ソンクラーンとは?訪日タイ人の悩みを解決して、観光スポットの集客につなげる

タイには、ソンクラーンという旧暦上のお正月があります。期間は毎年4/13〜4/15。この時期は、多くのタイ人が連休に入ります。

そしてソンクラーンの期間中に、日本へ旅行するタイ人が増えています。テレビ番組や日本食を食べて興味を持っていたこともあり、この連休が来日の後押しとなっているのです。

しかし、タイと日本には気候や文化などたくさんの違いがあり、タイ人はなかなか日本の4月をイメージできません。訪日前に服装や観光スポット探しに悩み、情報を求めています。

地方や観光施設がタイ人の求める情報を発信することで、ニーズを満たし、集客につながる可能性があります。満足度の高い旅行となれば、リピーターとなり、インバウンド効果が持続するはずです。

そこで今回は、

  • ソンクラーンとは
  • タイ人が来日前に抱える悩み
  • タイ人が日本について知りたいときに使うメディアやサイト

をご紹介します。この記事が、訪日タイ人の集客につながる一助になれば幸いです。

ソンクラーンとは、毎年4月にあるタイのお正月

タイでは毎年4月に、「ソンクラーン」というお正月を迎えます。まずは、このソンクラーンについて解説します。

ソンクラーンはタイの旧暦上でのお正月

ソンクラーンは、タイの旧暦上のお正月です。もともと太陽の軌道が12カ月の周期を終えて、新たに牡羊座に入ることを祝う時期。タイでは1月の年明けよりも、4月のソンクラーンに盛大なお祝いをします。

ソンクラーンには、

  • 仏像に水をかけてお清めする
  • 祈りを捧げて過ごす
  • 目上の人やお世話になった人にあいさつする

という習慣があります。帰省ラッシュでもあるため、交通機関は混雑します。

ソンクラーンは毎年4/13〜4/15の3日間

ソンクラーンの期間は、毎年「4/13〜4/15」と決まっています。4/13〜4/15が土日になったときは、次の平日が振替休日に変わります。

さらには、前夜祭として前日12日が休みになることも。実際に、2018年は「4/12〜4/17」の6連休になる人が多かったようです。

タイではバンコクを中心に、多くの地域で水かけ祭りを開催

ソンクラーンの時期は、メインイベントとして「水かけ祭り」を開催します。これは、現地住民や観光客など関係なく、水をかけあうお祭りです。警察官と僧侶を除いて誰にでも水をかけることができ、水をかけられても文句は言えません。

というのも、仏教国のタイでは、水かけに「お清め」の意味があるとされています。そのため、水のかけ合いは縁起の良いことなのです。

首都のバンコクを中心に、北部のチェンマイ、ビーチがあるパタヤやプーケット、世界遺産のあるアユタヤなど、タイ全土で開催されます。

ソンクラーンの時期に訪日旅行をするタイ人が増えている

近年、ソンクラーンの時期に、日本へ旅行するタイ人が増えています。実際に、タイ人の旅行先として、日本は2番目に人気の場所となっています。

興味を持ったきっかけとして、

  1. 日本を紹介するテレビ番組を見て(65.0%)
  2. タイで日本食を食べて(61.4%)
  3. 日本製の商品を利用して(49.0%)

などがあります。

【出典】日本政府観光局(JNTO)「訪日旅行データハンドブック世界20市場 2017年」

テレビ番組や日本食、日本製品を使って、「日本に行ってみたい!」と思う人が増えているのです。

しかし、今までの訪日客は、中国や韓国といった近隣からが中心でした。そのため、タイ人が日本で何をしたいのか、どのような情報を求めているのか、なかなか把握できません。

そこで、タイ人が来日前に知りたい3つの情報を、タイと日本の違いから分析します。

地方自治体や観光施設が発信するべき3つの情報とは?

タイと日本には、気候や文化に違いがあり、タイ人は服装や訪問先に悩むこともしばしば。地方自治体や観光施設が悩みを解決できる情報を発信すれば、不安がなくなり、旅行を楽しむことができるはず。楽しい旅行になれば、リピーターになることも期待できます。

そこで、地方や観光施設が発信するべき

  1. 4月の気温と服装
  2. 桜や雪などの自然を感じるスポット
  3. 4月のセール情報

という3つの情報を解説します。

1.4月の気温と服装:暑い国・タイとの違いは?

タイは年間を通して暑い国です。1年の平均気温は29℃で、いつでも半袖で過ごすことができます。そのためタイ人には、まだまだ肌寒い日も多い日本の4月がイメージできません。

  • 4月の平均気温
  • 適切な服装

を知っていれば、タイ人は旅行前に適切な服を準備できます。服装はイラストや写真で説明すると、より伝わりやすくなります。

もしくは、準備ができなかった人のために、春服を購入できる地域のショッピングモールや、ファッションビルを紹介するという手もあります。

2.自然を感じるスポット:桜や雪を見ることができるのはどこ?

日本政府観光局(JNTO)の調査によると、タイ人は来日中に「自然・景勝地の観光」を期待していることが明らかになっています。

【出典】日本政府観光局(JNTO)「訪日旅行データハンドブック世界20市場 2017年」

例えば、タイには四季がないため、日本に来て初めて桜や雪を見る人も多いです。

しかし、4月となると都道府県によって桜が咲いているところや、まだ雪が残る地域など、季節の変化にバラツキがあります。

あらかじめ、桜の見頃や雪の降るエリアをマップでお知らせすれば、タイ人はそのエリアにしぼって旅行ができます。鑑賞スポットの周辺情報もあると、さらに喜ばれます。桜や雪は日帰りで見ることが多いため、これだけでは時間を持て余してしまうのです。

飲食店や買い物できる場所があると分かれば、鑑賞後に訪れる可能性が高まり、地域のお店の売上アップにもつながります。

3.割引:小売店は4月にセールをしているの?

ソンクラーンの時期、タイの小売店はセールを開催します。同じ時期に日本でもセールがあるのか、タイ人は疑問に感じているようです。

日本のセールは年末年始と夏に開催するため、4月に大規模なセールはしていません。しかし、タイ人向けセールの開催や免税のアピールはできます。安くなることがわかれば、買い物意欲もアップし、地域での消費額が増えるはずです。

ここまで、地方や観光施設が発信するべき情報を解説しました。タイ人はインターネットで旅行の情報を集めるため、発信は有効な手段です。

しかし、自社のホームページや公式サイトでの発信となると、タイ語への翻訳など、専門的な作業が必要です。

訪日タイ人向けのメディアやサイトを通せば、翻訳やPVアップの対策などを任せることができ、来日したときの対応に集中できます。

そこで、タイ人がよく使うメディアやサイトを3つご紹介します。

タイ人が日本について知りたいときに使うメディアやサイト3つ

タイ人には、検索やSNS(Facebook、Instagram)、動画(YouTube)から旅行の情報を集める傾向があります。

タイ人がよく見るメディアやサイトを通して情報を発信すれば、目に止まる確率がグッと上がるはず。まずは、タイで人気のテレビ番組からご紹介します。

1.Japan X(MAJIDE JAPAN)

「Japan X」は、日本の観光スポットやアクセス方法を紹介する、タイの人気番組。以前は「MAJIDE JAPAN」という番組名でしたが、今は「Japan X」としてリニューアルしています。

特に、岡山や鳥取、鹿児島、新潟といった地方の観光地をよく紹介しています。YouTubeに公式チャンネルがあり、どの動画も5万回近い再生回数を記録。多くのタイ人が、日本について知るきっかけでもあります。

次に紹介するのは、タイ人のスマホ利用率に注目したサイトです。

2.Chill Chill Japan

「Chill Chill Japan」は、訪日タイ人に特化したWebメディアです。

タイ人はスマホの利用率が86.8%と、パソコンやタブレットよりも高いことが、調査で明らかになっています。

【出典】JTB総合研究所「タイ人の旅行とライフスタイル~今後1年以内の日本への観光旅行予定者への調査~」

この傾向から、Chill Chill Japanではスマホで見やすいサイトを意識しています。

内容は観光地、お土産、交通など、旅行中に必要なものが中心。今までのWebメディアは、日本文化や日本という国について解説するものが多かったため、「実用的」と好評です。

SEOの施策にも力を入れており、2016年12月の解説から1年間で、訪問者数は50万人に達しています。

最後に、北海道に特化したサイトをご紹介します。

3.Trippino HOKKAIDO

「Trippino HOKKAIDO」は、北海道を訪れるタイ人向けの旅行情報を配信するサイト。専用アプリもダウンロードできます。

タイ人の旅行先として、北海道は5位にランクインするほど人気が高い場所です。

【出典】日本政府観光局(JNTO)「訪日旅行データハンドブック世界20市場 2017年」

サイト内では、北海道の観光スポットやレストラン、デパート、ホテルなどの情報を配信。ユーザー数は23,000人、月間PVは40,000PVを記録しています。

さらにアプリ内だけでなく、FacebookページやInstagramでも情報を発信しています。タイ人はSNSの利用率が高いこともあり、2015年5月の開設から約3年間で、Facebookページは約13万いいねを獲得しています。

実際に、訪日タイ人が多い時期に合わせて「当日に予約できるレストラン」をFacebookで配信したところ、Facebookページの閲覧数が10万を記録。来店時に「Trippinoを見た」と伝えれば割引するサービスも付けたことで、実際の予約にもつながりました。

お得なクーポンや割引を付けることで、飲食店の集客にも成功しています。

このようなサイトを使えば、タイ人に地域の観光スポットや施設の情報が、より届きやすくなります。タイ人のニーズを満たすことで、ソンクラーンの旅行先として選んでもらえるはずです。

ソンクラーンに来日するタイ人の疑問を解決して、集客につなげよう

タイには、「ソンクラーン」という旧暦上のお正月を祝う習慣があります。毎年4/13〜4/15の3日間と決まっており、多くのタイ人が連休に入ります。

ソンクラーンの旅行先として、日本が人気を集めています。しかし、タイと日本は気候や文化に大きな違いがあり、タイ人は4月の日本の様子をなかなかイメージできません。

タイ人の悩みは、主に以下の3つです。

  1. 4月の気温と服装
  2. 自然を感じるスポットの場所
  3. 4月のセール情報

これらの情報を地方自治体や観光施設が発信すれば、タイ人の悩みを解消できるはず。

さらに、タイ人がよく使う以下のようなサイトを通せば、より情報が届きやすくなります。

  1. Japan X(MAJIDE JAPAN)
  2. Chill Chill Japan
  3. Trippino HOKKAIDO

タイ人の悩みを解決して満足度を高めれば、地方や観光スポットへの訪問率が上がるはず。さらにそこで飲食店や小売店、ホテルを利用すれば、売上アップにもつながります。

次回のソンクラーンに向けて、タイ人への情報発信を始めてみてはいかがでしょうか。

タイの方に接客をする際は多言語対応が欠かせません。「インバウンド客への多言語対応でスムーズな接客を! 手軽にできる対策からおすすめアプリまでご紹介」にて多言語に対応する方法を紹介しているので、こちらも合わせてご一読ください。

関連記事

  1. 地方都市のインバウンド需要が増加。新たな国からの訪日客も

  2. インバウンド成功の秘訣は『納得度』。便利な翻訳アプリの活用方法

  3. 注目すべき「インバウンド婚」とは?外国人に人気のあるウェディングプランを紹介します

  4. VFR(友人、親族訪問)のインバウンド対策について解説します。

  5. インバウンド客が周遊する”ゴールデンルート”とは。地方への呼び込みは交通の整備と都道府県の連携がカギ…

  6. オランダ最大の国際旅行フェア「Vakantie Beurs」から見る、訪日オランダ人の特徴と今後の対…

  7. 旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!

  8. インバウンドプロモーションとは?インバウンド獲得に必要なポイントやおすすめプロモーション会社まで解説…

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP