ターゲットは明確に!オンリーワンな観光地になるには?

東京や大阪、京都、ゴールデンルート以外の地域で外国人観光客を集客している例があります。
埼玉県と瀬戸内地方です。

埼玉県では「盆栽=BONSAI」好きの外国人が盆栽のイベントを目的に大挙したということです。
また、瀬戸内地方では瀬戸内に面した7県の自治体、金融機関が共同でプロジェクトをスタート。瀬戸内地方の「多島美」をアピールする施策が旅慣れた外国人観光客の目にとまり、訪問客が増加しているそうです。

この事例は、有名観光地や名産品をあれこれと並べるのではなく、アピールポイントを絞ったことが集客に成功したといえます。
インバウンド対策としても、マーケティング事例としても参考になる例です。

参考:観光で苦戦する地方が陥る「幕の内弁当」の罠
http://toyokeizai.net/articles/-/198052

関連記事

  1. 【インバウンド対策】ニセコにオーストラリア人を集めた方法とは?

  2. 『モノ消費からコト消費へ』は本当?訪日外国人の目的別消費額の比較から見るインバウンド効果

  3. 「聖地巡礼」でインバウンド需要を加速させる!参考にすべき3つの事例と自治体側に必要な姿勢

  4. 日本ユニシスと山陰インバウンド機構が連携、地域電子マネーなどで訪日外国人向けサービス開始

  5. NECは東京ビックサイトで42型バータイプディスプレイを展示。多言語対応でインバウンド需要に備える

  6. バカンス中に地元の寒さを体感できる装置を、デンマークの旅行予約サイトが開発

  7. 観光ビッグデータ解析からわかるインバウンド、訪日外国人の動向

  8. タイのサッカー選手・ティーラシンがサンフレッチェ広島へ加入。訪日タイ人への影響と地方へ呼び込む方法と…

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP