Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • 特集
  • この記事は約2分で読めます

中国の春節における新年のタブー7つ。トラブルを起こさないためには?

中国における新年は「春節」と呼ばれ、中国でもっとも大きい連休として知られています。ちなみに2019年の春節は2月5日、連休は大晦日の2月4日から10日までの7日間です。

今回はそんな中国の春節における新年のタブー7つをお伝えします。日本では馴染みの無いタブーもありますので、不要なトラブルを起こさないためにもぜひ覚えておきましょう。

タブー1. 嫁いだ娘は実家で年越ししてはいけない

中国では、新年(旧暦1月1日)に「嫁いだ娘は実家で年越ししてはいけない」とされています。これは、実家に戻ることが「結婚に問題があって実家に帰る」と思われて、災いをもたらすとされているためです。

タブー2. 涙を見せてはいけない

中国では、春節の期間中は「涙を見せてはいけない」とされています。「涙」は「不幸」を連想させるためです。新年を明るく過ごすことで、その年に不幸が起こることを避けることができます。

タブー3. グラスや食器を割ってはいけない

中国では、新年に「グラスや食器を割ってはいけない」とされています。割ってしまうと金運が下がるとされているためです。もし割ってしまった場合は、平和を願う言葉である「歳歳平安」をすぐに言わなければなりません。

タブー4. 掃除やゴミ出しをしてはいけない

中国では、新年に「掃除やゴミ出しをしてはいけない」とされています。これも金運を逃してしまうと思われているためです。どうしても掃除をしなければならない場合は、部屋の外から内に向かって掃いてゴミをまとめ、1月5日が過ぎたら捨てます。

タブー6. 髪の毛を切ったり、洗ったりしてはいけない

中国では、新年に「髪の毛を切ったり、洗ったりしてはいけない」とされています。髪は幸運と関係があるものと信じられており、散髪や洗髪をすることで幸運を落とすと思われているためです。

タブー7. 新年にふさわしくない品物を贈ってはいけない

中国では、「新年にふさわしくない品物を贈ってはいけない」とされています。新年にふさわしくない品物と理由は以下の通りです。

  • 靴:よこしまな「邪」と発音が同じため
  • 枕:枕を高くして安心できる日々が損なわれるとされているため
  • ぬいぐるみ:徳・器量のない人を指すため
  • 梨:別離や分離の「離」と発音が同じため
  • 傘:人がいなくなる「散」と発音が同じため

中国におけるタブーを理解して、中国の方に安心して過ごしてもらえるようなおもてなしをしましょう!

なお、中国でもっとも重要な祝祭日「春節」について詳しくは「春節とは?2019年の期間や訪日中国人の動きを解説【インバウンド担当者必見】」で紹介しています。気になる方はこちらもご一読いただけますと幸いです。

 

PR:無料資料ダウンロード

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 中国の節日「中秋節」とは。わかりやすく紹介します

  2. タイのサッカー選手・ティーラシンがサンフレッチェ広島へ加入。訪日タイ人への影響と地方へ呼び込む方法と…

  3. 訪日外国人のために無料Wi-Fiが必要な理由とは?行政の業務と結びつけたバルセロナの事例も紹介

  4. 中国の春節における新年イベントまとめ

  5. 飲食店のインバウンド集客に必要な対策とは?お店づくりからネット集客までを解説

  6. インバウンドの現場で起こっている飲食店予約の無断キャンセル。店舗が行うべき5つの対策とは

  7. 真の観光立国へ。デービッド・アトキンソン氏が日本の観光業界に投げかける3つの提言

  8. 中国の節日「重陽節」とは。わかりやすく解説します

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP