Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

【2019年最新版】訪日外国人数やインバウンド消費の推移を調査。今後の動向も解説します

「インバウンド消費の推移や動向を知りたい」

と感じている方。

インバウンド消費の推移や動向は、観光庁のデータを参考にするとわかりやすいです。

実際にデータを見ると、2018年の訪日外国人数とインバウンド消費は以下の通りです。

  • 1位:中国(838万34人、1兆5,450億円)
  • 2位:韓国(753万8,952人、5,881億円)
  • 3位:台湾(475万7,258人、5,817億円)
  • 4位:香港(220万7,804人、3,358億円)
  • 5位:アメリカ(152万6,407人、2,893億円)

観光庁のデータをもとにインバウンド対策を考えることで、さらなる集客が期待できます。

とはいえ、具体的にどのようなことが求められるのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 2018年以前の訪日外国人数とインバウンド消費の推移
  • 2018年の訪日外国人数とインバウンド消費の動向
  • 2019年上半期の訪日外国人数とインバウンド消費の動向

を紹介します。

「いきなりインバウンドの動向をつかむのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要を押さえるだけならハードルは高くありません。

まずは2018年までのインバウンド推移と動向について、ざっくりと理解しましょう!

2018年以前の訪日外国人数の推移とインバウンド消費の動向

はじめに2018年より以前のインバウンドの動向を、

  • 訪日外国人の数
  • インバウンド消費額

にわけて解説します。

訪日外国人旅行者数の推移

2018年までの過去10年間、訪日外国人の数は以下のように変化しています。

【2008〜2012年】

  • 2008年:835万835人
  • 2009年:678万9,658人
  • 2010年:861万1,175人
  • 2011年:621万8,752人
  • 2012年:835万8,105人

【2013〜2017年】

  • 2013年:1,036万3,904人
  • 2014年:1,341万3,467人
  • 2015年:1,973万7,409人
  • 2016年:2,403万9,700人
  • 2017年:2,869万1,073人

出典:日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数(総数)」
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_visitor_arrivals.pdf

2011年のみ、東日本大震災の影響でインバウンド客の数が減少しました。しかしその後、さまざまなインバウンド誘致に取り組んだこともあり、訪日外国人の数は回復しています。

インバウンド消費の動向

続いて、2018年までのインバウンド消費額を見ていきましょう。

インバウンド消費のデータ公開は2010年分からであるため、2010年以降のデータを紹介します。

【2010〜2012年】

  • 2010年:1兆1,490億円
  • 2011年:8,135億円
  • 2012年:1兆861億円

【2013〜2017年】

  • 2013年:1兆4,167億円
  • 2014年:2兆278億円
  • 2015年:3兆4,771億円
  • 2016年:3兆7,476億円
  • 2017年:4兆4,162億円

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査」
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html

インバウンド消費も2012年から少しずつ回復し、2017年には4兆4,162億円を記録しました。

次は、2018年における訪日外国人の数とインバウンド消費を詳しく紹介します。

【2018年】訪日外国人の数とインバウンド消費の推移や動向

ここからは2018年における

  • 訪日外国人の数
  • インバウンド消費額
  • 国別の旅行者数と消費額

を解説しますね。

以下のデータは、観光庁が調査した「訪日外国人消費動向調査」を参考にしています。

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査」
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html

2018年の訪日外国人旅行者数とインバウンド消費額

2018年、訪日外国人の数は過去最高の3,119万1,856人を記録しました。

その中でも訪日客数が多かった国は、以下の5つです。

  • 1位:中国(838万34人)
  • 2位:韓国(753万8,952人)
  • 3位:台湾(475万7,258人)
  • 4位:香港(220万7,804人)
  • 5位:アメリカ(152万6,407人)

主に、東アジアの国が上位を占めています。

そして2018年のインバウンド消費額は、合計4兆5,189億円を記録しました。

続いては、上位5ヶ国のインバウンド消費を詳しくお伝えしますね。

国別のインバウンド消費額の推移や動向

インバウンド消費における上位5ヶ国の消費額と内訳は、以下の通りです。

【1位:中国】

  • 消費額の合計:1兆5,450億円
  • 買い物代:8,110億円
  • 飲食代:2,619億円
  • 宿泊代:3,100億円

1人あたりの旅行消費額は、約22万4,870円です。

【2位:韓国】

  • 消費額の合計:5,881億円
  • 買い物代:1,626億円
  • 飲食代:1,502億円
  • 宿泊代:1,880億円

1人あたりの旅行消費額は、約7万8,084円です。

【3位:台湾】

  • 消費額の合計:5,817億円
  • 買い物代:2,115億円
  • 飲食代:1,275億円
  • 宿泊代:1,585億円

1人あたりの旅行消費額は、約12万7,579円です。

【4位:香港】

  • 消費額の合計:3,358億円
  • 買い物代:1,096億円
  • 飲食代:801億円
  • 宿泊代:988億円

1人あたりの旅行消費額は、約15万4,581円です。

【5位:アメリカ】

  • 消費額の合計:2,893億円
  • 買い物代:358億円
  • 飲食代:764億円
  • 宿泊代:1,240億円

1人あたりの旅行消費額は、約19万1,539円です。

訪日外国人の数とインバウンド消費、どちらもランクインした国は同じでした。

インバウンド消費からわかる2018年の動向

先ほどのデータをまとめると、以下のことがわかります。

  • 中華圏のインバウンド客は買い物にお金をかける
  • 欧米圏のインバウンド客は宿泊にお金をかける
  • 1人あたりの消費額は、アジア圏より欧米圏のインバウンド客の方が高い

欧米圏のインバウンド客は、自国から日本までの距離が遠いです。そのため長期滞在をする人が多いうえに、宿泊費が高くなりやすいです。

対してアジア圏のインバウンド客は、滞在日数が長くありません。そのぶん買い物など、短期滞在でも楽しめる「モノ消費」を好む人が多いようです。

【2019年上半期】訪日外国人の数とインバウンド消費の推移や動向

続いては、2019年上半期における

  • 訪日外国人の数
  • インバウンド消費額
  • 国別の旅行者数と消費額

を解説します。

2019年1〜6月の訪日外国人旅行者数とインバウンド消費の推移

2019年の1月から6月まで、約1,663万3,600人の訪日外国人が日本を訪れています。

その中でも、訪日外国人の数が多かった国は以下の5つです。

  • 1位:中国(453万2,500人)
  • 2位:韓国(386万2,700人)
  • 3位:台湾(248万800人)
  • 4位:香港(109万7,900人)
  • 5位:アメリカ(87万5,200人)

2018年と変わらないランキングとなりました。

しかし6位以降はタイ(68万3,700人)やフィリピン(29万5,100人)、ベトナム(25万3,200人)など、東南アジアからの訪日外国人も増えています。

そして2019年上半期のインバウンド消費は、2兆4,326億円を記録しています。

次は、インバウンド消費を詳しく見ていきましょう。

国別の旅行者数とインバウンド消費額の推移や動向

インバウンド消費における上位5ヶ国の金額と内訳は、以下の通りです。

このデータは2019年1〜3月、そして2019年4〜6月のデータを合算しています。

【1位:中国】

  • 消費額の合計:8,950億円
  • 買い物代:4,867億円
  • 飲食代:1,459億円
  • 宿泊代:1,786億円

1人あたりの旅行消費額は、約22万2,791円です。

【2位:台湾】

  • 消費額の合計:2,981億円
  • 買い物代:1,156億円
  • 飲食代:629億円
  • 宿泊代:791億円

1人あたりの旅行消費額は、約12万6,674円です。

【3位:韓国】

  • 消費額の合計:2,761億円
  • 買い物代:707億円
  • 飲食代:756億円
  • 宿泊代:884億円

1人あたりの旅行消費額は、約7万1,373円です。

【4位:香港】

  • 消費額の合計:1,732億円
  • 買い物代:593億円
  • 飲食代:409億円
  • 宿泊代:505億円

1人あたりの旅行消費額は、約15万9,861円です。

【5位:アメリカ】

  • 消費額の合計:1,560億円
  • 買い物代:195億円
  • 飲食代:399億円
  • 宿泊代:684億円

1人あたりの旅行消費額は、約17万8,923円です。

現時点では、2018年と比べると台湾の消費額が伸びていることがわかります。

消費額の動向からわかるインバウンドのニーズは「コト消費」

先ほどのデータをまとめると、以下の通りです。

  • 中華圏のインバウンド客は2019年も買い物を好む人が多い
  • アジア圏のインバウンド客も、宿泊など「コト消費」にお金をかける人が増えている

しかし「コト消費」である宿泊代や飲食代も金額は大きく、多くのインバウンド客が訪日前から楽しみにしているコンテンツのひとつです。

そのため今後のインバウンド集客において、以下の2点が重要となります。

  • 中華圏には買い物など「モノ消費」を中心にアピールする
  • 同時に「コト消費」である飲食や宿泊施設など、ほかのコンテンツも打ち出す

上記の対策が、インバウンド集客につながる可能性があります。

インバウンド消費の推移や動向をもとに「コト消費」で訪日外国人を呼び込む

今回は、訪日外国人の推移やインバウンド消費の動向について解説しました。

おさらいすると、2018年におけるインバウンド消費のポイントは以下の3つです。

  • 中華圏のインバウンド客は買い物にお金をかける
  • 欧米圏のインバウンド客は買い物より宿泊にお金をかける
  • 1人あたりの消費額は欧米圏のインバウンド客の方が高い

そして2019年の動向から、インバウンド集客で大切なポイントとして以下をお伝えしました。

  • 中華圏のインバウンド客は2019年も買い物を好む人が多い
  • アジア圏のインバウンド客も宿泊など「コト消費」にお金をかける人が増えている

今後のインバウンド集客において、「コト消費」も引き続きアピールすることをおすすめします。

またインバウンド集客では、訪日外国人の目的も理解することが大切です。

外国人観光客の目的について、詳しくは「【2019年版】外国人観光客の訪日目的ベスト5。ニーズを満たす対策も紹介します」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!

  2. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  3. 消費増税はインバウンド業界へどう影響する?キャッシュレス決済をうまく活用すれば売上アップも可能!

  4. 訪日客の旅マエ調査で日本に期待すること第1位は「日本食」。日本食を活かしてインバウンド集客を実現

  5. 増加する外国人観光客のマナー問題。トラブル事例と対策を解説します

  6. 海外旅行保険をキャッシュレス化してインバウンドの取り込みを!その動向と事例について解説します

  7. 【2019年最新版】インバウンド関係の展示会4つ。イベントで企業とつながりを作って、対策の充実につな…

  8. Tik Tok(抖音)とは?中国発の動画投稿アプリとその使い方について徹底解説

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP