Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約6分で読めます

スイッチOTCとは?予防効果のある一般用医薬品を増やして、インバウンド客の購入を促す

「スイッチOTCって何だろう」

と感じている方。

スイッチOTCとは、医療用医薬品から一般用医薬品として転換された製品です。近年は予防医療に注目が集まっていることから、スイッチOTCの需要が増えています。

メーカーや小売店はスイッチOTCの扱いを増やすことで、インバウンド客の購入による売上アップの可能性があります。

とはいえ、スイッチOTCが求められる背景などは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • スイッチOTCの概要と市場傾向
  • スイッチOTCが求められる背景
  • スイッチOTCの定義や注意点

を紹介します。

「いきなりスイッチOTCを開発するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはスイッチOTCについて、ざっくりと理解しましょう!

スイッチOTCなど、予防効果のある一般医薬品の需要が拡大している

スイッチOTC医薬品とは、医療用医薬品から一般用医薬品として転換(スイッチ)された製品です。もともと医療用として使われていた医薬品でも、成分の有効性や安全性に問題ないと判断されたことで、薬局など店頭で販売できるようになるのです。

一般用医薬品は、以下の3つにわけることができます。

【第1類医薬品】
薬剤師からの指導や文書での情報提供を受けたうえで購入できるもの。店頭で自由に手に取ることはできない。例えば胃腸剤など。

【第2類医薬品】
店頭で自由に手に取ることはできるが、薬剤師や登録販売者は情報提供に努める必要があるもの。例えば風邪薬や解熱鎮痛剤など。

【第3類医薬品】
薬剤師や登録販売者による情報提供の必要はないが、疑問点などは積極的に質問したいもの。例えばビタミン剤など。

一般用医薬品は「OTC(Over The Counter)医薬品」ともいわれ、処方箋をもらう必要がありません。

本人の自己責任や自己判断のもと、店頭やインターネット上で購入することが多いです。

ちなみに医薬品には、店頭で自由に購入できない「要指導医薬品」もあります。

要指導医薬品は、薬剤師からの指導や情報の提供が欠かせません。アレルギー治療薬など、リスクが不確定、または劇薬となる可能性があるためです。

スイッチOTCの例

スイッチOTCは一般的に、以下の効果が期待できるものを指しています。

  1. 生活習慣病などの疫病にともなう症状の発現を予防する
  2. 生活の質を改善、向上する
  3. 健康状態の自己検査となる
  4. 軽度な疫病にともなう病状を改善する

例えば、以下のような商品です。

  • 解熱鎮痛剤
  • 生理痛用薬
  • 胃腸薬
  • 水虫薬
  • アレルギー用薬

続いては、スイッチOTCなど一般用医薬品の市場傾向を紹介しますね。

一般用医薬品(OTC)の市場傾向とその理由

ここからは、株式会社インテージヘルスケアの調査結果をもとに解説します。

出典:JIJI.COM「平成時代は漢方薬、目薬、鼻炎治療剤が躍進!令和は「スイッチOTC」と「予防」が加速!?」
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000449.000001551&g=prt

2018年における一般用医薬品の市場は、約1兆1,471億円でした。

しかし一般用医薬品は、常に需要があったわけではありません。これまでの市場規模をふりかえると、以下のように変化しています。

  • 最も市場が拡大した年(2001年):約1兆3,338億円
  • 最も市場が縮小した年(2014年):約1兆538億円

2001年に市場が拡大した理由は、1999年の薬事法改正によって「ドリンク剤などがコンビニエンスストアで販売できるようになったから」。

対して、2014年の市場縮小は「4月に消費税が増税され、買い控えが起きたこと」が理由です。

しかし2015年からは、訪日外国人による「爆買い」などが起こり、また売上が伸びています。

一般用医薬品(OTC)の人気商品と低迷商品

先ほど、一般用医薬品の市場は伸び悩んでいるとお伝えしました。

しかし詳しく見ると、OTCは「市場が伸びている商品」と「低迷している商品」にわかれています。

例えば、以下の通りです。

【市場規模が拡大しているOTC】

  • 漢方薬
  • 目薬
  • 鼻炎治療剤
  • 皮膚用薬(殺菌消毒剤除く)
  • 解熱鎮痛剤

【市場規模が低迷しているOTC】

  • ミニドリンク剤
  • 胃腸薬
  • 総合感冒薬
  • ドリンク座
  • ビタミンE剤

上記のOTCは飲み会の減少、働き方の変化などによって、ニーズが減っています。

ここまでを読んで、OTCの市場は伸び悩んでいるように感じた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実はOTCの売上は、予防を目的としたスイッチOTCを増やすことで、伸びる可能性があります。

次でその背景を詳しくお伝えしますね。

スイッチOTCによる病気予防が求められる背景

ここからは、スイッチOTCによる病気予防が求められる背景として、

  1. 少子高齢化によって医療費が増大しているから
  2. 厚生労働省が推奨しているから
  3. インバウンド客からの需要が拡大しているから

の3つを解説します。

背景1:少子高齢化によって医療費が増大しているから

1つ目の背景は「少子高齢化によって医療費が増大していること」です。

日本は2011年頃から人口が減少し始め、2015年には15歳未満の人口割合が12.5%になりました。対して、65歳以上の人口割合は26.6%と増えており、2045年には36.8%にまで増加するといわれています。

出典:公共財団法人生命保険文化センター「少子高齢化はどれくらい進むの?」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/14.html

高齢者が増えると病院を受診する人が多くなり、医療費が増えるおそれもあります。

医療費の負担を軽減するためには、病気などのリスクを減らすことが欠かせません。

そのためスイッチOTCなど、店頭で購入できる一般用医薬品による予防が求められています。

背景2:厚生労働省が推奨しているから

2つ目の背景は「厚生労働省がスイッチOTCを推奨していること」です。

厚生労働省は、スイッチOTCに対して以下の効果を期待しています。

  • 国民のセルフメディケーション実施における選択の幅が広がる
  • 国民にさらなる効果を発揮する医薬品が提供できる

出典:厚生労働省「スイッチOTC薬の考え方」
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/11/dl/s1108-4i.pdf

先ほど少子高齢化によって、医療費が増大するおそれがあるとお伝えしました。その対策として、厚生労働省は医療費を軽減するため、国民に「セルフメディケーション」を求めています。

セルフメディケーションとは、健康を自分自身で管理するために、医療製品を使用すること。

スイッチOTCによって店頭で購入できる製品が増えると、自分たちで病気を予防できます。

そして2019年より「セルフメディケーション税制」がスタートし、医療費控除を受けるハードルも低くなりました。

国税庁によると、概要は以下の通りです。

健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行っている方が、平成29年1月1日以後に自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族のために特定一般用医薬品等購入費(※)を支払った場合には、一定の金額の所得控除(医療費控除の特例)を受けることができます。
※特定一般用医薬品等購入費とは、医師によって処方される医薬品(医療用医薬品)から、ドラッグストアで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品(スイッチOTC医薬品)の購入費をいいます。

出典:国税庁「No.1129 特定一般用医薬品等購入費を支払ったとき(医療費控除の特例)【セルフメディケーション税制】」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1129.htm

購入費の所得控除を受けられることで、スイッチOTCの購入者が増えることも期待できます。

ただしセルフメディケーション税制は、2021年までの期間限定となっています。条件などは、国税庁のホームページから確認してみてください。

背景3:インバウンド客からの需要が拡大しているから

3つ目の背景は「インバウンド客からの需要が拡大していること」です。

先ほどOTC市場は、2015年頃からのインバウンド客の増加によって回復しているとお伝えしました。

インバウンド客は、訪日旅行中に買い物を好む人が多いです。特に中国人インバウンド客は「爆買い」といわれるほど、日本製品を購入する人も少なくありません。

特に薬局などで一般用医薬品を求める人が多く、インバウンド産業に大きな影響を与えています。

インバウンド客からもニーズのあるスイッチOTCを増やすことで、さらなる売上が期待できます。

ちなみにインバウンド客は、以下のような商品を好んで購入しています。

  • 目薬
  • 消炎鎮痛剤
  • 頭痛薬 など

人気の医薬品について、詳しくは「中国人が選ぶ神薬12選とは?イラストや使い方など、分かりやすいアピール方法がカギ」をご一読ください。

病気予防となるスイッチOTCを開発するときの注意点

最後に、スイッチOTCを開発するときの注意点について簡単にまとめました。

  • スイッチ成分の選択要件をチェックする
  • スイッチ成分の処方に注意する
  • スイッチ成分の配合量を確認する
  • 用法と用量を明記する
  • 効能と効果を理解しやすい表現で置き換える
  • 使用上の注意を表記する
  • 販売名称は医療用医薬品と区別できるものにする
  • 包装は個別包装なども考慮する

詳しくは厚生労働省の資料をチェックしてみてください。

スイッチOTCで病気予防を促して、メーカーや小売店の売上アップにつなげる

今回は、病気予防につながるスイッチOTCについて解説しました。

おさらいするとスイッチOTCとは、医療用医薬品から一般用医薬品に転換されたものです。

スイッチOTCは、以下の理由からニーズが拡大しています。

  1. 少子高齢化によって医療費が増大しているから
  2. 厚生労働省が推奨しているから
  3. インバウンド客からの需要が拡大しているから

メーカーなどは新しいスイッチOTCを販売することで、売上アップが期待できます。

厚生労働省のガイドラインを参考に、商品開発などを検討してみてください。

また小売店がスイッチOTCを扱ってインバウンド集客を試みるとき、免税などの制度を用意することも欠かせません。そして免税には、システムを搭載したPOSレジの用意がおすすめです。

免税POSレジについて、詳しくは「免税POSレジとは?導入メリットから免税手続きの詳しい流れ、おすすめシステムまで紹介します」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 「618(京東の日)」とは。中国のECサイトが盛り上がるセールイベントを京東(JD.com)の特徴と…

  2. 【ジャンル別】中国人のKOL10人を紹介。プロモーションを成功に導くポイントも解説します

  3. 「新宿御苑」が外国人から人気の観光地ランキングで第7位に輝く理由とは?

  4. tsunagu Japanとは?人気メディアへの掲載が、インバウンド客からの認知度アップにつながる

  5. 外国人採用に必要な5つのステップやメリット、注意点を解説

  6. インバウンド消費を加速させる免税店!タックスフリーとデューティーフリーを正しく理解し、上手に活用しよ…

  7. Wwoof(ウーフ)とは?登録から訪日外国人の受け入れ方法まで解説します

  8. チャットボットシステムとは?導入事例やメリット、おすすめサービスを紹介します

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP