インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

中国SNSで注目を集める日本商品とは?2019年ランキングから最新のトレンドを徹底解説

「中国SNSではどのような日本商品が注目されているんだろう…」

と思っている方。

中国のSNSやインターネット上では、日本商品に関する情報が多く投稿されています。そのトレンドを分析すれば、売上につながる商品やサービスを知ることが可能です。

とはいえ、中国SNSの情報をどう読み取ればよいのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 日本商品のクチコミ総数は39%アップ!中国SNSにおける2019年ランキングの変化について解説。
  • 日本では中国SNS分析サービスが続々とリリース

の順にお伝えします。

中国SNSの活用はハードルが高そうに思えますが、概要を押さえるだけなら難しくありません。

まずはこの記事で、中国SNSで注目を集めた日本商品について知りましょう!

日本商品のクチコミ総数は39%アップ!中国SNSにおける2019年ランキングの変化について解説。

中国市場向けマーケティング会社「株式会社トレンドExpress」は2019年11月、中国SNS上で「買った」と投稿された日本商品の情報をランキングにまとめた「中国消費者『買った』日本商品ランキング2019」を発表しました。

2019年に中国のSNS上で日本商品を「買った」と投稿されたクチコミ件数の総数は1,019万1,624件。前年の734万7,227件から39%アップする結果となりました。

日本商品に対するクチコミ総数が増えるいっぽうで、クチコミされるアイテム数は年々減っています。

【中国SNS上でクチコミされたアイテム数】

  • 2019年:486アイテム
  • 2018年:504アイテム
  • 2017年:563アイテム

アイテム数が減っている理由として推測できるのは、中国SNS上で情報が広まりやすくなったことで、話題の商品にクチコミが集中している可能性です。

中国ではKOL(Key Opinion Leader)と呼ばれるインフルエンサーがSNS上で活躍しており、その影響も無視できません。

KOLについて詳しくは、「KOLとは。概要から中国市場へのプロモーション方法までを解説します」をご一読ください。

クチコミ件数の商品カテゴリ別トップは「コスメ・美容」、伸び率は「ファッション」「食品類」「コスメ・美容」が上昇

「買った」と投稿されたクチコミ件数を商品カテゴリ別で集計したところ、トップはダントツで「コスメ・美容」でした。伸び率に関しては以下の通りです。

【クチコミ件数の商品カテゴリ別伸び率】

  1. ファッション:50%
  2. 食品類:42%
  3. コスメ・美容:41%
  4. 医薬品:36%
  5. ベビー・キッズ:35%
  6. 衛星・健康:34%
  7. 家電:22%
  8. キッチン用品:5%

伸び率は「ファッション」がもっとも高く、次いで「食品類」「コスメ・美容」が続きます。

「ファッション」については、日本でも人気の機能性ファッション(ストッキング、タイツなどのインナー)のクチコミ件数が伸びました。

「買った」クチコミ件数が多かった商品トップは、昨年と同じく「ピジョン 薬用ローション(ももの葉)」

2019年に最も多く「買った」とクチコミされた日本商品は、昨年と同じく「ピジョン 薬用ローション(ももの葉)」でした。ランキングは以下の通りです。

【クチコミ件数が多かった日本商品ランキングトップ20】

  1. ピジョン 薬用ローション(ももの葉)(ピジョン)
  2. 口内炎パッチ大正A(大正製薬)
  3. 龍角散のどスッキリ飴(龍角散)
  4. サントリーシングルモルトウイスキー山崎(ビームサントリー)
  5. TSUBAKI(資生堂)
  6. 白い恋人(石屋製菓)
  7. ソフィーボディフィット軽やかスリム(ユニ・チャーム)
  8. スクワクレンジング(ハーバー研究所)
  9. 満腹30倍(グラフィコ)
  10. ポリベビー(佐藤製菓)
  11. 毛穴撫子 お米のマスク(石澤研究所)
  12. カットコットン(良品計画)
  13. SUQQU アイシャドウ(エキップ)
  14. シャツクール(小林製薬)
  15. 馬油ボディーソープ(熊野油脂)
  16. サロンパス30(久光製薬)
  17. プレミアムプレサ ビューティーマスク コラーゲン(ウテナ)
  18. ロリエ エフ しあわせ素肌(花王)
  19. メガネクリーナふきふき(小林製薬)
  20. クリアクリーン ホワイトニング(花王)

昨年までランクインしていなかった「TSUBAKI(資生堂)」が5位にランクインしており、中国でのヘアケアニーズの高まりを感じる結果でした。

出典:トレンドExpress「トレンドExpress、中国消費者『買った』日本商品ランキング2019発表!」
https://www.trendexpress.jp/news/20191128-2

次は、日本でリリースされた中国SNS分析サービスについてお伝えしますね。

日本では中国SNS分析サービスが続々とリリース

KDDIグループにおけるデジタル広告事業「Supership」は2019年11月、中国SNS分析サービスとして

  • 中国トレンドアイテムレポート
  • 中国市場ソーシャルリスニング

を相次いで発表しました。

それぞれのサービスについて解説しますね。

SNS投稿から算出したランキングと速報レポートを提供する「中国トレンドアイテムレポート」

中国トレンドアイテムレポートは、中国国内における主要SNSでの日系ブランドおよび日系ブランド商品に関する投稿数を集計。前日までのSNS投稿から算出したランキングを速報レポートとして提供するサービスです。

レポート例としては、

  • 特定の商品ジャンルにおけるSNSの投稿数ランキング
  • ブランド毎のSNSの投稿数

など。訪日中国人客が多い店舗であれば、レポートをもとにした仕入れやコーナーを展開することで、店舗の売上アップを実現できます。

出典:Supership「Supership、流通企業向けに中国国内SNS分析による「中国トレンドアイテムレポート」を提供開始
https://supership.jp/news/2019/11/08/3880/

中国での自社商品・サービスのポジションと、競合の評価が比較できる「中国市場ソーシャルリスニング」

中国市場ソーシャルリスニングは、中国での自社商品・サービスのポジションと、競合の評価が比較できるサービスです。

企業はこのサービスを利用し、

  1. 自社商品の中国でのポジション分析
  2. 競合商品との評価比較
  3. バズ(クチコミ)変化の調査

のレポートを受け取ります。その情報を開発・改善に活用し、中国で支持されやすい商品やサービスを生み出すことが可能です。

出典:Supership「Supership、日系企業の商品を対象にポジション分析や競合商品との評価比較を行う「中国市場ソーシャルリスニング」を提供開始」
https://supership.jp/news/2019/11/18/3887/

中国で売れる日本商品を生み出すには、中国SNSの分析が重要!

ここまで、中国SNSで注目を集めた日本商品についてお伝えしました。

おさらいしますと、「中国消費者『買った』日本商品ランキング2019」によると、2019年に中国のSNS上で日本商品を「買った」と投稿されたクチコミ件数の総数は1,019万1,624件です。前年の734万7,227件と比べて39%アップの結果となりました。

クチコミ件数の商品カテゴリ別トップは「コスメ・美容」、伸び率は「ファッション」「食品類」「コスメ・美容」が上昇。「買った」クチコミ件数が多かった商品トップは、昨年と同じく「ピジョン 薬用ローション(ももの葉)」でした。

昨年までランクインしていなかった「TSUBAKI(資生堂)」が5位にランクインしており、中国でのヘアケアニーズの高まりを読み取ることが可能です。

また、日本の企業向け中国SNS分析サービスも続々とリリースされています。

KDDIグループにおけるデジタル広告事業「Supership」は2019年11月、中国SNS分析サービスとして

  • 中国トレンドアイテムレポート
  • 中国市場ソーシャルリスニング

を相次いでリリース。

中国SNSに関するあらゆるデータが分析されたレポートを受け取ることで、商品やサービスの開発・改善に活かすことが可能です。

中国は日本インバウンド市場にとって1番のお得意様。最新の中国SNSトレンドを活用して、さらなる売上アップにつなげましょう!

中国へのプロモーションについて詳しくは、「中国人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説」をご一読ください。

関連記事

  1. エスニックツーリズムとは?定義や効果、問題点、事例を解説します

  2. 外国人観光客に人気の広島。3つの理由とインバウンドが訪れる観光スポットを紹介します

  3. 冬休みのインバウンド対策。10月の観光地検索件数データから見る傾向と対策とは?

  4. 越境ECからソーシャルコマースへ!オンラインのインバウンド市場について最新データをもとに徹底解説!

  5. 旅の音声ガイドアプリPokke、ロリータが案内する「原宿カワイイツアー」配信開始

  6. ユニークベニューとは?該当施設や活用している地方自治体の事例を紹介

  7. 姫路城がインバウンドから人気の観光地ランキングで第13位に。その理由とは?

  8. 【2018年版】ウェルネストラベルとは?観光×健康でインバウンド獲得のチャンス!

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP