Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約4分で読めます

グレート・ファイアウォールの中国マーケティングへの影響とは。効果的なインバウンド対策を解説

「中国でのマーケティングを考えているけど、どのような対策をすれば良いのだろう」

と思っている方。

中国国内では、グレート・ファイアウォールと呼ばれるネット検閲システムが導入されています。

これによって、中国のインターネットは厳しく規制されているため、中国のマーケティングを進めていくには規制に関しての知識が欠かせません。

とはいえ、中国国内に向けたマーケティングのやり方はわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 中国マーケティングに影響する、グレート・ファイアウォールとは
  • グレート・ファイアウォールの影響下で中国マーケティングをうまく進めるには「越境EC」が重要

の順にお伝えします。

中国マーケティングの現状を理解するハードルは高そうに思えますが、押さえるポイントはそれほど多くはありません。

まずはこの記事で、グレート・ファイアウォールによる中国のマーケティングへの影響について知りましょう。

中国マーケティングに影響する、グレート・ファイアウォールとは

グレート・ファイアウォールとは、中国におけるネット検閲システムです。インターネットの検閲を実施することで、中国共産党や政府にとって不都合のありそうな情報を閲覧できないようにしています。

このシステムを現地の言葉で「金盾」と呼ばれています。

世界のマーケティング戦略を見ると、SNSやウェブサイトなどのデジタルメディアの活用が主流ですが、中国は異なります。

なぜならグレート・ファイアウォールによって、世界のデジタルメディアが規制されているからです。

グレート・ファイアウォールが規制を設ける目的は以下の通り。

【グレート・ファイアウォールを設ける目的】

  • 中国政府に対する不利益な情報の規制
  • 中国国内のIT市場確保
  • 中国独自のSNSやサービス拡大

結果的に百度(バイドゥ)やWeChat(微信)といったIT企業が生まれ、IT産業は急成長しました。

中国で利用できるwebサービスと日本で利用できるwebサービスを比較すると、以下の通りです。

【日本と中国の主流webサービス】

日本 中国
検索エンジン Google,Yahoo! 百度(バイドゥ)
SNS Facebook、Twitter 微博(Weibo)
動画メディア YouTube YOUKU

他国のSNSを利用するためには、VPNサービスが必要となります。VPNとは、「Virtual Private Network」の略で、インターネット上でプライベートネットワークを作る仕組みです。

私たちが使用しているインターネットは自由に誰でもアクセスできます。一方で、VPNは外部から干渉されずに、限られた人のみがアクセスできるネットワークです。

VPNサービスを利用することで一時的に他国のwebサービスも利用できます。そのため、TwitterやFacebookを活用することが可能です。

グレート・ファイアウォールの影響を受けた中国のマーケティング事情

グレート・ファイアウォールによって、日本で当たり前に利用できるGoogleやFacebookが利用できない中国。そのため、日本と同じようにマーケティング施策をしても効果は薄いです。

中国ではGoogleやYahoo!の代わりに、百度(バイドゥ)という検索エンジンが使用されており、そちらの検索結果に浮上すると中国人からの認知も得やすくなります。

SNSも同様で、日本人が使用しているTwitterやFacebookは利用できません。微博(ウェイボー)が中国では主流のSNSとなっており、中国版Twitterと言われています。

同じマーケティングといえどサービス内容が異なるため、広告の利用方法やSEO対策なども違います。

百度や微博でマーケティングをする場合、中国マーケティングを熟知している代理店に依頼するのがオススメです。

グレート・ファイアウォールの影響下で中国マーケティングをうまく進めるには「越境EC」が重要

国土交通省が発表した、2018年に日本を訪れた外国人の旅行消費額の合計額は中国がトップで1兆円に登ります。

中国人による日本観光は人気で、日本製の商品をたくさん購入する「爆買い」文化が続いています。その中でも中国には、越境ECの需要が高いです。

越境ECの市場は中国とアメリカを中心に毎年20%以上も成長するといわれています。

経済産業省のレポートによると、2018年度に日本の越境ECを活用して

  • 中国:約1.5兆円
  • アメリカ:約8,000億円

の商品やサービスを購入しています。

越境EC対策について詳しくは「ネットインバウンド需要が高まる2020年。訪日客の帰国後、リピート購入を狙うための越境EC対策とは」をご一読ください。

[anamedia]

関連記事

  1. インバウンドの決済におすすめなCoiney(コイニー )とは?メリットとデメリット、導入コストまで徹…

  2. 訪日観光客向けナビがグルメサイトと連携。飲食店の情報を表示させる理由とは

  3. GSOMIA(ジーソミア)の延長が決定。日韓関係改善にともないインバウンド市場に回復の兆し

  4. ドバイの事例から日本のインバウンド対策を考える!ドバイが世界一の観光収入を達成した秘密とは?

  5. 東京都江戸東京博物館がインバウンドから、人気の観光地ランキングで第20位にランクイン。その理由とは?…

  6. インバウンドビジネスに必須のモバイル活用。モバイル市場のトレンドについてデータをもとに解説

  7. インバウンド特需に応える強い味方。「民泊運用代行サービス」を活用してスムーズで手軽な民泊運営を

  8. 清明節のインバウンド需要を解説。訪日外国人の増加に備えて、さらなる集客や売上アップを

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP