などを動画で紹介します。

目的は、インバウンド客に地方の魅力を伝えること。

というのも、観光庁は目標として「2020年には4,000万人の訪日外国人を集客すること」を掲げています。

出典:観光庁「訪日外国人旅行者の受け入れ環境整備」
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/ukeire.html

実際に2017年には約2,800万人を突破し、4,000万人も遠くはありません。

出典:日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数(総数)」
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_tourists.pdf

しかし、インバウンド客の訪問先は東京や大阪の首都圏が中心です。地方には、まだまだ観光客を集客できていません。

そこでYouTuberが地方の集客につなげるために、日本の各エリアの魅力を発信することに。外国人の視点で紹介することが、地方の集客につながると考えています。

YouTuber「クリス・ブロードさん」とは、欧米豪で人気No.1のYouTuber

クリスさんは、日本に住む外国人YouTuberの1人です。

2018年時点でチャンネル「Abroad in Japan」の登録者は109万人にものぼり、注目している外国人の観光客も少なくありません。

クリスさんは2012年、山形県に移住しました。現在は仙台市に住みながら、東北を中心に日本の魅力を動画で紹介し、特に英語圏の外国人から人気を集めています。

日本自転車旅を発信する4つの媒体

クリスさんは、自転車旅の様子を主に以下の4つで配信します。

YouTubeの人気が最も高く、実際にスタートから1ヶ月で、動画の再生回数は320万回を突破しています。それぞれの動画も、30万回ほどの再生を記録しており、まだまだ人気はとどまるところを知りません。

このように、YouTuberの発信をもとに地方をアピールすることは、有効なインバウンド対策の1つです。

とはいえ、本当に効果があるのか、なかなかわかりにくいですよね。

そこで次は、地方がYouTuberと協力するメリットを、詳しく解説します。

クリス・ブロードさんの日本自転車旅のように、地方がYouTuberと協力するメリット

YouTuberと地方が協力するメリットとして、

  1. 英語などの翻訳を必要としない
  2. 一度に多くの人にアピールできる
  3. 外国人目線でのインバウンド対策ができる

の3つを紹介します。

1.英語など外国語への翻訳を必要としない

外国人YouTuberは、もともと英語やフランス語、中国語などの母国語を話します。そのため私たちが翻訳作業をしなくても、自然と英語をはじめとする外国語での発信が可能に。

また日本語のできるYouTuberであれば、日本語字幕をつけることも可能です。多くの言語に対応することで、より多くの観光客に動画を配信できます。

2.一度に多くの人に地方の魅力をアピールできる

YouTuberなどのインフルエンサーは、多くのファンを抱えています。

例えばクリスさんであれば、YouTubeのチャンネル登録者だけで109万人ものファンが動画を楽しみにしています。一度の動画配信だけで、これらの見込み客へ地方の魅力を伝えることが可能です。

またこのプロジェクトの参加インフルエンサーは、クリスさんだけではありません。ほかにも、海外で人気のあるYouTuberなどが参加しており、彼らの合計フォロワー数は約458万人にものぼります。

一度にこれだけ多くの外国人にアピールできることは、インフルエンサーだからこそできることです。

3.外国人目線でのインバウンド対策ができる

外国人YouTuberに協力してもらうことで、インバウンド客の目線にあわせたおもてなしが実現します。

日本のインバウンド対策は、どうしても日本人の目線になることが少なくありません。

例えば日本人と外国人には、魅力的に感じる日本文化に、以下のような違いがあります。

【日本人】

  • 落語
  • 伝統工芸品
  • 神社やお寺

【外国人】

  • 日本食
  • アニメやマンガ
  • トイレの機能性

出典:内閣府「国のクールジャパン戦略の最新状況~クールジャパンを活かした地域づくり~」
http://www.cao.go.jp/cool_japan/local/seminar4/pdf/siryou.pdf

「自分たちが魅力を感じているから、きっと外国人も楽しめるはずだ」勘違いしたまま発信活動をしても、正直なところインバウンド客の心には響きません。

そこで外国人に協力してもらうことによって、これらの差をうめることができます。

インバウンド客には特に、「日本食」などコト消費のアピールが効果的です。詳しい事例は「動画を使ったインバウンド対策の事例3つ。日本旅行に興味を持つきっかけを作るコツとは?」
で紹介しています。

ここまで、外国人インフルエンサーの協力を得るメリットをお伝えしました。

最後に、インフルエンサーとのプロモーションや地方への集客に関するインバウンド用語を紹介します。

YouTuber「クリス・ブロードさん」の日本自転車旅に関するインバウンド用語

覚えておきたいインバウンド用語として、

  1. ファムトリップ
  2. 旅マエ・旅ナカ・旅アト
  3. DMO

の3つを解説します。

1.ファムトリップ

ファムトリップとは、「訪日外国人を呼び込むことを目的としたプロモーションツアー」です。

ファムトリップでは、YouTuberやインスタグラマー、海外メディアなどを招待し、旅行の様子を発信してもらいます。これにより、まだ日本を訪れたことのない外国人にアピール可能です。

詳しい概要や事例は「ファムトリップとは?海外のメディアやインフルエンサーと協力して、インバウンド客の増加につなげる」をご一読ください。

2.旅マエ・旅ナカ・旅アト

旅マエ・旅ナカ・旅アトとは、「訪日外国人の旅行を3つのシーンにわけた用語」です。

具体的には、

  • 旅マエ:訪日旅行の計画
  • 旅ナカ:訪日旅行の最中
  • 旅アト:訪日旅行から帰国したあと

の3つであり、動画のプロモーションは、旅マエに当てはまります。この考え方は、プロモーションを考える際には欠かせません。

詳しくは「旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!」で解説しています。

3.DMO(Destination Management Organization)

DMOとは、「地域がインバウンド観光を主導していくための組織」です。

民間と行政が協力して観光地を盛り上げようとすることで、ノウハウやデータにもとづいた確実なインバウンド対策が可能です。

詳しくは「DMO(Destination Management Organization)とは?地域においてインバウンドを獲得する仕組みを解説」をご一読ください。

YouTuber「クリス・ブロード」さんの日本自転車旅のように、発信力を集客につなげる

今回はYouTuber「クリス・ブロード」さんの日本自転車旅を紹介しました。

おさらいすると、クリスさんは日本に住む外国人YouTuberの1人です。そして2018年の10月から、日本を自転車で横断する旅に取り組んでいます。

このように、地方の集客のためにインフルエンサーの協力を得ることは、

  • 英語などの翻訳を必要としない
  • 一度に多くの人にアピールできる
  • 外国人目線でのインバウンド対策ができる

の3つのメリットがあります。

そして、このようなインバウンド対策と似た言葉として、

  • ファムトリップ
  • 旅マエ・旅ナカ・旅アト
  • DMO

の3つを紹介しました。

たくさんあるプロモーション方法から、あなたの地方にあった方法で、インバウンド客の呼び込みに取り組んでみましょう。

またこれらの対策は、「インバウンドプロモーション」といいます。インバウンドプロモーションについて詳しくは、「インバウンドプロモーションとは?インバウンド獲得に必要なポイントやおすすめプロモーション会社まで解説」をご一読ください。

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. ハラルフードとは?豚肉やアルコールを使わない日本食の提供で、ムスリムの集客につながる

  2. オプショナルツアーとは?着物体験やスキーなどコト消費をアピールすれば、地方を訪れるきっかけとなる

  3. 広島平和記念資料館がインバウンドに人気の観光地ランキングで第3位に輝いた4つの理由

  4. 新宿歌舞伎町「ロボットレストラン」がインバウンド集客に成功した4つの理由とは?口コミやSNSでの拡散…

  5. 訪日外国人のために無料Wi-Fiが必要な理由とは?行政の業務と結びつけたバルセロナの事例も紹介

  6. 【インバウンド対策】ニセコにオーストラリア人を集めた方法とは?

  7. インバウンド対策とは?事例21選を交え徹底解説

  8. 山梨県甲府市、先を見据えたインバウンド需要に対応する「甲府市おもてなしショップ」制度

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP