Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

ANAがお祭りツーリズム推進を発表。日本の祭りをインバウンドへ広く伝えて集客につなげる

「ANAが発表した、お祭りツーリズムの推進って何のこと?」

と思っている方。

お祭りツーリズムは、ANAが中心となって取り組む、日本の祭りを活用したプロジェクトです。日本の祭りは外国人観光客から人気が高く、うまく活用できればインバウンド集客につながります。

とはいえ、お祭りツーリズムがどのようなものなのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • お祭りツーリズム推進はANAが取り組む、祭り観光をきっかけに地域を盛り上げるためのプロジェクト
  • お祭りツーリズム推進の背景にある、インバウンドの「お祭りニーズ」

の順にお伝えします。

祭りをインバウンド集客に活用することは難しそうに感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、お祭りツーリズムについて知りましょう!

お祭りツーリズム推進はANAが取り組む、祭り観光をきっかけに地域を盛り上げるためのプロジェクト

お祭りツーリズム推進はANAが取り組む、祭り観光をきっかけに地域を盛り上げるためのプロジェクトです。

2019年5月14日、ANAはお祭りツーリズム推進の第一弾として、株式会社オマツリジャパンと連携することを発表しました。

オマツリジャパンは様々な祭りの

  • 企画
  • 運営のサポート
  • プロモーション

などの事業をしているお祭りサポート専門会社です。

ANAはオマツリジャパンと連携することでお祭りツーリズム推進を加速させ、インバウンドの足を地域へ伸ばしてもらおうと考えています。

お祭りツーリズムの主な取り組みは5つです。

  1. ANAのプラットフォーム「WonderFLY」を使用したアイデア募集や事業化サポート
  2. ANAの多言語情報サイト「Japan Travel Planner」でのお祭り特集ページ開設
  3. 英語版機内誌「TSUBASA ~GLOBAL WINGS~」での東海北信越エリアのお祭り特集
  4. ドキュメンタリームービー「IS JAPAN COOL? 『MATSURI』」の再放送
  5. 「祭りアイランド九州」へのプロモーション協力

1つずつ解説しますね。

1. ANAのプラットフォーム「WonderFLY」を使用したアイデア募集や事業化サポート

1つ目の取り組みが、ANAのプラットフォーム「WonderFLY」を使用したアイデア募集や事業化サポートです。

ANAは、事業化や製品化を目指す人が利用できるクラウドファンディングのプラットフォーム「WonderFLY」を運営しています。

このWonderFLYを使用して、お祭りを活性化するための

  • クラウドファンディング
  • クリエイティブアワード

を実施しており、詳細は以下の通りです。

【クラウドファンディング】

お祭り情報の海外発信や、外国人受け入れ環境の整備、運営支援に関するクラウドファンディングのプロジェクトを募集。

  • 募集テーマ: 「日本の生きる力『祭り』で、地域に活力を!日本中、世界中に元気を!」
  • 募集開始:2019年5月14日

【クリエイティブアワード】

お祭りを活性化させるアイデアの募集と事業化支援。

  • 募集アイデア:海外の方にお祭りを楽しんでもらえるようなアイデア
  • 募集開始時期:2019年8月頃を予定

2. ANAの多言語情報サイト「Japan Travel Planner」でのお祭り特集ページ開設

2つ目の取り組みが、ANAの多言語情報サイト「Japan Travel Planner」でのお祭り特集ページ開設です。

2019年7月上旬を目安に、日本各地のお祭りを紹介する特集ページを

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)

の3言語にて開設。株式会社オマツリジャパンが持つ、日本のお祭りに関するコンテンツを国内外に発信します。

また2019年6月~11月に実施する地域活性化プログラム「Tastes of JAPAN 東海・北信越」に合わせて、お祭りスポット情報を11言語に翻訳する予定です。

3. 英語版機内誌「TSUBASA ~GLOBAL WINGS~」での東海北信越エリアのお祭り特集

3つ目の取り組みが、英語版機内誌「TSUBASA ~GLOBAL WINGS~」での東海北信越エリアのお祭り特集です。

この特集は「Tastes of JAPAN 東海・北信越」の展開エリアである東海・北信越のお祭りが対象で、英語版機内誌「TSUBASA ~GLOBAL WINGS~」の2019年7月号・8月号に掲載します。

4. ドキュメンタリームービー「IS JAPAN COOL? 『MATSURI』」の再放送

4つ目の取り組みが、ドキュメンタリームービーの再放送です。

2016年に作成したドキュメンタリームービー「IS JAPAN COOL? 『MATSURI』」を ANA国際線機内番組にて、2019年8月から11月まで期間限定で再放送します。

5. 「祭りアイランド九州」へのプロモーション協力

5つ目の取り組みが、「祭りアイランド九州」へのプロモーション協力です。

「祭りアイランド九州」は、九州・山口9県から40あまりの祭りを熊本に集めるプロジェクトで、熊本地震からの復興を世界へ発信することを目的としています。

ANAはプロモーションとして、イベントを紹介する動画を

  • 国内線機内wifiコンテンツ
  • 国際線ビデオオンデマンドプログラム

で2019年7月〜9月まで放映する予定です。

出典:ANA「ANANEWS 地域活性化を目的に『お祭りツーリズム』を推進します」
https://www.ana.co.jp/group/pr/pdf/20190514.pdf

次は、お祭りツーリズム推進の背景にある、インバウンドの「お祭りニーズ」についてお伝えします。

お祭りツーリズム推進の背景にある、インバウンドの「お祭りニーズ」

お祭りツーリズム推進の背景には、インバウンドの「お祭りニーズ」があります。

観光庁が毎月公表している「訪日外国人旅行者統計」を確認すると、日本を訪れるインバウンド客数は例年7月がピークです。

【2019年の訪日外国人旅行者数】

  • 1月:2,501,409人
  • 2月:2,509,297人
  • 3月:2,607,956人
  • 4月:2,900,718人
  • 5月:2,675,052人
  • 6月:2,704,631人
  • 7月:2,832,040人
  • 8月:2,578,021人
  • 9月:2,159,595人
  • 10月:2,640,610人
  • 11月:2,450,800人
  • 12月:2,631,800人

7月は多くの国がバケーションシーズンに入り、海外旅行ニーズが高まります。観光先として様々な選択肢がある中、日本を選んだ外国人観光客は「お祭り」への関心が高いです。

トレンダーズ株式会社」がインバウンドを対象に実施したアンケート調査によると、「日本の夏に体験してみたいこと」の第1位が「夏祭り」でした。

【日本の夏に体験してみたいこと】

  1. 夏祭り:79%
  2. 花火:67%
  3. 浴衣を着る:58%
  4. 海:46%
  5. 流しそうめん:40%

日本の祭りは日本の伝統や地域の文化を色濃く反映しており、その土地でしか体験できない観光を求めるインバウンドから人気です。

近年は「モノ消費」から「コト消費」へのシフトが加速しており、日本でしか体験できない祭りへの注目がますます高まっています。

日本の祭りは夏以外にも開催されているため、まだ知られていない祭りをインバウンドに届けることができれば、さらなる集客アップが可能です。

出典:観光庁「訪日外客統計の集計・発表」
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/index.html

日本の祭りを活用することで、地方の活性化や売上アップにつながる!

ここまで、お祭りツーリズムの推進についてお伝えしました。

おさらいしますと、お祭りツーリズム推進はANAが取り組む、祭り観光をきっかけに地域を盛り上げるためのプロジェクトです。

プロジェクトは2019年5月から始まっており、主な取り組みは5つあります。

  1. ANAのプラットフォーム「WonderFLY」を使用したアイデア募集や事業化サポート
  2. ANAの多言語情報サイト「Japan Travel Planner」でのお祭り特集ページ開設
  3. 英語版機内誌「TSUBASA ~GLOBAL WINGS~」での東海北信越エリアのお祭り特集
  4. ドキュメンタリームービー「IS JAPAN COOL? 『MATSURI』」の再放送
  5. 「祭りアイランド九州」へのプロモーション協力

これらの取り組みを通じて、インバウンドへ日本のお祭り情報を届けて、よりローカルなエリアへ足を運んでもらうことが狙いです。

日本を訪れるインバウンド客数のピークは7月で、多くの観光客が「夏祭り」に関心を持っています。インバウンドに高いニーズのある祭り情報を広く届けることで、よりローカルな地域への集客が可能です。

日本のお祭りを活用して、インバウンド集客や売上アップにつなげましょう!

祭りなどのイベントは、動画を活用すると集客効果が高まります。具体的な活用方法については、「動画を使ったインバウンド対策の事例3つ。日本旅行に興味を持つきっかけを作るコツとは?」をご一読ください。

PR:旅マエの旅程検討者にリーチ

旅マエ PR

ANAの媒体を使って航空券購入者へ街やお店の魅力を直接訴求します。

関連記事

  1. オンライン旅行会社「Ctrip」とは?ホテルや飲食店が知っておくべき5つのサービスを解説

  2. 飲食店予約管理システムでインバウンド客が予約しやすい店舗に。おすすめサービス3つを徹底比較

  3. インバウンドのおもてなしに役立つ音声翻訳デバイス。選び方のポイントやおすすめデバイスまで徹底解説!

  4. 東京都江戸東京博物館がインバウンドから、人気の観光地ランキングで第20位にランクイン。その理由とは?…

  5. QQとは?訪日中国人の利用アプリに幅広く対応することが、集客や消費アップにつながる

  6. サムライ剣舞シアターとは?人気のカギはインバウンドが好む「体験型」

  7. JAPAN Trip Navigatorとは?AIを使ったアプリで訪日観光客の観光サポートを実現

  8. インバウンド客への多言語対応でスムーズな接客を! 手軽にできる対策からおすすめアプリまでご紹介

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP