Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • 特集
  • この記事は約2分で読めます

中国圏の節日「中元節」とは。わかりやすく紹介します

中元節は中国における旧暦の7月15日にあたる日で、現在の暦だと8月15日近くです。日本では「お盆」と同じ時期で、行事の意味合いも似ています。

日本では「お中元」の習慣があり、これは平素お世話になっている人に贈り物をする習慣です。これはもともと中国の中元節に由来します。お盆行事として日本に伝わった中元節ですが、江戸時代からお盆に供物などの贈り物をする習慣が生まれ、お中元と言えば「夏の贈り物」を意味するようになりました。

この記事では、中元節の由来や過ごし方についてお伝えしますね。

中元節の由来は「地官大帝の誕生日」

中元節の由来は「地官大帝の誕生日」です。旧暦7月15日が「地官大帝」の誕生日であり、地官大帝は地獄の帝であることから、中元節は死者の罪が赦される日とされています。

中元節は「鬼節」(死者の日)という意味を持ち、「霊魂を鎮める日」という位置付けです。

中元節は「灯ろう流し」で祖先をお祀りする

中元節は「灯ろう流し」で祖先をお祀りします。中国の節日の1つである「元宵節」では街中に赤い提灯を下げますが、中元節では川に灯ろうを浮かべて流すのが風習です。

これは陰陽の考え方で「水は陰」とされており、死者の魂が水底に存在すると考えられていることによります。子孫たちは祖先をお祀りしつつ、灯ろうに川に流してて死者が帰る道を照らすのです。

今回は中国の節日「中元節」についてお伝えしました。節日をはじめ、中国の文化に興味を持っていただけたら幸いです。

なお、中国でもっとも重要な祝祭日「春節」について詳しくは「春節とは?2019年の期間や訪日中国人の動きを解説【インバウンド担当者必見】」で紹介しています。気になる方はこちらもご一読ください。

 

[china]

関連記事

  1. 中国の春節における新年のタブー7つ。トラブルを起こさないためには?

  2. 中国圏の祝日「清明節」とは。わかりやすく紹介します

  3. 訪日外国人向けフリーペーパー7選!インバウンド客へのリーチを増やす工夫とは

  4. 中国圏の節日「七夕節」とは。わかりやすく紹介します

  5. 民泊データ分析サービスでインバウンド客のニーズを調査。人気の民泊を作るポイントとは

  6. 2020年東京オリンピックの対策はもう大丈夫?国の対策からインバウンド事業者に必要な対策まで徹底解説…

  7. 手ぶら観光が訪日外国人の地方都市への訪問を促す。国土交通省が民間事業者へカウンター設置を呼びかけ

  8. 台湾で一時期ブームとなった「制県レベル」地図とは?訪日意欲の高い台湾人のSNS利用状況を合わせて解説…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP