大阪市のお好み焼き屋・ちとせから学ぶ、インバウンド客が来店したくなる5つの対応

トリップアドバイザーという、観光地やホテル、レストランなど、旅行に関する施設の口コミサイトがあります。そして毎年、訪日外国人に人気のレストランを発表しており、2017年も30軒のレストランを選んでいます。

今回の1位に輝いたレストランは、大阪市のお好み焼き屋「ちとせ」です。しかし、ちとせは昨年のランキングでは28位だった、個人経営の小さいお店。たった1年で、インバウンド客の来店がかなり増えています。

実は、ちとせがインバウンド客の支持を集めた理由は、訪日外国人を意識した5つの対応に隠れています。そこで今回は、ちとせが実践した5つのインバウンド対応を解説します。

また、ランキングは口コミの数や内容を集計して決めています。口コミは信頼となり、さらに訪日外国人の来店を増やすことにつながります。人気レストランが口コミを集めた3つの方法も、最後にお伝えします。この記事を読めば、口コミを使ったインバウンド需要の新しい集客ができるはずです。

トリップアドバイザーが外国人に人気のレストランを30位まで発表

トリップアドバイザーは、毎年「旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本のレストランランキング」を発表しています。

ランキングを決めるときは、

  • 口コミの投稿数
  • 5段階評価の平均点
  • 口コミの内容

の3つをチェックし、総合点からベスト30を選びます。対象は日本のレストラン60万軒以上にものぼり、30位へのランクインは簡単なことではありません。

【出典】トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本のレストランランキング」

2017年のランキングは、2016年4月から2017年3月に訪日外国人が投稿した、日本語以外の口コミを元に決めています。

その中で1位に輝いたのが、大阪市のお好み焼き屋・ちとせ。昨年の28位から大きくランクアップしており、訪日外国人が注目する人気店となっています。

次の項目で、ちとせが1位に輝いた理由を解説します。

お好み焼き屋・ちとせがインバウンド客から支持される5つの理由

1位に輝いたお好み焼き屋・ちとせは、個人経営の小さなレストランです。にもかかわらず、訪日外国人のニーズを満たす対応を実践したことで、多くの口コミを集めました。

ここでは、ちとせがインバウンド客へ実践した5つの対応をご紹介します。

1.歓迎ムードが分かる接客

ちとせの口コミには、「フレンドリー」という声がたくさん集まっています。気さくに接するオーナーの態度が、「居心地が良い」という評価につながったようです。

ちとせの魅力は、オーナーとお客さんの距離が近いことです。店内はカウンター席のため、オーナーと話しながら食事をする形になります。カウンター越しにオーナーが気さくに話しかけてくれたことで、訪日外国人は「歓迎してくれている」と安心。距離の近さを魅力に感じ、旅行中に何度も訪れるリピーターまで生んでいるようです。

2.英語が話せるスタッフの存在

ちとせのオーナーやスタッフは、英語を話すことができます。言葉が通じることで注文がスムーズにでき、慣れないメニューの食べ方を聞くことも可能に。さらには、食事をしながらオーナーとお客さんがコミュニケーションを取ることも実現しています。

日本には、まだまだ英語の通じるレストランが多くありません。英語が通じるだけでも、レストラン選びの後押しとなるようです。

3.ベジタリアンなど食事制限に対応したメニュー

ちとせは、ベジタリアン専用のメニューを用意しています。海外では食事制限のある人が多いため、幅広い食事のスタイルに対応するだけでも、他店との差別化ができます。

「フードダイバーシティ」という言葉が生まれているくらい、食事のスタイルは多様化しています。しかし、日本で食事制限に対応するレストランはまだまだ少なく、ベジタリアンにとってお店選びは大変な作業の1つ。自分たちの食事スタイルも尊重しつつ、日本の食事も楽しめることが訪日外国人に好評です。

4.目の前で焼くパフォーマンスのような調理方法

ちとせでは、お客さんの目の前にある鉄板でお好み焼きを調理します。この焼いている姿が、「パフォーマンスのようで楽しい」と人気なのです。

今回のランキングでは、お好み焼き店が3軒もランクインしています。粉物は、訪日外国人にも人気の日本食。さらには、鉄板で素早く焼く姿に「パフォーマンスみたいだ」と感動するようです。待ち時間さえも楽しむことができ、退屈を感じさせません。

5.日本食が750円という手頃な価格で楽しめる

ちとせのお好み焼きは、どのメニューも750〜1,000円と良心的な価格です。この価格設定が「日本らしい料理を安く食べたい」という、訪日外国人のニーズを満たしています。

観光客向けに作った料理よりも、日本人が日頃から食べている料理を食べたいと思うインバウンド客が増えています。そのため、今回のランキングでは、居酒屋やカフェ、ラーメンといった、私たちが普段訪れるレストランが多数ランクイン。価格も1,000円前後が多く、高級店はほとんどありません。気軽に食事を楽しめる方が、訪日外国人は嬉しいようです。

このような5つの訪日外国人への対応が、口コミの多さにつながっています。そして、口コミが信頼につながり、インバウンド客の来店をさらに増やしているのです。

最後に、口コミを使った集客の方法についてお伝えします。

トリップアドバイザーで人気レストランが実践する集客方法

人気レストランでは、口コミの投稿をしてもらうために3つの工夫を行っています。そして、訪日外国人が投稿した口コミを新しい集客方法として使っているようです。

1.店内の写真を10枚以上投稿する

人気レストランは、店内やメニューの写真を10枚以上投稿しています。さらには、多くのユーザーが写真を参考にして、レストランを選んでいます。

トリップアドバイザーの調査によると、ユーザーの76%がレストランを探すときには「写真を参考にする」と回答。レストラン側がきれいな写真を投稿していると、店内の雰囲気がイメージしやすくなります。10枚以上あると、店内の様子がしっかりと伝わります。

2.口コミを集めるツールを使用する

トリップアドバイザーは、ユーザーに口コミの投稿を依頼するツールを提供しています。このツールを通して口コミが増えると、レストラン選びの後押しにもつながるのです。

調査では58%のユーザーが、レストランを選ぶときに6〜12件の口コミを確認すると回答しています。口コミが少ないと店内の様子が分からず、来店したいという気持ちが半減することも。

そこで、トリップアドバイザーは「Review Express」というツールを無料で提供しています。これは、来店後にメールで口コミの投稿を依頼することができるものです。

多くのユーザーがトリップアドバイザーを来店前に使用するため、来店後はほとんど見ていません。そこで、メールを送って口コミの投稿を依頼することで、ユーザーは思い出して投稿へ。こうして、新たな口コミが増えるのです。

集まった口コミは、新たなユーザーのレストラン選びで役立つはずです。そして、口コミが増えれば、ランキングで上位に入る可能性も高くなります。

3.最低でも25%の口コミに返信をしている

口コミの中には悪い評価を書かれてしまうこともありますが、悪影響はありません。否定的な口コミにも丁寧な対応をすることで、ユーザーの印象をより良いものに変えることができます。

調査では、85%のユーザーが「否定的な口コミに心をこめた返信をしていると、レストランの印象が良くなる」と回答しています。レストランに不利な内容にもきちんと対応することで、利用客のことを重視しているという印象に。訪日外国人がレストランの態度や対応を重視するというのは、オンラインでも変わらないようです。

【出典】トリップアドバイザー「旅行者を対象としたトリップアドバイザーの新たなアンケートから得られる 5 つのヒント」

口コミは、多くのユーザーがレストラン選びの参考にしています。さらに多くの感想やインバウンド客を集めるために、写真やツールの活用、口コミへの返信を心がけてみてください。

ちとせからインバウンド客への対応を学び、より多くの口コミを集めよう

トリップアドバイザーが発表した、外国人に人気のレストラントップ30。2017年のランキングでは、大阪市のお好み焼き屋・ちとせが1位に輝きました。

ちとせでは、以下の5つの対応がインバウンド客の高評価につながっています。

  • 歓迎していることが分かる接客
  • 英語が話せるオーナーやスタッフの存在
  • ベジタリアンに対応したメニューの用意
  • パフォーマンスのような調理方法
  • 750円という手頃な価格

訪日外国人は、食事の味やお店の知名度よりも、「外国人を受け入れる態度」や「スタッフとのコミュニケーション」を重視しています。ちとせは、このような訪日外国人のニーズを満たすお店を作ったために、口コミがたくさん集まったのです。

また、トリップアドバイザーで口コミを集めるには、3つのことを心がけましょう。

  • 店内の写真を10枚以上投稿する
  • ツールを使って口コミを積極的に集める
  • 25%以上の口コミへ返信する

口コミをたくさん集めることで、ランキングの上位に入る可能性もアップします。口コミをうまく利用することで、インバウンド客の新たな集客方法が実現するはずです。

関連記事

  1. 健康維持が目的のウェルネスツーリズム。資源豊富な日本で、新たなインバウンド対策になるか?

  2. インバウンド成功の秘訣は『納得度』。便利な翻訳アプリの活用方法

  3. バカンス中に地元の寒さを体感できる装置を、デンマークの旅行予約サイトが開発

  4. ソンクラーンとは?訪日タイ人の悩みを解決して、観光スポットの集客につなげる

  5. インバウンド消費を加速させる免税店!タックスフリーとデューティーフリーを正しく理解し、上手に活用しよ…

  6. インバウンド特需に応える強い味方。「民泊運用代行サービス」を活用してスムーズで手軽な民泊運営を

  7. 民泊データ分析サービスでインバウンド客のニーズを調査。人気の民泊を作るポイントとは

  8. 【インバウンド対策】ニセコにオーストラリア人を集めた方法とは?

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP