Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • 特集
  • この記事は約2分で読めます

中国圏の節日「端午節」とは。わかりやすく紹介します

端午節は中国における旧暦の5月5日にあたる日で、現在の暦だと5月下旬~6月中旬を指します。ちなみに2019年は6月7日が端午節で、6月7日~9日が3連休です。

「端」には「はじめ」の意味があります。「端午」は「午のはじめ」を指し、十二支を各月にあてはめると「午の月」は5月です。中国ではこの時期に薬草を摘み、健康を祈願する習慣がありました。中でもよもぎや菖蒲は邪気を払う力があるとされ、菖蒲酒を作って飲んだり、よもぎで人形を作って飾ったりなどする習慣があります。

この記事では、端午節の由来や過ごし方についてお伝えします。

端午節の由来は「屈原を偲ぶ日」

端午節の由来は諸説ありますが、もっともよく知られているのは、愛国詩人でもある「屈原」を偲ぶ日であるというものです。

屈原は戦国時代の楚の政治家で、詩人でもありました。屈原は愛国者でしたが、その進言が国の上層部に聞き入れられることなく、彼は楚の将来に絶望して汨羅江(べきらこう)という川に身を投げ自殺します。民衆は屈原を救おうと船を出し、遺体を魚から守るために川へ米を投げ入れました。そのことから、5月5日に屈原を偲んで船を出す習慣が生まれ、後の「ドラゴンボートレース」の開催や、「ちまき」を食べる風習になったと言われています。

端午節で有名な「ドラゴンボートレース」と「ちまき」

端午節と言えば「ドラゴンボートレース」と「ちまき」が有名です。

「ドラゴンボートレース」は、舵取り1名と太鼓手1名、18~20人の漕手からなる細長いボートで速さを競います。ボートには龍を模した飾りが施されており、見た目の華やかさもあることから、観光客にも人気のイベントです。

「ちまき」は中国語で「粽子(zòngzi)」と呼ばれ、日本で知られているものと同じく、もち米の中に餡を入れて笹の葉などでくるんで蒸したものを食べます。中に入れる餡は棗(なつめ)や小豆(あずき)などですが、肉入りの塩味ちまきもあるなど地域によって様々です。

今回は中国の節日「端午節」についてお伝えしました。節日をはじめ、中国の文化に興味を持っていただけたら幸いです。

なお、中国でもっとも重要な祝祭日「春節」について詳しくは「春節とは?2019年の期間や訪日中国人の動きを解説【インバウンド担当者必見】」で紹介しています。気になる方はこちらもご一読ください。

 

PR:無料資料ダウンロード

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. インバウンドNOW 7月の人気記事 TOP 5

  2. 【入門】はじめてインバウンド担当者になったら読みたい参考資料まとめ

  3. 民泊データ分析サービスでインバウンド客のニーズを調査。人気の民泊を作るポイントとは

  4. インバウンド向けアクティビティ予約サイト7選!訪日外国人の集客につながる工夫とは?

  5. 中国圏の祭日「元宵節」とは。わかりやすく紹介します

  6. 中国の節日「中秋節」とは。わかりやすく紹介します

  7. 飲食店のインバウンド集客に必要な対策とは?お店づくりからネット集客までを解説

  8. 2020年東京オリンピックの対策はもう大丈夫?国の対策からインバウンド事業者に必要な対策まで徹底解説…

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP