Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

日韓対立で必要となるインバウンド対策とは?売上ダウンを最小限に抑えるための対策3選

「日韓対立はインバウンドにどんな影響があるんだろう…」

と不安な方。

日本が韓国に対する輸出規制強化の措置を取ったことをきっかけに、韓国では反日感情が高まっています。

このまま日韓対立が続けば、日本のインバウンド市場における深刻なダメージは避けられません。ダメージを最小限に抑えるためにも、十分な対策を検討すべきです。

とはいえ、具体的にどのように対策すればよいのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 日韓対立が深刻化。インバウンド対策に必要な情報をまとめてチェック!
  • 日韓対立による影響は?韓国は「インバウンド市場への影響は日本の方が大きい」と分析
  • 日韓対立のダメージを抑えるためのインバウンド対策3選

の順にお伝えします。

反日感情が高まる中でのインバウンド集客は難しそうに感じますが、適切な対策によってダメージを最小限に抑えることが可能です。

まずはこの記事で、日韓対立におけるインバウンド対策を検討しましょう!

日韓対立が深刻化。インバウンド対策に必要な情報をまとめてチェック!

まずは、日韓対立の経緯からお伝えします。

ことのきっかけは7月4日の経済産業省の対応です。

経済産業省は7月4日、

  • 日韓関係における信頼関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況
  • 大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生した

とのことから、韓国向け半導体素材の「輸出規制強化」の措置を取りました。加えて8月2日、韓国を「ホワイト国」のリストから除外することを閣議決定しています。

「輸出規制強化」とは、これまで輸出時に申請が免除されていた半導体素材「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「レジスト」に対して、今後は輸出ごとに申請が必要になる措置です。申請にはおよそ90日がかかります。

そして「ホワイト国」とは、大量破壊兵器などへの転用の恐れがある戦略物資を適切に管理していると見なされ、手続き上優遇されている27ヶ国のことです。

韓国はこれまでアジアにおいて唯一のホワイト国でしたが、今後は貨物輸出に対して契約ごとに個別の許可が必要となるため、経済的な損失になります。

今回の規制に対する、韓国および日本の主張は以下の通りです。

  • 韓国:「徴用工問題への対抗措置であり、WTO推進の自由貿易に反する」
  • 日本:「決して報復的な措置ではなく、安全保障に関わる貿易管理の強化である」

※徴用工問題:第二次世界大戦中に日本の統治下にあった朝鮮および中国において、日本の企業によって徴用された市民による訴訟問題のこと

このように、互いの主張には食い違いがあり、韓国では反日感情が高まりました。

そして韓国は8月22日、「日本の措置が両国の安全保障協力環境に重大な変化をもたらした」として、「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」破棄を決定します。

※GSOMIA:国家間で軍事上の機密情報を提供し合うとともに、他国への漏洩を防ぐことを目的として締結される二国間協定

日本と韓国の関係性は著しく悪化しており、インバウンド市場において大きな影響があるのは間違いありません。

次は、日韓対立による影響の大きさについてお伝えしますね。

日韓対立による影響は?韓国は「インバウンド市場への影響は日本の方が大きい」と分析

中国メディアの「今日頭条」は8月15日、韓国のシンクタンクがまとめた報告書を引用し、日韓対立がインバウンド市場へもたらす影響について発表しました。

報告書では、日韓の旅行客数がそれぞれ減少を続けた場合、2020年の経済成長率は

  • 韓国:0.05%減少
  • 日本:0.1%減少

と予測。「日本の方が韓国より大きな打撃を受ける可能性がある」と伝えています。

また日本を訪れる韓国人の数が81.2%減となった場合、韓国人の日本旅行における消費額が大幅にダウンし、過去20年で最低の水準にまで落ち込む可能性を指摘。

加えて、「訪韓日本人の数は以前から低迷していたため、減少幅は相対的に小さい」として、韓国を訪れる日本人の数は39%減と見積もっています。

韓国はインバウンド客数が第2位の重要な国!

観光庁がまとめたデータによると、2018年に日本を訪れた韓国からのインバウンド客数は約735万人でした。

国と地域別にインバウンド客数を順位付けすると、韓国は全体の中で2番目にインバウンド客数が多いです。

【2018年 国と地域別のインバウンド客数】

  1. 中国:838万人
  2. 韓国:753万人
  3. 台湾:475万人
  4. 香港:220万人
  5. 米国:152万人

全体のインバウンド客数に占める割合は約24%で、インバウンド市場に対する影響度は高いと言えます。

一方で韓国は「1人当たりの旅行消費額が低い国」として知られているため、「実際にはそれほど影響を受けないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

結論から言うと、韓国の旅行消費額は5,881億円と、こちらも全体で2番目の多さです。これだけの消費額に対して大きな影響があるとすれば、インバウンド市場の冷え込みは避けられないでしょう。

出典:観光庁「2018年(平成30年)の訪日外国人旅行消費額」
http://www.mlit.go.jp/common/001283138.pdf

次は、日韓対立のダメージを抑えるためのインバウンド対策についてお伝えしますね。

日韓対立のダメージを抑えるためのインバウンド対策3選

ここでは、日韓対立のダメージを抑えるためのインバウンド対策として、

  1. 基本的なインバウンド対策を整える
  2. 日韓対立に配慮した商品やサービスを提供する
  3. 日韓対立が落ち着いた後のプロモーション施策を準備する

の3つを紹介します。

対策1. 基本的なインバウンド対策を整える

1つ目の対策が、基本的なインバウンド対策を整えることです。

ここでの基本的なインバウンド対策とは、

  • 言語対応(メニュー、案内板、WEBサイトなど)
  • wi-fi環境の整備
  • キャッシュレス対応

の3つを指します。

いくら韓国からのインバウンドが減るといっても、インバウンド市場における重要度は変わりません。これまでと同様に、韓国人観光客に自社の商品・サービスを選んでもらうための努力は重要です。

対策2. 日韓対立に配慮した商品やサービスを提供する

2つ目の対策が、日韓対立に配慮した商品やサービスを提供することです。

韓国で反日感情が高まっているとはいえ、日本に対してそれほど反日感情を持っていない韓国人も一定数います。

そんな韓国人は、周囲の目を気にして日本の商品やサービスを買わないことが多いです。

もともと日本の商品やサービスの質の高さは、韓国でも広く知られています。韓国人が買い求めやすい環境を整えることで、売上を維持することが可能です。

例えば、

  • 飲食店:優先的に個室席へ案内する
  • 小売店:無地の包み紙やビニール袋を用意する
  • ネット販売:日本からの物だとわからないように商品名を記載する

など、買い手の心理に合わせた工夫を検討してみましょう。

対策3. 日韓対立が落ち着いた後のプロモーション施策を準備する

3つ目の対策が、日韓対立が落ち着いた後のプロモーション施策を準備することです。

確かに今回の日韓対立はかなり深刻ですので、現状おさまるタイミングはわかりません。

しかしながら、関係が回復したタイミングで素早く効果的な一手を打てるよう、今から準備を整えておくことは重要です。

海外向けのプロモーションにおいては、メディアの活用に人気が集まっています。

メディア活用について詳しくは、「【アジア圏向け】旅マエメディア12個のまとめ。ターゲットごとに使い分けてさらなる集客を」をぜひご一読ください。

日韓対立におけるインバウンド対策は急務。適切な準備を整えて、ダメージを最小限に抑えよう!

ここまで、日韓対立におけるインバウンド対策についてお伝えしました。

おさらいしますと、7月以降に日本が韓国に対して取った

  • 半導体素材の輸出規制強化
  • ホワイト国リストからの除外

をきっかけとして、韓国国内における反日感情が高まっています。

韓国のシンクタンクがまとめた報告書では、インバウンド市場において「日本の方が韓国より大きな打撃を受ける可能性がある」と分析。さらには過去20年で最低の水準に落ち込む可能性まで指摘しました。

韓国は、日本を訪れるインバウンドの中でも2番目に訪問客数・旅行消費額が多い国です。

日韓対立のダメージを抑えるためのインバウンド対策として、今回は

  1. 基本的なインバウンド対策を整える
  2. 日韓対立に配慮した商品やサービスを提供する
  3. 日韓対立が落ち着いた後のプロモーション施策を準備する

の3つを紹介しました。

適切な準備を整えて、できるだけ日韓対立によるダメージを減らす工夫をしましょう!

韓国からの集客プロモーションを検討するのであれは、「ソウルインセンティブマートが今年も開催!韓国からのインバウンド獲得におすすめのイベントについて解説」もぜひご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 中国人の訪日客数が単月100万人超え!インバウンド市場を牽引する中国とアジアの最新事情を紹介

  2. スリーレターコードとは?日本での導入背景やインバウンド集客への効果を解説

  3. 地方創生インバウンド協議会のインバウンド支援とは?具体的なサポート内容と企業を紹介します

  4. 国慶節とは?概要と中国人インバウンド客への対策をご紹介

  5. DMO(Destination Management Organization)とは?地域においてイ…

  6. 国内外で人気のナイトアクティビティとは?トレンドを押さえてインバウンド需要の獲得を

  7. 南海電鉄がWeChatpayの導入をスタート。中国の電子決済を受け入れるメリットとは?

  8. 南海電鉄がAlipay(アリペイ)を導入。交通機関が電子決済を受け入れるメリットと人気の決済サービス…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP