春節とは?2019年の期間や訪日中国人の動きを解説【インバウンド担当者必見】

目次

「春節って何?期間はいつからいつまで?中国人のお客さまは増えるのかな…」

と感じているインバウンド担当の方。

「春節」とは、旧暦上のお正月です。中国や台湾、香港、韓国などアジアの国々で祝う習慣があり、多くの人が連休に入ります。

そして中国では最大で7日間の連休に入るため、海外旅行に出る人も少なくありません。旅行先に日本を選ぶ人も多く、家族や友人との来日が増加。日本の街中でも、中国語が飛び交います。

実際に2018年2月の春節では、中国人インバウンド客の数が約71万6,000人を記録しています。2018年1月から3月までの消費額も、中国人だけで約4,391億円を突破するほど。

春節は日本のインバウンド産業に、大きな影響を与えています。

【出典】日本政府観光局(JNTO)「2018年訪日客数(総数)」

とはいえ、春節の期間や風習、具体的なインバウンド対策は、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 春節とは
  • 春節の時期(2016年から2020年まで)
  • 中国人の春節の過ごし方
  • 2018年の春節から分析する中国人インバウンド客の旅行スタイル
  • 春節の事例と具体的なインバウンド対策

を紹介します。

「いきなりインバウンド対策をするのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは春節について、ざっくりと理解しましょう!

春節とは、中国や台湾、香港などのアジアで祝う旧正月のこと

まず春節について、

  1. 春節とは
  2. 春節を祝う地域
  3. 春節と国慶節の違い

の順に紹介します。

春節とは旧暦上のお正月

春節とは、中国や台湾などアジアで祝う旧正月のことです。中華圏の祝日の中では、最も重要視されています。

春節の由来は、旧暦を採用していた時代までさかのぼります。そもそも暦には「旧暦」と「新暦」があり、昔は旧暦を使用していました。

そして当時、古代の中国では先祖などへの祭祀が盛んで、豊作の祈願とあわせて実施されていました。このときの風習が今も残り、春節として新年を祝う祝日に。現在の標準は新暦に変わっていますが、これらの習慣は引き継がれています。

日本は新暦を採用したため、明治維新の後から旧暦を使用していません。

春節を祝うのはアジアにある10の地域

春節は、主に以下の10地域で祝います。

  • 中国
  • 台湾
  • 韓国
  • ベトナム
  • シンガポール
  • マレーシア
  • インドネシア
  • ブルネイ
  • モンゴル
  • 北朝鮮

ただしベトナムでは「テト」、韓国では「ソルラル」と、地域によって呼び名が異なります。

またこれらのエリアだけでなく、外国に住んでいる中国人もこの期間は「チャイニーズニューイヤー」として春節をお祝いします。そのため、お祭りムードが漂う海外の中華街も少なくありません。

春節と国慶節の違いは、家族団らんを重視するかどうか

中国の長期休暇は春節だけでなく、「国慶節」もあります。国慶節は10月にあり、最大7〜8日間の連休になる祝日です。

同じ大型連休ですが、春節では「家族団らん」が特に重視されます。

そのため、春節は帰省をする人が特に多く、家族と過ごす人もめずらしくありません。帰省ラッシュとなり、この時期の中国国内の交通量は普段の2倍以上に増えます。

国慶節について詳しくは、「国慶節とは?概要と中国人インバウンド客への対策をご紹介」で解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

ここまで春節について、ざっくりと解説しました。

実は春節の時期は、毎年同じではありません。そのため、年度ごとにスケジュールを知っておくことがインバウンド対策の第1歩です。

次でまずは、中国での春節の時期や期間をお伝えします。

中国の春節期間はいつからいつまで?2017年から2020年の時期

中国では、春節の期間は「春節当日の前日から約1週間」と決まっています。しかし、春節の日は毎年異なるため、連休期間も常に同じではありません。

そこでここでは、

  • 中国の春節の大まかな日程
  • 2017年、2018年の春節の期間
  • 2019年、2020年の春節の期間

を紹介します。

中国の春節は7日間の連休に。ただし日程は毎年変わる

中国の春節は、春節当日を含めて最大7日間の連休です。元旦にあたる日が春節当日であり、その前日から数えて7日目まで、企業や学校は休みに入ります。

春節前日は、「除夕(チュウシー)」といいます。日本の大晦日と似ていますね。

2015年より、この除夕からはじまる7日間を連休とすることが定められました。

ただし春節の連休スタートの前日は、週末であっても「振替出勤日」に変わります。例えば除夕が月曜日であれば、前日の土曜、日曜は多くの人が仕事をします。

そのため、7日以上の連休になることはほとんどありません。

この日程のずれは、春節が旧暦(太陰暦)を基準としていることが関係しています。旧暦は月の満ち欠けに基づいており、そうすると1カ月は29.5日しかありません。「29.5日×12カ月」で計算すると、1年は354日と通常より2日少ないです。そのため毎年、10日ほど日程がずれるのです。

【2017年、2018年】中国の春節期間

2017年、2018年、中国の春節期間は以下の通りでした。

  • 2017年:1/27〜2/2(春節当日は1/28)
  • 2018年:2/15〜2/21(春節当日は2/16)

同じ連休なのに、1月と2月で日程がまったく異なることがわかります。

【2019年、2020年】中国の春節期間

2019年、2020年、中国の春節期間は以下の予定です。

  • 2019年:2/4〜2/10(春節当日は2/5)
  • 2020年:1/24〜1/30(春節当日は1/25)

ただしこれは、正式な決定ではありません。正確な日付は2018年12月に発表予定です。

【2019年】台湾や香港など他エリアの春節期間

また台湾や香港など、地域によっても連休期間は異なります。

【台湾】

  • 2019年:2/2〜2/10(春節当日は2/5)

台湾は前日が振替出勤日にならないため、9連休です。

【香港】

  • 2019年:2/5〜2/7(春節当日は2/5)

香港は連休が3日間と、中国よりも短いですね。

ちなみに、台湾や香港は2020年の春節期間をまだ発表していません。

ここまで具体的な春節の期間を紹介しました。

これだけ長い連休があると、中国人は何をするのか気になりますよね。

そこで続いては、中国における春節の一般的な過ごし方を紹介します。

春節の一般的な過ごし方【中国編】

地域によって異なりますが、春節にはふるさとへ帰省し、両親や親戚と過ごす人が少なくありません。このように中国人の過ごし方は、日本のお正月と似ています。

ここでは中国での一般的な過ごし方として、

  • 春節の食事
  • 春節の飾りやイベント
  • 春節の挨拶やお祝いの言葉
  • 春節の風習

を順に紹介します。

1.中国の春節の食事

一般的には大晦日である除夕の日に、「鶏(ヂィー)」や「魚(ユ)」など、縁起が良いものを食べます。日本の年越しそばのような感覚ですね。

というのも、中国にはことわざ「年年有余」があり、これには「毎年いい収穫があってお金が”余”る」という意味があります。この「余」と「魚」の発音が同じ「ユ」であることから、「毎年余裕のある、豊かな生活になるように」と、願いを込めて魚を食べる習慣が生まれたようです。

その他にも、中国北部は餃子、南部は湯圓(タンユエン)という、甘い白玉団子の入ったスープを食べる人が多いです。

昔は5日間、餃子を食べ続けることが通常の食事でした。餃子は「元宝(ユアンバオ)」という銀貨に似ていることから、縁起が良いと考える人が多いのです。

しかし、近年は餃子だけでなく豪華な料理やお菓子など、他の物を食べる人も。食事スタイルは多様化しつつあります。

2.春節の飾りやイベントなど祝い方

春節には、門松のような飾り付けやイベントの開催など、さまざまな方法でお祝いをします。

まず飾り付けとして、家の入り口には「春聯(シュンレン)」という赤、黄、金を使った飾り付けをします。赤は春節のメインカラーであり、縁起が良い色とされているのです。

そしてイベントとして、除夕の夜から獅子舞が踊り、爆竹を盛大に鳴らしはじめます。

もともと爆竹は、猛獣を払うための物でした。昔、中国にはお正月になると村に近づく猛獣がおり、村人を襲うことが問題になっていました。しかし、それを爆竹で追い払ったことで、猛獣が来なくなったという言い伝えがあります。

そのため今でも、その年の悪いことを取り払い、新たな気持ちで新年を迎えるために、爆竹が鳴らされています。

ただし近年は大気汚染の問題もあり、爆竹を制限する動きも。周りに被害が出ない程度に、爆竹でお祝いします。

3.春節の挨拶やお祝いの言葉。中国語と英語では異なる

英語や中国語では、以下のように表記します。

【英語】

  • 春節「Spring Festival」
  • 春節当日「Chinese New Year」

【中国語での表記と読み方】
中国語では「春节(チュンジエ)」と表記。

春節のイベントやセールを開催するときは、このように表記しましょう。

また春節を祝う新年の挨拶には、中国語だと以下があります。

  • 「新年快乐(シンニエンクエラ)」:あけましておめでとう
  • 「祝你新年好(チュウニイシンニエンハオ)」:良いお年を

台湾や香港でも、春節には同じ挨拶をします。英語での挨拶は特に決まっていません。

また日本人のように、SNSでお祝いのメッセージを送り合う人も少なくありません。その際は、

と、エリアで使用する連絡アプリが異なります。

4.中国の春節の風習

春節当日を迎えると人々の挨拶や交流も盛んになり、以下のことをします。

  • 挨拶(年配者):起床後に長寿を祝う言葉を述べる。
  • 挨拶(近隣住民や知人):春節のお祝いの言葉「新年快乐(シンニエンクエラ)」を交わす。
  • 贈り物:子供に紅包(赤い袋)に入ったお年玉「圧歳銭(ヤースイチェン)」を渡す。定年後の年配者に渡すこともある。

また他には、「赤い衣服を身につける」「お金を借りてはいけない」「幸運を洗い流さないために髪の毛を洗ってはいけない」などの風習もあります。

というのも、春節は1年のはじまりの日。この日の行動が1年を左右すると言われているため、多くの人が良いふるまいをしようと心がけるのです。

ここまで春節の一般的な過ごし方を紹介しました。

これらは中国の地方や庶民には当たり前の習慣です。一方で、都市部や富裕層、若者の春節の過ごし方は、少しずつ変化しつつあります。

次で新しい過ごし方を紹介しますね。

近年の春節の過ごし方は、旅行が中心

近年、春節に旅行をする人が増えています。特に上海や北京などの都市部、富裕層、20〜30代の若者を中心に、海外まで足を伸ばす人も少なくありません。

ここでは、

  • 旅行する人が多い理由
  • 旅行先に日本が選ばれる理由

を紹介します。

近年の春節は帰省ではなく旅行する中国人が多い

2010年代から、春節に国内や海外へ旅行する人が増えました。

旅行を選ぶ理由は、帰省すると「結婚はまだか?」と両親や親戚から聞かれ、うんざりする人が多いからです。

中国では、「男女ともに30代のうちに結婚すると良い」と考えられており、両親も子供が心配でついつい尋ねてしまうのです。

そのため、上海や北京など都市部の人は特に、国内旅行や海外旅行に出かける傾向が強いです。

中国人が春節の旅行先に日本を選ぶ理由

春節の旅行先は、タイやシンガポール、ベトナムなど中国から近い国が人気です。

また日本も、以下の理由から人気を集めています。

  • 距離が近く、航空券が安い
  • 安全で治安が良い
  • トイレなどの衛生環境が良い

中国人は、日本人の「礼儀正しさ」や「親切さ」を良いとも感じています。

さらに日本の家電や食材は偽装の心配がなく、必ず本物ですよね。これらの安心感があることを魅力に感じる人も多いです。

そして春節に旅行をする中国人が増えるということは、日本のインバウンド産業へ与える影響も期待できます。春節にあわせてインバウンド対策をすることで、さらなる集客や売上アップも可能です。

そこで続いては、2018年2月の春節のデータから、中国人の旅行スタイルや日本への影響を分析します。

2018年の春節から、中国人の旅行スタイルや日本に与える影響を分析

2018年の春節は、71万6,333人の中国人が日本を訪問しています。この数は日本の経済にも影響を与えるため、インバウンド担当者は見逃すことができません。

ここでは春節の、

  • 訪日中国人の数
  • 訪日中国人の消費額
  • 訪日中国人の旅行スタイル

を紹介します。

2018年の春節には中国から71万6,333人が日本へ旅行

春節があった2018年2月には、71万6,333人の中国人が来日しました。

同じ2018年の他の月と比べてみると、中国人インバウンド客の数は以下の通りです。

  • 1月:63万2,304人
  • 2月:71万6,333人
  • 3月:59万4,920人

他の月よりも、2月だけ8〜12万人近く増えていますよね。春節の連休を利用して来日する人が多いことがわかります。

出典:日本政府観光局(JNTO)「2018年 訪日外客数(総数) 出典:日本政府観光局(JNTO)」

中国人インバウンド客の旅行先での消費額は、台湾や香港よりも多い

次に、中国人インバウンド客の消費額を見てみましょう。

春節を含む2018年1月から3月の、中国人インバウンド客全体の消費額は約4,391億円です。同じ春節を祝う地域でも、他のエリアとは以下のように異なります。

  • 台湾:1,495億円
  • 香港:819億円

これらの国も少なくはありませんが、中国はこの倍以上を消費しています。

そして中国人インバウンド客が旅行中に使う金額は、1人あたり約22万5,000円です。

主に、以下にお金をかけています。

  • 買い物代:2,150億円(1人あたり11万628円)
  • 宿泊代:851億円(1人あたり4万3,779円)
  • 飲食代:679億円(1人あたり3万4,946円)

宿泊はホテルが中心、買い物は化粧品や健康グッズを購入しています。

【出典】観光庁「訪日外国人消費動向調査 平成29年年間値の推計 集計結果」

来日する中国人の多くは富裕層です。また人口が多い分、インバウンド客の数も多いため、消費額が増えやすいのです。

しかし近年は、以前に比べると爆買いが少なくなっています。

その理由を次で解説しますね。

中国人インバウンド客の旅行は「モノ消費」から「コト消費」に変化している

訪日中国人のイメージといえば、両手にいっぱいの袋や、大きな家電を購入する「爆買い」ではないでしょうか。

確かに、以前までは買い物にお金をかける中国人がたくさんいました。しかし近年、中国人は日本食や日本文化といった「体験」に興味を持ち始めています。

主な理由は、以下の2つです。

  • 中国政府が海外からの商品への関税を強化し、買い物にお金がかかるようになった。
  • 越境ECサイトの登場により、中国からでも日本製品が簡単に購入できるようになった。

その結果、日本で買い物をすると旅行の費用が高額に。そのため日本では、買い物よりも体験を求める中国人が増えています。

まだまだすべての訪日中国人が、コト消費に変化しているわけではありません。しかし一部の中国人に文化や体験、日本食をアピールすることで店舗や自社製品のさらなる集客、そして売上アップにつながります。

一方で、ECサイトの売上は順調に伸びています。先ほど紹介した越境ECサイトの出現により、中国国内からでも日本製品を購入できるからです。

越境ECサイトについて詳しくは、「海外向け越境ECサイト制作での5つの課題と解決策。インバウンド消費の促進効果あり」で解説しています。

ここまで、2018年の春節のデータから、中国人の旅行スタイルや傾向を解説しました。

とはいえ、実際に春節が与えるインバウンド産業への影響は、なかなかイメージしにくいですよね。

そこで次は、春節の時期にイベントを開催し、中国人インバウンド客の呼び込みに成功した静岡県の遊園地「ぐりんぱ」の事例をご紹介します。

事例:春節祭を開いた遊園地「ぐりんぱ」のインバウンド対策

「ぐりんぱ」は、富士山の2合目にある富士急グループの遊園地です。首都圏や有名な観光スポットではないこの遊園地に、中国からのインバウンド客がたくさん押し寄せています。

ここでは、

  • 「春節祭」の内容
  • ぐりんぱが取り入れた中国人へのインバウンド対策

を紹介します。

春節祭の内容:中国と日本のお正月をミックス

春節祭では、以下の3つを実施しました。

  • 園内を中華ランタンで装飾
  • 春節に食べる餃子を配布
  • 餅つきなど日本のお正月風景も再現

園内を中華ランタンで装飾するだけでなく、春節に食べる餃子を配布し、中国の旧正月を再現しています。さらには日本文化である餅つきも提供し、日本の風習を体験できるおもてなしをそろえました。

さらに園内の売店では、中国の決済方法「WeChat Pay」の受付をスタートしています。WeChatとはLINEのような中国のアプリです。アカウント数は約13億と、多くの中国人が使っている人気SNSの1つ。QRコードを使えば支払いにも使用できます。

このような対応で、中国人が遊園地の中でも自国のように過ごせる環境を整えました。

「ぐりんぱ」が春節祭で取り入れた中国人へのインバウンド対応

ぐりんぱが中国人インバウンド客の集客に成功した理由は、主に以下の3つです。

  • 中国の旧正月を再現し、リラックスしてもらう
  • 日本文化の体験も提供し、コト消費へのニーズを満たす
  • 中国の決済方法を導入し、買い物のハードルを下げる

旅行中とはいえ、「日本らしさも感じつつ、自国にいるかのようなリラックス感がほしい」と感じるインバウンド客は少なくありません。装飾や餃子の配布で訪日中国人に安心感を与えつつ、餅つきなど日本文化の体験もバランスよく提供することが、満足度アップにつながりました。

またWeChat Payでの決済を導入したことで、中国人は日本円への両替が必要ありません。買い物に対するハードルが下がったことが、消費額アップにつながっています。

ここまでぐりんぱの事例をお伝えしました。

これらの対策は、他の観光施設などでも真似できます。

最後に、春節期間に必要なインバウンド対策をお伝えします。

春節前に用意すべき中国人へのインバウンド対策

春節に中国人インバウンド客を迎えるためには、以下5つのことが必要です。

  1. 日本文化と中国文化の融合
  2. 決済方法の多様化
  3. 中国語での対応や表記
  4. 飲食店やアクティビティの予約受付
  5. 日本のマナーの周知

これらは観光施設だけでなく、ホテルや飲食店、地方自治体なども真似できます。

1つずつ解説しますね。

1.日本文化と中国文化の融合

訪日外国人の中には、「旅行中も自国にいるかのようにリラックスしたい」と感じる人が少なくありません。

そのため日本の文化はもちろん、中国の文化も感じられる環境を作りましょう。

例えば、

  • 中国人のお客さまの客室に「春聯(春節の飾り)」を用意
  • 春節当日に「新年快乐(シンニエンクエラ:あけましておめでとう)」と声をかける

などです。

中国の春節の雰囲気を再現することで、中国人はリラックスして旅行を楽しむことができます。

2.決済方法の多様化

訪日外国人の困りごとの1つとして、「クレジットカードが使えない」など、決済の選択肢の少なさがあります。

出典:観光庁「外国人旅行者に対するアンケート調査結果について」

クレジットカード、WeChat Pay、QQ Walletなど幅広い決済方法を用意して、買い物へのハードルを下げましょう。自社や店舗の売上アップが期待できます。

「QQ Wallet」とは、WeChat Payに並ぶ中国で人気の決済方法です。詳しくは「QQとは?訪日中国人の利用アプリに幅広く対応することが、集客や消費アップにつながる」で紹介しています。

3.中国語での対応や表記

インバウンド対策として、中国語での対応も欠かせません。自国の言葉でやり取りできる方が、商品の概要や飲食店のメニューなどスムーズに理解でき、インバウンド客のストレスが減少します。

そして満足度が高まることで、リピーターになる確率も高まります。

もしも「中国語のできるスタッフがいない…」という場合は、翻訳アプリなどを活用しましょう。サービスは「多言語音声翻訳でインバウンド対策できるアプリや端末まとめ」で紹介しています。

4.飲食店やアクティビティの予約受付

飲食店を探すとき、「日本の予約システムがわからない」「そもそも予約を受け付けているのだろうか」と悩む中国人も少なくありません。

というのも、中国では多くの飲食店が事前予約を受け付けており、スムーズに来店できるシステムが整っているのです。

特に中国人は、「Ctrip」などのオンライン予約システムを利用することがほとんど。ここに自店舗を掲載することで、中国人の予約率や来店率アップが期待できます。

Ctripについて詳しくは「オンライン旅行会社「Ctrip」とは?ホテルや飲食店が知っておくべき5つのサービスを解説」で解説しています。

5.日本のマナーの周知

集客とは少し異なりますが、「中国人のお客さまのマナーが悪く感じる…」と悩む方も多いのではないでしょうか。

例えば、

  • 静かな観光施設での大声
  • 飲食禁止の場所に食べ物を持ち込む
  • 歩きタバコ

などです。

これらは「国民性と文化の違い」、「日本への旅行に慣れていない世代である」ことが原因です。そのため解決には、日本のマナーを理解してもらうことが欠かせません。

詳しいマナー対策は「訪日中国人のマナーはなぜ悪く感じる?対策のカギは国民性や文化の違いを知ること」で紹介していますので、チェックしてみてください。

春節までにこのような環境を整えておくことで、さらなる集客や売上アップにつながります。そしてその対策は、春節が終わっても継続的に、効果を発揮し続けてくれることが期待できます。

春節までにインバウンド対策を整えて売上アップを

ここまでをおさらいします。

春節とは、中国や台湾、香港、韓国など、アジアの一部地域で祝う旧正月のことです。中国では毎年7日ほどの大型連休になりますが、時期は常に異なります

春節の時期には、海外旅行へ出かける人も少なくありません。中でも日本は人気の旅行先のため、インバウンド産業への影響も大きいです。

2018年に日本を訪れた中国人に関するデータを見ると、以下が明らかになっています。

  • 来日者数:71万6,333人
  • 消費額:約4,391億円
  • 興味:日本文化の体験などコト消費

春節の時期は特に中国人インバウンド客の数が増えるため、消費額も自然とアップします。

そして集客の成功事例として、静岡県の遊園地「ぐりんぱ」が開催した春節祭を紹介しました。ぐりんぱの対策は、ホテルや小売店、飲食店などでも活用できます。

具体的なインバウンド対策は、以下の5つを中心に準備しましょう。

  • 日本文化と中国文化の融合
  • 決済方法の多様化
  • 中国語での対応や表記
  • 飲食店やアクティビティの予約受付
  • 日本のマナーの周知

2019年の春節は、2/4〜2/10までの7日間の予定です。今のうちに中国人がスムーズに旅行できる環境を整えて、さらなる集客や売上アップにつなげましょう。

また訪日中国人はもともとツアー客が中心でしたが、近年は「FIT」という、個人で友人や家族と旅行する人が増えつつあります。「FITって何だろう…」という方は、「訪日中国人FITとは?インバウンド集客における注目のトレンドと事例を解説」をご一読ください。

関連記事

  1. 飲食店のインバウンド集客に必要な対策とは?お店づくりからネット集客までを解説

  2. 手ぶら観光が訪日外国人の地方都市への訪問を促す。国土交通省が民間事業者へカウンター設置を呼びかけ

  3. 訪日外国人向けフリーペーパー7選!インバウンド客へのリーチを増やす工夫とは

  4. 旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!

  5. 目的別に選ぶインバウンド向けメディア5選!情報を的確に読者へ届けるために

  6. インフルエンサーの不正行為?「偽フォロワー」や「偽いいね」を見分ける方法とは?

  7. タイのサッカー選手・ティーラシンがサンフレッチェ広島へ加入。訪日タイ人への影響と地方へ呼び込む方法と…

  8. 訪日外国人のために無料Wi-Fiが必要な理由とは?行政の業務と結びつけたバルセロナの事例も紹介

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP