インバウンド客に人気の見るスポーツ・するスポーツとは。ー「スポーツ観光」の調査より

 スポーツ庁は、直近3年以内に訪日経験がある方を対象に「見るスポーツ」「するスポーツ」などのスポーツツーリズムに関するマーケティング調査を、2017年10月6日〜20日までWEBで実施しました。

調査した地域は、中国(簡体字)・韓国・台湾・香港・アメリカ・タイ・オーストラリア。20代〜60代までの男女が対象です。
スポーツツーリズムとは、プロスポーツ観戦やスポーツイベントを行っている開催地周辺で、観光とスポーツを融合させ、地域の活性化、交流人口の増加などを目的とした「観光立国戦略」の一環です。

インバウンド客に人気の「するスポーツ」

 資料によると、日本で経験してみたい「する」スポーツツーリズムは、スノースポーツ(スキーやスノーボード)や登山・ハイキング・トレッキング、ウォーキングが多くなっており、季節的なものや自然を楽しめるスポーツに人気が集まっています。

 各国で比較してみると、スノースポーツは台湾(47.7%)・タイ(42.3%)に、登山・ハイキング・トレッキングは香港(43.7%)に、ウォーキングはオーストラリア(41.0%)に人気です。

「するスポーツ」という実際に体験するものに関しては、やはり観光要素の強いスポーツが人気です。海外でも知名度の高い富士山の登山などが、わかりやすい事例ですね。

インバウンド客に人気の「見るスポーツ」

 そして、「見る」スポーツツーリズムのマーケティング調査では、大相撲・武道(柔道、空手、剣道、合気道など)・スノースポーツ(スキーやスノーボード)が人気です。

日本伝統の大相撲、武道は自国ではなかなか見られないことも要因の一つになっているのかもしれません。
「するスポーツ」でも人気だったスノースポーツがこちらでも人気という結果になっています。

 各国の比較では、大相撲が中国(42.0%)、武道も中国(50.7%)とダントツの人気となっています。スノースポーツはタイ(33.7%)や中国(30.3%)が多い結果です。

また世界的なスポーツである野球・サッカーも「見るスポーツ」として根強い人気を誇っています。

 日本のスポーツツーリズムに関する情報収集源として、ほとんどの地域でGoogleやYahoo!などの検索エンジンからの周知が一番高いのが現状です。そのため、ホームページなどWEB関連に力を入れることで、さらなるインバウンド集客が見込めるものと想定できます。

出典:スポーツ庁「スポーツツーリズムに関する海外マーケティング調査分析資料

関連記事

  1. 4月の訪日外客数は過去最高の290.1万人。日本政府観光局が統計を発表

  2. 訪日外国人のレンタカー利用率は?地方への集客と事故防止には、多言語の交通マニュアルを用意しよう

  3. 好調なインバウンドはいつまで続く?訪日外国人客数の推移

  4. サブカルチャーとは?訪日外国人の集客には、日本の伝統文化との融合がカギ

  5. JNTOが8月の訪日客数を発表。災害の影響から回復し過去最高を記録

  6. 登呂博物館4ヶ国語の音声ガイドとパンフ導入、インバウンド対応強化

  7. 地方は30%がインバウンド誘致に消極的。インバウンド対策意識調査で分かること

  8. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP