インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ノウハウ
  • この記事は約6分で読めます

休業明けの飲食店におすすめ!オンラインで可能な集客のための対策とは

「休業明けにオンラインでの集客に取り組みたいけれど、何から始めればいいんだろう…」

と考えている飲食店の方。

2020年5月に一部の都道府県でコロナウイルスによる緊急事態宣言や休業要請が解除され、外出する人も増えつつあります。またこれまでの外出自粛の影響でテイクアウトの利用も増えるなど、飲食店を利用する状況は大きく変化しています。

休業明けにお客さまを呼び込むためには、オンラインでの対策がおすすめです。オンラインでの集客は認知度アップにもつながりやすく、これまで自店を知らなかったお客さまが利用してくれる可能性もあります。

とはいえ、オンラインでの具体的な対策は、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • コロナウイルスによる緊急事態宣言や休業要請が一部解除
  • 休業明けの飲食店におすすめするオンラインでの対策3つ
  • オンライン以外で必要な集客のための対策3つ

を紹介します。

「いきなりオンラインでの集客に取り組むのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは緊急事態宣言や休業要請の解除について、ざっくりと理解しましょう!

コロナウイルスによる緊急事態宣言や休業要請が一部解除

2020年5月、日本は一部の都道府県でコロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されました。

解除の基準は「直近1週間で新規感染者数の累計が人口10万人あたり0.5人程度以下であるか」、「医療体制や監視体制が十分であるか」などです。

この基準を満たしたことで5月14日には39の都道府県で、21日には関西にある大阪府、京都府、兵庫県の3つでも緊急事態宣言の解除が決まりました。

5月21日時点で緊急事態宣言が継続されているのは、以下5つの都道府県です。

【緊急事態宣言を継続している都道府県(5月21日)】

  • 北海道
  • 東京都
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県

まだまだ油断はできませんが、東京など一部のエリアでは感染者数が1桁の日が続いていることから、解除の日も近いといわれています。

コロナウイルスが収束する時期の予測など、詳しくは「コロナウイルスはいつ収束する?各国や専門家の予測と今後気をつけるべきポイントを紹介」をご一読ください。

飲食店などへの休業要請も解除され始めている

緊急事態宣言が解除された都道府県では、店舗への休業要請も解除され始めています。ただし判断は各自治体にゆだねられており、実際の対応は都道府県によって異なります。

例えば、以下の通りです。

【休業要請が解除された都道府県の対応】

都道府県
休業要請への対応
宮城県 4月29日以降は感染者が確認されていないので、5月7日から全業種で解除
福島県 1日あたりの感染者数は減少しているが、ゼロではないので休業要請を継続
栃木県 入場制限など対策をしながら大部分の業種で営業を再開、ただし接待をともなう飲食店やスポーツジムは休業を継続
奈良県 「ここで措置を緩めると一気に感染拡大になる懸念がある」として、5月末まで休業要請を継続
広島県 制限する施設をレベル1〜3に分けて、6月1日の全施設の解除を目指して段階的に緩和していく予定

出典:朝日新聞DIGITAL「休業要請、全業種で解除する県も 特定警戒以外の34県」
https://www.asahi.com/articles/ASN557H88N55UTIL00G.html

少しずつ状況が改善されていることから、外出を考えている人も少なくありません。

特に飲食店は、テイクアウトでも提供できるうえに生活に必要なものであることから、お客さまに利用してもらえる可能性は高いです。

外出自粛にあわせてオンラインでの集客や対策に取り組むことで、お客さまの数や売上を取り戻すことも可能です。

そこで次は、休業明けの飲食店におすすめのオンラインでの対策を紹介しますね。

休業明けの飲食店におすすめするオンラインでの対策3つ

休業明けの飲食店におすすめするオンラインでの対策として、

  • テイクアウトを提供できるサービスに登録する
  • オンラインでの予約システムを整える
  • InstagramなどSNSで宣伝する

の3つを解説します。

対策1:テイクアウトを提供できるサービスに登録する

1つ目は「テイクアウトを提供できるサービスに登録する」です。

今回のコロナウイルスによる影響で、テイクアウトの提供を始めた飲食店も多いかと思います。より多くの人にテイクアウトを利用してもらうためにも、専用のサービスに登録しましょう。

例えば、

などです。

上記のサービスは配達を委託できるので、新たに人材を探す必要がありません。

初めてテイクアウトに取り組む飲食店におすすめです。

対策2:オンラインでの予約システムを整える

2つ目は「オンラインでの予約システムを整える」です。

休業明けに営業を再開できても、しばらくは「お客さまの入店を制限する」「客席の間隔をある程度空けておく」など工夫が欠かせません。あらかじめお客さまの数を把握してスムーズにご案内するためにも、オンラインでの予約システムを整えるのがおすすめです。

オンラインでの予約管理はお客さまが気軽に予約できるうえに、予約の確認漏れなども起きにくいです。

予約管理システムについて、詳しくは「飲食店予約管理システムでインバウンド客が予約しやすい店舗に。おすすめサービス3つを徹底比較」をご一読ください。

対策3:InstagramなどSNSで宣伝する

3つ目は「InstagramなどSNSで宣伝する」です。

テイクアウトの導入や営業再開をしても、お客さまに知られていなければ来店は期待できません。SNSなどを活用して、認知度や利用数アップを目指して宣伝してみましょう。

SNSで宣伝できることは例えば、

  • テイクアウト開始のお知らせ
  • 営業再開日の告知
  • 収束後の予約受付

などです。

これまで自店を知らなかったお客さまの目にも入り、結果としてさらなる集客が期待できます。

またオンラインでの対策は、言語や住む場所の異なるインバウンド客にも効果的です。

詳しくは「訪日外国人に効果的なオンラインでのプロモーション3つ!その理由や注意点も解説します」をご一読ください。

ここまでオンラインで可能な対策を紹介しました。

感染拡大を防ぐためにはオンラインだけでなく、実際にお客さまが来店したときの対策も必要です。次で詳しくお伝えしますね。

オンライン以外で必要な集客のための対策3つ

オンライン以外で必要な対策として、

  • 衛生管理を徹底する
  • 来店したくなる仕組みや関係作りをする
  • 補助金などが活用できそうなら申請しておく

の3つを解説します。

対策1:衛生管理を徹底する

1つ目は「衛生管理を徹底する」です。

コロナウイルスの感染者は減っていますが、完全に収束したわけではありません。クラスターなどを発生させないためにも、店内での衛生管理は徹底しましょう。

例えば、

  • 消毒液を設置する
  • 従業員はマスクを着用する

などです。

店舗での対策について、詳しくは「飲食店は今後、コロナウイルスにどう対応すべき?インバウンド向けの対策を徹底解説」もご一読ください。

対策2:来店したくなる仕組みや関係作りをする

2つ目は「来店したくなる仕組みや関係作りをする」です。

緊急事態宣言などが解除されても、今まで通り飲食店を訪れることはまだまだ難しいのが現状です。特に初めて利用する店舗は「衛生管理は大丈夫かな」など状況が分かりにくいことから、来店のハードルが高くなりやすいです。

多くの人は常連として利用していた店舗から訪れ始める可能性があり、来店したくなる仕組みや関係作りが求められます。

営業を再開したら常連さんに連絡するなど、コミュニケーションを取って集客することも検討してみてください。

【事例】オンラインで営業し、接客もする京都のバー

来店したくなる仕組み作りに成功している事例として、京都にあるバー「Bar Paper Moon」を紹介します。

こちらのバーでは、ビデオ会議ができる「Zoom」を使ってのオンライン営業を導入しました。あらかじめお客さまに日時の予約と料金の支払いをお願いし、指定の日時にZoom上で接客をするという形です。

外出自粛が続いていることで、ストレスを感じている人も少なくありません。オンライン上であれば感染のリスクは少ないうえに、気分転換にもなることから人気を集めています。

営業方法を変えながらも「ストレスを発散できる」という価値や関係を提供し、お客さまのニーズを満たすことが集客につながっています。

出典:Yahoo! JAPAN「バーやスナックで「オンライン営業」相次ぎ登場 休業要請で売上減、ママ「外出自粛のストレス発散して」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c72d272c4bb196dc18699f6452ba7d8c9e665b58

対策3:補助金などが活用できそうなら申請しておく

3つ目は「補助金などが活用できそうなら申請しておく」です。

地域にもよりますが、休業要請に従った店舗に補助金を提供している自治体も少なくありません。店舗の家賃や従業員へのお給料など、事業を続けるために必要な経費として使うことが可能です。

各自治体のホームページなどに掲載されているので、経営が厳しいときは補助金が活用できないか検討してみてください。

飲食店におすすめの補助金や制度などについて、詳しくは「」をご一読ください。

飲食店は休業明けにオンラインでの対策を充実させることで、集客につながる

今回は、コロナウイルスによる休業明けの飲食店におすすめの対策について解説しました。

おさらいすると、休業明けでも外出を自粛する人は多いです。

お客さまのニーズにあわせて、飲食店には以下のようなオンラインでの対策がおすすめです。

  • テイクアウトを提供できるサービスに登録する
  • オンラインでの予約システムを整える
  • InstagramなどSNSで宣伝する

また営業を再開したときに店舗で必要な対策として、以下の3つもお伝えしました。

  • 衛生管理を徹底する
  • 来店したくなる仕組みや関係作りをする
  • 補助金などが活用できそうなら申請しておく

今回の記事を参考にしながら、コロナウイルス収束後の集客にそなえましょう。

また、地方自治体が観光業を支援するために提供している補助金などもあります。

詳しくは「地方自治体の観光業を支援する制度や補助金まとめ。申請して終息後のインバウンド集客へ」をご一読ください。

関連記事

  1. 2018年度「ツーリズムEXPOジャパン」に出展する企業11選。イベント参加で新たなインバウンド対策…

  2. ソーシャルバイヤーを活用して、中国人インバウンド客の対策をするには?

  3. 宿泊業へ大ダメージを与えるコロナの影響とは。国や自治体の対策・支援も紹介

  4. 訪日外国人向けプリペイドSIMで「繋がらない国ニッポン」返上なるか

  5. チャットコンシェルジュとは?AIや多言語対応、低価格などおすすめのサービス7つを比較します

  6. 海外向けプレスリリース配信で商品の認知度アップと集客を。6つのおすすめ企業を紹介します

  7. スリーレターコードとは?日本での導入背景やインバウンド集客への効果を解説

  8. 【2020年最新版】在日外国人の数が過去最高を記録!多い国籍やインバウンド集客に与える影響を解説

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP