インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ノウハウ
  • この記事は約4分で読めます

越境ECの利用者層とは?日本・中国・アメリカの特徴、市場規模を紹介

「越境ECの利用者層ってどうなっているのだろう…」

と疑問に感じているインバウンド担当者の方。

2020年において越境ECの市場規模は約109兆円もの市場になると予測されています。

特に中国からのインバウンドは、日本に訪れたさいに購入した商品を、帰国してから越境ECで購入する傾向があり、ゆえにインバウンド事業者は越境ECに注目しています。

そして越境ECの利用者層をおさえることで、自社の商品やサービスをアピールするターゲット像をより明確にできるはずです。

とはいえ、越境ECの利用者層が具体的にはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では

  • 越境ECの市場規模
  • 越境ECにおける日本・中国・アメリカの利用者層

について紹介します。

いきなりインバウンド事業者が越境ECを活用するのはハードルが高いですが、越境ECの市場規模や利用者層の特徴を知るだけなら難しくありません。

まずはこの記事で越境ECの利用者層について、ざっくりと理解しましょう。

中国・アメリカ・日本における越境ECの市場規模とは。日本の利用者層は越境ECに対してマイナスのイメージも

経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤設備(電子商取引)に関する市場調査」の報告書によると、2020年における越境ECの市場規模は世界全体で9,940億米ドル(約110兆円)にまで達すると予測されているほどです。

その中でも越境ECの規模が大きい中国・アメリカ・日本の市場規模は

  • 中国:3兆2,623億円
  • アメリカ:1兆3,921億円
  • 日本:2,765億円

です。

また中国・アメリカのそれぞれにおける日本の越境ECを利用した市場規模をみると、

  • 中国:1兆5,345億円
  • アメリカ:8,238億円

となります。これに対して日本の市場規模を詳しくみると、

  • アメリカの越境ECを利用:2,504億円
  • 中国の越境ECを利用:261億円

となり、日本の越境ECにおける利用規模が中国、アメリカと比べて大きく差があることがわかります。

なぜなら、日本におけるECの利用者層は

  • 国内のECサイトで満足している
  • 海外のサイトは外国語なので抵抗がある
  • 返品送料が割高だと感じている

のような理由が挙げられるためです。

さらにPayPalとイプソス株式会社の越境ECにおける利用経験者の割合に関する調査では、下記のような結果も明らかに。

  • 中国:42%
  • アメリカ:34%
  • 日本:6%

上記のように日本と中国・アメリカとでは、越境ECの利用者層に大きな違いがあることがわかります。よって、インバウンド事業者は市場規模が大きい中国・アメリカ向けの越境ECをうまく活用するべきです。

参考:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/H30_hokokusho_new.pdf

中国・アメリカにおける越境ECの利用者層とは

次に越境ECの利用者が多い中国・アメリカの利用者層について解説します。

中国における越境ECの利用者層はインターネット環境の恩恵が大きい

中国の市場規模が大きい理由は、以下2つです。

  1. インターネットが急速に普及した
  2. 日本へのインバウンドが急増

【1. インターネットが急速に普及した】
中国ではインターネット環境が急速に整備され、さらにスマートフォンも急速に普及しました。それにともないインターネット上から手軽に越境ECを利用できるようになったのです。

さらに買い物に対するハードルを下げることにつながり、中国における越境ECの市場規模が大きくなる原因にもなっています。

【2. 日本へのインバウンドが急増】
中国のインバウンドは年々急増しており、2019年には約960万人が日本に訪れています。

中国人の消費者が日本向けの越境ECを利用する理由として「日本に訪れたさいに商品を購入して品質が良ければ、リピートで購入したいから」という意見があるほどです。そのため日本で購入した商品の評価が高ければ、合わせて越境ECの利用率も高くなることが見込めます。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000306.000006410.html

アメリカにおける越境ECの利用者層は送料の負担を重要視している

アメリカは中国と同様にインターネットの利用者が多く、2018年6月時点で3億1,200万人以上います。これは総人口の95%以上がインターネットを利用しているほどです。そのためインターネット環境が整備されていると考えられ、越境ECの利用者も多いことが予測できます。

またアメリカの利用者層は下記のように、中国の越境ECを利用している割合が大きいことが特徴です。

【商品購入先の国における割合】

  • 中国:57%
  • イギリス:10%
  • カナダ:6%

さらにアメリカの利用者層は送料を負担せずに商品を受け取れる「クリック・アンド・コレクト」を越境ECを利用するメリットとして挙げています。

よって、これから越境ECを活用するさいには、送料など配送についての対応が大きな課題です。

越境ECの利用者層に関するデータをインバウンド事業所が活かすためには

上記のデータからインバウンド事業所が越境ECをうまく活用するためには、下記の対策が考えられます。

  • インターネットを利用したSNSによる自社製品の発信
  • 越境ECの多言語化
  • 実店舗での販促

順番に解説します。

インターネットを利用したSNSによる自社製品の発信

アメリカ・中国はインターネット環境が整備されているため、インバウンド事業所はSNSを用いて、自社の商品やサービスを発信することが重要になります。

中国ではWeiboやWeChatなど独自のSNSが発達しているため、それらに合わせたマーケティングが効果的です。

越境ECの多言語化

アメリカの利用者層は中国の越境ECを利用する割合が大きいため、自社の越境ECを中国向けに展開することも考えられます。その場合、越境ECのサイトを中国語に翻訳しなければなりません。

越境ECの運用経験がある外国人を採用すると、サイトの多言語化はもちろんのこと、コストや時間面を考えても有効な選択肢になるはずです。

実店舗での販促

特に中国のインバウンドは実店舗で購入した商品を越境ECでリピートで購入する傾向があります。

そのため、

  • 販売する際に越境ECで利用できるクーポンを用意する
  • 情報発信しているSNSに登録してもらう

などのプロモーションが効果的になるはずです。

日本・中国・アメリカそれぞれの越境EC利用者層に合わせて、ターゲット設定を明確に!

この記事では越境ECの利用者層について紹介しました。

まとめると

  • 日本の越境ECにおける利用者層は国内ECで満足しているので市場規模が小さい
  • 中国・アメリカの越境ECにおける市場規模が大きくなった原因は、利用者層のインターネット利用が上昇したからである

ことがわかります。

インバウンド事業所が越境ECを活用するさいには、販売先の国に合わせた対策が必要になります。

ただし「決済方法の選定やセキュリティ対策が必要」「各国に合わせたマーケティングが必要」などの課題や問題点も。

しかし、この記事で紹介した越境ECにおける利用者層のデータをうまく活用できれば、インバウンド事業所のサービスをさらに発展できるはずです。

インバウンド消費の促進効果がある越境ECのサイト制作について、詳しくは「海外向け越境ECサイト制作での5つの課題と解決策。インバウンド消費の促進効果あり」をご一読ください。

関連記事

  1. ソウルインセンティブマートが今年も開催!韓国からのインバウンド獲得におすすめのイベントについて解説

  2. 新型コロナウイルスによって休業中の飲食店が、経営を続けるための対策を解説します

  3. リベンジ消費とは?コロナウイルスによる影響やニーズを把握して、回復後のインバウンド消費にそなえる

  4. タイ人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説

  5. キャッシュレス化で訪日客の消費アップ!インバウンド関連のキャッシュレス決済について解説します

  6. 清明節のインバウンド需要を解説。訪日外国人の増加に備えて、さらなる集客や売上アップを

  7. 「東京感動線/TOKYO MOVING ROUND」とは?交通機関のプロジェクトが地方の活性化につな…

  8. データを活用して訪日客を呼び込もう!集客に役立つ最新のインバウンド市場トレンドをチェック

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP