Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約4分で読めます

訪日外国人のマナー問題が深刻化。異文化を理解し、適切なインバウンド対策を進めよう!

「訪日外国人のマナー問題にはどうやって対応したらいいんだろう…」

とお悩みの方。

インバウンドの急増にともない、外国人によるマナーが問題視されています。実はマナー問題の原因は「文化の違い」であることが多く、解決には異文化の理解が重要です。

とはいえ、具体的にどう対策すれば良いのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 訪日外国人に多いマナーの悪さとは?アンケート調査からわかるマナー問題の実態
  • 訪日外国人のマナー問題を解決!おすすめのインバウンド対策3選

の順にお伝えします。

マナー問題の解決はハードルが高そうに感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、訪日外国人のマナー問題について知りましょう!

訪日外国人に多いマナーの悪さとは?アンケート調査からわかるマナー問題の実態

2018年の訪日外国人数は過去最高の3,000万人に達し、2020年の東京オリンピックに向けてその勢いは高まっています。

一方で、急増する訪日外国人にともないマナー問題が深刻化。インバウンドが集中する観光地を中心に、

  • ゴミのポイ捨て
  • 割り込み行為
  • 禁煙スペースでの喫煙
  • 飲食店への持ち込みや長居
  • 撮影NGの場所での写真撮影

など、マナー問題の対応に困るお店や自治体が増えています。

とはいえ、マナー問題のすべてを外国人のせいにしても解決にはいたりません。

まずは以下のデータをご覧ください。

観光庁が実施したアンケート調査によると、訪日外国人が旅行中に困ったことは以下の通りでした。

【訪日外国人が旅行中に困ったこと】(一部を抜粋)

  • コミュニケーション:24.0%
  • 公共交通の利用方法や乗り方:17.1%
  • 地図、パンフレット(多言語)が少ない:9.8%
  • 飲食店の予約:6.5%
  • 観光チケット(入場券等)の入手:2.3%

アンケート結果より、4人に1人が「コミュニケーション」で困っていることがわかります。コミュニケーション以外にも、お店や施設を利用する際の基本的なポイントで困っているようです。

私たち日本人にとっては当たり前のことでも、外国人からすると初めてのケースはよくあります。まずは相手の国の文化やマナーを理解し、その上で日本のマナーを伝える努力が必要です。

出典:観光庁「外国人旅行者に対するアンケート調査結果について
https://www.mlit.go.jp/common/000190659.pdf

訪日外国人への対応が難しい温泉マナー。最新のアンケート調査から実態をチェック

訪日外国人の多くは「温泉」を楽しみにしていますが、問題になりやすいのが「タトゥー」です。

タトゥーは、日本では「刺青」と呼ばれています。反社会勢力のイメージが強く、刺青やタトゥーを禁止とする公衆浴場が多いです。

しかし海外ではタトゥーを”ファッション”と捉える国も多く、そこには価値観の違いがあります。

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が2019年10月に発表したアンケート結果によると「刺青、タトゥーのある人の入浴についてどう思いますか?」の質問に対して、回答は以下の通りでした。

【「刺青、タトゥーのある人の入浴についてどう思いますか?」アンケート結果】

  • 全員入浴禁止にすべき:31.0%
  • ファッションタトゥーの場合は入浴可にすべき:24.7%
  • 隠せば入浴可にすべき:20.6%
  • みんな入浴可にすべき:11.8%
  • 分からない:11.9%

「刺青、タトゥー」は「入浴禁止にすべき」と思う人がいる一方で、「状況に合わせて入浴可にして良いのでは」と思っている人も一定数います。

2020年の東京オリンピックに向けて、より多様性を受け入れることのできる環境整備が必要です。

出典:エアトリ「旅館マナー」に関する調査」
https://www.airtrip-corp.com/news/2019/3141/

次は、訪日外国人のマナー問題を解決するための、インバウンド対策についてお伝えしますね。

訪日外国人のマナー問題を解決!おすすめのインバウンド対策3選

訪日外国人のマナー問題を解決するためのインバウンド対策として、

  1. ピクトグラムの活用
  2. 音声翻訳機の導入
  3. 外国人スタッフの採用

の3つをご紹介します。

対策1. ピクトグラムの活用

1つ目の対策が、ピクトグラムの活用です。

ピクトグラムとは、情報を伝えるために使用する「絵文字」や「記号」を指します。パッと見ただけで感覚的に言いたいことが伝わるピクトグラムは、

  • 施設や設備の利用方法
  • ルールやマナー
  • 注意事項

などを伝える際に効果的です。

ピクトグラムについて詳しくは、「ピクトグラムとは?インバウンド対策への導入メリットとおすすめ無料サイトを紹介」をご一読ください。

対策2. 音声翻訳機の導入

2つ目の対策が、音声翻訳機の導入です。

音声翻訳機は外国語を日本語に自動で翻訳でき、円滑なコミュニケーションに役立ちます。

近年は、需要の高さから音声翻訳機の開発に参入する企業が増加。そのため機能性は年々高まっており、手軽な操作で翻訳が可能です。

音声翻訳機について詳しくは、「インバウンドのおもてなしに役立つ音声翻訳デバイス。選び方のポイントやおすすめデバイスまで徹底解説!」をご一読ください。

対策3. 外国人スタッフの採用

3つ目の対策が、外国人スタッフの採用です。

外国人スタッフの採用は言語問題の解決だけでなく、異文化の理解にも役立ちます。2019年4月からは「改正入管法」が施行され、今までよりも外国人スタッフを雇いやすくなりました。

外国人の雇用について詳しくは、「外国人雇用で人手不足を解決!インバウンド対策として外国人を雇用するメリットと不安点とは」をご一読ください。

訪日外国人のマナー問題を解決するには異文化への理解が大切。適切な対策で最高のおもてなしを提供しよう!

ここまで、訪日外国人のマナー問題についてお伝えしました。

おさらいしますと、急増する訪日外国人にともないマナー問題が深刻化。マナー問題の対応に困るお店や自治体が増えています。

観光庁が実施したアンケート調査によると、訪日外国人が旅行中に困ったことの多くが「コミュニケーション」に関することでした。加えて、お店や施設を利用する際の基本的なポイントで困っていることがわかっています。

私たち日本人にとっては当たり前のことでも、外国人からすると初めてのケースはよくあること。まずは、相手の国の文化やマナーを理解し、その上で日本のマナーを伝える努力をしましょう。

2020年の東京オリンピック開催まであとわずかになりました。

マナー問題を解決するには、相手の文化を理解し、より多様性を受け入れることのできる環境整備が必要です。

今回お伝えした、

  1. ピクトグラムの活用
  2. 音声翻訳機の導入
  3. 外国人スタッフの採用

を参考に、適切なインバウンド対策を進めて最高のおもてなしを実現しましょう!

中国人のマナー問題について詳しくは、「訪日中国人のマナーはなぜ悪く感じる?対策のカギは国民性や文化の違いを知ること」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 「インバウンド×キャッシュレス地域経済活性化最先端モデル事業」第1弾が2月スタート

  2. 沖縄美ら海水族館がインバウンドに、人気の観光地ランキングで第18位にランクイン。その理由とは?

  3. インバウンドはSNS活用が外せない!インフルエンサーによるマーケティング事例

  4. 香港人へのプロモーション方法。インバウンド獲得のカギは訪日メディアやFacebookの活用

  5. 台風21号で関西国際空港が閉鎖に。インバウンド産業への影響と災害時に必要な対策とは

  6. インバウンドに人気のお土産とは?外国人が好むお土産の特徴や売上アップのポイントまで徹底解説!

  7. インバウンドの集客を旅行会社に依頼して、地域を活性化。11のおすすめ企業を紹介します

  8. 免税POSレジとは?導入メリットから免税手続きの詳しい流れ、おすすめシステムまで紹介します

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP