インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • 特集
  • この記事は約2分で読めます

中国圏の節日「中元節」とは。わかりやすく紹介します

中元節は中国における旧暦の7月15日にあたる日で、現在の暦だと8月15日近くです。日本では「お盆」と同じ時期で、行事の意味合いも似ています。

日本では「お中元」の習慣があり、これは平素お世話になっている人に贈り物をする習慣です。これはもともと中国の中元節に由来します。お盆行事として日本に伝わった中元節ですが、江戸時代からお盆に供物などの贈り物をする習慣が生まれ、お中元と言えば「夏の贈り物」を意味するようになりました。

この記事では、中元節の由来や過ごし方についてお伝えしますね。

中元節の由来は「地官大帝の誕生日」

中元節の由来は「地官大帝の誕生日」です。旧暦7月15日が「地官大帝」の誕生日であり、地官大帝は地獄の帝であることから、中元節は死者の罪が赦される日とされています。

中元節は「鬼節」(死者の日)という意味を持ち、「霊魂を鎮める日」という位置付けです。

中元節は「灯ろう流し」で祖先をお祀りする

中元節は「灯ろう流し」で祖先をお祀りします。中国の節日の1つである「元宵節」では街中に赤い提灯を下げますが、中元節では川に灯ろうを浮かべて流すのが風習です。

これは陰陽の考え方で「水は陰」とされており、死者の魂が水底に存在すると考えられていることによります。子孫たちは祖先をお祀りしつつ、灯ろうに川に流してて死者が帰る道を照らすのです。

今回は中国の節日「中元節」についてお伝えしました。節日をはじめ、中国の文化に興味を持っていただけたら幸いです。

なお、中国でもっとも重要な祝祭日「春節」について詳しくは「春節とは?2019年の期間や訪日中国人の動きを解説【インバウンド担当者必見】」で紹介しています。気になる方はこちらもご一読ください。

 

PR:無料資料ダウンロード

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 真の観光立国へ。デービッド・アトキンソン氏が日本の観光業界に投げかける3つの提言

  2. 国慶節とは?概要と中国人インバウンド客への対策をご紹介

  3. 中国圏の節日「端午節」とは。わかりやすく紹介します

  4. 中国の春節における新年イベントまとめ

  5. インバウンド担当とは?訪日外国人へ質の高いおもてなしをして、売上アップする方法

  6. 中国の節日「中秋節」とは。わかりやすく紹介します

  7. 【入門】はじめてインバウンド担当者になったら読みたい参考資料まとめ

  8. コト消費がインバウンド産業に与える影響とは?地方はモノ消費と絡めて集客につなげよう

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP