Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • 事例
  • この記事は約1分で読めます

ターゲットは明確に!オンリーワンな観光地になるには?

東京や大阪、京都、ゴールデンルート以外の地域で外国人観光客を集客している例があります。
埼玉県と瀬戸内地方です。

埼玉県では「盆栽=BONSAI」好きの外国人が盆栽のイベントを目的に大挙したということです。
また、瀬戸内地方では瀬戸内に面した7県の自治体、金融機関が共同でプロジェクトをスタート。瀬戸内地方の「多島美」をアピールする施策が旅慣れた外国人観光客の目にとまり、訪問客が増加しているそうです。

この事例は、有名観光地や名産品をあれこれと並べるのではなく、アピールポイントを絞ったことが集客に成功したといえます。
インバウンド対策としても、マーケティング事例としても参考になる例です。

参考:観光で苦戦する地方が陥る「幕の内弁当」の罠
http://toyokeizai.net/articles/-/198052

関連記事

  1. 広島平和記念資料館がインバウンドに人気の観光地ランキングで第3位に輝いた4つの理由

  2. 地域(地方)創生の事例3つ。インバウンド対策と絡めることで、人口減少のストップにつながる

  3. サイネージを使ったインバウンド対策。7つの事例を飲食店や小売店、地方などジャンル別に紹介します

  4. 訪日外国人のために無料Wi-Fiが必要な理由とは?行政の業務と結びつけたバルセロナの事例も紹介

  5. ユニークベニューとは?該当施設や活用している地方自治体の事例を紹介

  6. ハラルフードとは?豚肉やアルコールを使わない日本食の提供で、ムスリムの集客につながる

  7. ロボットが旅をガイドする「京の『ロボ旅』タクシー」がスタート。ロボットを活用したインバウンド対策につ…

  8. ビジット・ジャパン・キャンペーンとは?訪日外国人を増やすコツは、海外メディアや企業と協力すること

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP