Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約6分で読めます

マルチ言語MEOとは?飲食店や小売店は地図内の検索エンジンを最適化して、インバウンドの集客を

「マルチ言語MEOって言葉は知ってるけど、いったい何なんだろう…」

と感じている方。

MEOとは、Googleマップなど地図アプリにおける検索エンジン最適化の対策です。

そしてマルチ言語MEOとして多言語で取り組むことで、飲食店や小売店の情報が訪日外国人ユーザーの目にとまりやすくなります。

来店意欲の高いインバウンド客を呼び込みやすくなり、結果として売上アップにつながります。

とはいえ、具体的な効果やメリットは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • マルチ言語MEOとは
  • マルチ言語MEOに取り組むメリットとデメリット
  • 多言語対応を実現できる「&インバウンドMEO」とは

を紹介します。

「いきなり取り組むのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはマルチ言語MEOについて、ざっくりと理解しましょう!

MEOとは?マルチ言語への対応による効果や利用の流れ

ここからはMEOについて、

  • MEOとは
  • マルチ言語MEOとは
  • 利用の流れ
  • おすすめする業界

を解説します。

MEOとは、地図上の検索エンジンで店舗を表示しやすくする仕組み

MEOとは「Map Engine Optimization」の略で、Googleマップなど地図上の検索エンジンで最適化を図ることです。

Googleマップには多くの飲食店や小売店が登録されており、営業時間や店舗の様子を知ることができます。リサーチは上部にある白い検索窓を使い、表示結果でお店を決める人も多いかと思います。

検索窓にユーザーが「地域名+キーワード(居酒屋など)」を入力するとき、MEO対策で最適化しておくことで、自店が表示されやすくなることがあるのです。

例えば、Googleマップで「新宿 カフェ」と入力したとしましょう。この場合お客さまは、新宿ですぐに来店できるカフェを探していることが多いです。

そして新宿にあるカフェAが、MEO対策をしていたとします。すると地図上でお客さまが検索したときに、カフェAの情報が検索結果の上位に掲載されやすいです。

お客さまの目につくことが増えるうえに、検索の目的がはっきりとしているユーザーが多いため、来店につながりやすいです。

この地図上における検索エンジンの最適化は、SEO対策に似ているところがあります。

SEO対策について、詳しくは「インバウンド向けSEO対策とは?コンテンツ作成の流れから注意点まで解説します」をご一読ください。

マルチ言語MEOの意味とインバウンドへの効果

マルチ言語MEOとは、先ほどお伝えした地図上における検索エンジンの最適化に、多言語で取り組むことです。

例えば訪日中国人が、浅草で飲食店を探していたとします。多くの訪日外国人は検索しやすいなどの理由から、英語や自国の言語で入力することが少なくありません。

中国人ならば「Asakusa restaurant」、もしくは「浅草 餐厅」などと検索したいはずです。

訪日中国人のニーズにあわせて多言語の検索結果に対応しておくことが、お客さまに自店を知ってもらうきっかけになります。

来店や売上アップの可能性が高まり、訪日外国人の集客につながります。

GoogleマップでMEO対策をする流れ

Googleマップ上でMEO対策をするには、「Googleマイビジネス」に登録しておくことが欠かせません。

Googleマイビジネスとは、店舗のビジネスプロフィールを登録するシステムのこと。登録によって、ユーザーが検索したときに店舗名や電話番号、住所、営業時間などをまとめて表示できます。

登録の流れは以下の通りです。

  1. Googleマイビジネスのページを開いて、「使ってみる」をクリックする
  2. 所在地を登録する
  3. 似ている店舗名やビジネスが出てくるので、一致しない場合は「いずれも一致しません」を選ぶ
  4. マップの位置と実際の場所が一致しているか確認する
  5. ビジネスのカテゴリーを選択する
  6. 連絡先を入力する
  7. 最終チェックとオーナー確認をする

登録は無料です。

ただしさらに広告を出稿する、運用代行を依頼すると追加料金が発生するので、注意してください。

マルチ言語MEOをおすすめする業界や企業

マルチ言語MEOは、以下の業界におすすめです。

  • 飲食店
  • 小売店
  • エステやネイルサロンなど美容関係
  • リラクゼーション

ここまでマルチ言語MEOについて解説しました。

とはいえ、具体的にどのようなメリットがあるのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで次は、マルチ言語MEOに対応するメリットとデメリットをお伝えします。

小売店や飲食店がマルチ言語MEOに取り組むメリット

ここからは、マルチ言語MEOに取り組むメリットとして、

  1. 低コストで導入できる
  2. SEO対策にもつながる
  3. 高い集客効果が見込める

の3つを解説します。

メリット1:低コストで導入できる

マルチ言語MEOは、リスティング広告のように継続的な広告費が発生するわけではありません。マイビジネスの登録自体は無料であり、最適化もある程度は自分ですすめることができます。

低価格で導入できるため、高額な広告費が必要ありません。個人経営のお店でも取り組みやすい対策です。

メリット2:SEO対策にもつながる

MEO対策は、Googleマップ内での検索エンジン最適化であるとお伝えしました。実はMEO対策をすることは、インターネット上のSEO対策につながる可能性があります。

というのもMEO対策によって、インターネットの検索エンジンを使用したときにも、検索結果のトップに表示できることが少なくありません。

リスティング広告や検索結果よりも、さらに上にGoogleマップの店舗リストが表示されるため、SEO対策にもなり得るのです。

幅広いユーザーに自店を広めることができ、さらにお客さまを呼び込むことが可能です。

メリット3:高い集客効果が見込める

MEO対策によって、大きな集客が期待できます。

多くのスマホユーザーはGoogleマップを使用しています。そしてGoogleマップを使って店舗を探すユーザーは、今どこかに来店したいために検索していることが少なくありません。

検索の時点で来店意欲が高いために、お客さまの増加と売上につながりやすいです。

小売店や飲食店がマルチ言語MEOに取り組むデメリット

続いてはデメリットとして、

  1. 口コミの管理が難しい
  2. 多言語には自分たちで対応する必要がある

の2つを解説しますね。

デメリット1:口コミの管理が難しい

Googleマップの店舗ページには、ユーザーが口コミを投稿できるようになっています。口コミは良いものが中心ですが、マイナスイメージにつながる投稿も少なくありません。

ネガティブな口コミが投稿されたときは、返信機能を活用してみてください。店舗側が口コミごとにユーザーへメッセージを書くことができ、コミュニケーションの場となります。

ネガティブな口コミにも丁寧に対応することで、イメージダウンを防止できます。

デメリット2:多言語に対応することが難しい

マルチ言語MEOは、独自に取り組むことができるとお伝えしました。

無料で気軽に利用できるぶん、あらゆる対策に自身で取り組む必要があります。特に外国語への対応は知識を求められるため、なかなかすぐには対応できません。

多言語対応にハードルを感じるならば、インバウンドサポートを提供する企業に依頼するのがおすすめです。

特にマルチ言語でMEO対策を実施するサービス「&インバウンドMEO」では、プロによるサポートを受けることが可能です。

次で詳しく紹介しますね。

マルチ言語への対応をサポーする「&インバウンドMEO」とは?

「&インバウンドMEO」とは&INTECH株式会社による、マルチ言語による地図上のMEO対策のサポートです。

&インバウンドMEOなどのサービスを活用することで、訪日外国人がGoogleマップで検索したときに、自店の情報が表示されやすくなります。

&インバウンドMEOの対応言語は、

  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語(簡体字・繁体字)

などです。

中国や台湾、香港など訪日旅行を好むユーザーに対して、しっかりと情報を伝えることができます。

「Yelp」や「大衆点評」など海外の口コミサイトにも対応

&インバウンドMEOは、海外の口コミサイトである「Yelp」や「大衆点評」などにも対応することを発表しました。

それぞれの口コミサイトの詳細は、以下の通りです。

【Yelp】
レストランや宿泊施設、飲食店、ナイトライフなどあらゆる情報を入手できるサイト。対応言語も英語や中国語、スペイン語などさまざま。

Yelpへの対策では、以下の3つもセットでサポートします。

  • Yelp内の施設管理ページの開設支援
  • 登録情報のインバウンド最適化のために、マルチ言語で表示されやすい情報の編集
  • 3ヶ月間の最適化運用として、上位表示させるための指導やレポーティング

【大衆点評】
多くの訪日中国人が利用する中国最大の口コミサイト。ホテルや観光スポット、小売店など旅行におけるさまざまな情報をチェック可能。

大衆点評への対策では、以下の3つをサポートします。

  • 大衆点評の公式ページの開設
  • 大衆点評で最適化するための登録情報の編集
  • 3ヶ月間のアクセスレポート

気になる方は、お問い合わせフォームから連絡してみてください。

マルチ言語のMEO対策に取り組んで、訪日外国人を呼び込む

今回は、マルチ言語MEOについて解説しました。

おさらいすると、MEOとはGoogleマップのような地図内にある検索エンジンの最適化です。

MEO対策には、以下のメリットがあります。

  1. 低コストで導入できる
  2. SEO対策にもつながる
  3. 高い集客効果が見込める

多言語対応のハードルが高いなどデメリットもありますが、今回紹介した「&インバウンドMEO」などを活用することで訪日外国人にも自店をアピール可能です。

また飲食店は訪日外国人の満足度アップのために、来店時のインバウンド対応を充実させておくことも欠かせません。

飲食店のインバウンド対策について、詳しくは「飲食店のインバウンド集客に必要な対策とは?お店づくりからネット集客までを解説」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. クロアチアの民泊SOBEとは?SOBEの予約方法や注意点、人気の物件まで解説

  2. MATTA Fair(マッタ・フェア)とは?海外の旅行博に参加してインバウンド客を呼び込む

  3. サムライ剣舞シアターとは?人気のカギはインバウンドが好む「体験型」

  4. 健康維持が目的のウェルネスツーリズム。資源豊富な日本で、新たなインバウンド対策になるか?

  5. ベジタリアンとは?飲食店のベジタリアン対応から、食事の注意点まで解説します

  6. 欧米豪人材の採用メリットや注意点。複雑な外国人採用の手続きも徹底解説

  7. tripla(トリプラ)とは?チャットボットを活用したサービス内容や導入のメリットを解説

  8. チャットボットシステムとは?導入事例やメリット、おすすめサービスを紹介します

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP