Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

外国人雇用で人手不足を解決!インバウンド対策として外国人を雇用するメリットと不安点とは

「外国人を雇って人手不足を解決したいけど、大丈夫かな…」

とお悩みの方。

日本において近年、外国人を雇用する企業はかなり増えています。特に「宿泊」や「飲食」など、インバウンドからのニーズが高い業種ではより雇用率が高いです。

とはいえ、本当に外国人を雇用した方がよいのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 約8割の企業が人手不足の状態。対応策として約3割の企業が「外国人雇用」を検討!
  • インバウンド対策として外国人を雇用する際のメリットと不安点について解説

の順にお伝えします。

外国人の雇用はハードルが高そうに感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、インバウンド対策としての外国人雇用について知りましょう!

約8割の企業が人手不足の状態。対応策として約3割の企業が「外国人雇用」を検討!

2019年4月、日本総研は外国人活用の多い企業を対象に「人手不足と外国人採用に関するアンケート調査」を実施しました。

この結果によると「現在の人手不足の状況について」の質問に対して、8割弱の企業が「人手不足」と回答しています。

人手不足の原因は以下の通りです。

【人手不足の原因トップ3】

  1. 十分な人数を採用できない:60.9%
  2. 離職率が高い:25.8%
  3. 優秀な人材が少ない:22.5%

特に人手不足と回答した割合が高かったのが

  • 宿泊業
  • 建設業
  • 飲食業

の3業種で、いずれの業種もインバウンド市場と深く関わりがあります。

インバウンドはこれからも増加が見込まれており、まだまだ人手不足は深刻化していくはずです。

人手不足の対応策として、企業が回答した結果は以下の通りでした。

【人手不足の対応策】

  1. 人材育成に注力:53.2%
  2. 女性活躍を進める:36.2%
  3. シニア雇用を増やす:32.5%
  4. 外国人を採用する:29.8%
  5. 社内での配置転換:23.0%

企業の半分以上は「まず自社で抱えている人材をいかに活用していくか」との視点ですが、約3割の企業は「外国人の採用」を検討しています。

加えて、留学生の採用に対しては4割近くの企業が「今後採用を考えたい」と前向きです。

【外国人留学生の採用について】

  1. 今後採用を考えたい:36.9%
  2. 今後とも採用する気はない:29.0%
  3. すでに採用済みで当面は現状維持:15.6%

ちなみにこの質問に対して、特に積極的な回答をしたのが「飲食業」と「宿泊業」でした。

出典:日本総研「『人手不足と外国人採用に関するアンケート調査』結果」
https://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/researchreport/pdf/11052.pdf

人手不足への対策については、「顔認証と客室タブレットで人手不足を解消へ!悩めるホテル業界のインバウンド対策事例を紹介」もぜひご一読ください。

次は、インバウンド対策で外国人を雇用する際のメリットと不安点についてお伝えします。

インバウンド対策として外国人を雇用する際のメリットと不安点について解説

インバウンド専門求人サイトを運営する「やまとごころ」は2019年6月、インバウンド関連企業における外国人材の雇用状況を調査しました。

【インバウンド関連企業における外国人材の雇用状況】

  • 現在雇用している:72.7%
  • 過去に雇用していた:13%
  • 今後、雇用したいと考えている:7.8%

この結果から、約9割の企業が外国人材の雇用に積極的であることがわかります。

また「現在雇用している」と答えた企業のうち、89%が「メリットを感じている」と回答。一方で「不安点がある」と答えた企業も87%にのぼりました。

外国人の雇用で感じたメリットと不安点における、上位3つの回答は以下の通りです。

【外国人の雇用で感じたメリット3つ】

  1. 海外とのやり取りがスムーズになった:50%
  2. 訪日外国人とのコミュニケーションがスムーズになった:42%
  3. 人材不足が解消された:32%

【外国人の雇用で感じた不安点3つ】

  1. 文化・習慣の違い:44%
  2. ビザ関連の手続き:40%
  3. 帰国による早期退職:40%

まずはメリットから説明しますね。

メリット1. 海外とのやり取りがスムーズになる

1つ目のメリットが、海外とのやり取りがスムーズになることです。

インバウンド事業者の多くは、海外の企業や現地スタッフと付き合いがあります。外国人が自社スタッフとして入れば、そこでのやり取りを一任することが可能です。

メリット2. 訪日外国人とのコミュニケーションがスムーズになる

2つ目のメリットが、訪日外国人とのコミュニケーションがスムーズになることです。

インバウンドが急激に増えるに連れ、飲食店やホテルなどではお店とお客さんとの間でトラブルが増加しています。トラブルの大きな要因が「会話が通じない」ことです。

施設の利用マニュアルやルールが伝わらずトラブルに発展するケースが多くなっています。外国人スタッフを雇うことで、その問題を解決することが可能です。

メリット3. 人材不足が解消される

3つ目のメリットが、人材不足が解消されることです。

店舗の運営において、人材不足は死活問題。お店を回す人がいなければそもそも商売が成り立ちません。

外国人スタッフを雇うことで、少子高齢化で慢性的な人材不足を解消できます。

続いて不安点について説明しますね。

不安点1. 文化・習慣の違い

1つ目の不安点が、文化・習慣の違いです。

当然のことながら日本と海外の国々では文化・習慣が大きく異なります。日本では当たり前のことが外国人にはまったく伝わらないケースも多いです。

外国人スタッフを雇う際には、まずその国の文化や習慣を学ぶ必要があります。

不安点2. ビザ関連の手続き

2つ目の不安点が、ビザ関連の手続きです。

外国人が日本で就労するには、

  • 在留期間の満了日が過ぎていない
  • 在留資格が留学や家族滞在ではなく、就労できるものである
  • 希望の職種に関する知識がある

などの条件があります。

ビザ関連の手続きがよく理解できず、不安に感じる方も多いでしょう。

就労ビザの申請について詳しくは、「ビザ申請代行とは?外国人雇用に欠かせない就労ビザを代理申請するおすすめサービス12選」をご一読ください。

不安点3. 帰国による早期退職

3つ目の不安点が、帰国による早期退職です。

外国人が留学やビザを取得して一時的に就職する場合、一定の期間が過ぎれば帰国しなければなりません。雇う側としてはできるだけ長く働いてほしいというのが本音です。

国としても外国人が働きやすい環境を整えるべく法改正などを進めています。

外国人の就労に関わる入管法について詳しくは、「入管法改正が2019年4月から施行!インバウンド事業者が押さえたいポイントをわかりやすく解説」をご一読ください。

出典:やまとごころ「企業の90%は外国人採用に積極的。外国人の雇用実態、インバウンド関連企業を対象に調査」
https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/pickup/32754/

外国人雇用は人手不足の解決だけでなくインバウンド対策としても有効!積極的に雇用を進めてさらなるインバウンド集客を図ろう!

ここまで、インバウンド対策として外国人を雇用する際のメリットと注意点についてお伝えしました。

おさらいすると、アンケート調査から8割弱の企業が「人手不足」であることがわかっています。

人手不足の原因は以下の通りです。

【人手不足の原因トップ3】

  1. 十分な人数を採用できない:60.9%
  2. 離職率が高い:25.8%
  3. 優秀な人材が少ない:22.5%

また人手不足の対応策として、企業が回答した結果は以下の通りでした。

【人手不足の対応策】

  1. 人材育成に注力:53.2%
  2. 女性活躍を進める:36.2%
  3. シニア雇用を増やす:32.5%
  4. 外国人を採用する:29.8%
  5. 社内での配置転換:23.0%

約3割の企業は「外国人の採用」を検討しており、留学生の採用に対しても4割近くの企業が「今後採用を考えたい」と前向きです。

またインバウンド関連企業に対するアンケート調査からは、約9割の企業が外国人材の雇用に積極的であることがわかっています。

【インバウンド関連企業における外国人材の雇用状況】

  • 現在雇用している:72.7%
  • 過去に雇用していた:13%
  • 今後、雇用したいと考えている:7.8%

また「現在雇用している」と答えた企業のうち、89%が「メリットを感じている」と回答。一方で「不安点がある」と答えた企業も87%にのぼりました。

今回お伝えしたメリットと不安点を押さえておけば、自社に合った形で外国人を雇用できます。増加するインバウンドを迎え入れるため、積極的に外国人の雇用を進めましょう!

多言語対応でお悩みの事業主さまは、「インバウンドのおもてなしに役立つ音声翻訳デバイス。選び方のポイントやおすすめデバイスまで徹底解説!」を参考にしてみてください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 韓国からのインバウンドにリーマンショック級ダメージ!九州観光への影響と今後の予測について解説

  2. 日本で人気のインバウンドウェディング。注目を集める理由と取り組み事例について解説!

  3. 「忘れ物防止タグ」でインバウンドの落とし物をサポート。機能やおすすめサービスを解説します

  4. タイ人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説

  5. モキュートが「翻訳テロップ」の制作サービスを開始。インバウンドにわかりやすく伝えるカギは多言語への対…

  6. ユニバーサルツーリズムとは?効果や課題、取り組み事例などを徹底解説

  7. DMO(Destination Management Organization)とは?地域においてイ…

  8. JTBが欧州の中でも好調に推移するフランス市場を調査。旅行支出額や滞在日数がトップ

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP