訪日外国人のレンタカー利用率は?地方への集客と事故防止には、多言語の交通マニュアルを用意しよう

「訪日外国人のレンタカー利用率ってどれくらいなんだろう…」

と感じているインバウンド担当の方。

訪日外国人のレンタカー利用率は、2015年時点で約70万5,000人を突破しています。

一方で、レンタカーを利用する訪日外国人の事故も少なくありません。ケガなども発生しており、事故を防ぐためのマニュアルや看板の用意が必要です。

これらの事故を防ぐ手段を知っておくことで、レンタカーの貸し出しによる地方の集客や活性化が期待できます。

とはいえ、具体的なインバウンド対策や事故対策は、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 訪日外国人のレンタカー利用率とインバウンド産業への影響
  • レンタカー利用中の訪日外国人の事故や防止策
  • レンタカーを利用する訪日外国人へのインバウンド対策

を紹介します。

「訪日客とレンタカーってあまりイメージがつかない…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは訪日外国人のレンタカー利用率について、ざっくりと理解しましょう!

訪日外国人のレンタカー利用率とインバウンド産業への影響

最初に訪日外国人のレンタカー利用実態として、

  1. レンタカー利用率
  2. 利用者の国籍や利用理由
  3. インバウンド産業への影響

を解説します。

データは以下を参考にしています。

出典:近畿地方整備局「訪日外国人旅行者によるレンタカー利用実態調査」https://www.kkr.mlit.go.jp/plan/happyou/thesises/2018/pdf03/katu-19.pdf

訪日外国人のレンタカー利用率や日数

訪日外国人のレンタカー利用者の数は、2015年に約70万5,000人を突破しました。

出典:国土交通省「2017年8月の訪日外国人旅行者数」http://www.jice.or.jp/cms/kokudo/pdf/reports/autonomy/roads/01/2017/siryo29.pdf

そして総務省が、関西国際空港からのレンタカー利用者数を調査したところ、以下の結果が明らかになっています。

  • 2014年:約4万2,800人
  • 2015年:約6万600人
  • 2016年:約9万9,100人

3年間で2.3倍に増えていますね。

出典:総務省『「レンタカー事業に関する実態調査-乗用車の貸渡しを中心として-」を開始』http://www.soumu.go.jp/main_content/000544277.pdf

レンタカーの利用日数は、平均5.7日。最も多いのは4〜7日の利用でした。

レンタカーを利用する訪日外国人の特徴

レンタカーを利用する訪日外国人の、

  • 国籍や訪日経験
  • 利用理由

を紹介します。

利用者の国籍と訪日経験

レンタカーの利用者は、香港・マカオや台湾など東アジアからの観光客が中心です。

理由はこれらの国は、日本と同じ右ハンドル、左側通行だからです。「慣れた交通ルールで運転できる」ことが、利用の後押しになっています。

年代は30〜40代の家族づれが72%と、最も多いです。また訪日旅行のリピーターによる利用が盛んで、

  • 5〜10回の訪日経験:22.1%
  • 10〜30回の訪日経験:17.3%

と、日本に慣れている人も少なくありません。

何度かの訪日旅行を経験してから、レンタカーを使うアジア人が多いです。

レンタカーを利用する理由

レンタカーを利用する理由は、以下の通りです。

  • 時間を気にしないで移動できるから:60.4%
  • 荷物が多いから:40.3%
  • 小さい子供がいるから:24.5%

車ならではの「便利さ」や「安さ」はもちろんのこと、公共交通機関での移動に不便を感じる人がよく利用しています。

訪日外国人のレンタカー利用によるインバウンド産業への影響

続いてはインバウンド産業への影響として、

  • 地方の訪問率アップ
  • 道の駅やサービスエリアの売上アップ

の2つを紹介します。

移動範囲の拡大による地方の訪問率アップ

近畿地方整備局の調査では「近畿の首都圏+和歌山や姫路」など、レンタカーで地方を訪問する人が多いことがわかっています。

訪問都市は、

  • 四国
  • 紀伊半島
  • 北陸

などです。

車は一度にたくさんのエリアを周遊できるため、訪日外国人の移動範囲が広がりやすいです。

レンタカーの利用率が上がることで地方の活性化につながります。

道の駅やサービスエリアの売上アップ

近畿整備局の調査では、レンタカー利用中に道の駅に寄った人が40%も存在しています。目的はトイレや食事、買い物などです。

そのため道の駅やサービスエリアで、多言語対応などのインバウンド対策をすることで、売上アップが期待できます。

しかし一方で、問題もあります。次で詳しく解説しますね。

訪日外国人によるレンタカー利用中の事故が増加

総務省の調査によると、訪日外国人のレンタカー利用中の事故は関西のみで、

  • 2014年:約28件
  • 2015年:約62件
  • 2016年:約81件

と、3年間で3倍に。

利用者が増えたこともありますが、そうはいってもレンタカーを運転する訪日外国人の事故は増えすぎているのが現状です。

以下ではインバウンド客が交通事故を起こす原因を見ていきます。

訪日外国人によるレンタカー利用中の事故原因

訪日外国人のレンタカー利用中の事故は、主に以下のことが原因です。

  • 道路案内の表記が日本語でわからない
  • 日本の交通ルールに慣れていない
  • 多言語対応できるスタッフがいないために、レンタル時に交通マナーの説明を省略している

「外国語の表記が少ない」など、言語が大きな原因となっていることがわかります。

レンタカー利用中の事故を防ぐために

事故を防ぐためには、以下のことが欠かせません。

  • 多言語対応のできるスタッフを採用
  • 交通マナーを記載した多言語のマニュアルを用意
  • 英語や中国語の注意看板を設置する

カギは「多言語での対応」です。

例えば古野電気株式会社の多言語で対応できるETC車載器など、対策をスタートしている企業も少なくありません。

もしも「いきなり多言語対応は難しい…」とい場合は、アプリや翻訳サービスを活用しましょう。詳しくは「多言語音声翻訳でインバウンド対策できるアプリや端末まとめ」で紹介しています。

ここまで訪日外国人のレンタカー利用状況や事故について、解説しました。

最後に、レンタカーの貸し出しに必要なインバウンド対策を紹介します。

訪日外国人のレンタカー利用に必要なインバウンド対策と事例

訪日外国人のレンタカー利用を増やすためには、以下の対策が必要です。

  1. 多言語のマニュアルやドライブマップの作成
  2. レンタカー利用者向けに観光情報サイトを用意
  3. 高速道路や駐車場の割引パスを発行

1つずつ解説しますね。

1.多言語でマニュアルやドライブマップを作る

日本の交通ルールを広めることで、事故の防止やレンタカー利用のハードルが下がる可能性があります。

マニュアルやドライブマップに以下を掲載することで、訪日外国人は安心して運転できます。

  • 日本の道路における表記の解説
  • 事故の多い場所を集めたマップ

例えば、北海道レンタカー協会では「Must-have Handbook for Driving in Hokkaido(北海道ドライブまるわかりハンドブック)」を作成しています。

冊子は、英語や韓国語、フランス語など7つの言語で日本の交通ルールを解説。安全に旅行できることがわかれば、レンタカーの利用率が上がり、地方の訪問率もアップします。

2.レンタカー利用者向け観光情報サイトを作る

訪日外国人がレンタカー利用中に感じる不便の1つに、「観光情報が少ないこと」があります。

レンタカーを借りるときや運転する前に、道路情報やマップ、観光情報をチェックできると、訪日外国人の観光意欲も高まります。

事例として、北海道の「Drive Hokkaido!」があります。

サイトでは英語や中国語で、以下の情報を発信しています。

  • エリアガイド
  • 観光スポット
  • 日本の交通ルール

地域ごとのサイトを作ることで、地方の集客と交通ルールの周知にもつながります。

3.高速道路や駐車場の割引パスを発行する

訪日外国人の中には、「高速道路や駐車場の料金が高い」と感じる人も少なくありません。

そこで国土交通省とNEXCO東日本、中日本、西日本が協力して、「Japan Expressway Pass」を発行しています。

パスの使用で、高速道路が乗り放題に。料金は以下の通りです。

  • 7日間で2万円
  • 14日間で3万4,000円

レンタカーや高速道路の利用ハードルが下がり、インバウンド客の移動範囲の拡大につながります。

これらのインバウンド対策で、地方により多くの訪日外国人を呼び込みましょう。

訪日外国人のレンタカー利用率を高めて、地方の集客につなげる

ここまでをおさらいします。

レンタカーを利用する訪日外国人の特徴は、以下の通りです。

  • 国籍:韓国や台湾、香港などのアジア人リピーター
  • 年代:30〜40代の家族連れ
  • 利用理由:子供がいる、荷物が多いなど、公共交通機関の移動は不便だから

一方で、訪日外国人によるレンタカー利用中の事故も増えています。事故防止のためには、以下の用意が欠かせません。

  • 多言語対応のできるスタッフを採用
  • 多言語の交通マナーを記載したマニュアルを用意
  • 多言語の注意看板を設置

そして、レンタカーの利用を増やすために、以下のインバウンド対策を実践しましょう。

  • 多言語のマニュアルやドライブマップの作成
  • レンタカー利用者向けに観光情報サイトを用意
  • 高速道路や駐車場の割引パスを発行

多言語の対応や交通マナーの周知により、訪日外国人のレンタカー利用率がアップ。移動範囲の拡大につながり、地方への集客が期待できます。

またレンタカーを利用する訪日外国人は、「FIT」が中心です。FITについて詳しくは「FIT(海外個人旅行)はインバウンド対策のカギ。旅行スタイルから課題まで解説します」をご一読ください。

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 登呂博物館4ヶ国語の音声ガイドとパンフ導入、インバウンド対応強化

  2. インバウンド客に人気の見るスポーツ・するスポーツとは。ー「スポーツ観光」の調査より

  3. JNTOが8月の訪日客数を発表。災害の影響から回復し過去最高を記録

  4. 中国人の海外旅行の動向をデータから分析。中国からのインバウンドを獲得するコツとは?

  5. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

  6. 訪日客の5%がベジタリアン 多様化する「食」への対応が急務

  7. 国内外で人気のナイトアクティビティとは?トレンドを押さえてインバウンド需要の獲得を

  8. 好調なインバウンドはいつまで続く?訪日外国人客数の推移

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP