インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ノウハウ
  • この記事は約4分で読めます

【新型コロナ対策】海外向け越境ECとは?データとともにメリットを解説

「海外向け越境ECはどのように運営すればいいんだろう…」

と疑問に思っているインバウンド担当者の方。

海外向け越境ECとは「海外向けに国境を越えるEC(Electronic commerce:電子商取引)」という意味で、自国ではなく海外の消費者向けにオンラインショッピングを展開することです。

例えば、日本の事業者が海外のECサイトに商品を出品して、中国やアメリカなどの消費者に販売することを指します。

新型コロナウイルスによりインバウンド消費が落ちる中、中国でも長期的な外出自粛制限があったため越境ECの利用率は上昇。そのため企業としてもインバウンド需要の回復が見込めるまでは、海外向け越境ECに切り替える動きが出ています。

とはいえ、海外向け越境ECがインバウンドに対してどれくらい効果があるかはわかりにくいですよね。

そこで、この記事では

  • 海外向け越境ECの需要に関するデータ
  • 海外向け越境ECのメリット

について紹介します。

海外向けの越境ECをいきなり導入するのは難しいですが、データやメリットを知るだけならハードルは高くありません。

まずはこの記事で海外向け越境ECの概要をおさえましょう。

海外向け越境ECは中国やアメリカで「巣ごもり消費」が増加

新型コロナウイルスにより外出を自粛したり、テレワークに切り替わったりしたことから、自宅に居たままオンラインショッピングをする「巣ごもり消費」が世界的に増加しています。

中国向けの越境ECを構築するサービスを提供している「ShopCN」を利用した企業の海外向け越境ECの販売状況(2020年1~3月の取引高)は、以下のような調査結果が出ているほどです。

  • 取引高:220.5%増、注文数:206.5%増(2019年10~12月との比較)
  • 取引高:260.6%増、注文数:403.1%増(2019年1~3月との比較)
  • 特に化粧品やアニメ関連の注文が増加した

これらの増加は1月27日以降に中国から海外への団体旅行が規制されて、自宅での巣篭もり消費が増加したことも原因と考えられます。

参考:https://ecnomikata.com/ecnews/25608/

また海外向け越境ECを支援する「WorldShopping BIZチェックアウト」の売上高は以下のような調査結果に。

【調査概要】

  • WorldShopping BIZを導入したECの400サイト以上が対象
  • 2016年のサービス開始より2020年3月までの出荷地域

【調査結果】
2020年1~3月の越境EC売上高は143%増(2019年7~9月との比較)。

越境ECの出荷が多い地域は

  • 1位:アメリカ
  • 2位:香港
  • 3位:中国
  • 4位:台湾
  • 5位:韓国

となりました。

新型コロナウイルスの影響により

  • 防じんマスク
  • かぜ薬
  • 紙ナプキン

の注文が特に増加。

加えて、以下の通販事業所が海外向け越境ECを開始しています。

  • WEGO
  • PEACH JOHN
  • coen など

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000018480.html

上記2つのデータから、海外向け越境ECは中国以外にもアメリカや台湾、韓国など世界的に需要があることがわかりました。また、日本国内の通販事業も海外向け越境ECの展開を開始しています。

新型コロナウイルスによりインバウンドが急減して消費も落ち込む中、海外向け越境ECの取引や注文数は増加している昨今。越境ECは今後のインバウンド戦略において重要になると考えられます。

海外向け越境ECのメリット3つ

海外向け越境ECのメリットとして以下3つが挙げられます。

  1. 出店リスクを抑えられて参入障壁が低い
  2. 海外の新規顧客を獲得できる
  3. 商品の需要を調査できる

1. 出店リスクを抑えられて参入障壁が低い

日本製の商品を海外で販売したい場合、実店舗を実際に海外で展開、運営しなければならないので、多くの費用と時間がかかることに。

海外向け越境ECはインターネット上で商品を売買できるため実店舗の必要がなく、初期費用も抑えられます。消費者側も欲しい商品をオンラインで簡単に検索できて注文が可能です。

特に中国からのインバウンドは、海外向け越境ECで日本製の商品を再び購入する理由として「日本に旅行をしたときに購入して気に入った商品であること」を挙げており、今後、中国からのインバウンドが再び増加した場合、海外向け越境ECの需要が見込まれます。

参考:https://www.mlit.go.jp/common/001237338.pdf

2. 海外の新規顧客を獲得できる

海外の消費者に向けて自国の商品を紹介・販売できるため、既存の顧客以外にも販路の拡大が見込めます。

また、インターネット上の販売になるので、商品のアクセス数や消費者の属性などのデータを分析でき、販売方法や商品を改善する際の判断材料にもつながることに。

さらに下記表のように、中国・アメリカの消費者は海外向け越境ECの利用率が日本より高いため、今後もさらなる需要があるはずです。

【越境EC、国内ECを利用したことがある人の割合】

国名/利用したEC 国内ECのみ 越境EC+国内EC 越境ECのみ
日本 94% 5% 1%
アメリカ 66% 27% 7%
中国 58% 35% 7%

参考:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/H30_hokokusho_new.pdf

3. 商品の需要を調査できる

自国で売上があまり伸びていない商品や生産が終了した商品でも、海外では需要がある可能性も考えられます。

海外向け越境ECのサービスを展開する「eBay(イーベイ)」の日本法人であるイーベイ・ジャパンが発表した、2020年1~3月の期間で出品された商品の売れ行きランキングでは

  • 1位:PlayStation Vita
  • 3位:ニンテンドーゲームキューブのコントローラー

と、日本で生産終了した商品がランクインしています。

日本で需要が少ない商品でも、海外向け越境ECでは人気が高いことがわかりました。

カテゴリー別成長ランキングでは

  • アニメ、フィギュア類:前年同期比+14%
  • ビデオゲーム:前年同期比+10%

とそれぞれ増加。

日本の放送終了したアニメの

  • ドラゴンボール
  • セーラームーン

がアメリカの幅広い年代で支持を集めています。

また、アメリカでも新型コロナウイルスの影響から自宅で過ごす時間が多くなり

  • PlayStation Vita
  • NINTENDO64

の生産終了した商品が、通常よりも高い価格で取引されているほどです。

このように、自国で需要があまりない商品でも海外で根強い人気がある場合は、海外向け越境ECで活発に取引が行われていることがわかります。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000015238.html

海外向け越境ECは新規参入しやすく新たな販路拡大につながる

この記事では海外向け越境ECの概要やメリットについて解説しました。

海外向け越境ECには

  • 出店リスクを抑えられて参入障壁が低い
  • 海外の新規顧客を獲得できる
  • 商品の需要を調査できる

のメリットがあります。

ただし海外向け越境ECには「初期投資が高い」「各国の経済状況に対応したマーケティングが必要」などの課題も。

しかし海外向け越境ECをうまく導入すれば、インバウンド消費が落ち込んだ中でも有効な打開策になるはずです。

越境ECの効率をあげる対話型ショッピングについて、詳しくは「越境ECを成功に導く対話型ショッピングとは?利用すべきメッセージアプリについても解説」をご一読ください。

関連記事

  1. 空港受取型免税ECサービスが仙台空港でスタート。インバウンド対策として重要な免税店の状況とは?

  2. 2019年ゴールデンウィークに必要なインバウンド対策。訪日外国人のニーズとともに解説します

  3. 国内企業と自治体のインバウンド・デジタル広告市場規模2018年版が発表!2020年には500億円超え…

  4. 都道府県別のインバウンド需要。最新のランキングをもとに徹底解説します!

  5. 中国・北京大興国際空港が開港。空港の概要と日本のインバウンドへの影響を解説します

  6. MATTA Fair(マッタ・フェア)とは?海外の旅行博に参加してインバウンド客を呼び込む

  7. 中国人の訪日客数が単月100万人超え!インバウンド市場を牽引する中国とアジアの最新事情を紹介

  8. JAPAN Trip Navigatorとは?AIを使ったアプリで訪日観光客の観光サポートを実現

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP