Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

インバウンド向けのデジタル広告市場規模が拡大。さまざまなデータから今後の展望を予測!

「インバウンド向けのデジタル広告市場にはどれくらいの規模なんだろう…」

と思っている方。

2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は298億円と推計されており、2019年はさらに伸びる見込みです。さらに2020年の東京オリンピックには、これまでにないほどの広告市場が生まれると予想されています。

とはいえ、具体的なデジタル広告市場の数字はわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 国内企業と自治体が協力して2018年インバウンド・デジタル広告市場規模を推計。その規模なんと298億円!
  • 国内デジタル広告市場規模からインバウンド向け広告市場のポテンシャルを予測

の順にお伝えします。

デジタル広告は横文字が多くて難しそうに感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、インバウンド向けのデジタル広告市場について知りましょう!

国内企業と自治体が協力して2018年インバウンド・デジタル広告市場規模を推計。その規模なんと298億円!

インフルエンサーマーケティングを手掛ける株式会社Gushcloud Japan(ガッシュクラウドジャパン)と株式会社デジタルインファクトは、共同でインバウンド・デジタル広告市場に関する調査を実施しました。

この調査は2019年5月から7月にかけて、

  • インバウンド広告・マーケティング関連事業者
  • インフルエンサーマーケティング関連事業者

を対象に、インタビュー調査と公開されているデータをもとに推計したものです。

推計によると、2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は298億円でした。今後の予測は以下の通りです。

【直近3年のインバウンド・デジタル広告市場規模】

  • 2018年:298億円
  • 2019年:369億円(予測)
  • 2020年:506億円(予測)

わずか2年で市場規模が約1.7倍に膨らむ計算となり、かなりの勢いと言えるでしょう。

一方で、インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模については

  • 2018年:30億円
  • 2020年:63億円

に達すると予測。こちらは2年で約2倍に膨らむ計算です。

ちなみにインバウンド向けと国内向けを合わせた日本のインフルエンサーマーケティング市場規模は、

  • 2018年:249億円
  • 2020年:390億円

となり、2020年のインバウンド向け市場規模は全体の16.2%まで割合が高まります。

さらに今回の調査では、インフルエンサーを起用したプロモーション動画の制作費などは反映されていません。その費用も含めると、さらに市場規模は膨らみます。

インフルエンサーマーケティングについて詳しくは、「インバウンドはSNS活用が外せない!インフルエンサーによるマーケティング事例」をご一読ください。

インバウンド向けデジタル広告市場はなぜ伸びるのか?広告市場はインバウンドの数と比例する!

インバウンド向けデジタル広告市場が拡大している理由は、当然のことながら訪日インバウンドが増加しているためです。

観光庁の調査によると、2018年の訪日インバウンドは3,000万人を突破。特にここ数年の伸び方には目を見張るものがあります。

JTB総合研究所は、今後日本で開催が予定されている

  • 2020年:東京オリンピック・パラリンピック
  • 2021年:ワールドマスターズゲーム
  • 2025年:大阪万博

などを背景に、インバウンドが順調に増加することを予想。2019年には訪日インバウンドが3,550万人に達すると見込んでいます。

国は2020年に訪日インバウンド4,000万人、2030年には6,000万人を目標に掲げ、

  • 地方創生のためインフラ整備や伝統工芸品の消費拡大、観光ルートの改善
  • 民泊サービスへの対応と訪日プロモーションの高度化
  • キャッシュレス環境の改善、多言語対応、地方のLCC就航促進

などを推進中です。

出典:観光庁「観光立国推進基本計画」
https://www.mlit.go.jp/kankocho/kankorikkoku/kihonkeikaku.html

次は、インバウンド向け広告市場のポテンシャル予測についてお伝えしますね。

国内デジタル広告市場規模からインバウンド向け広告市場のポテンシャルを予測

大手広告代理店「電通」は毎年、日本の広告費をカテゴリ別にまとめたデータを公表しています。

2018年のデータによると、日本における広告市場はインターネット広告(デジタル広告)がけん引していることがわかりました。

広告費と伸び率をカテゴリ別に分けたものが以下の通りです。

【2018年カテゴリ別広告費と伸び率(前年比)】

広告媒体 広告費(億円) 伸び率(%)
全体 65,300 102.2
新聞 4,784 92.9
雑誌 1,841 91.0
ラジオ 1,278 99.1
テレビメディア 19,123 98.2
インターネット 17,589 116.5
プロモーションメディア 20,685 99.1

インターネット広告(デジタル広告)は5年連続で2桁成長を続けています。

広告市場が成長している中で、前年を上回っているカテゴリはインターネット広告のみです。

スマホの普及や「5G(インターネットの大容量通信)技術」の実現によって、デジタル広告市場はまだまだ大きな伸び代があると言えるでしょう。

出典:電通「日本の広告費」
http://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/

インバウンド向けのデジタル広告市場規模はまだまだ伸びる!上手に活用してさらなる売上アップを目指そう!

ここまで、インバウンド向けのデジタル広告市場規模についてお伝えしました。

おさらいしますと、2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は推計298億円でした。今後の予測は以下の通りです。

【直近3年のインバウンド・デジタル広告市場規模】

  • 2018年:298億円
  • 2019年:369億円(予測)
  • 2020年:506億円(予測)

わずか2年で市場規模が約1.7倍に膨らむ計算となり、かなりの勢いといって過言ではありません。

デジタル広告市場と同じく急激に伸びているのが、インフルエンサーマーケティング市場です。

インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模は

  • 2018年:30億円
  • 2020年:63億円(予測)

に達し、2020年のインバウンド向け市場規模は全体の16.2%まで増える見込みです。

インバウンド向けデジタル広告市場は、訪日インバウンドの増加にともない拡大しています。

観光庁の調査によると、2018年の訪日インバウンドは3,000万人を突破。特にここ数年の伸び方には目を見張るものがあります。

JTB総合研究所は、今後日本で開催が予定されている

  • 2020年:東京オリンピック・パラリンピック
  • 2021年:ワールドマスターズゲーム
  • 2025年:大阪万博

などを背景に、インバウンドが順調に増加することを予想。2019年には訪日インバウンドが3,550万人に達すると見込んでいます。

増加するインバウンドに合わせて、インバウンド向けデジタル広告市場が成長していくことは間違いありません。

デジタル広告をうまく活用し、さらなる売上アップを実現しましょう!

中国向けのプロモーションについては、「訪日中国人向け、旅マエメディア12個まとめ。広告やプロモーション記事を作成して、集客につなげる」をご一読ください。

PR:Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人客にPRしませんか?

Weibo インフルエンサー

中国で信用度の高いインフルエンサーを活用することで口コミを拡散し、店舗の認知向上・送客を実現する新サービスです。
詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

関連記事

  1. AI・接客ロボットがインバウンドをおもてなし。導入のメリットとデメリット、人気のロボットや導入コスト…

  2. 南海電鉄がWeChatpayの導入をスタート。中国の電子決済を受け入れるメリットとは?

  3. ソウルインセンティブマートが今年も開催!韓国からのインバウンド獲得におすすめのイベントについて解説

  4. 香港人へのプロモーション方法。インバウンド獲得のカギは訪日メディアやFacebookの活用

  5. 動画を使ったインバウンド対策の事例3つ。日本旅行に興味を持つきっかけを作るコツとは?

  6. 【入門】はじめてインバウンド担当者になったら読みたい参考資料まとめ

  7. 中国のセール日「W11シングルデイ」とは?日本へのインバウンド効果からプロモーション手法まで徹底解説…

  8. 「618(京東の日)」とは。中国のECサイトが盛り上がるセールイベントを京東(JD.com)の特徴と…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP