Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • 事例
  • この記事は約1分で読めます

ターゲットは明確に!オンリーワンな観光地になるには?

東京や大阪、京都、ゴールデンルート以外の地域で外国人観光客を集客している例があります。
埼玉県と瀬戸内地方です。

埼玉県では「盆栽=BONSAI」好きの外国人が盆栽のイベントを目的に大挙したということです。
また、瀬戸内地方では瀬戸内に面した7県の自治体、金融機関が共同でプロジェクトをスタート。瀬戸内地方の「多島美」をアピールする施策が旅慣れた外国人観光客の目にとまり、訪問客が増加しているそうです。

この事例は、有名観光地や名産品をあれこれと並べるのではなく、アピールポイントを絞ったことが集客に成功したといえます。
インバウンド対策としても、マーケティング事例としても参考になる例です。

参考:観光で苦戦する地方が陥る「幕の内弁当」の罠
http://toyokeizai.net/articles/-/198052

関連記事

  1. ACMEとmod’s hairが旅行者向けのコラボ商品を販売。快適なツールで旅の利便性を向上

  2. VRを使ったインバウンド対策の事例5つ。観光地から小売店、不動産まで最新技術でさらなる集客を

  3. 西武鉄道が「みえる通訳」「さわって通訳」を全駅へ導入。インバウンドの利便性アップを図る取り組み事例を…

  4. インバウンドの地方誘致に成功した3つの事例に学ぶ「コンテンツの掛け合わせ」という戦略

  5. ゴルフツーリズムとは?地方創生につながる理由やインバウンド集客に成功した事例を紹介します

  6. 山梨県甲府市、先を見据えたインバウンド需要に対応する「甲府市おもてなしショップ」制度

  7. 京都市が提供する「外国人観光客受入環境整備助成金制度」とは?メリットや活用事例を解説

  8. 阪急阪神百貨店のインバウンド対策を徹底解説。事例を押さえて売上アップを実現!

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP