Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

【インバウンド担当向け】キャッシュレス対応はどうする?ポイント還元の仕組みやおすすめサービスを解説

「キャッシュレス対応を始めるかどうか迷っているけど、今ひとつ決め手に欠けるな…」

と感じている方。

キャッシュレス対応とはクレジットカードやQRコード決済など、現金以外の支払い方法を受け付けるものです。2019年10月からのポイント還元制度によって、最近はさらに注目が集まっています。

キャッシュレス対応は小売店や飲食店が導入することで「人件費や労働時間が削減できる」などのメリットがあり、さらにはインバウンド集客も期待できます。

とはいえ、どのようにしてキャッシュレスに対応すればいいのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • キャッシュレス決済とは何?ポイント還元の仕組みなどを解説
  • インバウンドも使うキャッシュレス対応をおすすめする理由2つ
  • キャッシュレス対応はどうする?インバウンド集客におすすめのサービス3つ

を紹介します。

「いきなりキャッシュレス対応を始めるのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはキャッシュレス決済やポイント還元制度について、ざっくりと理解しましょう!

キャッシュレス決済とは何?ポイント還元の仕組みなどを解説

キャッシュレス決済とは「キャッシュレスと呼ばれる現金以外を使った支払い方法」です。

例えば、以下のものが当てはまります。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 交通系ICカード
  • QRコード決済

実は海外ではクレジットカードを中心とした「キャッシュレス決済」が浸透しており、多くのインバウンド客が訪日旅行においてもキャッシュレスでの支払いを希望しています。

そのため経済産業省は、2027年までにキャッシュレス決済を40%まで増やすことを目標としました。日本での利用率は2015年時点で18.4%なので、約20%の増加を目指すことになります。

出典:経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」
https://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180411001/20180411001-1.pdf

キャッシュレス対応によってお客さまはポイント還元を受けられる

キャッシュレス決済の利用を増やすにあたり、政府は2019年10月から「キャッシュレス決済に対するポイント還元制度」をスタートしました。

ポイント還元とは、「対象店舗でキャッシュレス決済をした人に、後日ポイントを付与するサービス」です。還元率は2〜5%で、利用したクレジットカードやキャッシュレス決済サービス専用のポイントが付与されます。

ポイント還元制度は2020年6月までの期間限定ですが、この制度によって2019年12月時点で約39.3%の人が「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」と回答しています。

出典:MMD研究所「キャッシュレス還元開始後「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」が約4割 主流となるキャッシュレス決済はクレジットカード、スマホ決済(QR・非接触)も増加 約半数が日本国内のキャッシュレス化が進んでいると体感」
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1836.html

ちなみにこの還元されるポイントは、国が負担してくれます。

また店舗がキャッシュレス決済の導入や利用にあたって支払う手数料も政府が一部負担するので、導入のハードルがそれほど高くありません。

ここまでキャッシュレス決済について解説しました。

とはいえ、店舗や事業者の方はキャッシュレス決済にどんなメリットがあるのか、なかなかイメージしにくいかと思います。

そこで次は、キャッシュレス決済の導入をおすすめする理由を紹介しますね。

インバウンドも使うキャッシュレス対応をおすすめする理由2つ

ここからは、キャッシュレス決済の導入をおすすめする理由として、

  1. 買い物のハードルが下がり、売上アップが期待できる
  2. 人件費や労働時間の削減につながる

の2つを解説します。

キャッシュレス決済は外国人観光客の利用も多いので、インバウンド集客を考えている方も参考にしてみてください。

理由1:買い物のハードルが下がり、売上アップが期待できる

1つ目は「買い物のハードルが下がり、売上アップが期待できる」です。

キャッシュレス決済を利用できると、インバウンド客はわざわざ自国の通貨を日本円に両替する必要がありません。両替の手数料なども気にしなくて良いので、買い物のハードルが下がります。

訪日旅行での買い物に意欲的になり、店舗は集客や売上アップが期待できます。

理由2:人件費や労働時間の削減につながる

2つ目は「人件費や労働時間の削減につながる」です。

現金の決済が主流だと、お会計や閉店後のレジ締めで時間を取られることも多いかと思います。しかしキャッシュレス決済では、お金の受け渡しやレジ締めをする必要がありません。

現金での決済にかかるコストを削減でき、結果として人件費や労働時間の削減が期待できます。

事例:ロイヤルホストが完全キャッシュレスの店舗をオープン

実際に、ロイヤルホストなど飲食店を運営するロイヤルホストホールディングス株式会社が、完全キャッシュレスの店舗「GATHERING TABLE PANTRY馬喰町店」をオープンさせました。

馬喰町店では、支払いに現金を利用することができません。

また注文にiPadなど端末を利用する、掃除をロボットに任せるなど、人材不足になりやすい飲食業界の働き方を変えています。

オープンしてから「現金は使えないのか」といった苦情は寄せられていません。注文する前にiPad上で「当店は現金を使用することができません」と、一言表示される仕組みになっているのです。

また店舗のスタッフから「作業が少なくなったぶん、接客に力を入れられるようになった」との声も寄せられています。

出典:ITmediaビジネスONLINE「「現金お断りの店」は、その後どうなったのか? ロイヤルHDの実験 (1/5)」
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1901/02/news006.html

キャッシュレス対応のメリットについて、詳しくは「キャッシュレス化で訪日客の消費アップ!インバウンド関連のキャッシュレス決済について解説します」を参考にしてみてください。

ここまでキャッシュレス対応をおすすめする理由を解説しました。

次は実際に導入するにあたって、店舗におすすめのサービスを紹介します。

キャッシュレス対応はどうする?インバウンド集客におすすめのサービス3つ

キャッシュレス対応におすすめのサービスとして、

  1. Coiney
  2. Airペイ
  3. Square

の3つを解説しますね。

1:Coiney

1つ目は「Coiney(コイニー)」です。

Coineyとは、クレジットカードやモバイル決済に対応しているサービスです。

おすすめポイントは、以下の2つ。

  1. 代表的なクレジットカードブランドにほとんど対応している
  2. WeChatPayによる決済も受け付けられる

訪日中国人が多い店舗さまにおすすめです。

Coineyについて、詳しくは「インバウンドの決済におすすめなCoiney(コイニー )とは?メリットとデメリット、導入コストまで徹底解説!」をご一読ください。

2:Airペイ

2つ目は「Airペイ」です。

Airペイとは、クレジットカードやQRコード決済、交通系ICカードなどの決済に対応しているサービスです。

おすすめポイントは、以下の2つ。

  1. QRコード決済に対応しているので日本人も集客できる
  2. 導入や運用の費用は0円なので、かかるコストが少ない

より多くのキャッシュレス決済に対応したい店舗や事業者さまにおすすめです。

3:Square

3つ目は「Square」です。

Squareは、主にクレジットカードの決済に対応しているサービスです。

おすすめポイントは、以下の2つ。

  1. 売上は最短で翌日にふり込まれる
  2. 決済端末がシンプルで操作しやすい

売上の振込スピードを重視する店舗さまにおすすめです。

AirペイやSquareについて、詳しくは「インバウンド対策に必要なスマホ決済導入のメリットとデメリット。おすすめのスマホ決済サービスまで徹底解説」をご一読ください。

小売店や飲食店はキャッシュレス対応を始めることが、インバウンド集客につながる

今回は、これからのキャッシュレス対応をどうするのかについて解説しました。

おさらいすると、キャッシュレス対応をおすすめする理由は以下の2つです。

  1. 買い物のハードルが下がり、売上アップが期待できる
  2. 人件費や労働時間の削減につながる

またキャッシュレス対応におすすめのサービスとして、以下の3つを紹介しました。

  1. Coiney
  2. Airペイ
  3. Square

今回紹介したサービスを使ってキャッシュレス対応を始めることで、小売店や飲食店はインバウンド集客や売上アップが期待できます。

またキャッシュレス対応の促進のために、国は「インバウンド×キャッシュレス地域経済活性化最先端モデル事業」などにも取り組んでいます。

詳しくは「「インバウンド×キャッシュレス地域経済活性化最先端モデル事業」第1弾が2月スタート」をご一読ください。


[anamedia]

関連記事

  1. サスティナブルツーリズムとは?環境や文化を守ることが、持続的な観光客の呼び込みに

  2. 外国人観光客から温泉が人気を集める5つの理由。城崎の事例やインバウンド対策などを解説します

  3. アジアにも広まりつつある「サンクスギビングデー」 インバウンド対策で知っておきたいポイントを解説

  4. ラグビーワールドカップのSNSアカウントまとめ。イベントにあわせた運用のポイントと効果も解説します

  5. 訪日客のレンタカー利用が急増。地方におけるインバウンド集客のカギに!

  6. インバウンドとは?アウトバウンドとの違いなど、用語を解説

  7. インバウンドの観光をサポートするグッドウィルガイド。応募資格や応募方法、取り巻く環境まで詳しく解説

  8. 「大本山 大聖院」がインバウンドに人気の観光地ランキング17位にランクイン!その人気に理由とは?

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP