4月の訪日外客数は過去最高の290.1万人。日本政府観光局が統計を発表

日本政府観光局(JNTO)は2018年4月の訪日外客数の統計を発表。4月の訪日外客数は、前年同月比12.5%増加の290.1万人でした。

 これまでの過去最高は2017年7月の268.2万人でしたが今回それを上回ったことで、単月として過去最高の数を記録。また今年1〜4月の累計は1051.9万人となり、今までにない過去最速ペースで1000万人を突破しています。

航空路線の新規就航(新しい航路)や増便、チャーター便(貸切便)を運行することで航空座席供給量を増加し、訪日外客数の需要に対応しています。世界情勢の影響を受けて、運休や路線撤退を余儀無くされた航路もある中、成田や羽田、関西国際空港などで新規就航が始まったのも、訪日外客数が影響しているはずです。

中国、韓国などの東アジアが訪日外客数の半数以上を占める

市場別で見ると4月の訪日外客数は、

  • 中国68.3万人(29.2%)
  • 韓国63.8万人(15.1%)
  • 台湾47.0万人(13.7%)
  • 香港17.9万人(−14.1%)

など東アジアが圧倒的に多く、訪日外客数の半数以上を占めています。その次に多いのがタイ14.8万人(7.2%)、アメリカ14.7万人(4.2%)です。また前年同月比だけで見ると、ロシア1.2万人(37.3%)が伸びています。
※()内は前年同月比率

中国は団体・個人ともに順調

訪日外客数がまだまだ伸びている中国は、団体旅行客から個人旅行客までともに順調に推移しました。個人旅行者向けキャンペーンやSNSでの情報発信が旺盛になることで、個人旅行需要を後押しした形です。

韓国も好調。航路拡大やプロモーションが影響

中国とほぼ同数の韓国は、外国旅行需要全体の増加により好調な推移をしています。その背景として、航空路線の新規就航や増便での航空座席供給量の増加の影響、SNSや動画配信などの継続的な訪日プロモーション効果が影響していると思われます。

台湾や香港はイースターの影響で低調か

台湾や香港も、航空座席供給量の増加などで、訪日外客数に影響がありました。しかし香港では、昨年度の4月中旬にあったイースター休暇(キリスト教圏の長期休暇)が、今年は3月末からだったので、前年同月より訪日外客数は少なくなっています。

このように様々な要因が重なり、訪日外客数は増加・減少しています。全体的に見ると訪日外客数は増加し、日本のインバウンド需要の高まりと共に伸びつつあります。その影響も、企業や自治体の訪日プロモーションでインバウンド需要が活性化しているからでしょう。

参考:https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/pdf/180517_monthly.pdf

関連記事

  1. 地方は30%がインバウンド誘致に消極的。インバウンド対策意識調査で分かること

  2. インバウンド客の観光スポット人気閲覧数をぐるなびが発表、1位はアメ横商店街

  3. 訪日客の5%がベジタリアン 多様化する「食」への対応が急務

  4. 好調なインバウンドはいつまで続く?訪日外国人客数の推移

  5. 1-3月期の訪日客消費、前年比17%増で1兆円超に。観光庁が発表

  6. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

  7. サブカルチャーとは?訪日外国人の集客には、日本の伝統文化との融合がカギ

  8. 登呂博物館4ヶ国語の音声ガイドとパンフ導入、インバウンド対応強化

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP