インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード

インバウンド向け動画制作の強みとは。外国人に動画を作るときのポイントや事例を解説

「インバウンド向けの動画制作はどんな効果があるのだろうか…」

と思っているインバウンド担当者の方。

外国人向け動画制作の強みは、感覚的に情報を伝えることが可能な点です。そのため、動画はテキストや画像よりも「足を運びたくなる」プロモーションができます。

コト消費のニーズが強い現代では動画を通して疑似体験を提供できるため、PRとしても効果的。当然ながら集客にもつながります。

とはいえ、どんな動画を作成すれば良いのかはわかりにくいですよね。

そこで今回は

  • 外国人向けのインバウンド動画における3つの強み
  • 外国人向けのインバウンド動画を制作するさいに気をつけるべき3つのポイント
  • 強みを活かした外国人に伝わるインバウンド動画制作の事例

の順に解説します。

いきなり動画の制作を開始するのはハードルが高いように感じますが、インバウンド向けの動画制作の例を知るだけなら難しくありません。

まずはこの記事で、インバウンド動画の強みについてざっくりと理解しましょう。

外国人向けのインバウンド動画における3つの強み

動画はテキストや画像よりも効果的に情報を伝えることができ、プロモーションの施策として効果的です。

外国人向けのインバウンド動画は以下のような強みを持っています。

【インバウンド向け動画の3つの強み】

  1. 言語を問わずにあらゆる国の人に伝わる
  2. SNSとも相性が良い
  3. 短時間で多くの情報を伝えることができる

ここからは3つの強みについて、詳しく解説しますね。

強み1:言語を問わずにあらゆる国の人に伝わる

動画は言語に依存することなく、さまざまな人に情報を届けることができます。

テキストや画像だけでは情報を伝えきることが難しいですが、動画を活用することで視覚的かつ感情的にPRすることが可能です。

特に外国人にとってイメージがしにくい

  • 観光地に関する情報
  • 商品・サービスに関する情報

を伝えるさいには、視覚的に情報を届けることでより細かな情報を伝えることができます。

強み2:SNSと相性が良い

動画はSNSと相性がよく、拡散されやすい特徴を持っています。

2017年に観光庁が訪日客に対して実施したアンケートによると、「出発前に役立った情報源」として21.4%の人が「SNS」と回答しました。

外国人は

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

などの動画を投稿できるSNSを使用しているので、インバウンド集客につなげることができます。

外国人向けのSNS対策について、詳しくは「訪日外国人はSNSをどのように利用している?最新のSNS事情をインバウンド対策に活かそう!」をご一読ください。

強み3:観光の疑似体験ができる

観光地などの動画はその場の臨場感を伝えることができ、訪日前の疑似体験をすることができます。

観光業界のトレンドとして「コト消費」が人気です。コト消費とは、商品やサービスの購入で得る体験に価値を感じる消費行動を指します。

例えば、

  • 食事
  • ミュージカル
  • 農業体験

などが、コト消費の代表例です。

テキストや画像だけではその場の臨場感を伝えることはできないため、「実際に体験してみたい」という気持ちを感じてもらうことは容易ではありません。

一方で、動画はリアルに近い情報を提供でき、その場にいるような疑似体験が実現します。

コト消費について詳しくは「コト消費がインバウンド産業に与える影響とは?地方はモノ消費と絡めて集客につなげよう」をご一読ください。

ここまでインバウンド集客において、動画が効果的な理由を解説しました。

次は、実際にインバウンド向けの動画を制作するさいに気をつけるべきポイントをお伝えします。
インバウンド管渠客対策の担当者向け 無料お役立ち資料DL

外国人向けのインバウンド動画制作におけるポイント3つ

インバウンド向けの動画を制作する際に気をつけるポイントとして、

  1. 視聴者を狭めない
  2. 視聴者にどのように届けるかまで考える
  3. 情報を盛り込み過ぎない

の3つを紹介しますね。

ポイント1:視聴者を狭めない

インバウンド動画を制作するにあたって、「◯◯人向け動画」と国籍で限定してしまう必要はありません。明確な目的がある場合をのぞいて、万人受けする動画が有効的です。

ただし、国や地域によって

  • 人種
  • 宗教

なども異なります。これらを批判するような動画制作は避けましょう。

ポイント2:視聴者にどのように届けるかまで考える

動画をどのような形で活用するかという点は、あらかじめ明確にしておく必要があります。

インバウンドにおける動画の活用方法は、以下のようなものです。

  • SNSでの使用
  • 自社HPページへの掲載
  • Youtubeチャンネルへの掲載

動画を掲載した後どのような効果が現れるのかも想定しつつ、動画制作を実施しましょう。

ポイント3:情報を盛り込み過ぎない

プロモーション用の動画を制作するときはテーマを1つに絞り、簡潔にまとめる必要があります。

なぜなら長すぎる動画は飽きられてしまい、伝えたい内容が届かないケースが多いからです。

また、テーマが明確ではない動画も情報がうまく伝わりません。

例えば、テーマが「グルメ」の動画の中に「自然」の要素が入っていると、伝えたい内容にブレが生じてしまいます。

一貫性のある動画が作るためにも、テーマやコンセプトは事前に決めておきましょう。

強みを活かした外国人に伝わるインバウンド動画制作の事例

ここまで、外国人向けのインバウンド動画の制作について解説しました。

ここからは、実際にインバウンド向けの動画が放映されている施設や事例として

  1. 成田空港
  2. 全日本空輸(ANA)
  3. 株式会社Cool Japan TV

の3つを紹介しますね。

事例1:成田空港

成田空港では、日本の魅力を伝えるためのインバウンド向け動画を空港内で放映しています。

動画は日本政府観光局(JNTO)とパナソニック システムソリューションズ ジャパンが提供したもので、合計11種類の動画を17分間にわたり放映する仕組みです。

JNTOが提供した動画のテーマは以下の通りです。
【JNTOが提供した動画のテーマ】

  • Tradition(伝統文化)
  • Cuisine(食事)
  • City(都市)
  • Nature(自然)
  • Art(アート)
  • Relaxation(リラクゼーション)
  • Outdoor(アクティビティ)

動画は成田国際空港の9ヶ所で放映されており、訪日客が思わず足をとめてしまう映像を展開して観光事業の活性化につなげます。

事例2:全日本空輸(ANA)

ANAが運営しているYoutubeチャンネル「ANA Global Channel」では「IS JAPAN COOL?」というシリーズの動画を通して、日本の良さを伝えています。

日本の文化である

  • お祭り
  • コスプレ
  • 和食

などを、コンセプトとした動画を配信しており、海外にいても日本の文化を疑似体験できる動画です。

事例3:株式会社Cool Japan TV

株式会社Cool Japan TVは「東京盆踊り2020」という日本の文化である盆踊りをテーマとしたインバウンド向け動画を制作しました。

動画の視聴回数が1,000万回を超えており、世界的に話題の動画となっています。

マレーシアの人気タレントであるNamewee(ネームウィー)氏に

  • 相撲
  • 着物
  • 原宿

など、日本の文化や観光地を紹介してもらい、外国人が日本の文化を体験した様子を伝える動画です。

また、動画内で、盆踊りを楽しむシーンを入れており、日本の文化を疑似体験できる動画に仕上がっています。

出典:PR Times「「東京盆踊り2020」が世界的流行でYouTube視聴数1,000万を突破!世界各国から「踊ってみた」動画が投稿される社会現象に」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000028988.html

外国人向けの動画制作はインバウンドに効果的。強みを活かして、自社の売上アップに繋げよう。

今回はインバウンド向けの動画制作について解説しました。

おさらいしますと、外国人に向けたインバウンド動画の強みは

  • 言語を問わずにあらゆる国の人に伝わる
  • SNSと相性が良い
  • 観光の疑似体験ができる

です。日本語を理解するのが難しい外国人にプロモーションするためには、感覚的に伝えることが欠かせません。

また、インバウンド向けの動画制作を進めていくにあたって気をつけるべき3つのポイントは以下の通りです。

  • 視聴者を狭めないこと
  • どうやって届けるかまで考える
  • 情報を盛り込み過ぎない

インバウンド向けの動画は、より広く流して情報を届けるかが重要。動画のテーマがブレていると情報が伝わりません。

実際に以下のような場所や事例で、外国人向けの動画が放映しています。

  • 成田空港
  • 全日本空輸(ANA)
  • 株式会社Cool Japan TV

インバウンド担当者さまは、動画制作の段階から明確なテーマと活用方法をイメージしてインバウンド集客につなげましょう!

訪日客が多い中国人に向けた動画プロモーションを実施すると、より効果的なインバウンド集客が狙えます。

中国人向けの動画プロモーションについて詳しくは、「中国の動画サイト活用事例3つ。プロモーションのポイントも解説します」をご一読ください。

また外国人向けの動画を日本人が作ると、どうしてもやりがちな間違いがあります。その他外国人向け動画制作のポイントについて、詳しい資料は「【資料請求】外国人向け動画制作でハズせない大切なこと」からダウンロードしてみてください。

関連記事

  1. VFR(友人、親族訪問)のインバウンド対策について解説します。

  2. 【欧米豪】外国人観光客の集客に効果的なのは「在日外国人へのアプローチ」。その理由やポイントを解説

  3. 多言語に対応したAI翻訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク) W」をファンケルが採用。使い方や価格…

  4. 東京は世界一安全な都市、大阪は3位!2019年版ランキングを紹介します

  5. 免税POSレジとは?導入メリットから免税手続きの詳しい流れ、おすすめシステムまで紹介します

  6. 清明節のインバウンド需要を解説。訪日外国人の増加に備えて、さらなる集客や売上アップを

  7. バイリンガル派遣の需要が増加中。その背景と派遣を選ぶポイントについて解説します

  8. インバウンド客に人気の見るスポーツ・するスポーツとは。ー「スポーツ観光」の調査より

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP