Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

ガーデンツーリズムとは?国土交通省が進めるガーデンツーリズム登録制度についても解説。

「ガーデンツーリズムって何だろう…」

と思っているインバウンド担当者の方。

ガーデンツーリズムとは、歴史的な価値のある庭園や公園などをめぐる旅行スタイルです。

日本の文化に興味があるインバウンド客は庭園や公園にも関心を持ちやすく、ガーデンツーリズムを推進することで集客アップにつながります。

国土交通省はガーデンツーリズムを広めるため、ガーデンツーリズム登録制度を創設。海外へのアピールにも積極的に活動しています。

とはいえ、ガーデンツーリズムがインバウンド集客にどれだけ効果があるのかはわかりにくいですよね。

そこで今回の記事では

  • ガーデンツーリズムとは、庭園や公園などをめぐる旅行形態
  • ガーデンツーリズムのニーズはあるのか。海外でも特集される庭園の人気とは

の順にお伝えします。

「いきなり対策に取り組むのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはこの記事で、ガーデンツーリズムについてざっくりと理解しましょう!

ガーデンツーリズムとは、歴史的な価値のある庭園や公園などをめぐる旅行形態

ガーデンツーリズムとは、「歴史的な価値のある庭園や公園などをめぐる旅行形態」です。日本庭園や公園は、自然豊かで地域の特色を感じることができるため、海外の観光客から人気を博しています。

日本国内ではガーデンツーリズムに着目した計画が進んでおり、国土交通省が2019年に「ガーデンツーリズム登録制度」を開設しました。

この制度に選ばれると、補助金や国内外へのPR支援が得られます。

ここからは、「ガーデンツーリズム登録制度」について、詳しくお伝えしますね。

国土交通省が発表したガーデンツーリズム登録制度の概要

国土交通省が発表した「ガーデンツーリズム登録制度」は、庭園のつながりや魅力の再発見をうながす取り組みです。

登録対象は「地域固有のテーマに基づき、複数の庭園が連携して実施する取り組みを定めた旅行計画」です。

地域が提案した旅行プランが登録されると、各地でのイベントやホームページによって国内外へとPRされます。

登録できるガーデンツーリズムの基準は以下の通りです。

【登録できるガーデンツーリズムの基準】

  • 地域の風土や歴史を反映した共通するテーマが設定されていること
  • 構成庭園などがテーマと適合していること
  • 庭園などが利用できて、管理者が決まっていること
  • 実施する事業がテーマに適合し、計画性、継続性を有していること
  • 庭園管理者や自治体による協議会が組織されていること など

これらの基準を満たしている計画が審査対象です。審査会は年2回の開催で、有識者によって厳正に選ばれます。

他にもインバウンドに有効なツーリズムとして

  • インフラツーリズム
  • グリーンツーリズム

があります。

グリーンツーリズムについては、「グリーンツーリズムとは?農村や漁村が地元独自の体験を提供することで、活性化につながる」をご一読ください。

この2つの旅行スタイルにかかわった施設が国から予算をもらったことがあります。そのため、ガーデンツーリズムでも国から予算がおりることが期待できます。

ガーデンツーリズム登録までの流れ

ガーデンツーリズムの審査の流れは以下の通りです。

【ガーデンツーリズム登録制度の審査の流れ】

  1. 庭園の管理者などによる協議会でガーデンツーリズム計画を作成、地方整備局等経由で登録申請
  2. 登録申請された計画を、外部の有識者を呼んで話し合う
  3. 庭園などが利用できて、管理者が決まっている
  4. 認可が降りた場合、都市局長が登録
  5. 登録証を交付した後に、国土交通省がホームページで公表

出典:国土交通省「ガーデンツーリズムの推進」
http://www.mlit.go.jp/common/001310213.pdf

次は、実際にガーデンツーリズム登録制度に登録された取り組みを紹介しますね。

ガーデンツーリズム登録制度に登録された各都道府県の計画

ガーデンツーリズム登録制度は2020年3月の段階で第2回登録まで発表されており、合計8個の計画が登録されています。

発表されているガーデンツーリズム計画は以下の通りです。
【登録されたガーデンツーリズム計画】

  1. 北海道ガーデン街道(第1回)
  2. ガーデンネックレス横浜(第1回)
  3. 富士・箱根・伊豆「皇室ゆかりの庭園」ツーリズム(第1回)
  4. にいがた庭園街道(第1回)
  5. アメイジングガーデン・浜名湖(第1回)
  6. 宮崎花旅365(第1回)
  7. いばらきガーデン&オーチャードツーリズム(第2回)
  8. 湘南邸園文化ツーリズム(第2回)

ここからは、具体例として北海道がどのような計画で登録できたのかについて解説します。

具体例:北海道のガーデンツーリズム計画

ガーデンツーリズム登録制度に登録された「北海道ガーデン街道」の取り組み概要は、以下の通りです。
【北海道ガーデン街道の取り組み概要】

観光ルート 大雪~富良野~十勝にある8ヶ所の庭園
取り組み内容 共通チケット販売
取り組み期間 5月~10月
取り組み主体 広報・PR:北海道ガーデン街道協議会
構成団体 観光庭園、宿泊施設、観光協会

取り組み期間や観光ルートが決定しており、庭園とその付近の施設を盛りこんだ計画が選ばれます。

各ガーデンツーリズムの計画概要について、詳しくは「公園とみどり:ガーデンツーリズムの推進」をご一読ください。

ここからは、ガーデンツーリズムがなぜ訪日客に人気なのかについて解説します。

ガーデンツーリズムのニーズは高い。海外でも特集される庭園の人気について解説!

日本の伝統的な文化は海外からも根強い人気を誇っているため、ガーデンツーリズムのニーズが高いです。

日本庭園の専門誌が海外で発行されたり、外国人に人気の観光スポットとして庭園がランクインしたりしています。

ここからは、庭園が訪日客にどれだけ人気なのかについて詳しく解説します。

日本庭園の専門誌が海外で発行されている

海外では日本の魅力を伝える雑誌が発行されており、日本の庭園をメインで取り上げている専門誌があります。

【日本庭園を取り上げている海外の雑誌】

  • ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング:日本庭園の専門誌
  • ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン:日本の魅力を伝える雑誌

このように日本庭園のは海外でも人気があり、注目度が高いことがうかがえます。

庭園が訪日客に人気の観光スポットとして多数ランクイン!

訪日客に人気の観光スポットとして日本庭園が選ばれており、ニーズの高さがわかります。

Tripadviserが発表した「旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本の観光スポット ランキング 2019」によると、人気の高い公園や庭園は以下の通りです。

【訪日客から人気が高い庭園や公園】

  • 新宿御苑:6位
  • 兼六園:11位
  • 奈良公園:14位

特に、第11位にランクインした兼六園を訪れた外国人は47万5,020人で、前年度と比較すると10.9%増加となっています。

兼六園が訪日客に対して取り組んでいるインバウンド対策について、詳しくは「兼六園がインバウンドから人気の観光地ランキングで第14位に。その理由とは?」をご一読ください。

ガーデンツーリズムは庭園や公園をめぐる旅行スタイル。登録制度を生かしてインバウンド集客を図ろう!

今回はガーデンツーリズムについて解説しました。

おさらいしますと、ガーデンツーリズムは歴史的な価値のある庭園や公園などをめぐる旅行スタイルです。国土交通省が「ガーデンツーリズム登録制度」を創設し、庭園や公園を国内外へアピールしています。

登録できるガーデンツーリズムの基準は以下の通りです。

  • 地域の風土や歴史を反映した共通するテーマが設定されていること
  • 構成庭園等がテーマと適合していること
  • 庭園等が公開され、管理者が明確であること
  • 実施する事業がテーマに適合し、計画性、継続性を有していること
  • 庭園管理者や自治体による協議会が組織されていること など

日本の庭園や公園は訪日客からのニーズが高く、

  • ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング
  • ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン

など、海外の雑誌でも紹介されています。誌面での評価も高いことから、庭園が訪日客から注目されやすいことがわかります。

日本でも有数の庭園である「兼六園」の訪日客は、2019年に47万5,020人を記録しており、前年と比較すると10.9%増加しています。

ガーデンツーリズムも集客の1つの手段ですが、インバウンド担当者が集客を増やしたいのであればSNS集客も覚えておきましょう。

庭園や公園のキレイな景観はSNS映えするため、SNSに投稿する訪日客が多いです。訪日客のSNS事情を理解しておくと、さらにインバウンド効果が期待できます。

訪日客のSNSの利用方法については、「訪日外国人はSNSをどのように利用している?最新のSNS事情をインバウンド対策に活かそう!」をご一読ください。

[anamedia]

関連記事

  1. インバウンド特需に応える強い味方。「民泊運用代行サービス」を活用してスムーズで手軽な民泊運営を

  2. 台湾インフルエンサーの活用事例。SNSによるインバウンドプロモーションについて解説します

  3. 【2019年版】外国人観光客の訪日目的ベスト5。ニーズを満たす対策も紹介します

  4. スローツーリズムとは?意味や効果、地方自治体の取り組み事例などを紹介します

  5. インバウンド向けSEO対策とは?コンテンツ作成の流れから注意点まで解説します

  6. アジアで人気のガンダム!お台場の「ガンダムベース東京」に学ぶインバウンド集客のポイントとは?

  7. 日本で人気のインバウンドウェディング。注目を集める理由と取り組み事例について解説!

  8. バイリンガル採用におすすめのサービス8選。インバウンド対応の充実が、売上アップにつながる

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP