インバウンドとは?アウトバウンドとの違いなど、用語を解説

「インバウンドって聞いたことあるけど、実際に何かはよくわからない。アウトバウンドもあるらしいけど、具体的に何が違うんだろう…」

と思っている方。

インバウンドとは「外から内へ向かう動きを意味する形容詞」で、観光やマーティング、広告、ITなど幅広い業界で使われる言葉です。よく使われる専門用語なので、知っておかないと話についていきにくいことも。

とはいえ、カタカナ語が多く、概要をなかなか理解しにくい方もいるかと思います。

そこでこの記事では、インバウンド入門として

  • インバウンドとは「外側から内側へ向かう動きを意味する形容詞」
  • インバウンドとアウトバウンドの違い
  • 広告、マーケティング業界におけるインバウンド
  • 観光業界におけるインバウンド

の順に解説します。

さまざまな業界で使われる言葉なので混同するかもしれませんが、言葉の由来をおさえると概要をすんなり掴んでいただけるはずです。

まずはこの記事で、インバウンドについて大まかにおさえましょう!

インバウンドとは「外側から内側へ向かう動きを意味する形容詞」

英和辞典では、インバウンド(inbound)の意味は以下の通りです。

1 本国行きの,帰航の.
2〈交通機関など〉市内に向かう.

(出典:Weblio英和辞典 http://ejje.weblio.jp/content/inbound)

イメージとしては、外側から内側へ向かう動きのことを指す形容詞です。

最近のインバウンドを指す意味としては、業界ごとに分けて

  1. 観光業界で用いるインバウンド
  2. テレマーケティング業界で用いるインバウンド
  3. 広告業界で用いるインバウンド
  4. IT業界で用いるインバウンド

の4つが挙げられます。

1. 観光業界で用いるインバウンド

インバウンド(Inbound)とは、外国人が訪れてくる旅行のこと。
(出典:JTB総合研究所 「インバウンド」https://www.tourism.jp/tourism-database/glossary/inbound/)

これはよく観光業界で用いる言葉です。よく「インバウンド需要」「インバウンド消費」などと言う言葉を耳にすると思いますが、これは訪日外国人が日本文化や観光名所などに魅力を感じ、日本へ訪れることで期待できる経済効果のことを指します。

例文:観光業界で用いるインバウンド
  • インバウンド需要に応えることのできるツアーパッケージを考えましょう。
  • Webサイトを多言語化して、インバウンド向けに情報を届けるようにしました。

2. テレマーケティング業界で用いるインバウンド

コールセンター業務などを行うテレマーケティング業界では、顧客からの問い合わせ(電話を受信すること)を「インバウンドコール」と呼んでいます。
特に、

  • カタログ通販の電話受注
  • マスメディア広告による受注の獲得

など、顧客が自ら電話をかけてくる「顧客主導型」のマーケティングを「インバウンド・テレマーケティング」と呼びます。

インバウンド・テレマーケティングは受注体制の整備などに費用はかかりますが、販売または受注が比較的カンタンな点が特徴です。

例文:テレマーケティング業界で用いるインバウンド
  • インバウンドコールによるお客さまの声は貴重なデータです。
  • 売上を伸ばすためにもインバウンド・テレマーケティングの体制を整えましょう。

3. 広告業界で用いるインバウンド

HubSpotの記事によると、インバウンド・マーケティングは以下のように表されています。

Inbound marketing is an approach focused on attracting customers through content and interactions that are relevant and helpful — not interruptive.
(インバウンド・マーケティングは、煩わしさを感じさせることなく、コンテンツや適切さと有益さの相互作用によって消費者を魅きつけることに着目したアプローチ方法である。)

(出典:HubSpot https://www.hubspot.com/inbound-marketing)

消費者を煩わせることなくマーケティングを行うとはどういうことでしょうか?具体的に例を挙げると、ブログやSNSなどがインバウンド・ビジネスに役立っています。
コンテンツを通して役立つ情報を提供することで、消費者に商品を購入したい、またはサービスを体験したい、と思わせるのです。
これは、消費者がいつでも自分のちょうど良いタイミングでコンテンツにアクセスできるということが重要です。インバウンドを考えているのであれば、魅力的な宣伝ツールを先に用意する必要があります。

例文:広告業界で用いるインバウンド
  • インバウンドマーケティングのために、WordPressでメディアサイトを制作して記事を投稿します。
  • 通販サイトを多言語化して、インバウンド客向けの越境ECサイトに進化させます。

4. IT業界で用いるインバウンド

IT業界でも「インバウンド」という言葉を使うことがあります。例えば、

  • 通信
  • トラフィック
  • データ

などが「外部から内部に向かう」意味です。

例文:IT業界で用いるインバウンド
  • インバウンドリンク(外部リンク)から自社サイトへの流入が増えてきました。

以上からわかるように、インバウンドは全く異なる意味を持っています。使われているシーンによって意味が違ってくるので、ややこしいといえばそうかもしれません。

続いては、インバウンドの対義語である「アウトバウンド」について解説します。

アウトバウンドとは

では、アウトバウンドとは何でしょうか。インバウンドの対義語であるので、こちらも

  1. 観光業界で用いるアウトバウンド
  2. テレマーケティング業界で用いるアウトバウンド
  3. 広告業界で用いるアウトバウンド
  4. IT業界で用いるアウトバウンド

という4つの意味があります。

1. 観光業界で用いるアウトバウンド

自国から外国へ出かける旅行をアウトバウンド(Outbound)または海外旅行という。
(出典:JTB総合研究所「インバウンド」 https://www.tourism.jp/tourism-database/glossary/inbound/)

2. テレマーケティング業界で用いるアウトバウンド

個人や会社自らが宣伝のために電話を発信することをアウトバウンドと呼びます。

3. 広告業界で用いるアウトバウンド

インバウンド・マーケティングと同じで、広告業界では全く違う意味となります。
アウトバウンド・マーケティングは個人や会社自らが宣伝を積極的に行っていることを指します。
テレビCM・電話勧誘・ダイレクトメール・ウェブページの広告・店頭にて販売員のセールストークなど、「自分の意思に関係なく目や耳に飛び込んでくる宣伝」が挙げられます。
アウトバウンド・マーケティングは一瞬だけ人の注意を引きますが、突然だと作業を中断せざるを得なかったり、興味がないものに対して宣伝された時や、自分には必要ないと思ったものに対する宣伝には不快な気分になることさえあります。
しかし、宣伝や広告掲載の内容が好印象だと消費者の記憶に残りやすいという点もあります。

4. IT業界で用いるアウトバウンド

IT業界の「アウトバウンド」とは

  • 通信
  • トラフィック
  • データ

などが「内側から外側へ出る」という意味です。

広告業界におけるインバウンドとアウトバウンドの違い

上記の例からわかるように、インバウンドとアウトバウンドは使われるシーンによって意味が異なる用語です。

観光業界やテレマーケティング業界、IT業界で用いるインバウンドとアウトバウンドの意味は「外から内か、内から外か」で言い表せるので理解しやすいですが、広告業界のインバウンドとアウトバウンドの意味についてはやや冗長となってしまいます。

広告業界のインバウンドとアウトバウンドの違いについて付け足して言うと、大きな違いは「消費者が広告や宣伝を自ら取捨選択できるか否か」であると言えます。

以下では、インバウンドとアウトバウンドマーケティングの手法について触れたいと思います。

広告業界で用いるインバウンド・マーケティングの手法

インバウンド・マーケティングは消費者に見つけてもらうことが重要です。
そのためには人が検索エンジンを使って欲しい情報を検索した結果、最初の1~3ページ程度で宣伝したい項目を見つけてもらわないといけません。これをSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)、またはSEO対策といいます。

検索結果にすぐに出てくるということは、それだけ有益な情報が載っていると検索エンジンが認識していることも同時に意味します。
また、その検索結果が有益なものであったかどうかも同じく重要です。
自分が知りたいことと必要のないことがだらだらと書かれていたら、「読んでいる時間がもったいない」と誰もが感じるはずです。途中で読むことをやめてしまうかもしれません。これだと宣伝の意味がありません。

逆によく見られるページというのは、他人から見た時に見やすいデザインになっている、また読みやすい文章構成になっています。
積極的に有益な情報を与えてくれる相手に対し読者が安心感を抱くことで、商品を購入したりサービスを受けることにつながります。
インバウンドの良いところは、ウェブで見つけた情報を比較検討できる点です。自分にとって有益かどうかをじっくり吟味できるので、一旦信頼感を覚えた発信者に対しポジティブな印象を持つという効果があります。

アウトバウンド・マーケティングの現状

逆に、アウトバウンド・マーケティングは自分で調べるのが面倒な人や、即決で決めたい人に宣伝するのには良いかもしれません。

しかし、そのためには宣伝を行う側が自ら宣伝効果のある消費者を見つけなくてはならないので、大変な労力を伴うことになるでしょう。
以前はよくあった家の固定電話へのセールス電話は、現在では少なくなってきていると言えます。今やスマホが一人一台の時代になってきているため、固定電話を持つメリットがあまりなくなってきています。また、現在は個人情報保護に敏感なので、固定電話の番号を開示したくないという人も多くいます。

また、忙しい現代人に対して訪問販売を行ったとしても本人が在宅していないなどといったことがあるので、行動に対しての効果が薄くなってきています。
このようなセールス方法は突然なことに加え、ほとんど知らない・信用できない人からいきなり「商品を買ってください」と言われているようなものです。言われた方も面食らいますし、言葉を慎重に選ばないと相手を怒らせてしまったりする結果となってしまいます。そのような結果は誰も望んでいないことですし、お互いが不快になることは避けたいと思うのが普通だと思います。

このような時代の変化に伴い、インバウンド・マーケティングが近年主流になってきているのだと言えます。

次は観光業界において盛り上がりを見せているインバウンド(訪日客)について紹介します。

観光業界のインバウンド(訪日客)対策

ここからは観光業界のインバウンド、いわゆる訪日客について

  • インバウンドの最新動向【2018年版】
  • インバウンド客を呼び込むための施策
  • インバウンド需要による地方創生の事例
  • インバウンド対策をするならチェックしたいメディア
  • インバウンドを理解するためのおすすめ記事紹介

の順に解説します。

インバウンドの最新動向【2018年版】

2018年のインバウンド客は、過去1位の人数を記録しています。政府機関の「日本政府観光局(JNTO)」が発表した2018年上半期の累計では、訪日客は1589万8,900人と2017年同期から15.6%増加。減速することなく最大級の客数を更新し続けています。

訪日客数は2013年まで2000万人台を10年近く停滞していました。そこから復調して2014年に3000万人台、2016年に4000万人台と急激な伸びを計上。当然ながら、成田や羽田など空港利用者数も増え続けています。

政府を中心に東京五輪に向けてインバウンド対策をしているのが大きな要因ですが、自治体や小売店、スタートアップ、ECサイト(越境EC)などがさまざまな取り組みで訪日客を集めていることも増加の理由です。

これからさらに客数が増えることが予想されることから、チャンスは広がっていると言えます。

インバウンドの最新トレンドは「JNTO、上半期の訪日客数を発表。2020年の目標に向けて順調に推移」をご一読ください。

次はインバウンド客を呼び込むための施策について、大まかに理解するための紹介をします。

インバウンド客を呼び込むための施策

インバウンド客を呼び込むための施策には、以下のようなものがあります。

  • Wi-Fi環境を整える
  • 多言語翻訳に対応する
  • ムスリムなど宗教に留意する
  • お店であれば免税POSで決済する
  • 通訳案内士(通訳ガイド)の資格を取得する

それぞれ解説します。

Wi-Fi環境を整える

インバウンド客はレストランや買い物など、観光に関する情報を手に入れるためにWi-Fiを使う訪日客が多く、インターネット環境は欠かせない条件の1つと言えます。

またインバウンド客はタクシーではなく配車サービスのUBERを使うことも多く、運転手とのやり取りにはWi-Fiが欠かせません。

世界の観光地や商業施設では日本よりもWi-Fi環境が整っていることがほとんど。ネット環境の整備は、グローバルスタンダードに近づく意味でも急務と言えます。

多言語翻訳に対応する

日本語以外の多言語に対応することも、インバウンド客を呼び込むには欠かせない要素です。英語版はもちろんのこと、

  • 中国語(簡体字、繁体字)
  • 韓国語
  • タイ語

など、主要な言語には対応しておきたいところ。その方法はタブレッドの設置から留学生の採用までさまざまあります。

多言語対応できる端末やアプリについては「多言語音声翻訳でインバウンド対策できるアプリや端末まとめ」をご一読ください。

ムスリムなど宗教に留意する

宗教に気をつけることも、訪日客を呼び込むうえでは必要なポイントです。例えばムスリムには「ハラルフード」という決まりを守った食べものしか食べない人がいます。中には日本の食文化を楽しみたくても宗教の決まりが守られているかわからず、結果として日本食を楽しめないことも。

日本にいると宗教を意識することは少ないかもかもしれませんが、インバウンド対策においては宗教をはじめとした国際感覚が求められます。

ハラルフードについては「ハラルフードとは?豚肉やアルコールを使わない日本食の提供で、ムスリムの集客につながる」にて解説しています。

お店であれば免税POSで決済する

訪日客の買い物において「税金が免除されるかどうか」は重要な基準の1つです。訪日外国人は、衣服や化粧品は「5,000円〜」、食品だと「5,000円〜50万円」の買い物をすると、免税(Tax Free)システムを利用できます。

消費税を支払う小売店においては、免税かどうかでインバウンド客数が変わります。なぜなら、お土産として爆買いをする訪日客が少なくなく、免税かどうかで支払う金額が大きく変わるからです。

POSレジというと東芝テック株式会社が有名ですが、同社では免税の処理サービスを筆頭に、訪日客の消費全てをカバーする「トータルインバウンドサービス」を提供しています。

免税について詳しくは「インバウンド消費を加速させる免税店!タックスフリーとデューティーフリーを正しく理解し、上手に活用しよう」をご覧ください。

免税POSの導入については「免税POSレジ導入でオペレーションの改善を!待ち時間を短縮したドン・キホーテの事例を紹介します」が参考になるかと思います。ドンキホーテはインバウンドの勝ち組とも呼ばれています。

免税の決済手続きでお客さまを待たせないために、POSレジ導入を検討している方はぜひご一読ください。

買い物を軸としたインバウンド誘致事例

また、買い物を軸とした旅行はショッピングツーリズムと呼ばれます。その事例は、

  • 高島屋:中国人向けの決済手段を増やし、需要をキャッチ
  • ローソン:民泊などに使うカギの保管ボックスを設置し、ついで買いを促進
  • イオン:2020年までに10万台のキャッシュレス決済端末を導入予定
  • 東急ハンズ:買い物自体がワクワクするような、テーマがある店舗設計
  • 小林製薬:イラスト付きパッケージ+質の高い製品でアピール

などです。また、東京であれば銀座のデパートにおける化粧品売り場などで、インバウンド商戦が繰り広げられています。化粧品メーカーも外国人の肌に合う製品を各種開発しており、もはや日本人が知らない商品も登場しているのが現状です。

通訳案内士(通訳ガイド)の資格を取得する

インバウンド需要に備えて通訳案内士の資格を取ることも、できることならしておきたいです。とはいえ、通訳案内士は国家資格で取得が難しいのも事実。

しかしながら、2018年1月に改正された通訳案内士法では、資格がなくても有料の通訳ガイドができるようになりました。

詳しくは「2018年1月より通訳案内士法が改正。訪日客と通訳ガイドはどうなる?」をご一読ください。

続いてはインバウンド需要について、地方での状況に目を向けます。

インバウンド需要による地方創生の事例

インバウンド需要による地方創生の事例には、以下のようなものがあります。

【北海道】

【東北地方】

【関東地方】

【中国地方】

【九州地方】

このように国内の各地でさまざまなインバウンド対策が行われており、訪日客を地方へ誘致しはじめていることがわかります。

次は、インバウンド市場の情報を逃さないためにチェックすべきメディアを見ていきましょう。

インバウンド対策をするならチェックしたいメディア

インバウンドを扱っている主要なメディアは以下の通りです。それぞれタイプが違っており、求める情報によって見るべきメディアが変わります。

もちろん当サイト「インバウンドNOW」でも最新のインバウンド情報を随時紹介します。定期的にチェックいただければ幸いです。

インバウンドを理解するためのおすすめ記事紹介

当サイト「インバウンドNOW」のおすすめ記事を紹介します。これらの記事を読めば訪日客の動きを広く掴むことができるはずです。

クルーズ船の寄港で商店街の客数アップ

鳥取県の境港など、海外からのクルーズ船で日本へやってくるインバウンド客が増えています。こちらは「クルーズ船寄港、LCC就航が地域活性化のカギを握る?増加する訪日観光客」にて解説しています。

富裕層を中心に「医療滞在ビザ」の利用が広まっている

海外の富裕層を中心に、日本の病院を受信できる「医療滞在ビザ」が広まっています。詳しくは「医療滞在ビザとは?外国人の受け入れを増やせば、日本の医療サービスを海外に広めるきっかけにも」にて解説しています。

ロボットレストランなどサブカルチャーも徐々に人気へ

サブカルチャー人気も高まっています。例えば、「新宿歌舞伎町「ロボットレストラン」がインバウンド集客に成功した4つの理由とは?口コミやSNSでの拡散がカギ」では、ロボットによるショーが見れるレストランについて紹介しました。

日本文化やアクティビティを楽しめる人気のオプショナルツアー

下町のもんじゃ焼きなど、日本ならではの文化を楽しみたい訪日客が増えています。「オプショナルツアーとは?着物体験やスキーなどコト消費をアピールすれば、地方を訪れるきっかけとなる」では、着物や温泉、スキーなど、日本の文化やアクティビティを楽しめるツアーについて紹介。

リピーターの訪日客であればあるほど、より珍しい体験を求める傾向にあるようです。また写真撮影を趣味としているインバウンド客も「日本ならではのシーンが撮りたい」とツアーを申し込むことがあります。

訪日客に広まりつつある「シェアリングエコノミー」とは?

訪日客のあいだでは、民泊サービスのAirbnbや配車サービスのUberなど、シェアリングエコノミーが流行りです。

詳しくは「インバウンド対策に活用できるシェアリングエコノミーのサービス5選」をご一読ください。

インバウンドについて知って、正しいアクションを!

ここまでインバウンドについて言葉の由来や意味、具体的な例を紹介しました。

基本的にインバウンドは「外側から内側への動きを意味する言葉」で、広告やマーケティング、ITなどで用いられます。そして、当サイト「インバウンドNOW」におけるインバウンドは”外国から日本へ入ってくる訪日客の観光”を意味します。

インバウンドとアウトバウンドの意味については用いる状況によって理解しなくてはいけないため難しく感じるかもしれません。近年よく用いられている用語なので、正しく理解しておきたいところです。

観光におけるインバウンド対策の事例についてより詳しく知りたい方は「インバウンド対策とは?事例21選を交え徹底解説」をチェックしてみてください。

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

 

関連記事

  1. 中国人が選ぶ神薬12選とは?イラストや使い方など、分かりやすいアピール方法がカギ

  2. 無料オンライン翻訳サービス8つ。英語や中国語を自動的に翻訳すれば、お客さまとスムーズにやり取りできる…

  3. ビジット・ジャパン・キャンペーンとは?訪日外国人を増やすコツは、海外メディアや企業と協力すること

  4. 訪日中国人FITとは?インバウンド集客における注目のトレンドと事例を解説

  5. インバウンド需要の変化に観光バスはどう立ち向かうのか

  6. ソンクラーンとは?訪日タイ人の悩みを解決して、観光スポットの集客につなげる

  7. FIT(海外個人旅行)はインバウンド対策のカギ。旅行スタイルから課題まで解説します

  8. インバウンド成功の秘訣は『納得度』。便利な翻訳アプリの活用方法

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP