Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

スリーレターコードとは?日本での導入背景やインバウンド集客への効果を解説

「スリーレターコードって何だろう…」

と感じている方。

スリーレターコードとは、空港や都市名をアルファベット3文字で表現したものです。多くのスリーレターコードは全世界で共通のものを使用し、航空券の予約や目的地の確認などに活用されています。

日本でも、鉄道駅などがスリーレターコードを導入することで、増加するインバウンド客に対応可能です。

とはいえ、スリーレターコードを導入して本当に効果があるのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • スリーレターコードとは
  • 日本でもスリーレターコードが求められる背景
  • スリーレターコードを導入した事例

を紹介します。

「いきなりスリーレターコードを導入するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはスリーレターコードについて、ざっくりと理解しましょう!

スリーレターコードとはアルファベット3文字を組み合わせた略記法

スリーレターコード(3レターコード)とは、複数あるアルファベットから任意の3文字を組み合わせた符号や略記法です。駅や空港の名称をわかりやすく表現するために使用されることが多いです。

ちなみに、駅や空港のスリーレターコードは世界中で共通のものを使用し、国によって表記が変わるわけではありません。

そして主に、

  • 飛行機のチェックインで荷物を預けたときのタグ
  • 航空券の出発地と目的地の表記

などに使われています。

例えば航空券予約サイトで、成田空港から出発する便を探すとしましょう。検索フォームの出発地に「NRT」と入力することで、成田空港から出発するフライトを見つけることができます。

そしてスリーレターコードは、3種類にわけることができます。次で詳しくお伝えしますね。

スリーレターコードは主に3種類にわけることができる

スリーレターコードは「都市コード」と「空港コード」、そして「航空会社コード」の3種類があります。

具体的には、以下の通りです。

【都市コード】
都市名をアルファベット3文字で記したもの。
例:東京(TYO)、大阪(OSA)、福岡(FUK)など

【空港コード】
空港名をアルファベット3文字で記したもの。
例:成田国際空港(NRT)、関西国際空港(KIX)、シンガポールのチャンギ国際空港(SIN)、ロサンゼルス国際空港(LAX)など

【航空会社コード】
航空会社を識別するために、名称をアルファベット3文字で記したもの。
例:全日空(ANA)、中国東方航空(CES)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BAW)

そしてスリーレターコードは、特定の機関によって決められています。

機関について、次で詳しく解説しますね。

スリーレターコードは2つの機関が決めている

それぞれのスリーレターコードは、以下の機関によって決められています。

  • 国際航空運送協会(IATA):空港コード、都市コード
  • 国際民間航空機関(ICAO):航空会社コード

この2つの機関について、詳しく見ていきましょう。

【国際航空運送協会(IATA)】
国際航空運送協会(International Air Transport Association)とは、空港会社によって作られた団体です。1945年に設立され、多くの航空会社が加盟しています。
IATAでは具体的に、航空運賃の発券や運用ルール、運送業務に必要なルールなどを決定しています。

また効率よく業務をすすめるために、コストの削減やプロセスの簡易化、不当な運賃に異議を申し立てることも。

ただし、すべての航空会社が加入しているわけではありません。格安航空会社(LCC)など加入しない会社も増えています。

【国際民間航空機関(ICAO)】
国際民間航空機関(International Civil Aviation Organization)とは、国連の専門機関です。目的は国際航空運送業務が健全、そして経済的に運営されるために、各国の協力を図ること。
各国の政府がそれぞれICAOを構成し、全加盟国が参加する総会として最高意思決定機関が用意されている形になります。

空港や都市のスリーレターコードは、基本的にIATAが決めたものを使用します。

ただし、空港コードはICAOが決めた表記もあります。

すると、同じ地名でも以下のように変わります。

【成田国際空港】

  • IATA:NRT
  • ICAO:RJAA

ここまでスリーレターコードについて解説しました。

スリーレターコードは空港だけでなく、駅でも使用されるようになっています。

そしてその背景には、インバウンド客の増加があります。次で詳しくお伝えしますね。

日本でスリーレターコードが求められる背景

ここからはスリーレターコードが必要となる背景について、

  • 欧米からのインバウンド客の増加
  • インバウンド客の利便性の向上

の2つを解説します。

背景1:欧米からのインバウンド客が増えているため

1つ目の背景は「欧米からのインバウンド客が増えていること」です。

2018年、インバウンド客の数は約3,191万人を突破しました。この数は過去最高であり、今後も増えることが予想されます。

出典:日本政府観光局(JNTO)「2018年 訪日客数(総数)」
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_visitor_arrivals.pdf

これまでインバウンド客は、中国や台湾、香港など東アジア出身の人が中心でした。近年は北米やヨーロッパなど、欧米圏からのインバウンド客も増えています。

しかし欧米圏のインバウンド客は、漢字表記になじみがありません。移動のときに地名がわからないことも多く、わかりやすい案内が求められています。

スリーレターコードは全世界で共通のため、インバウンド客も理解しやすいのです。

背景2:インバウンド客の利便性が向上するため

2つ目は「インバウンド客の利便性が向上すること」です。

インバウンド客の多くは、訪日旅行において「コミュニケーションできないこと」や「多言語表記が少ないこと」に困っています。

実際に23.6%の訪日外国人が、観光案内板や鉄道駅の表記がわかりにくいことにストレスを感じています。

駅名にスリーレターコードを使うことで、インバウンド客は移動にストレスを感じません。目的地がわかりやすくなり、移動範囲が広がる可能性もあります。

訪日外国人の不満について、詳しくは「外国人観光客の不満ランキング。コミュニケーションや多言語の対応、Wi-Fiなど5つの内容と対策を紹介します」をご一読ください。

ここまでスリーレターコードが求められる背景を解説しました。

とはいえ、スリーレターコードは本当に効果があるのか、わかりにくいですよね。

そこで次は、スリーレターコードを導入した事例を紹介します。

スリーレターコードを活用したインバウンド対策の事例:JR東日本

JR東日本が2016年から、スリーレターコードを「駅ナンバリング」として導入しています。

目的はすべてのお客さまにわかりやすく安心して鉄道を利用してもらうことです。首都圏エリアを中心として、276駅にスリーレターコードを採用しました。

JR東日本では、以下3つの方法で駅名を表記しています。

  1. スリーレターコード:主要な駅をアルファベット3文字で表記
  2. 路線記号:アルファベット2文字の組み合わせ
  3. 駅番号:数字2ケタの組み合わせ

例えば新宿駅ではスリーレターコードとして「SJK」、路線記号として「JY」、駅番号として「17」を割り振りました。

JR東日本では駅名を4つの言語でも表記

またJR東日本では、スリーレターコードの導入だけでなく「駅名の多言語表記」にも取り組んでいます。

対応言語は、以下の4つです。

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
  • 韓国語

スリーレターコードとあわせて多言語にも対応することで、より多くのインバウンド客の満足度が高まると予想されます。

JR東日本のスリーレターコードについて、詳しくは「首都圏エリアは駅ナンバリングを導入します」をご一読ください。

スリーレターコードを導入して、インバウンド客がスムーズに旅行できる環境を整える

今回はスリーレターコードについて解説しました。

おさらいすると、スリーレターコードとはアルファベット3文字で表記する空港や都市名です。駅や空港の名称をわかりやすく表現するために、全世界で共通の符号として使われています。

日本でもスリーレターコードの導入が求められる背景には、以下の2つがあります。

  • 欧米からのインバウンド客の増加
  • インバウンド客の利便性の向上

そして実際にスリーレターコードを導入した事例として、JR東日本の取り組みを紹介しました。

スリーレターコードとあわせて多言語表記なども導入することで、インバウンド客のさらなる満足度アップが期待できます。

またインバウンド客向けの案内は、絵文字や記号を使用している「ピクトグラム」などもわかりやすくておすすめです。

ピクトグラムについて、詳しくは「ピクトグラムとは?インバウンド対策への導入メリットとおすすめ無料サイトを紹介」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. アジアで人気のガンダム!お台場の「ガンダムベース東京」に学ぶインバウンド集客のポイントとは?

  2. 顔認証と客室タブレットで人手不足を解消へ!悩めるホテル業界のインバウンド対策事例を紹介

  3. 増加する訪日客のトラブルはよくある異文化ギャップが原因。事例と対策を紹介します!

  4. 「Chill Chill Japan」はタイのインバウンド獲得に。概要とメリットを解説します

  5. インバウンドの満足度アップに。モバイルWi-Fiを導入するメリットとデメリット、導入事例について解説…

  6. 【2019年3月最新版】外国人観光客の統計から見る観光市場のトレンド。さまざまな統計をもとに徹底解説…

  7. 海外向け越境ECサイト制作での5つの課題と解決策。インバウンド消費の促進効果あり

  8. 地方(地域)創生インバウンド協議会を設立したANA総合研究所とは?4つの事業や地域活性化の事例を紹介…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP