JNTOが8月の訪日客数を発表。災害の影響から回復し過去最高を記録

日本政府観光局(JNTO)が、2018年8月の訪日外客数の推計値を発表しました。このデータによると、8月の訪日外客数は前年同月より4.1%増加の257万7800人。前年より10万人以上伸びており、8月としても過去最高の記録です。

また、今年1月から8月までの累計は2130万8900人。前年より12.6%増加し、こちらも過去最速のペースで2000万人を超えました。

今年は、6月にあった大阪府北部地震や7月の西日本豪雨など、災害に見舞われることが多く、7月の訪日外客数の伸びは一時的に減少。

しかし、

  • 航空路線の新規就航
  • 各地域のインバウンドプロモーション
  • 企業や団体のインバウンド施策

により、8月の客足を再び回復することに成功しています。

市場別にみた訪日客数

市場別にみると、前年同月と比べて訪日外客数は、

  • 中国:伸率4.9%
  • 台湾:伸率4.4%
  • タイ:伸率31.3%
  • シンガポール:伸率6.3%
  • アメリカ:伸率12.1%
  • ロシア:伸率14.8%

などの18ヶ国が増加。これらの国は、8月としても過去最高を記録しました。

出典:「日本政府観光局(JNTO)」

中でも、

  • イタリア:伸率28.5%
  • スペイン:伸率29.8%

は、単月として過去最高の訪日外客数です。

イタリアは、JNTOがイタリア語でFacebookでの情報発信や、航空会社との共同広告などで日本の露出する機会を拡大。

スペインは、航空会社や現地OTA(オンライン上のみ取引する航空会社)との共同広告など、継続的に発信している訪日プロモーションで、日本の認知度が向上しています。

逆に、

  • 韓国:伸率−4.3%
  • マレーシア:伸率−4.6%

は前年同月よりも客足が遠のく結果になりました。

韓国は、災害の影響から新規予約の減少に加えて、被災地域への旅行をキャンセルする訪日客が急増。マレーシアは、昨年と比べて連休が少ないことが要因に挙げられています。

ANAの訪日客向けプランが被災地の訪日客回復につながる

7月は、大阪北部地震や西日本豪雨の影響で客足が減少。しかし客数を増加させるため、ANAが復興支援プロジェクトを施策しています。

このプロジェクトは、訪日客向けに旅行代金を値下げし、特設サイトで旅行商品を紹介しています。

ANAの他にも様々な企業や団体が、被災した地域の復興支援としてインバウンド対策を計画。訪日客数は、7月にペースを落としたものの順調な推移です。

このように政府や地域、企業などが一丸となり、2020年目標の訪日外客数4000万人を目指します。

ANAの復刻支援プロジェクトについて詳しく知りたい方は「代金を割引して西日本の支援を。ANAの「でかけよう西日本」に注目」をご一読ください。

参考:https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12164-215468/

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 1-3月期の訪日客消費、前年比17%増で1兆円超に。観光庁が発表

  2. インバウンド客に人気の見るスポーツ・するスポーツとは。ー「スポーツ観光」の調査より

  3. 登呂博物館4ヶ国語の音声ガイドとパンフ導入、インバウンド対応強化

  4. ドラッグストアでは化粧品の売上が好調。「True Data」が8月のインバウンド消費動向を調査

  5. 好調なインバウンドはいつまで続く?訪日外国人客数の推移

  6. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

  7. 4月の訪日外客数は過去最高の290.1万人。日本政府観光局が統計を発表

  8. サブカルチャーとは?訪日外国人の集客には、日本の伝統文化との融合がカギ

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP