Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約7分で読めます

注目すべき「インバウンド婚」とは?外国人に人気のあるウェディングプランを紹介します

「インバウンド婚ってなんだろう…」

と感じているインバウンド担当の方。

インバウンド婚とは、外国人が新婚旅行を兼ねて日本で結婚式を挙げることです。

日本は現在、少子化の影響で婚姻件数が減少しており、さらには価値観の変化で結婚しても挙式披露宴を行わない人も少なくありません。減少の影響を受けて、日本国内におけるブライダル市場の縮小が見込まれています。

しかしインバウンド婚によって、ブライダル市場には

  • 日本のブライダル市場が活性化する
  • 土日や平日、仏滅などカレンダーに左右されにくい
  • 地域経済の活性化につながる

などのメリットがあります。

さらには地方都市のプロモーションや、地域経済の活性化につながることも少なくありません。

そこで今回は、

  • インバウンド婚の概要と種類
  • インバウンド婚を受け入れるメリット
  • インバウンド婚に注目したブライダル会社「エスクリ」の取り組み

を紹介します。

「いきなりインバウンド婚を受け入れるのは難しい」と感じるかもしれませんが、押さえるポイントはそれほど多くはありません。

まずはインバウンド婚について、ざっくりと理解しましょう!

PR:店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?

ANAグループ媒体とWeiboから訪日客にリーチさせ、旅マエ、旅ナカのインバウンドプロモーションをサポート!

 

インバウンド婚とは、外国人観光客が日本で結婚式を挙げること

インバウンド婚とは、外国人観光客が新婚旅行を兼ねて日本で結婚式を挙げることです。「インバウンド」と「結婚」を組み合わせた造語で、マーケティング専門紙「日経MJ」が作りました。

インバウンド婚が訪日外国人から人気を集める理由は「日本のきめ細やかなサービス」が好評だからです。

サービスとは例えば、

  • 屋外での写真撮影で、新婦に日傘をさす
  • 動きにくい新婦にストロー付きの飲み物を提供する

などです。

新郎新婦のことを考えたサービスは、海外のブライダル業界ではあまり多くありません。日本人のおもてなしが、外国人の観光客から人気を集めています。

そしてインバウンド婚は、ざっくりと3種類にわけることができます。

次でそれぞれ解説しますね。

1.リゾート婚:沖縄など観光地で式を挙げる

多様性の高まりやトレンドに左右されやすいウェディング市場において、リゾートで行う「リゾート婚」は長く支持を集める人気プランです。

沖縄県観光振興課のデータによると、2017年に沖縄でリゾート婚をしたカップルは、国内外あわせて約1万7,288組を記録しました。

カップルの内訳は、

  • 日本国内から:1万5,222組(前年比112.5%)
  • 海外から:2,066組(前年比110.7%)

と、現状はまだまだ日本国内のカップルが多いです。

しかし前年比を見ると、海外からのカップルは110.7%と少ないわけではありません。

出典:沖縄県観光振興課「平成29年【年間】沖縄リゾートウェディング17,288組」
https://www.pref.okinawa.jp/site/bunka-sports/kankoshinko/yuchi/documents/h29_1-12_rw.pdf

リゾート婚の数は着実に増えており、今後も不動の人気を誇り続けると予想されています。

リゾート婚は特に、台湾や香港、中国など中華圏からの観光客に人気です。

なぜなら、海外の芸能人や有名人によるリゾート地での結婚式がよく報道されているからです。その様子を見て、日本でのリゾート婚に興味を持つ人が少なくありません。

また結婚式ではなく、日本のリゾート地で結婚写真を撮るカップルも増えています。

2.神前結婚式:式で日本の伝統文化を体験できる

人気の観光地「京都」の神社仏閣で、結婚式を挙げる訪日外国人も増えています。

人気の理由は、日本の神社がどんな宗教を信仰する人でも受け入れているからです。この寛容さから、海外で人気を集めています。

例えば上賀茂神社では、英語での神前結婚式を受け付けています。年間で約800組が結婚式を挙げており、そのうち約100組はカップルのどちらかが外国人でした。

出典:産経WEST「外国人、京で愛を誓う-「日本の思い出に」寺社で和装結婚式を挙げる外国人急増」
https://www.sankei.com/west/news/171226/wst1712260068-n1.html

海外の結婚式は、宣誓とサインをするだけという簡単なもの。しかし日本の神前式にはさまざまな行程が用意されており、自国との文化の違いに興味を持つ外国人も少なくありません。

増加するインバウンド客へのサービス向上のため、上賀茂神社は2016年から婚礼部を設けています。

そのほかにも日本国内では、高台寺や護王神社、岡崎神社などが、インバウンド婚の式場として人気を集めています。

3.LGBT向けの結婚式:さらなるインバウンド誘致につなげる

2020年の東京オリンピックに向けて、LGBTを誘致する「LGBTインバウンド」が注目されています。なぜならLGBTには高所得者が多いといわれており、経済の活性化につながる可能性があるからです。

そのため日本のブライダル業界でも、LGBTカップルを歓迎する企業が増えつつあります。

特にLGBTのカップルは式場に問い合わせても、断られてしまうケースが少なくありません。幸せなはずのウェディングで悲しい思いをしないために、LGBT対応の式場を紹介するサービスが増えつつあります。

例えば「novia novia wedding」は、2014年頃からLGBTカップルに結婚式場やフォトスタジオを紹介するサービスを提供しています。

インバウンド婚の影響を受けて「novia novia wedding」は現在、英語での対応にも取り組んでいます。

インバウンド客の増加にあわせて、LGBTへの対応を始めているのはブライダル業界だけではありません。

自治体や事業者の中にも着目する人が増えており、東北ではLGBTツーリズムで復興につなげる取り組みがスタートしています。

詳しくは「LGBTツーリズムで東北を復興へ 六月よりLGBTツーリズムセミナーを開催」で紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

ここまでインバウンド婚について、ざっくりと解説しました、

インバウンド婚は「ジミ婚」「ナシ婚」の広がりで縮小する日本のブライダル業界を、活性化することが期待されています。

そこで続いては、「ジミ婚」と「ナシ婚」について簡単に説明します。

ブライダル業界がインバウンド婚の受け入れを必要とする背景

インバウンド婚の受け入れが必要な背景である、

  1. ジミ婚(地味婚)
  2. ナシ婚

の2つを解説します。

1.ジミ婚(地味婚)

ジミ婚(地味婚)とは「地味な結婚」の略です。役所に婚姻届を提出するだけなど、イベントを簡略化した結婚スタイルを指しています。

例えば、

  1. 結婚指輪のみ用意する
  2. 式は挙げずに、ウエディングドレスで写真のみ撮影する
  3. 披露宴の代わりにカジュアルな食事会を開催する

などが当てはまります。

ジミ婚の背景には「時間的も費用的にもできるだけ簡単に済ませたい」と感じている人が多いことがあります。

というのも、1980年代後半のバブル期は「ハデ婚(派手婚)」が人気を集めていました。しかしバブルの崩壊によって、結婚やお金に関する価値観は落ち着いたものに変わりつつあります。

そのため近年は、結婚式の費用を控えめにする、式のゲストを少なめにする人が少なくありません。価値観の変化とともに、現在はジミ婚が好まれる傾向にあります。

2.ナシ婚

ナシ婚とは披露宴を行わないで、婚姻届の提出だけで済ませるものです。

みんなのウェディングの調査によると、ナシ婚の主な理由は、

  1. 経済的な事情があるから
  2. セレモニー的行為が嫌だから
  3. 結婚式以外のことにお金を使いたいから

の3つです。

出典:みんなのウェディング「みんなのウェディング『ナシ婚』に関する調査2017 ~ナシ婚層の実態~」
http://www.mwed.co.jp/press/release/20170508100017

婚姻届の提出を済ませた後、節約した費用は新婚旅行や生活費にまわすことが多いです。

このような背景から、インバウンド婚の受け入れがブライダル業界を活性に導くカギとなっています。

とはいえ、インバウンド婚の受け入れは本当に効果があるのか、なかなかわかりにくいですよね。

そこで続いては、ブライダル業界がインバウンド婚を受け入れるメリットについてお伝えします。

日本のブライダル業界がインバウンド婚を受け入れるメリット3つ

インバウンド婚を受け入れるメリットとして、

  • 日本のブライダル市場が活性化する
  • 土日や平日、仏滅などカレンダーに左右されにくい
  • 地域経済の活性化につながる

の3つを解説します。

メリット1.日本国内のブライダル市場が活性化する

先ほど日本のブライダル市場は、晩婚化やナシ婚の影響を受けて低迷しつつあるとお伝えしました。

実際に矢野経済研究所の発表によると、2017年度のブライダル市場は約2兆4,990億円(前年比98.9%)を記録しています。金額を見ると大きく感じますが、前年比を上回っているわけではありません。

また挙式披露宴や披露パーティ市場、新婚旅行など、結婚に関係する市場すべてが縮小しているとも報告されています。

出典:日本経済新聞「矢野経済研究所、ブライダル市場に関する調査(2018年)結果を発表」
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP475262_W8A320C1000000/

日本におけるブライダル市場の低迷は、インバウンド婚によって解消できる可能性も少なくありません。日本で神前式を挙げたい訪日外国人などを獲得することで、売上アップにつながります。

メリット2.土日や平日、仏滅などカレンダーに左右されにくい

日本人の挙式は、日程に左右されることが多いです。

例えば、

  • 仕事が休みである週末に式を挙げたい
  • 縁起が良いとされている「大安」に式を挙げたい

などです。

そのため平日や仏滅などに、お客さまを呼び込むことは簡単ではありません。

しかし訪日外国人は、仏滅など日本文化を気にする人が少ないです。カレンダーに左右されにくいため、平日などお客さまの少ない時期に式を挙げてもらうことができます。

日程の集中を避けることができ、式場スタッフのスケジュールに余裕を持つことも可能です。

メリット3.地域経済の活性化につながる

インバウンド婚を目的とした訪日外国人が増えることで、式場のある地域は活性化が期待できます。

結婚式は新婚旅行も兼ねているため、新郎新婦の滞在が数日から数週間になることも少なくありません。彼らがホテルやレストラン、観光スポットを訪れることで、関連施設の売上アップにつながります。

また地域を訪れるのは、新郎新婦だけではありません。家族や友人なども観光地を訪れるため、地域全体の消費アップや交流人口の増加に。結果として、地域経済の活性化が期待できます。

ここまで、インバウンド婚を受け入れるメリットについて解説しました。

最後に、インバウンド婚に取り組む「エスクリ」の事例を紹介します。

インバウンド婚のニーズに注目した「エスクリ」の事例

年間8,000組の結婚式を手がける株式会社エスクリは、インバウンド婚ニーズの獲得を目指しています。

インバウンド婚に関するエスクリの取り組みとして、

  • アジア圏向けのプロモーション活動
  • 直営サロンを台湾にオープン

の2つを紹介します。

アジア圏向けのプロモーション活動

エスクリは2015年8月から、中国や香港、台湾でのプロモーション活動を本格展開しています。

例えば2015年10月、沖縄県北谷町にウエディングリゾート「セントレジェンダOKINAWA」をオープン。そして間もなく、中国や台湾で沖縄でのリゾート婚に関する営業を始めました。

現地の旅行代理店やブライダル会社に沖縄でのブライダルプランを提案したところ、受注が急増しています。

1年の営業活動を通じた結果として、式場利用の12%を訪日外国人が占めるようになっています。

直営サロンを台湾にオープン

エスクリは2018年4月に、台湾現地法人「ESCRIT Taiwan」を設立し、直営サロン「Bright Day Wedding」をオープンしています。

サロンでは、沖縄や北海道、東京など日本国内のほか、インドネシアのバリ島、アメリカのグアムなどでの挙式プランを台湾人向けに提供しています。

エスクリは今後「ESCRIT Taiwan」を拠点にアジア圏マーケットを強化し、低迷する国内におけるブライダル市場の活性化につなげる予定です。

このようにインバウンド婚がきっかけで、ブライダル市場や地域経済の活性化が期待できます。

インバウンド婚のニーズを獲得し、ブライダル市場の活性化に

今回はインバウンド婚について解説しました。

おさらいすると、インバウンド婚とは日本で訪日外国人が結婚式や披露宴を行うことです。

主にリゾート婚、神前結婚式、LGBTウェディングの3つが人気を集めています。

インバウンド婚を受け入れるメリットは、以下の3つです。

  • 日本のブライダル市場が活性化する
  • 土日や平日、仏滅などカレンダーに左右されにくい
  • 地域経済の活性化につながる

そしてインバウンド婚の獲得に取り組む事例として、株式会社エスクリを紹介しました。

まずはリゾート婚のプランを企画するなど、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

またブライダル業界を活性化させるものは、インバウンド婚だけではありません。

日本の美容も「美ンバウンド」として注目を集めており、メイクや髪型のセットなどが必要なカップルに需要があると期待できます。

美ンバウンドについて、詳しくは「美ンバウンドとは?インバウンドで注目を集める「日本の美容」 その強みと課題を解説」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. インバウンドの現場で起こっている飲食店予約の無断キャンセル。店舗が行うべき5つの対策とは

  2. インバウンドに特化したクラウドファンディングサイト、「J・FUNDING」とは?成功事例も含めて紹介…

  3. フォロワーの水増しが中国のインフルエンサーの間で問題に。正しいプロモーション効果を測定する方法とは?…

  4. 厳島神社が人気を集める7つの理由。インバウンド客増加のカギは、旅マエと旅ナカのアプローチ

  5. オリンピックでのインバウンド効果持続のために、日本が解決すべき課題5つ

  6. 訪日中国人向け、旅マエメディア12個まとめ。広告やプロモーション記事を作成して、集客につなげる

  7. 外国人の接客マニュアルを世田谷区が作成。地域の活性化につながる理由とは?

  8. 増加する外国人観光客のマナー問題。トラブル事例と対策を解説します

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



CATEGORY

アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP