インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード

コロナウイルスはいつ収束する?各国や専門家の予測と今後気をつけるべきポイントを紹介

「コロナウイルスはいつ収束するのかな…」

と考えている方。

結論からお伝えすると、コロナウイルスの収束時期を予測することはまだまだ難しいのが現状です。

ただし各国の保健省や専門家によると「2020年の9〜10月頃には収束する可能性もある」ともいわれています。そのためにも人との接触や3密といわれる場所を避けるなど、多くの人の心がけが欠かせません。

収束する時期はまだ不明ですが、1人1人の行動によって感染拡大を防ぐことは可能です。

とはいえ、実際にどのようなことに注意すれば良いのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • コロナウイルスの収束時期を完全に予測するのは難しい。その理由を解説
  • 【各国の予測】コロナウイルスの収束時期はいつ?
  • 【各専門家の予測】コロナウイルスの収束時期はいつ?

を紹介します。

「いきなり行動を変えるのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはコロナウイルスの収束時期や予測が難しい理由について、ざっくりと理解しましょう!

※この記事の情報は2020年4月時点のものです。

コロナウイルスの収束時期を完全に予測するのは難しい。その理由を解説

4月現在、コロナウイルスの感染者は世界で184万4,863人、死者は11万7,021人まで増加しました。

出典:WHO「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)WHO公式情報特設ページ」
https://extranet.who.int/kobe_centre/ja/news/COVID19_specialpage

各国の感染者数は以下の通りです。

【世界の感染者数】

  • アメリカ:57万5,950人
  • スペイン:16万9,496人
  • イタリア:15万9,516人
  • ドイツ:12万3,016人
  • フランス:9万8,076人
  • イギリス:8万8,621人
  • 中国:8万2,249人

出典:外務省「各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況」
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/country_count.html

【日本の感染者数とその状況】
日本ではコロナウイルス関連の感染症患者が7,645人と報告されています。内訳は以下の通り。

  • コロナウイルス患者(有症状):4,749人
  • コロナウイルス患者(無症状):470人
  • コロナウイルス患者(症状の有無確認中):2,290人

    >

  • 死亡者:109人
  • 退院者:853人

出典:厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年4月14日版)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10845.html

現在の状況から「コロナウイルスがいつまでに収束する」と断言するのは難しいです。

その理由を次で解説します。

収束を予測することが難しい理由

コロナウイルスの収束を予測するのが難しい理由は、主に以下の3つです。

  1. 初めての流行なので収束を予測するための判断材料が少ないから
  2. インフルエンザのような「季節性のウイルス」と断言することができないから
  3. ワクチンの開発には1年以上の時間が必要だから

一時期、「コロナウイルスもインフルエンザと同じ季節性のものではないか」と予測されていました。しかし東南アジアなど、気温や湿度の高い地域でも感染が確認されていることから、確信はできない状態です。

ワクチンも研究が進められていますが、開発には数年以上の時間を必要とすることが少なくありません。コロナウイルスの流行によって急速に開発が進められていますが、それでも1年以上は必要といわれています。

まだまだウイルスをおさえ込める根拠がないため、収束時期を断言することは難しいのです。

ここまでコロナウイルスの現状についてお伝えしました。

収束する時期はまだ断言できませんが、専門家によってある程度の予測はされています。確定ではありませんが、参考にすることは可能です。

そこで次は、各国の保健省や専門家による予測をお伝えしますね。

【各国の予測】コロナウイルスの収束時期はいつ?

ここからは、各国の代表や保健省による予測として、

  • アメリカ
  • イギリス
  • ブラジル

の3つを紹介します。

各国の予測1:アメリカ

アメリカのワシントン大学は、コロナウイルスの感染者数が統計上では6月にかけて減少し、20日には0になるとの見通しを発表しました。

というのも、アメリカは1日あたりの死者数が減少傾向にあります。実際に増え続けていたニューヨークの1日あたりの死者数が、先日初めて700人を下回りました。

クオモ知事も「最悪の状況を脱した」と述べていることから、外出禁止などの効果はあらわれているといえます。

出典:テレ朝news「米のコロナ死者が6月にゼロの予測 ワシントン大学」
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000181579.html

各国の予測2:イギリス

イギリスの保健当局は、定例会見でコロナウイルスの収束には6ヶ月ほどの時間が必要だと述べました。

ただしロックダウンなどの措置は3週間ごとに見直す予定であり、徐々に緩和していくことも不可能ではないとの見解を示しています。

出典:BBC NEWS JAPAN「イギリスが「元に戻るには」6カ月かかることも 新型コロナウイルスの影響」
https://www.bbc.com/japanese/52087959

各国の予測3:ブラジル

ブラジル保健省の研究レポートによると、「ブラジルでは4〜5月にかけて感染拡大がピークに達し、9月中旬まで感染流行が続く」と予測されています。

もともとブラジルは検査の遅延で感染と確認のタイミングに乖離があり、感染ピークの予測が困難だといわれていました。そのため現在取り組んでいる自宅隔離の措置だけだと、これから数ヶ月は感染が増加すると予測しています。

その一方で、このまま自宅隔離の措置で感染拡大がストップできれば、経済的影響は軽減されるとも報告しています。

出典:外務省「新型コロナ感染ピークは4月か5月、流行は9月中旬までと予測(ブラジル)」
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/04/4cc4c92fd925314a.html

【各専門家の予測】コロナウイルスの収束時期はいつ?

続いては日本の専門家による予測として、

  • 西浦博教授
  • 新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会
  • ニッセイ基礎研究所

の3つを紹介しますね。

専門家の予測1:西浦博教授

西浦博教授とは北海道大学社会医学分野の教授であり、厚生労働省のクラスター対策班にも所属している方です。

西浦教授は「8割の接触を断つことで感染の流行は止められる可能性がある」と主張しています。

その理由は「日本の外出自粛などの対策は強制ではなく、要請だから」。というのもウイルスは人との接触によって二次感染が拡大し、その範囲は1人あたり2〜3人といわれています。

通常は1人あたりの接触をいつもより50〜67%ほど削減することで、二次感染を防ぐことが可能となります。しかし要請では、すべての人の外出や他人との接触を止めることがなかなかできません。

医療機関など接触を断つことが難しい場所を除いても、正確にいうと79%の接触を避けなければ、二次感染を防ぐのは難しいと述べています。

また外出自粛とはいえ「家で友達と集まって飲み会などを開催するのは避けてほしい」とも。反対に「屋外のオープンエアのところを歩くのは問題ない」とも伝え、「友達とジョギングだけして、食事はしないで解散」などを提案しています。

複数人での外出を避けるのはもちろん、「屋内で複数人が集まるような接触」も避けましょう。

出典:BuzzFeedNews「「このままでは8割減できない」 「8割おじさん」こと西浦博教授が、コロナ拡大阻止でこの数字にこだわる理由」
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-nishiura

専門家の予測2:新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会

新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会とは、政府対策本部の専門家会議や厚労省クラスター対策班など関係者による有志の会です。「note」というウェブサイトを活用して、さまざまな世代に向けて情報を発信しています。

専門家有志の会で、明確な収束時期については述べられていません。

ただし感染拡大を防ぐために必要なこととして、以下の3つをお願いしています。

  1. 密集・密閉・密接の重なるところを避ける
  2. 人との接触を8割減らす
  3. 外出は1日に1回程度にする

出典:新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会「緊急事態宣言で変わること・変わらないこと」
https://note.stopcovid19.jp/n/n4318a8923e1b

外出は食料品の買い出しなどに限って、会う人の数を減らすことが必要です。

ただし専門家有志の会でも西浦教授と同じように、1人でのジョギングや散歩は問題ないと伝えています。複数の人との接触や3密を避けながら生活できるように心がけましょう。

気になる方は、noteの「新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会」を確認してみてください。

専門家の予測3:ニッセイ基礎研究所

最後は経済面での予測を紹介します。

ニッセイ基礎研究所が経済についての予測を発表しました。

【GDP成長率】

  • 2019年度:−0.1%
  • 2020年度:−4.1%
  • 2021年度:+1.3%

出典:ニッセイ基礎研究所「2020・2021年度経済見通し-新型コロナウィルスの感染拡大を受けて2020年度の成長率見通しを大幅下方修正」
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=64220?site=nli

緊急事態宣言などで外出が減ったために2020年度はマイナスとなっていますが、その一方で2021年度はプラスになると予測されています。

収束時期はまだ不明ですが、「4〜6月にかけて最悪の時期を脱し、7〜9月にはほとんど収束するのではないか」とも考えているようです。

収束を早めるためにも、人との接触を減らすことがポイントとなりそうです。

コロナウイルスは人との接触を減らすことで、収束に近付く可能性はある

今回はコロナウイルスの収束時期について解説しました。

おさらいすると、コロナウイルスが収束する時期を完全に予測することはできません。現在も感染者の数は増え続けているうえに、ワクチンが開発されたとしても1年以上の時間が必要だからです。

しかし各国や専門家の予測を見ると、多くの国で「9〜10月頃」には収束するかもしれないと考えていることが明らかになりました。

感染拡大を防ぐためにも、専門家は以下のことをお願いしています。

  1. 密集・密閉・密接の重なるところを避ける
  2. 人との接触を8割減らす
  3. 外出は1日に1回程度にする

収束時期を予測することは難しいですが、今は上記の対策で少しでも感染者数を減らすことに努めましょう。

またコロナウイルスの対策は自治体にも求められており、今から収束後のことを考えておくことも必要です。

詳しくは「いま自治体が取るべきインバウンド向けのコロナ対応とは。今後のインバウンド対策についても解説します」をご一読ください。

関連記事

  1. 訪日外国人向けアレルギーカードとは?飲食店が活用するメリットからおすすめカードまで解説

  2. 一部の外国人観光客によるトラブル事例と対策3つ。ポイントは文化の違いを知って、日本のマナーを伝えるこ…

  3. 「Matsuri-Japan Festival」とは?インバウンドに人気な日本の祭を徹底解説!

  4. ベジタリアンとは?飲食店のベジタリアン対応から、食事の注意点まで解説します

  5. 南海電鉄がWeChatpayの導入をスタート。中国の電子決済を受け入れるメリットとは?

  6. 外国人宿泊者数の統計データから見る2018年インバウンド市場。国籍別1~5位は前年と同じ顔ぶれ

  7. 極ラーメンがインバウンド客から人気を集める3つの理由。飲食店に必要なインバウンド対策も解説します

  8. 多言語に対応したAI翻訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク) W」をファンケルが採用。使い方や価格…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP