Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

国内企業と自治体のインバウンド・デジタル広告市場規模2018年版が発表!2020年には500億円超えか

「インバウンド対策にデジタル広告は役に立つのかな…」

と思っている方。

インバウンド向けのデジタル広告市場規模は毎年拡大を続けています。企業や自治体にとってデジタル広告の活用は、インバウンド需要を囲い込むために効果的な施策です。

とはいえ、デジタル広告の具体的な活用方法はわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は298億円。2020年には506億円へと拡大!
  • デジタル広告を活用したインバウンド対策事例3選

の順にご紹介します。

「いきなりデジタル広告をインバウンド対策に活用するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはこの記事で、デジタル広告の市場規模と対策事例をチェックしましょう。

2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は298億円。2020年には506億円へと拡大!

株式会社Gushcloud Japanが、インバウンド・デジタル広告市場について調査し、2018年の推計と今後の予測を公開しました。なお同社は東南アジアを中心にインフルエンサーマーケティング事業を展開しているGushcloud International(ガッシュクラウドインターナショナル)の日本法人です。

調査した内容は、

  • インバウンド・デジタル広告市場規模:国内企業や自治体などの広告主による訪日外国人を対象としたデジタル広告の年間支出額
  • インバウンド・インフルエンサー広告市場規模:デジタル広告のうちインフルエンサーがソーシャルメディアを使って実施するPR広告に対する年間支出額

の2つ。それぞれの市場における規模と予測は以下のとおりです。

【インバウンド・デジタル広告市場規模】

  • 2018年推計:298億円
  • 2019年予測:369億円
  • 2020年予測:506億円

【インバウンド・インフルエンサー広告市場規模】

  • 2018年推計:30億円
  • 2019年予測:39億円
  • 2020年予測:63億円

また2020年には、

  • デジタル広告の需要は、2018年比で約169.8%の506億円に達する
  • インフルエンサーマーケティングはデジタル広告市場の12.5%を占める

と予測しました。

この拡大傾向は2020年以降にも続くと見られており、デジタル広告はインバウンド需要を取り込みたい企業や自治体にとって無視できない存在なのです。

現に政府は2017年10月、観光庁管轄の独立行政法人「日本政府観光局(JNTO)」内にデジタルマーケティング室を開設。デジタル広告に対する予算を増額し、真の観光立国を目指すために施策の強化を開始しました。

この動きは、訪日外国人が旅行する際、主にソーシャルメディアを情報源にしている実態が関係しています。

次で詳しく説明しますね。

出典:株式会社Gushcloud Japan「国内企業・自治体によるインバウンド・デジタル広告市場規模 2018」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000047879.html

訪日外国人はブログやSNSを使って旅行情報を収集している

観光庁の調査による、訪日外国人が「出発前に得た旅行情報源で役に立ったもの」のランキングは以下のとおりです。

【出発前に得た旅行情報源で役に立ったもの】

  1. 個人のブログ:30.6%
  2. SNS:23.7%
  3. 自国の親族・知人:17.6%
  4. 口コミサイト:15.3%
  5. 旅行会社ホームページ:14.1%

ブログとSNSの上位2つだけで54.3%と半分以上を占めています。これは外国人の旅行スタイルが、団体旅行から個人旅行へと移っているためです。

特にSNSは、投稿数と拡散力の高さから、今後はブログよりも重要視されていくでしょう。それゆえ、ソーシャルメディアにおけるプロモーションは、インバウンドに対し大きな効果を期待できるのです。

出典:観光庁「訪日外国人の消費動向(2018年次報告書)」http://www.mlit.go.jp/common/001285944.pdf

続いては、実際にデジタル広告を活用したインバウンド対策の事例を紹介しますね。

デジタル広告を活用したインバウンド対策事例3選

ここでは、訪日外国人が「出発前に得た旅行情報源で役に立ったもの」の上位にランクインした、ブログとSNSをうまく使ってインバウンド対策の事例を3つ紹介します。

事例1. Facebookを使って台湾からのインバウンド集客に成功した「伊藤九衛門」

1つ目の事例が、京都市にある抹茶スイーツ専門店の「伊藤九衛門」です。伊藤九衛門ではFacebookを使い、台湾からの観光客に狙いを絞ったプロモーション活動をしています。

当初は日本国内向けの投稿していたそうですが、店頭アンケートの結果から、多くの台湾人観光客がFacebookの投稿をきっかけに来店していることが判明。それ以降、台湾向けの投稿を充実させるプロモーションにチェンジしました。

具体的には、

  • 日本語と中国語(繁体字)を併記して投稿
  • 地域を限定して投稿できる機能を多用

などの方法です。

Facebookにはブログと違い、地域限定で公開できる機能が備わっており、ターゲットを絞って投稿できます。

その結果、今ではFacebook投稿に付く「いいね!」の4割が台湾人ユーザーからのものになりました。

また店頭に台湾文化に精通したスタッフを配置することで顧客の満足度が上がり、口コミサイトでの高評価につながっています。

事例2. タイの有名インスタグラマーとコラボし観光誘致をする「埼玉県」

2つ目はInstagramを活用している「埼玉県」の事例です。

埼玉県では西武鉄道株式会社と連携して、タイ人の人気インスタグラマー2人とタッグを組んだプロモーションを展開しています。

2人のインスタグラマーを「LOVE SAITAMAアンバサダー」と任命し、外国人の目線から埼玉の魅力や観光情報を発信するのが目的です。

2019年9月現在、フォロワー数は合わせて300万人を超えており、埼玉に関する投稿に平均して3万~4万の「いいね!」がつくなど埼玉県の認知度向上に貢献しています。

今後はタイ現地で行われる国際旅行フェアに県のブースを出店するなど、デジタル広告からオフラインプロモーションへの展開を予定しているとのことです。

事例3. 中国版SNSを活用している「ドン・キホーテグループ」

3つ目の事例は、大手ディスカウントストアの「ドン・キホーテグループ」です。

中国国内では政府の制限により、

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

などの世界で普及率の高いSNSにアクセスできません。

そのため中国国内で普及し、独自の進化を果たした中国版SNSによるプロモーションが不可欠です。

ドン・キホーテはその中でも特にユーザー数の多い、

  • WeChat
  • Weibo

の2つをうまく活用し、中国人観光客向けに特化した運用を実施しています。

両方のSNSに公式アカウントを開設し、セール情報や中国人に人気の化粧品や医薬品の写真を投稿。

おすすめの商品だけでなく、

  • 日本で流行しているアニメ
  • 最新ニュース

などの時事ネタを日本在住の中国人インフルエンサーが紹介し、中国人ユーザーとのコミュニケーションの場を生み出すことに成功しました。

今では中国人観光客から日本の定番ショッピングスポットと認知され、売上に占める中国人客の割合は毎年増加しています。

中国人向けのその他のプロモーション事例については、『訪日中国人向け、旅マエメディア12個まとめ。広告やプロモーション記事を作成して、集客につなげる』をご覧ください。

デジタル広告をうまく活用して、さらなるインバウンド集客を目指そう

今回はデジタル広告の市場規模が拡大していることについて紹介しました。

おさらいしますと、2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は298億円で、2020年には506億円へと拡大が予想されています。

デジタル広告はインバウンド業界において非常に重要な役割があります。なぜなら訪日客の多くが、旅行の情報をブログやSNSで収集しているためです。

またデジタル広告を活用したインバウンド対策として、

  • Facebook
  • Instagram
  • 中国版SNS(WeChatやWeibo)

などのSNSを活用した事例を紹介しました。

どの事例にも共通しているのは、現地のインフルエンサーや外国人スタッフと連携した「個人の発信する情報」に重点を置いていることです。

国内企業や自治体は、インバウンド・デジタル広告を活用することで、インバウンド客を効果的に集客できます。

まずは紹介した事例を参考に、SNS運用の検討をしてみてはいかがでしょうか。

その他のインフルエンサーによるマーケティングについて詳しくは『インバウンドはSNS活用が外せない!インフルエンサーによるマーケティング事例』をご一読ください。

PR:Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人客にPRしませんか?

Weibo インフルエンサー

中国で信用度の高いインフルエンサーを活用することで口コミを拡散し、店舗の認知向上・送客を実現する新サービスです。
詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

関連記事

  1. 「清水寺」がインバウンド観光地ランキング6位にランクイン!その人気の理由とは?

  2. ARでインバウンド対策。訪日外国人のストレスを解消し、観光客やリピーターを増やす方法とは

  3. 外国人の接客マニュアルを世田谷区が作成。地域の活性化につながる理由とは?

  4. インバウンドプロモーションとは?インバウンド獲得に必要なポイントやおすすめプロモーション会社まで解説…

  5. 増加する訪日客のトラブルはよくある異文化ギャップが原因。事例と対策を紹介します!

  6. 中国人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説

  7. 「Chill Chill Japan」はタイのインバウンド獲得に。概要とメリットを解説します

  8. 東武鉄道のインバウンド対策10個。訪日外国人を日光に約10万人も呼び込んだコツとは?

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP