無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

中国圏の祭日「元宵節」とは。わかりやすく紹介します

元宵節とは中国圏の祭日で、春節から数えてちょうど15日目、新年最初の満月の日にあたります。中国ではお正月を新暦の新年ではなく、旧暦の春節(1月下旬~2月中旬の間にある1日)で祝うのが風習です。元宵節はそんな中国のお正月の締めくくりの1日でもあります。

元宵節の日には家々の軒先には赤い提灯がさがり、家族が集まってご馳走やお団子を食べるのが一般的な過ごし方です。提灯で彩られた街中では、獅子や龍の舞、高足踊など、たくさんの出し物が催されます。

提灯のイメージが強いことから、元宵節のことを中国では「灯节」(日本語にすると「灯節」)とも言われており、海外では「ランタンフェスティバル」として有名です。

元宵節の由来「天鵞(てんが)説」

元宵節の由来にはいくつかの説があり、有名なのが「天鵞(てんが)説」です。

【天鵞(てんが)説】
天界に仕える「鵞」(白鳥)が地上に降りた際に、1人の猟師が放った矢によって傷つけられてしまいます。最高神である「玉皇大帝」はそれを知って怒り、正月15日に地上を焼き払おうとしました。その計画を知ったある仙人が、地上の人々に「正月15日に家々で松明を燃やし、提灯を灯せば厄災を逃れることができる」と伝えます。

人々は仙人の言葉通りに正月15日に松明を燃やし提灯を灯すと、仙人は玉皇大帝に対し「すでに地上は焼き払った」と報告しました。玉皇大帝が地上を見下ろしてみると、地上は赤々とした炎に包まれているように見え、その報告を信じます。それにより、玉皇大帝によって地上が焼き払われなくて済んだということです。

この他にも、皇帝の側女”元宵”にまつわる「元宵説」、呂后の死によって乱れた国を鎮めた日を記念日とする「諸呂の乱説」などがあります。

元宵節の食べ物「元宵」

元宵節では「元宵」と呼ばれる団子を食べるのが慣習です。「元宵」は別名「湯圓(タンユェン)」と呼ばれており、餡が入った一口サイズの団子をお湯に浮かべたもの。団子は満月のように丸く「団らん」の意味があり、幸福の象徴と見なされています。

なお、中国でもっとも重要な祝祭日「春節」について詳しくは「春節とは?2019年の期間や訪日中国人の動きを解説【インバウンド担当者必見】」で紹介しています。気になる方はこちらもご一読いただけますと幸いです。

 

PR:無料資料ダウンロード

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 真の観光立国へ。デービッド・アトキンソン氏が日本の観光業界に投げかける3つの提言

  2. インフルエンサーの不正行為?「偽フォロワー」や「偽いいね」を見分ける方法とは?

  3. ソンクラーンとは?訪日タイ人の悩みを解決して、観光スポットの集客につなげる

  4. 旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!

  5. 中国圏の節日「端午節」とは。わかりやすく紹介します

  6. 春節に旅行をする際の注意事項。旅を安心して楽しむためには?

  7. 台湾で一時期ブームとなった「制県レベル」地図とは?訪日意欲の高い台湾人のSNS利用状況を合わせて解説…

  8. 民泊データ分析サービスでインバウンド客のニーズを調査。人気の民泊を作るポイントとは

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP