Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

広島県、外国人観光客数を7年連続で過去最高を更新!インバウンド集客の特徴と対策を解説します

「広島が外国人に人気だと最近よく聞くけど、どうしてなんだろう」

と感じている方。

2018年に広島県を訪れた訪日外国人の数は、およそ275万人。広島市だけでも年間100万人超のインバウンドを集客しました。

広島県は観光資源が多いだけでなく県をあげてインバウンド対策に力を入れた結果です。

とはいえ、広島県が具体的にどのような対策をしているのか、はっきりしないと思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 外国人観光客が集まる広島の実態
  • 広島に外国人観光客が集まる3つの理由
  • 広島が外国人観光客をさらに集めるために取り組んでいるインバウンド対策

の順に詳しくご紹介します。

「いきなりインバウンド対策をするのは難しい…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならそこまでハードルは高くありません。

まずはインバウンドにおける広島の実態と訪日客の特徴について、ざっくりと理解しましょう!

外国人観光客が集まる広島の実態

広島県の調査によると、広島を訪れた訪日客数の推移は以下のとおりです。

  • 2012年:67万人
  • 2013年:84万人
  • 2014年:104万人
  • 2015年:166万人
  • 2016年:201万人
  • 2017年:243万人
  • 2018年:275万人

7年連続で過去最高を記録し、2012年と比較すると4倍以上の外国人観光客を集客しているのがわかります。

広島を訪れる外国人観光客の特徴

2018年に広島を訪れた訪日外国人の国別ランキングトップ5は以下のとおりです。

【国別観光客数】

  1. アメリカ:371,492人
  2. 台湾:257,654人
  3. オーストラリア:208,724人
  4. 中国:181,647人
  5. フランス:159,765人

インバウンド客の多数派であるはずの台湾や中国を抑えて、アメリカが第1位というのは驚きですね。

広島に興味を示す欧米からの観光客が多いのは、以下のような理由があると考えられます。

  • 世界的に「広島」という名前の知名度が圧倒的に高い
  • 広島には原爆ドームと平和祈念資料館という世界的にも貴重な施設がある
  • 欧米の人はアジアに比べて、戦争の歴史に関心が強い人が多い

やはり歴史的背景から広島は世界からの注目度が非常に高いです。広島の知名度は欧米では、東京に次ぐとも言われているほどです。

特にアメリカ人の間では、2016年5月に当時のアメリカ大統領バラク・オバマ氏が広島を訪れたことが大きなきっかけです。この訪問はアメリカ国内では賛否両論でした。なぜなら、現職大統領としては史上初の出来事だったからです。

しかし良くも悪くも大統領の訪問が、アメリカ人の広島に対する注目度をさらに上げたことは間違いありません。

ここまでは、広島を訪れる外国人観光客の実態と特徴を紹介しました。

とはいえ、広島が外国人観光客に人気を集める理由は歴史的背景からだけではありません。そこで、次は広島が訪日客を集めている3つの理由をご紹介します。

出典:平成30(2018)年 広島県観光客数の動向https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/78/30doukou.html

広島が外国人観光客から人気を集める3つの理由

ここでは広島が外国人観光客に人気な理由として、

  1. バラエティ豊かな観光資源
  2. 画期的なPR活動
  3. 交通アクセスの良さ

の順にお伝えします。

理由1:バラエティ豊かな観光資源

広島には原爆ドームや平和祈念資料館以外にも、魅力的な観光資源が豊富にあります。

宮島と厳島神社

世界遺産である厳島神社は外国人観光客に非常に人気の高い観光スポットです。満潮時に鳥居が浮かんで見える景色は、大変美しいと大手口コミサイト「トリップアドバイザー」でも高評価を得ています。

海に浮かぶ鳥居はとても美しい!朝昼晩と風景が変わるので、宮島に1泊してゆっくりと楽しむのがおおすすめです。(30代アメリカ人男性)トリップアドバイザー「宮島」より

宮島には厳島神社以外にも、

  • 紅葉が美しい紅葉谷公園
  • 活気のある表参道商店街
  • 子供に人気な宮島水族館

など、あらゆる世代が楽しめる環境が整っています。

しまなみ海道

しまなみ海道とは、広島県の尾道から愛媛県の今治まで8つの島々を9本の橋でつないだルートを指します。正式名称は「西瀬戸自動車道」です。

海の上を自転車で走ることができる珍しい設計のため、国内外から自転車愛好家が集まっています。

レンタサイクル店の数が豊富なことや客室に自転車を持ち込めるホテルなど、充実した環境整備が進んでいるのが特徴です。海外のガイドブックでも特集が組まれ、今では「サイクリストの聖地」と呼ばれています。

その他の外国人に人気が高い観光スポットについては、外国人観光客に人気の広島。3つの理由とインバウンドが訪れる観光スポットを紹介しますをご一読ください。

理由2:画期的なPR活動

広島県では観光情報を発信する「VISIT HIROSHIMA」というWebサイトを運営しています。

多言語に対応しているのはもちろんのこと、お土産や伝統文化の紹介など情報が充実しています。

最近では、広島での1泊2日観光のモデルプランを紹介した動画を公開。ユニークなPR方法が話題になりました。

理由3:交通アクセスの良さ

広島空港は国際空港なので、台湾や中国からの直行便が飛んでいます。乗り継ぐことなく訪れることが可能なので、アジア圏の観光客にとってはとても利便性が高いです。

県内を移動する際は、「Visit Hiroshima Tourist Pass」という訪日客向けのパスが便利です。

これは

  • 電車
  • バス
  • フェリー

が乗り放題になる外国人専用のパスです。

このパスはエリアや使用日数ごとに5種類あり、旅行のタイプに合ったものを選択できます。

主な購入場所は以下のとおりです。

  • 広島空港のインフォメーションカウンター
  • JR広島駅内にある交通案内所
  • 広島バスセンター

その他には事前に旅行代理店のWebサイト経由で、購入できます。

ここまで広島が人気を集める理由について、解説しました。

続いて広島県が取り組んでいるインバウンド対策について詳しく紹介しますね。

広島が外国人観光客をさらに集めるために取り組んでいるインバウンド対策

観光資源の豊富さやアクセスの良さ以外に、広島県はインバウンド対策として特徴的な試みをしています。

官民一体となったMICE誘致の促進

MICEとは、

  • Meeting:会議やセミナー
  • Incentive tour:報奨または招待旅行
  • Convention(Conference):学会や国際会議
  • Exhibition:展示会

の頭文字をとった造語です。

MICEでは1回の開催で多くの団体客が見込めるため、一般の観光客と比較して消費額が高いのが特徴です。広島県は、官民一体となって経済効果が極めて高いMICEの誘致活動をしています。

訪日客の満足度を向上させる新しい取り組み

訪日客の満足度をさらに向上させるために、広島県では早朝および夜観光に力を入れています。

日本人は旅先では、特に朝と夜は宿泊先でゆっくりしたいという人が多い傾向にあります。しかし外国人観光客は逆で、早朝および夜にも観光をめいっぱい楽しみたい人が多いです。

例えばアメリカでは、

  • 国立公園での日の出鑑賞ツアー
    • ブロードウェイのミュージカル

    など、早朝や夜に特化したコンテンツが人気を集めています。

    広島県ではこうした早朝および夜観光にいち早く注目し、伝統文化体験などの人気プランを増やすことを検討しています。

    出典:ひろしま観光立県推進基本計画(H30~34年度)https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/78/rikkenkeikaku.html

    広島の事例を参考に、インバウンド対策を

    今回は、訪日客が集まる広島について詳しく解説しました。

    おさらいしておくと、

    • 広島を訪れる訪日客は毎年着実に増加している
    • 歴史的背景から、欧米の観光客が多い
    • 豊富な観光資源とアクセスの良さに評価が高い
    • 官民一体となってさらなるインバウンド集客の対策をしている

    広島県は世界遺産や、知名度の高さからもともと外国人観光客の注目を集めてきました。しかし昨今の観光客数の増加には、県をあげてのインバウンド対策が影響しています。

    まずは、広島県の事例を参考に検討することから始めてみてはいかがでしょうか。

    PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

    こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

    PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

    ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

    関連記事

    1. 「昇龍道(ドラゴンルート)」とは?国の認定を受けたインバウンド向け観光ルートについて解説!

    2. 【2019年版】外国人観光客の訪日目的ベスト5。ニーズを満たす対策も紹介します

    3. タイのサッカー選手・ティーラシンがサンフレッチェ広島へ加入。訪日タイ人への影響と地方へ呼び込む方法と…

    4. インバウンドのおもてなしに役立つ音声翻訳デバイス。選び方のポイントやおすすめデバイスまで徹底解説!

    5. 2018年1月より通訳案内士法が改正。訪日客と通訳ガイドはどうなる?

    6. 【2019年版】訪日外国人のランキングまとめ。インバウンドの最新予想も紹介します

    7. ドラッグストアのインバウンド消費はまだ高いのか?最新のトレンドと対策事例を解説します!

    8. DMO(Destination Management Organization)とは?地域においてイ…

    PR:地域創生プロジェクト



    メールマガジン



    PR


    インバウンド資料ダウンロード



    アーカイブ

    人気記事ランキング

    おすすめ記事

    PAGE TOP