インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ノウハウ
  • この記事は約6分で読めます

【2020年最新版】在日外国人の数が過去最高を記録!多い国籍やインバウンド集客に与える影響を解説

「在日外国人の存在って、インバウンド集客に関係あるのかな…」

と感じている方。

在日外国人の数は年々増えており、2019年には過去最高の282万9,416人を記録しました。実は在日外国人は、インバウンド客にとって訪日旅行を計画するきっかけになることも少なくありません。

在日外国人の協力を得ることで、さらなるインバウンド集客が期待できます。

とはいえ、在日外国人と協力しながら訪日外国人を呼び込む具体的な方法は、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 在日外国人の数が過去最高に!推移や国籍の割合を分析
  • 在日外国人はインバウンド業界にとって、訪日外国人の集客に欠かせない存在
  • 在日外国人と協力しながらできるインバウンド集客の方法3つ

を紹介します。

「いきなり在日外国人の協力を得るのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは在日外国人の数について、ざっくりと理解しましょう!

在日外国人の数が過去最高に!推移や国籍の割合を分析

最初に在日外国人について、

  • 2019年6月における数
  • 在日外国人の国籍

の順に解説します。

数字などは以下のデータを参考にしていますので、あわせてご一読ください。

出典:法務省「令和元年6月末現在における在留外国人数について(速報値)」
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04_00083.html

在日外国人の数が2019年6月に282万9,416人を記録、過去最高に

在日外国人の数は2019年6月時点で、282万9,416人を記録しました。この数は過去最高であり、前年から9万8,323人も増加しています。

外国人が日本で生活するには「在留資格」が欠かせません。

在日外国人の在留資格を見ると、内訳は以下のようになっています。

【在留資格】

  • 永住者:78万3,513人(構成比27.7%)
  • 技能実習:36万7,709人(構成比13.0%)
  • 留学:33万6,847人(構成比11.9%)
  • 特別永住者:31万7,849人(構成比11.2%)
  • 技術・人文知識・国際業務:25万6,414人(構成比9.1%)

永住者とは、基本的に10年以上は続けて在留している、納税義務を果たしているなどの条件を満たした外国人のこと。

また特例として、日本人と結婚した外国人や難民の指定を受けた外国人なども当てはまります。

出典:法務省「永住者の在留資格について」
http://www.moj.go.jp/content/001270369.pdf

在日外国人には在留カードが支給され、2019年10月時点では195の国籍や地域の外国人に支給されています。

さまざまな地域出身の外国人が日本で生活していますが、特に多い国籍もあります。次で数が多い上位5つの国をお伝えしますね。

【国別】在日外国人の数や割合ランキング

在日外国人の数が多い上位5つの国は、以下の通りです。

国籍 人数 割合
1.中国 78万6,241人 27.8%
2.韓国 45万1,543人 16.0%
3.ベトナム 37万1,755人 13.1%
4.フィリピン 27万7,409人 9.8%
5.ブラジル 20万6,886人 7.3%

中国や韓国など東アジアが多いですが、ベトナムやフィリピン、ブラジルなども上位に入る結果に。特にベトナムは近年増加が著しく、2018年から4万920人も増えています。

ここまで在日外国人の数や国籍について解説しました。

実は在日外国人は、インバウンド集客において非常に大切な存在です。

その理由について、次で詳しくお伝えしますね。

在日外国人はインバウンド業界にとって、訪日外国人の集客に欠かせない存在

在日外国人はインバウンド業界にとって、「訪日外国人を集客してくれる存在」といえます。

インバウンド客と在日外国人の関係性は、主に以下の3つとなります。

  • 家族
  • 友人
  • 日本をよく知る人物、情報源(インフルエンサー)

実際にインバウンド客は、日本で仕事や勉強をしている家族や親族、友人を訪問するために訪日旅行を計画することも少なくありません。

また近年は日本に住んでいることを強みとして、日本の観光スポットや飲食店、買い物情報などを発信する「在日外国人のインフルエンサー」も増加しています。日本に住んでいることが信ぴょう性を高めて、数万から数十万を超えるフォロワーを抱えている人も。

上記のような存在は、インバウンド集客に大きな影響を与えています。次で詳しく解説しますね。

在日外国人の数や推移、国籍を把握することがインバウンド集客につながる

在日外国人の存在がインバウンド集客につながる理由は、主に以下の3つです。

  • 外国人の人材を雇うことで、インバウンド客のニーズに沿ったアプローチが実現する
  • 訪日外国人に対して、英語や自国の言語で接客できる
  • インフルエンサーが投稿する写真や動画によって、地方を訪れる可能性が高まる

外国人と日本人のニーズは異なるうえに、日本人目線でインバウンド客の満足度を高めることはなかなか難しいものです。

言語面はもちろん、ニーズや対応においても在日外国人の方が相手のことを理解しやすく、旅行中に満足してもらえることが多いです。

また在日外国人のインフルエンサーが、地方の観光スポットなどの写真や動画をアップすることで、インバウンド客の目にも止まりやすくなります。外国人が日本の地方の魅力を知るきっかけとなり、実際に訪問することも少なくありません。

宿泊や買い物などによって地域の消費額が伸び、結果として地域活性化をもたらしてくれます。

特に欧米豪のインバウンド客には、在日外国人へのアプローチが効果的だといわれています。

詳しくは「【欧米豪】外国人観光客の集客に効果的なのは「在日外国人へのアプローチ」。その理由やポイントを解説」をご一読ください。

ここまで在日外国人の存在について解説しました。

とはいえ、実際にどのようにして在日外国人の協力を得ながらインバウンド集客に取り組むのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで次は、在日外国人と一緒にできるインバウンド集客について紹介します。

在日外国人と協力しながらできるインバウンド集客の方法3つ

在日外国人の協力を得ながらできるインバウンド集客として、

  • インバウンド客の求める観光プランの提案
  • 在日外国人による多言語でのおもてなし
  • インフルエンサーによる写真や動画での情報発信

の3つを解説しますね。

方法1:インバウンド客の求める観光プランの提案

1つ目は「インバウンド客の求める観光プランの提案」です。

先ほど在日外国人はインバウンド客目線で考えることができるため、ニーズに沿ったプランを提案できるとお伝えしました。

在日外国人を雇用して観光プランなどを考えることで、インバウンド客の参加率も高まりやすくなります。

外国人人材を観光PRなどに起用したときの効果について、詳しくは「外国人の人材を観光PRに起用したときに期待できる効果3つ。必要な準備もあわせて解説します」をご一読ください。

方法2:在日外国人による多言語でのおもてなし

2つ目は「在日外国人による多言語でのおもてなし」です。

在日外国人を雇用することで、インバウンド客に対して英語や自国の言語で対応することが可能です。特に在日外国人の国籍として最も多いのは中国でしたが、インバウンド客も中国人の数が多く、消費額も高いと報告されています。

宿泊施設、小売店、飲食店などは多言語でおもてなしをすることで、売上アップにつながることも少なくありません。

また外国人人材を採用することは、人手不足の解消にもつながります。

詳しくは「人手不足の解消につながる外国人採用。 1番の課題「コミュニケーション」をクリアしてインバウンド事業へ活かそう!」をご一読ください。

方法3:インフルエンサーによる写真や動画での情報発信

3つ目は「インフルエンサーによる写真や動画での情報発信」です。

先ほど、在日外国人インフルエンサーの情報を参考にするインバウンド客も多いとお伝えしました。インフルエンサーが地方を訪れたときの写真や動画をSNSにアップすることで、インバウンド客が興味を持つことも多いです。

そしてインフルエンサーを地域に招待して観光してもらうことを「ファムトリップ」といい、インバウンド集客において高い効果が見込めるといわれています。

詳しくは「ファムトリップとは?海外のメディアやインフルエンサーと協力して、インバウンド客の増加につなげる」をご一読ください。

在日外国人へのアプローチがインバウンド集客を実現し、地域活性化も期待できる

今回は、在日外国人とインバウンド集客の関係性や効果について解説しました。

おさらいすると、在日外国人の数は2019年6月に過去最高の282万9,416人を記録しています。

実は在日外国人の存在は、以下の理由からインバウンド集客において欠かせない存在といわれています。

  • 外国人の人材を雇うことで、インバウンド客のニーズに沿ったアプローチが実現する
  • 訪日外国人に対して、英語や自国の言語で接客できる
  • インフルエンサーが投稿する写真や動画によって、地方を訪れる可能性が高まる

そして在日外国人と協力しながらインバウンド集客に取り組む方法として、以下の3つをお伝えしました。

  • インバウンド客の求める観光プランの提案
  • 在日外国人による多言語でのおもてなし
  • インフルエンサーによる写真や動画での情報発信

在日外国人の協力を得ながらアプローチ方法を考えることで、より高いインバウンド集客の効果が期待できます。

今回紹介した方法を参考にしながら、インバウンド集客に取り組んでみてください。

また在日外国人と協力しながら地域の情報を発信するときは、メディアを通した情報発信も効果的です。

人気のメディアについて、詳しくは「目的別に選ぶインバウンド向けメディア5選!情報を的確に読者へ届けるために」をご一読ください。

関連記事

  1. 日本食でインバウンド対策を!米・香港・シンガポールでブランド力が高い日本産の食品について徹底解説

  2. 飲食店に効果的なインバウンド対策3選!ポイントは旅マエと旅ナカで多言語に対応すること

  3. ベジタリアンとは?飲食店のベジタリアン対応から、食事の注意点まで解説します

  4. 台湾人へのプロモーション方法。インバウンド獲得のカギは、訪日メディアやブロガーの協力

  5. ハラルフードとは?豚肉やアルコールを使わない日本食の提供で、ムスリムの集客につながる

  6. 兼六園がインバウンドから人気の観光地ランキングで第14位に。その理由とは?

  7. インバウンドの現場で起こっている飲食店予約の無断キャンセル。店舗が行うべき5つの対策とは

  8. 台湾インフルエンサーの活用事例。SNSによるインバウンドプロモーションについて解説します

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP