ファムトリップとは?海外のメディアやインフルエンサーと協力して、インバウンド客の増加につなげる

「ファムトリップって何だろう。自社のインバウンド施策には活かせるのかな?」

と思っているインバウンド担当の方。

ファムトリップとは、訪日外国人を呼び込むことを目的とした、プロモーションツアーのことです。

海外のメディアや旅行会社、さらには人気のブロガーやインスタグラマーなどを日本の観光地に招待。観光やアクティビティを楽しんだ様子を、後日メディアやブログにアップしてもらいます。

ファムトリップのメリットは、

  1. 外国人目線で観光地をアピールできる
  2. 長期的な集客ができる
  3. 外国人が地方に興味を持つきっかけになる

の3つです。

とはいえ、どのように海外のメディアや旅行会社、人気のインフルエンサーを呼ぶのか、なかなか分かりにくいですよね。

そこで今回は

  • ファムトリップとは
  • ファムトリップを実施するメリット
  • 台湾人のブロガーを招待した新潟県の事例

を紹介します。プロモーションツアーと聞くと難しく感じるかもしれませんが、その方法は意外と簡単です。

まずはファムトリップについて、ざっくりと理解しましょう。

ファムトリップとは、訪日外国人を呼び込むためのプロモーションツアー

ファムトリップとは、観光地に訪日外国人を呼び込むことを目的としたプロモーションツアーのことです。

ターゲットとなる国の、

  • 旅行雑誌やウェブサイトなどのメディア
  • 旅行会社
  • ブロガー
  • インスタグラマー

など、企業やインフルエンサーを日本に招待。観光やアクティビティを体験してもらいます。

後日、招待された人はメディアやブログでツアーの様子を発信します。もしくは新たな旅行商品を企画してもらうことで、外国人が日本を訪れるきっかけになり、訪日外国人の増加が期待されます。

ファムトリップを実施する背景:訪日外国人の情報源はSNSやブログ

ファムトリップを実施する理由は、訪日外国人の旅行中の情報源が「SNS」や「ブログ」だからです。

「インバウンドはSNS活用が外せない!インフルエンサーによるマーケティング事例」で解説しているように、多くの訪日外国人が旅行中に、

  • 個人のブログ
  • 旅行会社のホームページ
  • SNS

を参考にすると答えています。

ブログやホームページ、SNSで日本の観光地を紹介してもらうことで、新たな観光スポットやアクティビティ、飲食店などを知るきっかけになるはずです。

ファムトリップを実施する3つのメリットとは?

ファムトリップを実施するメリットは、

  1. 外国人目線で観光地をアピールできる
  2. 長期的な集客ができる
  3. 外国人が地方に興味を持つきっかけになる

の3つです。1つずつ解説します。

1.外国人目線で観光地をアピールできる

ファムトリップでは、ターゲットとなる国のメディアやブロガーに声をかけます。

例えばタイ人向けのツアーであれば、タイ人のブロガーを招待。ターゲットとなる国に住んでいる人たちと同じ目線で日本について紹介してくれるため、よりニーズに合ったアピールができます。

というのも、「日本人が良いと思う日本文化」と「外国人が良いと思う日本文化」は、必ずしも同じわけではありません。

例えば内閣府の調査では、「良い」と感じる日本文化は日本人と外国人の間で

  • 日本人:伝統的工芸品、ファッション
  • 外国人:日本食、自然などの観光地、アニメ

と分かれる結果です。

【出典】内閣府 知的財産戦略推進事務局「国のクールジャパン戦略の最新状況~クールジャパンを活かした地域づくり~」

海外のメディアやインフルエンサーを招待すれば、一方的なアピールにならず、外国人が本当に欲しい情報を届けることが可能に。外国人のニーズを満たすことができ、「今度行ってみようかな」と日本旅行を考えるきっかけになるのです。

2.記事や動画で長期的なインバウンド客の集客ができる

メディアやブログに載せた記事や、YouTubeにあげた動画は、発信者が消さない限り残り続けます。そのため半永久的に持続する広告となり、長期的な集客ができるのです。

一度のツアーで持続的な広告ができるため、多額の広告費も必要ありません。小さめの予算でできる集客方法です。

3.外国人が地方に興味を持つきっかけになる

ファムトリップは外国人が地方に興味を持ち、訪問するきっかけにもなります。

訪日外国人の多くは、アジアからの観光客です。リピーターが多く、彼らはすでに東京や大阪などの首都圏を訪れています。

実際にJTB総合研究所のアンケートで、「2回目以上の来日である」と答えた人は、

  • 韓国人:72%
  • 台湾人:77%
  • 香港人:82%

にものぼります。

出典:JTB総合研究所「訪日外国人旅行者の概況と訪日中の情報収集について」

そして彼らは次の旅行先として、地方に注目しています。情報源であるブログやSNSで地方を紹介すれば、地方エリアの魅力を知るきっかけに。次の旅行の候補地となる可能性が高いです。

このようにファムトリップは、訪日外国人のニーズに合った集客ツールなのです。

そして実際に、新潟県が台湾人のブロガーを招待し、訪日外国人の集客に役立てています。いったいどのようなファムトリップを企画したのか、以下で詳しくお伝えします。

新潟県のファムトリップの事例:台湾の人気ブロガーと家族を招待

新潟県の十日町市が、台湾の人気ブロガーである林氏壁(リン・スーピン)氏(以下、林さん)をファムトリップに招待しました。

3日間のツアーでどのように過ごしたのか、さらには林さんから指摘された、地方に足りないインバウンド対策についても紹介します。

台湾の人気ブロガーを招待し、雪や露天風呂を体験

十日町市は2016年1月29〜31日にかけて、台湾の人気ブロガーである林さんを招待しました。

林さんは日本旅行をテーマにしたブログ「林氏壁和美狐團三狐的小天地」を運営しており、読者数は70万人にものぼります。

林さんは妻と子ども2人の家族4人で来日し、

  • スキー
  • スノーシューハイキング
  • 雪見露天風呂

などを体験。帰国後、ブログでファムトリップの様子や感想を発信しました。

林さんのブログ効果もあってか、新潟を訪れる台湾人は、

  • 2017年:36,830人
  • 2018年:43,090人

と、1年間で約17,000人増えています。

出典:日本政策投資銀行 新潟支店「新潟におけるインバウンド推進に向けて−認知度向上を図り、ホンモノ志向の誘客促進を−」

ファムトリップ開催にあたっての注意点

今回のファムトリップに参加する中で、林さんは以下のことを指摘しました。

  • 観光スポットが駅から少し遠いこと
  • 外国語での案内が不十分で情報が手に入りにくいこと

駅からスキー場などまでは交通手段が少ないだけでなく、外国語での案内も不十分。そのため林さんは「外国人はレンタカーを借りるのも難しいので、直行のシャトルバスがあればいいのではないか」と提案しています。

出典:十日町新聞「中華圏ナンバー1観光ブロガーが来市」

ファムトリップを通して訪日外国人を集客するならば

  • 交通手段
  • 英語や多言語での対応
  • Wi-Fiによるネット環境

の準備が欠かせません。実際にファムトリップで観光してもらわなければ、この改善点は気付くことができませんでした。

ファムトリップで日本の魅力発信をするだけでなく、インバウンド対策を充実させることができれば、日本を訪れるハードルが下がります。来日に前向きな外国人が増えれば、訪日外国人も増えるはずです。

もしも「英語ができる人が少ない」ということであれば、翻訳アプリや端末の利用がおすすめです。詳しくは「多言語音声翻訳でインバウンド対策できるアプリや端末まとめ」で紹介しています。

またWiFiの整備に関しては「訪日外国人のために無料Wi-Fiが必要な理由とは?行政の業務と結びつけたバルセロナの事例も紹介」で、スペインのバルセロナの事例を紹介しています。合わせてチェックしてみてください。

ファムトリップを開催すれば、訪日外国人の増加につながる

ここまでをおさらいします。

ファムトリップとは、観光地に訪日外国人を呼び込むことを目的としたプロモーションツアーのことです。海外のメディアや旅行会社、ブロガー、インスタグラマーなどを日本の観光地に招待し、観光やアクティビティの体験をしてもらいます。

ファムトリップを実施するメリットは、

  1. 外国人目線で観光地をアピールできる
  2. 長期的な集客ができる
  3. 地方に訪日外国人が訪れるきっかけになる

です。呼び込みたい国のメディアやインフルエンサーに協力してもらうことで、外国人目線で日本をアピールできるのです。

そしてファムトリップを開催した事例として、新潟県の十日町市を紹介しました。台湾人のブロガーである林さんとその家族が、スキーや雪見露天風呂を体験。林さんは後日、ブログでその様子や感想を発信しています。

林さんの指摘にもあったように、ファムトリップの開催や訪日外国人を呼び込むときは、

  • 交通手段
  • 英語や多言語での対応
  • Wi-Fiによるネット環境

の準備が欠かせません。ファムトリップは日本の魅力をアピールするだけでなく、インバウンド対策の改善点に気付くきっかけとしても役立ちます。

ファムトリップの開催中、SNS映えを狙って小道具を使用することもおすすめです。詳しくは「SNS映えを狙い、訪日外国人の熱中症対策で和傘の無料貸し出しを実施」をご覧ください。

関連記事

  1. 中国人が選ぶ神薬12選とは?イラストや使い方など、分かりやすいアピール方法がカギ

  2. 旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!

  3. 日本政府観光局(JNTO)とは?インバウンドビジネスをするなら知っておきたい、国の機関について解説

  4. NECは東京ビックサイトで42型バータイプディスプレイを展示。多言語対応でインバウンド需要に備える

  5. ビジット・ジャパン・キャンペーンとは?訪日外国人を増やすコツは、海外メディアや企業と協力すること

  6. KOLとは。概要から中国市場へのプロモーション方法までを解説します

  7. 越境ECで日本製品をリピート購入した中国人は40%!リピート購入する理由とは一体何?

  8. インバウンド需要を成功に導くために知っておきたい「ナイトタイムエコノミー」という手段

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP