国慶節とは?概要と中国人インバウンド客への対策をご紹介

「国慶節ってなに?いつからいつまでなの?中国人のお客さまは増えるのかな…」

と感じているインバウンド担当の方。

国慶節とは、日本の建国記念日にあたる中国の祝日です。10月1日から7日まで最大7日の大型連休となるため、この時期は海外旅行へ出かける中国人も少なくありません。

特に2018年は、Ctripが発表する国慶節の旅行先ランキングで、日本が第1位に選ばれています。

そのため小売店や飲食店、ホテル、交通機関などは中国人のお客さまの来店が増加。売上アップが期待できます。

とはいえ、具体的な中国人へのインバウンド対策は、なかなかわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 国慶節とは
  • 中国人の国慶節の過ごし方
  • 2017年の国慶節から見る中国人の旅行スタイル
  • 2018年の国慶節の旅行先に日本が選ばれている理由
  • 中国人インバウンド客を迎え入れるために必要な5つの対策

を、お伝えします。

「いきなりインバウンド対策を実践するのは難しそう…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは国慶節について、ざっくり理解しましょう!

国慶節とは?2018年、2019年の日程や期間

国慶節とは、10月1日に祝われる中国の建国記念日のことです。中国語の「慶(簡体字:庆)」には、“祝う”という意味があり、国のはじまりを祝う日を意味しています。日本の「建国記念日」に似ていますね。

国慶節のはじまりは、天安門広場で中華人民共和国の成立を正式に宣言したことです。まず1949年9月に、中国人民政治協商会議が10月1日を「国慶節」と定めました。そして翌日の10月1日、毛沢東が北京を首都と宣言し、建国式典が開催されたのです。

中国がはじまった日でもあるため、この時期の中国国内はお祝いムードに包まれます。

国慶節は10月1日から10月7日までの連休になる

国慶節の時期は主に、10月1日から7日にかけて、1週間の大型連休となります。

国慶節は50年以上の歴史を持つ祝日ですが、連休として制定されたのは2000年代からです。

もともと国慶節の休暇は、3日間しかありませんでした。しかし2000年から、国が「春節、国慶節、労働者の日」の3つが休暇になるように調整し、今の形に。そのため、国慶節はまだまだ歴史の浅い祝日なのです。

「国慶節」は台湾や香港でも祝日に。ただし期間は中国と異なる

同じ中華圏である台湾や香港、マカオも国慶節は祝日です。ただし、日程は中国の7日間ほど長くはありません。

それぞれの日程は以下の通りです。

【台湾】
10月10日が国慶節であり、祝日となる。ただし休みは1日のみで、前後は連休にならない。

【香港】
国慶節は10月1日にあたり、祝日になる。しかし香港も連休にはならず、休みは1日のみ。

【マカオ】
国慶節は10月1日。1〜2日にかけて連休となる。

そのため最も長期で旅行しやすいのは、中国本土の人々です。

「国慶節」の中国語や英語での表記

国慶節は中国語や英語では、以下のように表記します。

【中国語名】

  • 中华人民共和国国庆节(簡体字)・国庆节(簡体字)
  • 十一(シィーイー)
  • 黄金周(ファンジンジョウ)

【英語名】

  • National Day of China
  • National Day of the People’s Republic of China

店頭の案内などに活用できそうですね。

2016年、2017年、2018年の国慶節の日程

近年の国慶節の日程は、以下の通りです。

  • 2016年:10月1日(土)〜7日(金)
  • 2017年:10月1日(日)〜8日(日)
  • 2018年:10月1日(月)〜7日(日)

基本的に10月1日から7日までの7日間で、毎年大きな変化はありません。

しかし2017年のように、8日間になる年もあります。中国には「中秋節」という祝日もあり、2017年は10月4日が中秋節の祝日でした。国慶節とかぶっていたため、このままでは祝日が1日減ってしまうことに。

そこで政府は、国慶節の終了日を7日から8日に伸ばし、8連休にすることで調整したのです。

「2018年の国慶節前は週末だから、合計9連休になるんじゃないの?」と感じる人もいるかもしれません。しかし、国慶節の前は「振替出勤日」に変わります。そのため2018年は、9月29日(土)、30日(日)の2日間、仕事をしていた人も少なくありません。

基本的に、国慶節の日数は7〜8日間になるように調整されます。

2019年の国慶節は、10月1日から7日までの7日間の予定

2019年の国慶節も、10月1日から7日の7連休の予定です。日程の正式発表は2018年12月のため、まだ確定ではありません。

しかし日程が大まかにわかっているため、ある程度のインバウンド対策の準備は可能です。

ここまでで、国慶節について大まかに説明しました。とはいえ、その過ごし方には個人差があります。

そこで続いては、一般的な中国人の国慶節の過ごし方を紹介します。

中国人は国慶節にあわせて旅行や帰省を計画する人が多い

中国では、2〜3日の連休だと仕事が残っている人も多いため、旅行に出る人はそこまで多くありません。

しかし7日間の連休ともなると、企業や学校も一斉に休みになり、海外まで足を伸ばす人が増えます。

ここでは

  • 国慶節の過ごし方
  • 人気の旅行先

について解説しますね。

中国人の国慶節の過ごし方は、旅行や帰省が一般的

国慶節には日本のゴールデンウィークのように、

  • 実家への帰省
  • 国内旅行
  • 海外旅行

をする人が多いです。

というのも、中国では昔からの祝日を大切にする風習が残っており、この期間に家族や友人と旅行する人が少なくありません。

また中国国内でも、国慶節を祝うイベントや催しものが開催されており、国内はお祭りムード。

街を歩く獅子舞、お祝いのパレード、さらには小売店でのセールなど、国慶節を祝うイベントを多く開催しています。

国慶節に食べる物は特になし

ちなみに、中国では日本のおせち料理のような、祝日に何かを食べる風習はあまりありません。そのため国慶節でも、食事は普段とあまり変わらないようです。

国慶節で中国人から人気の旅行先ランキング

国慶節には旅行する人が多いとお伝えしました。

そして2017年の国慶節には、「600万人以上が海外旅行に出かけた」というデータもあります。

中でも人気の旅行先は、

  • ロシア
  • タイ
  • ベトナム

などでした。

出典:Tourism booming during China’s National Day holiday

このように国内よりも、海外旅行を選ぶ人が増えているようです。

ここまで、一般的な国慶節の過ごし方を紹介しました。

前述した通り、国慶節は海外旅行をする人が多く、日本も人気の旅行先の1つ。そのため、2018年や2019年にも、これまで以上に中国人インバウンド客の増加が期待できます。

そこで続いては、2017年のデータをもとにしながら、中国人インバウンド客の旅行傾向を分析します。

2017年の国慶節から中国人インバウンド客の旅行スタイルを分析

前述したとおり、2017年の国慶節には600万人の中国人が海外旅行をし、さらには8兆円の消費額も記録されています。

そして日本でも、多くの中国人インバウンド客の訪問が予想されるため、大きな経済効果が期待できます。

ここでは2017年のデータをもとにしながら、

  • 平均滞在日数や消費金額
  • 中国人インバウンド客が訪日中に求める3つの物

を解説します。

2017年の国慶節:平均来日数と消費内訳、金額

まず中国人インバウンド客の平均来日数は、以下の通りです。

【来日数】

  • 10日以上:13%
  • 7〜10日:25%
  • 4〜6日:36%

出典:中国トレンドEXPRESS「【2017年上半期まとめ&国慶節予測】中国旅行事情 前編 ~訪日旅行のスタイルは二極化する!?~」

4〜6日の滞在が中心です。国慶節の連休すべてを日本ですごすのではなく、間の5日間ほどを旅行に当てる人が多いようですね。

【消費金額】

2017年度、中国人インバウンド客の消費金額は、約1兆6,947万円でした。

そして国慶節のみの消費額を見ると、中国人インバウンド客の消費は約1,000億円。世界中での消費を合計すると、8兆円にものぼると言われています。

出典:日本政府観光局(JNTO)「訪日客数」

消費の内訳は、以下の通りです。

【消費内訳】

  • 買い物代:約8,777億円
  • 宿泊代:約3,508億円
  • 飲食代:約2,816億円

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査 平成29年(2017年)年間値(確報)」

まだまだ中国人は、買い物などの「モノ消費」を楽しむ人が中心です。一方最近では、温泉に入る、着物を着るなどの「コト消費」にお金を使う人も少なくありません。

続いては中国人の消費について、傾向を解説します。

国慶節に日本を旅行する中国人の傾向

続いては、国慶節に日本を旅行する中国人インバウンド客の傾向を、

  • 売れ筋商品
  • 関心
  • 訪問エリア

の3つにわけて紹介します。

1.中国人インバウンド客への売れ筋商品は化粧品と子供服

中国人インバウンド客から人気の商品は、化粧品と子供服です。

というのも、中国国内では政府や企業への信頼が薄く、国内の製品はあまり人気がありません。そのため海外製品の方が、「安くて高品質だ」と注目を集めています。

特に子持ちの世帯は、子供のためにも安全な商品を欲しがる傾向が強いです。国慶節に来日した際も、化粧品を扱う薬局や百貨店、子供服を販売するアパレルショップや雑貨店が人気になると予想できます。

出典:The Path to Purchase: A One-Stop Guide to China’s Haitao Shoppers

あなたの店舗で化粧品や子供服を扱っているなら、中国語の店頭ポップを作って、人気商品を積極的に売り出しましょう。

もしも「中国語がわからない…」という場合でも、多言語表示や翻訳機能を活用することで、商品案内や接客がよりスムーズに対応できます。

多言語対応について詳しくは、「インバウンド客への多言語対応でスムーズな接客を! 手軽にできる対策からおすすめアプリまでご紹介」をご一読ください。

2.中国人の関心は「モノ消費」から「コト消費」へ

中国人インバウンド客というと、まだまだ「爆買い」の印象が強いのではないでしょうか。確かに先ほどの消費額のデータを見ても、まだまだ爆買いによる売上アップは期待できます。

一方で、彼らの関心は日本製品などの「モノ」から、体験を中心とした「コト」へ移りつつもあります。というのも、以下の理由から中国人インバウンド客は、観光や体験にお金を使う人が増えているのです。

  • 中国政府が海外からの商品への関税を強化し、買い物にお金がかかるようになった。
  • 越境ECサイトの登場により、中国からでも日本製品が簡単に購入できるようになった。

そのため買い物よりも、「日本でしかできない体験」に目を向ける中国人インバウンド客が増加しています。

例えば、

  • 高級料理を食べるツアー
  • 芸者や墨絵のような日本独自の文化を楽しむ

などです。

中国人インバウンド客をおもてなしするのであれば、日本でしかできない体験を用意する、観光の情報を伝えるなどの工夫をしましょう。

事例として、大阪にある香港風ホテル「大阪逸の彩(ひので)ホテル」があり、ここではインバウンド客向けの部屋を用意しています。

部屋は、日本の雰囲気を楽しめるように畳張りにし、屋上から通天閣の鑑賞も可能。日本の文化を体験できるとともに、大阪独自の観光も楽しめる工夫がされています。

このように日本ならでは、その土地ならではの体験ができる工夫をすることで、中国人インバウンド客の満足度がアップにつながります。

3.首都圏よりも地方を訪問する中国人が増えている

中国人インバウンド客の動向の1つとして、「東京や大阪などの大都市よりも、地方を訪問する人が増えていること」があげられます。

関心が「モノ」から「コト」へ移ったことで、地方の伝統文化や産業が大人気に。地方を周遊する傾向がより強くなっています。

実際に観光庁が、中国人インバウンド客の地方訪問率を来日回数ごとに調査したところ、

  • 1回目:78%
  • 2〜9回目:75%
  • 10回以上:75%

という結果になっています。

出典:「訪日外国人旅行者の訪日回数と消費動向の関係について」

そのため地方の自治体や小売店は、コト消費の人気と絡めて、伝統産業や観光の情報を正しく伝えることが欠かせません。その際は繁体字と簡体字の表記はもちろん、多言語翻訳のツールなども使って、スムーズにコミュニケーションがとれる体制を整えましょう。

ここまで中国人インバウンド客の旅行傾向を解説しました。他にも「個人で旅行するFITが増えている」など、中国人インバウンド客の傾向とトレンドは日々変化しています。

FITについてより詳しく知りたい方は、「訪日中国人FITとは?インバウンド集客における注目のトレンドと事例を解説」でひと通り解説していますので、ご一読ください。

2018年の国慶節、人気の旅行先は日本!その理由とは?

続いては、2018年の国慶節の傾向について解説します。

中国のオンライン旅行会社「Ctrip」が、国慶節の人気の旅行先ランキングを発表しました。そしてランキングでは、日本が第1位に輝いています。

昨年の1位は、タイのバンコクでした。しかし昨年、タイで中国人を乗せたボートが転覆する事故が発生。この事故で中国人からの安全面への不信感が高まり、タイはランクダウンしています。

また第4位の韓国も、もともとランキング首位でした。ランクダウンの理由は北朝鮮のミサイル問題。緊迫した雰囲気が流れていたことで、韓国を避ける人が増えています。

その結果、2018年度のランキングでは日本が1位に輝きました。

出典:exciteニュース「【中国】「国慶節」人気旅行先ランキング 日本が初の首位/なぜ地震・台風あっても中国人は日本旅行に行きたがる?その背景には在日中国人のSNS投稿が」

中国人からさらなる注目が集まっている今だからこそ、国慶節に向けたインバウンド対策は欠かせません。

薬局やアパレルショップ、百貨店、飲食店、ホテルなどが中国人を迎え入れる体制を整えることで、売上アップにつながります。

一見、国慶節のインバウンド対策には、特別な知識や用意が必要に感じますよね。しかし、基本的な対策をおさえていれば、この期間に中国人を迎え入れることはそこまで難しくありません。

そこで最後に、中国人インバウンド客への対策を「旅マエ・旅ナカ・旅アト」の3ステップにわけてお伝えします。

国慶節に向けた中国人へのインバウンド対策

国慶節の中国人インバウンド客の対策は、以下の5つです。これらを、旅マエ・旅ナカ・旅アトの3つにわけてお伝えします。

  • 旅マエ:事前プロモーションの実施、災害への心配を取り除く
  • 旅ナカ:中国語の表記を用意する、WeChatなどの決済方法を導入する
  • 旅アト:SNSでの口コミを拡散する

「旅マエ・旅ナカ・旅アトって何だろう…」という方は、先に「旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!」をご一読ください。

旅マエに効果的な中国人へのインバウンド対策

まず旅マエに効果的な対策として、

  • 事前プロモーション
  • 災害への心配を取り除く

の2つを紹介します。

1.国慶節に向けた商品やサービスの事前プロモーション

国慶節までに、中国人から自社製品やサービス、店舗を認知してもらわなければ、国慶節中の集客はなかなか難しいです。

そのためまずは、事前に商品やサービスのプロモーションをし、中国人からの自社製品の認知度アップをねらいましょう。

例えば、

  • WeChatなどSNSでクーポンの配布
  • 中国の動画サイト「Youku」で商品レビュー動画の配信
  • 中国人インフルエンサーを地方にまねいて、エリアの紹介動画を作成

などです。

事前に知ってもらうことで、地方への訪問率や商品の購入率アップにつながります。

2.災害への不安を取り除く

2018年は6月に大阪北部地震、9月に北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)、また度重なる台風の接近など、多くの災害が発生しました。これらの災害は、インバウンド客の訪問率にも影響をあたえかねません。

現在は観光や宿泊ができる状態まで回復しているものの、外国人からは状況や安全性について不安の声があがっています。

そのためSNSなどを通して、街の様子や生活風景を伝えて、安全性をアピールすることも欠かせません。

関西では、日本に住んでいる中国人インフルエンサー“KOL”が大阪の街の様子を発信したことで、中国人インバウンド客の減少をおさえた事例もあります。中国で多大な影響力を持つKOLは、旅マエのアプローチに欠かせない協力者です。

KOLの概要は「KOLとは。概要から中国市場へのプロモーション方法までを解説します」で説明しています。

また有名なKOLと、大阪の事例を詳しく知りたい方は、「【ジャンル別】中国人のKOL10人を紹介。プロモーションを成功に導くポイントも解説します」で紹介していますので、チェックしてみてください。

旅ナカに効果的な中国人へのインバウンド対策

続いては、旅ナカに効果的な対策として、

  • 中国語の表記は繁体字と簡体字を用意する
  • 決済方法の導入

の2つを紹介します。

1.中国語は繁体字と簡体字で表記しよう

ホームページや飲食店のメニューの中国語表記は、繁体字と簡体字の両方で表記しましょう。

中国語は、中国本土では簡体字、台湾では繁体字というように、エリアによって使う表記がわかれています。そのため、多言語表示では2つとも用意した方が喜ばれます。

特にホームページは、ネット集客の要。繁体字と簡体字を用意することで、中国人インバウンド客からの信頼も厚くなるはずです。

2.WeChatやQQなど決済方法の導入

中国国内では、電子決済がメジャーになりつつあります。特にWeChatやQQを使う人は多く、日本でも用意が欠かせません。普段の決済方法を用意することで、中国人インバウンド客はスムーズに買い物が可能に。両替の必要がないため、購入へのハードルも下がります。

QQの概要と活用事例は「QQとは?訪日中国人の利用アプリに幅広く対応することが、集客や消費アップにつながる」で紹介しています。

旅アトに効果的な中国人へのインバウンド対策

最後に、旅アトのインバウンド対策として、「SNSでの口コミ投稿」を紹介します。

中国人は口コミを気にする傾向が強いです。というのも、中国政府や企業への信頼が日本ほど厚くなく、「友人や家族、ネットでの匿名の書き込みの方が信頼できる」と感じている人が少なくありません。

そのため日本製品も、良い・悪いに関係なく口コミを拡散してもらうことで、商品への信頼性がアップ。使用感などのレビューが広まることで、まだ自社製品を知らないお客さまへのアプローチも、自然とできます。そして口コミは継続的に、購入率アップに貢献してくれるはずです。

口コミを投稿するSNSは、「派派(パイパイ)」などが有名です。詳しくは「SNSアプリ“派派(paipai)”とは?中国人が化粧品や医薬品の口コミをチェックする理由を解説します」をご一読ください。

このように、国慶節にあわせて中国人向けインバウンド対策を実施することで、さらなる集客と売上アップが期待できます。

まずは2018年の国慶節の売上をふりかえりながら、来年に向けて少しずつ準備をはじめてみてはいかがでしょうか。

国慶節に中国人インバウンド客を呼び込んで、売上アップを

今回は国慶節の解説と、中国人インバウンド客の対応について解説しました。まず国慶節の概要をおさらいします。

  • 国慶節は10月1日から10月7日まで、7日間の連休になる
  • 台湾や香港、マカオも祝日になる

そして国慶節の過ごし方は、以下が一般的です。

  • 実家への帰省
  • 国内旅行
  • 海外旅行

特に、2018年は国慶節の旅行先に日本を選ぶ人が多く、Ctripのランキングでも第1位を獲得。ますますインバウンド対策が欠かせません。

そのためにも、以下の中国人の旅行スタイルと必要なインバウンド対策はしっかりと頭に入れておきましょう。

【旅行スタイル】

  • 売れ筋商品:化粧品と子供服
  • 関心:買い物などの「モノ消費」から体験の「コト消費」へ
  • 訪問エリア:東京など首都圏よりも地方が人気

【インバウンド対策】

  • 旅マエ:事前プロモーションの実施、災害への心配を取り除く
  • 旅ナカ:中国語の表記を用意する、WeChatなどの決済方法を導入する
  • 旅アト:SNSでの口コミを拡散する

国慶節に中国人が来日した際に、質のいいサービスを提供できれば、リピーターになる可能性も高まります。今回紹介したことを活用し、中国人インバウンド客を今まで以上に集客しましょう!

中国の祝日は他に「春節」があります。詳しくは「春節とは?2019年の期間や訪日中国人の動きを解説【インバウンド担当者必見】」をご一読ください。

関連記事

  1. アジアにも広まりつつある「サンクスギビングデー」 インバウンド対策で知っておきたいポイントを解説

  2. 東京都が美術館・博物館等の観光施設の国際化支援補助金をスタート。インバウンド対応力の強化へ向けて動き…

  3. FIT(海外個人旅行)はインバウンド対策のカギ。旅行スタイルから課題まで解説します

  4. 東武鉄道のインバウンド対策10個。訪日外国人を日光に約10万人も呼び込んだコツとは?

  5. インフルエンサーの不正行為?「偽フォロワー」や「偽いいね」を見分ける方法とは?

  6. インバウンド向けSEO対策とは?コンテンツ作成の流れから注意点まで解説します

  7. 質問サイト“悟空問答”から分析する、中国人が子連れ旅行の行き先に日本を選ぶ3つの理由

  8. 中国人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP