Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

ブッキング・ドットコムが2020年の旅行トレンドを予想。優先すべきインバウンド対策とは?

「2020年の旅行トレンドはどうなるんだろう…」

と思っている方。

世界最大級の宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」は2019年10月11日、2020年の旅行トレンド予想を発表しました。最新のトレンドを掴むことで、優先すべきインバウンド対策が見えてきます。

とはいえ、具体的にどのトレンドに注目すれば良いのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、ブッキング・ドットコムが発表した「8つの予想」についてご紹介します。

最新のトレンドを掴むことはハードルが高そうに感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、2020年の旅行トレンドについて知りましょう!

ブッキング・ドットコムが発表した2020年の旅行トレンド「8つの予想」について解説!

2020年の旅行トレンドは、ブッキング・ドットコムが持つ

  • 旅行とテクノロジーに関する専門知識
  • 29の市場における22,000人以上を対象にした調査
  • 1億8,000万件以上のクチコミの情報

をもとに予想されました。

ブッキング・ドットコムは「未だかつてないスタイルの旅が象徴する年になる」としたうえで、8つの予想を発表しています。

【2020年 8つの旅行トレンド予想】

  1. 『穴場旅』の人気が上昇する
  2. テクノロジーが叶える、未知なる体験との出会い
  3. 周りに付いていくための焦りを感じながらの旅ではなく、ゆったりと楽しむ旅へ
  4. 多彩な魅力が揃う旅行先への旅
  5. ペットが優先事項に
  6. 孫との旅行で心に残る思い出作り
  7. レストランの予約が旅行の重要な要素に
  8. 退職後は長期旅行へ

1つずつ説明しますね。

トレンド1. 『穴場旅』の人気が上昇する

1つ目のトレンドが、「『穴場旅』の人気が上昇する」です。

このトレンドの根拠となった回答は

  • オーバーツーリズムの緩和に貢献したい:54%
  • 環境負荷を抑えることができるなら、旅行先を別の同じような場所に変えてもよい:51%
  • 「自分たちの訪問が現地にとってプラスになる旅行先」を教えてくれるサービスを利用したい:60%

の3つ。

オーバーツーリズムは「人気の観光スポットに観光客が集中すること」を指します。観光客はオーバーツーリズムの回避や環境保護を希望しており、「穴場旅」へ関心がシフトする見込みです。

トレンド2. テクノロジーが叶える、未知なる体験との出会い

2つ目のトレンドが、「テクノロジーが叶える、未知なる体験との出会い」です。

このトレンドの根拠となった回答は

  • サプライズなオプションをテクノロジーを介して利用したい:59%
  • 手軽にアクティビティの検索と予約ができるアプリを使用する:46%
  • アクティビティを事前に計画でき、手軽に予定を確認できるようなアプリを利用したい:44%

の3つ。

すでにAI(人工知能)などによる、ユーザーの好みや旅行履歴からベストな旅行先をレコメンドするサービスが出ています。2020年はユーザーのニーズがさらに高まり、テクノロジーを活用したサービスに人気が集まる見込みです。

トレンド3. 周りに付いていくための焦りを感じながらの旅ではなく、ゆったりと楽しむ旅へ

3つ目のトレンドが、「周りに付いていくための焦りを感じながらの旅ではなく、ゆったりと楽しむ旅へ」です。

このトレンドの根拠となった回答は

  • 環境負荷を減らせるのであれば、時間がかかる移動手段を選ぶことも検討する:48%
  • 旅そのものをさらに満喫するため、距離がより長い経路を選ぶ:61%
  • 移動すること自体が体験となるような旅行をしたい:62%
  • 古き良き鉄道でタイムスリップ感覚を味わうことに興味がある:64%
  • ユニークな移動手段であれば、目的地まで時間がかかっても気にしない:56%

の5つ。

これまで周囲に合わせてバタバタと旅行していた人たちが「ゆったりとした時間を過ごしたい」と考えています。

トレンド4. 多彩な魅力が揃う旅行先への旅

4つ目のトレンドが、「多彩な魅力が揃う旅行先への旅」です。

このトレンドの根拠となった回答は

  • 自分好みの体験を楽しめる場所や名所が固まっている旅行先に長期間出かけたい:54%
  • 旅行の時間を節約するため、行きたい場所や名所が集まっている旅行先を選ぶ:62%

の2つ。

2020年は1つのテーマに絞った旅行ではなく、多くの魅力が集まる旅行先への訪問が人気を得る見込みです。

トレンド5. ペットが優先事項に

5つ目のトレンドが、「ペットが優先事項に」です。

このトレンドの根拠となった回答は

  • ペットは自らの子供と同等に大切な存在だ:55%
  • 来年はペットを連れて行けるかどうかで旅行先を選ぶ:42%
  • ペットに配慮した宿泊施設なら、より多くのお金をかけてもよい:49%

の3つ。

経済的に裕福な旅行者が増え、ペットを家族とみなす価値観が広がっています。ペットと一緒に宿泊できる施設は、さらに人気を集める見込みです。

トレンド6. 孫との旅行で心に残る思い出作り

6つ目のトレンドが、「孫との旅行で心に残る思い出作り」です。

このトレンドの根拠となった回答は

  • 親は子どもから離れて過ごす時間が必要だ:71%
  • 孫と過ごす時間のおかげで若々しくいられる:72%
  • 旅行はさまざまな世代が一緒に時間を過ごすのにもっとも良い方法の1つだ:75%

の3つ。

かつてのお年寄りと異なり、現代のお年寄りは健康的で冒険心にあふれています。そのため、祖父母と孫をターゲットにした旅行が人気を集める見込みです。

トレンド7. レストランの予約が旅行の重要な要素に

7つ目のトレンドが、「レストランの予約が旅行の重要な要素に」です。

このトレンドの根拠となったのは

  • 休暇中は旅行先の郷土料理や地元の料理を食べることを重視する:71%

の回答。

多くの旅行者において「評価の高い飲食店を予約できるかどうか」が、旅行先を決める基準になりそうです。

飲食店のインバウンド対策については、「飲食店予約管理システムでインバウンド客が予約しやすい店舗に。おすすめサービス3つを徹底比較」をご一読ください。

トレンド8. 退職後は長期旅行へ

8つ目のトレンドが、「退職後は長期旅行へ」です。

このトレンドの根拠となった回答は

  • 旅行は退職後の時間を過ごすのに最適な方法だ:65%
  • 退職後はより冒険に満ちた旅行を選択するつもりだ:47%
  • 数ヶ月間旅に専念できるギャップイヤーを計画している:19%
  • ギャップイヤーは年齢を問わずいつでもできる:52%

の4つ。

ギャップイヤーとは、卒業と入学の間など「節目と節目の間の期間」を指します。最近は定年に達しなくとも仕事を引退するケースが増えてきました。定年前のギャップイヤーを使い、長期旅行を計画する旅行者が増える見込みです。

出典:ブッキング・ドットコム「2020旅行トレンド予想」
https://travelpredictions2020.com/japan/

ブッキング・ドットコムが発表する旅行トレンド予想をチェックして、2020年のインバウンド対策に活かそう!

ここまで、2020年の旅行トレンドについてお伝えしました。

おさらいしますと、ブッキング・ドットコムは「未だかつてないスタイルの旅が象徴する年になる」としたうえで、8つの予想を発表しています。

【2020年 8つの旅行トレンド予想】

  1. 『穴場旅』の人気が上昇する
  2. テクノロジーが叶える、未知なる体験との出会い
  3. 周りに付いていくための焦りを感じながらの旅ではなく、ゆったりと楽しむ旅へ
  4. 多彩な魅力が揃う旅行先への旅
  5. ペットが優先事項に
  6. 孫との旅行で心に残る思い出作り
  7. レストランの予約が旅行の重要な要素に
  8. 退職後は長期旅行へ

膨大なデータやアンケートから導き出されたこれらのトレンドは、信頼性がかなり高いです。トレンドを押さえて、2020年に向けたインバウンド対策に活かしましょう!

「8つの予想」から、2020年は「地方」の人気が高まりそうです。地方へのインバウンド集客について知りたい方は、「地域インバウンド促進サイトを活用して地方への集客を実現。具体的な活用方法について解説します」をご一読ください。

[anamedia]

関連記事

  1. 地域インバウンド促進サイトを活用して地方への集客を実現。具体的な活用方法について解説します

  2. 訪日外国人向けプリペイドSIMで「繋がらない国ニッポン」返上なるか

  3. アジア人へのプロモーション方法。インバウンド獲得に必要なポイントを解説します

  4. 【2019年最新版】訪日外国人数やインバウンド消費の推移を調査。今後の動向も解説します

  5. 訪日中国人のマナーはなぜ悪く感じる?対策のカギは国民性や文化の違いを知ること

  6. 中国人が選ぶ神薬12選とは?イラストや使い方など、分かりやすいアピール方法がカギ

  7. 外国人の花見客への対応はどうする?人気の理由や感想から対策を考えて、地方への集客につなげる

  8. GoogleマップでARナビが広く利用可に。マップを活用したインバウンド対策をチェック!

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP