Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約4分で読めます

Googleストリートビュー撮影で効果的なインバウンド対策を実現!おすすめポイントと導入費用について解説します

「Googleストリートビューって、インバウンド対策として効果はあるのかな…」

と思っている方。

Googleストリートビューは、ウェブ上で地域や施設の中を360度パノラマで閲覧できるサービスです。ユーザーはGoogleストリートビューを通して、実際にその地域や施設を訪れたかのように自由に見てまわることができます。

加えてGoogleストリートビューは、Googleの検索エンジンやマップと連動することで、世界中のユーザーを対象とした集客が可能です。

とはいえ、具体的にどのくらいインバウンド対策として有効なのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • Googleストリートビュー屋内版の撮影は、強力なインバウンド対策として需要が増加中
  • Googleストリートビューのおすすめポイントと導入費用について解説

の順に解説します。

インバウンド集客はハードルが高そうに感じますが、概要をつかむことは難しくありません。

まずはこの記事で、Googleストリートビューについて大まかに知りましょう!

Googleストリートビュー屋内版の撮影は、強力なインバウンド対策として需要が増加中

検索エンジンにおいて、全世界で約9割のシェアを持っているGoogle。そのGoogleの影響力を活かせるサービスがGoogleストリートビューです。

Googleストリートビューはウェブ上で地域や施設の中を360度パノラマで閲覧できるサービスですが、

  • Google検索エンジン
  • Googleマイビジネス
  • Googleマップ

など、Googleが提供しているサービスとも連動します。それにより、全世界を対象とした情報提供やプロモーションが可能です。

特にGoogleストリートビュー屋内版では、屋内の様子や雰囲気をわかりやすく視覚的にアピール。日本語を読めない外国人に対しても、高い訴求力を発揮できます。

近年は海外だけでなく、国内においてもGoogleストリートビューに対応したお店や宿泊施設が続々と増加中です。

出典:Google「ストリートビューとは」
https://www.google.co.jp/intl/ja/streetview/

インバウンド集客において注目を集めている「MEO対策」

Googleストリートビューは、代表的な「MEO対策」としても知られています。

MEO対策は「Map Engine Optimization」の略称で、主にGoogleマップに対する地図エンジン最適化を図ることです。海外では「ローカルSEO」と呼ばれており、集客アクションの手法として重要度が高まっています。

ちなみにGoogleは現在MEOに関連する施策を強化しており、海外をはじめ日本国内でも「Googleで予約」が展開中です。

「Googleで予約」は、検索結果やグーグルマップで表示される施設の情報からそのまま予約できるサービスのこと。予約サイトなどを経由する必要がないため、利用者にとっては「検索→予約」までがスムーズになります。

「Googleで予約」について詳しくは、「『Googleで予約』に企業が続々と対応。コト消費を重視するインバウンドを検索から囲い込もう!」をご一読ください。

次は、Googleストリートビューのおすすめポイントと導入費用についてにお伝えしますね。

Googleストリートビューのおすすめポイントと導入費用について解説

Googleストリートビューのおすすめポイントは、

  1. 言語問題の対策になる
  2. お店への問い合わせを削減できる
  3. 自社サイトへ埋め込むことでSEO対策になる

の3つです。

1つずつ解説しますね。

ポイント1. 言語問題の対策になる

1つ目のポイントが、言語問題の対策になることです。

Googleストリートビューは、言葉やテキストを使用せずに施設や店舗を紹介できます。

  • お店側:通訳や翻訳のコストが省ける
  • お客側:言語を気にせずにお店の中を確認できる

このように、お店側とお客側の双方にとってメリットがあるサービスです。

加えてGoogleのサービスは世界共通なので、Googleストリートビューを利用するハードルはかなり低いと言えます。

ポイント2. お店への問い合わせを削減できる

2つ目のポイントが、お店への問い合わせを削減できることです。

お店の情報を調べてわからないことがあったり不安を感じたりするユーザーは、電話やメールでお店へ問い合わせます。問い合わせが増えるとお店の業務量が過多になり、サービスに支障が出ることも。

お店への問い合わせを減らすには、

  • 情報量を増やす
  • 情報を見つけやすくする

ことが必要です。

Googleストリートビューなら動画に近い情報量を持たせつつ、1つのコンテンツでユーザーに必要な情報を提供できます。

ポイント3. 自社サイトへ埋め込むことでSEO対策になる

3つ目のポイントが、自社サイトへ埋め込むことでSEO対策になることです。

Googleストリートビューは、Googleマップのように自社のサイトなどに簡単に埋め込みできます。そのため、テキストや画像のみしかなかった場合に比べて、ユーザーの滞在時間を増やすことが可能です。

ユーザーの滞在時間が増えることでGoogleから「価値のあるサイト」だと判断され、検索ページの上位に掲載されやすくなります。

Googleストリートビューの撮影にかかる費用とランニングコスト

Googleストリートビューは初回のみ撮影費用がかかりますが、ランニングコストは一切かかりません。

【撮影費用の相場とランニングコスト】

  • 撮影費用:3万円~10万円
  • ランニングコスト:無料

撮影費用は撮影を依頼する会社によって異なり、費用は

  • お店や施設の規模
  • 撮影するポイントの数

によって変動します。

Googleストリートビュー撮影はインバウンド対策にオススメ。コストを抑えて効果的な集客を実現しよう!

ここまで、Googleストリートビューについてお伝えしました。

おさらいしますと、Googleストリートビューは、ウェブ上で地域や施設の中を360度パノラマで閲覧できるサービスです。

Googleストリートビューなら実際にその地域や施設を訪れたかのように自由に見てまわることができ、Googleの検索エンジンやマップと連動して世界中から集客できます。近年は海外だけでなく、国内においてもGoogleストリートビューに対応したお店や宿泊施設が続々と増加中です。

検索エンジンにおいて、全世界で約9割のシェアを持っているGoogle。特にGoogleストリートビュー屋内版は、屋内の様子や雰囲気をわかりやすく視覚的にアピールし、日本語を読めない外国人に対しても高い訴求力を発揮できます。

Googleは現在「Googleで予約」などMEOに関連する施策を強化していますが、GoogleストリートビューはMEO対策としても効果が高いです。

Googleストリートビューをおすすめポイントは、

  1. 言語問題の対策になる
  2. お店への問い合わせを削減できる
  3. 自社サイトへ埋め込むことでSEO対策になる

の3つ。導入にかかる費用も最初の撮影費用のみです。

【撮影費用の相場とランニングコスト】

  • 撮影費用:3万円~10万円
  • ランニングコスト:無料

コストパフォーマンスの良いインバウンド対策として人気が高まっているGoogleストリートビュー。ぜひ1度、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

MEO対策について詳しく知りたい方は、「インバウンドMEOとは?Googleマップの多言語MEO対策で、インバウンド集客につなげる」をご一読ください。

[anamedia]

関連記事

  1. 日本のお菓子が中国で大人気!中国のインフルエンサー「KOL」と人気のお菓子について解説します

  2. 訪日外国人向けアレルギーカードとは?飲食店が活用するメリットからおすすめカードまで解説

  3. 2020年東京オリンピックの対策はもう大丈夫?国の対策からインバウンド事業者に必要な対策まで徹底解説…

  4. 外国人観光客の不満ランキング。コミュニケーションや多言語の対応、Wi-Fiなど5つの内容と対策を紹介…

  5. サブカルチャーとは?訪日外国人の集客には、日本の伝統文化との融合がカギ

  6. 観光バスの路上駐車が問題に!都市交通を円滑にする方法とは?

  7. 日本伝統文化パビリオン「雅 MIYABI」が与えるインバウンド効果。出展の流れも解説します

  8. 外国人雇用で人手不足を解決!インバウンド対策として外国人を雇用するメリットと不安点とは

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP