クルーズ観光のインバウンド課題「消費額アップ」のコツとは。那覇港の事例から学ぶ

「クルーズ観光って本当にインバウンド効果があるのかな。できればもっと消費額を上げたい」

と感じているインバウンド担当の方。

クルーズ船を利用する訪日外国人は増えており、2017年には約253万3,000人を突破しました。

しかしクルーズ船を利用する観光客は増えているものの、クルーズ客の消費額は、

  • 一般客:12万136円
  • クルーズ客:3万6,539〜11万6,551円

と、一般客ほど多くありません。

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査 2018年4-6月期」

この結果を見ると、クルーズ観光によるインバウンド効果は少ないと感じてしまいますよね。

そこで今回は、

  • 国土交通省が発表したクルーズ観光の目標
  • クルーズ観光の受け入れ状況
  • クルーズ客の消費額をアップさせた沖縄県の事例

を紹介します。

クルーズ観光のイメージはつきにくいかもしれませんが、概要だけならハードルは高くありません。

まずはクルーズ観光について、ざっくりと理解しましょう!

国土交通省がクルーズ観光で500万人のインバウンド客を目指すと宣言

国土交通省は“訪日クルーズ旅客を2020年までに500万人”という目標を掲げています。

クルーズ観光とは、船で数日間かけて目的地に向かう旅行スタイルのこと。欧米を中心に世界中の観光客から人気です。

世界のクルーズ観光利用者数は、

  • 2005年:1,374万人
  • 2015年:2,320万人

と、近年になって2倍近く増えています。

出典:国土交通省「国土交通省におけるクルーズ振興の取組について」

そこで日本もクルーズ観光の促進をスタートすることで、さらなる訪日外国人の呼び込みにつながると予想しています。

続いては日本におけるクルーズ観光の受け入れ状況や、訪日外国人がクルーズ観光を選ぶ理由を解説します。

日本におけるクルーズ観光の受け入れ状況:利用人数や人気のエリアとは?

クルーズ観光について、

  1. クルーズ船を利用する訪日外国人の数
  2. クルーズ観光で人気のエリア
  3. クルーズ観光のスケジュール例
  4. クルーズ観光が人気を集める理由

を紹介します。

こちらの数字は、すべて以下の国土交通省のデータを参考にしています。

出典:国土交通省「2017 年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数(速報値) 」

クルーズ観光を利用する訪日外国人は、約253万3,000人

クルーズ観光を利用する訪日外国人の数は、以下の通りです。

  • 2015年:約111万6,000人
  • 2016年:約199万2,000人
  • 2017年:約253万3,000人

2016年から2017年にかけて、約54万1,000人も増えています。目標の500万人まで、あと半分ですね。

日本へのクルーズ観光は、主に以下のエリアから利用できます。

  • 中国
  • ロシア
  • 台湾
  • 香港
  • アメリカ

アジアなど近い国からの寄港が多いようです。

クルーズ観光で人気の旅行先は「博多」など、西日本エリアに集中

2017年、日本へクルーズ船が入港した回数は2,765回。2016年より約37.1%も増えています。

人気エリアとそれぞれの入港回数は、以下の通りです。

  • 博多港:326回
  • 長崎港:267回
  • 那覇港:224回

特に九州や沖縄エリアが人気です。

この増加やエリアの偏りは、中国からのクルーズ観光客が増えているからです。

例えば上海から福岡までの877kmは、東京から福岡の1,096kmとほとんど変わりません。私たちが国内旅行をする感覚で、中国から福岡まで旅行できるのです。

クルーズ観光のスケジュール:消費額が増えにくい原因は自由時間の短さ

例えば中国の上海から博多へのクルーズ観光の場合、スケジュールは以下の通りです。

【1〜2日目】

  • 朝に上海を出発し、2日間かけて日本へ移動。

【3日目】

  • 朝9時に日本へ到着し、入国手続きを済ませる。
  • 10時頃から自由行動がスタート、まずは市内の観光スポットを散策。
  • 昼食は各自で食べ、午後から買い物。免税店やドラッグストアで、化粧品やお菓子を購入。
  • 夕食を博多港の近くにあるレストランで食べて、19時には船に戻る。そして日本を出発。

【4〜5日目】

  • 2日間かけて、上海へ戻る。

このように4泊5日であっても、観光や買い物を楽しむのは1日のみ。移動に時間が必要で、そこまで自由時間は多くありません。宿泊もしないため、消費額はどうしても増えにくいのです。

クルーズ客の消費額に関しては、「2018年度上半期インバウンド客の旅行消費額。クルーズ客が増加するも消費は増えず」でも詳しく紹介しています。

飛行機の方が買い物もしっかりとできるのに、いったいなぜクルーズ観光を選ぶのか、疑問に感じるかもしれません。

続いては短いスケジュールにもかかわらず、訪日外国人がクルーズ観光を選ぶ理由を解説します。

インバウンド客がクルーズ観光を選ぶ2つの理由

訪日外国人は、以下の理由からクルーズ観光を好んでいます。

  1. 観光スポットや世界遺産へのアクセスがスムーズ
  2. 荷物制限を気にすることなく、買い物できる

それぞれの理由を解説します。

1.地方の観光スポットへのアクセスがスムーズ

海外からのクルーズ船を受け入れている地方エリアは、世界遺産や文化遺産など、観光スポットの多い場所です。

  • 静岡県・清水港:富士山
  • 広島県・広島港:原爆ドーム、厳島神社
  • 兵庫県・神戸港:姫路城

出典:国土交通省 港湾局「クルーズ振興を通じた地方創生~クルーズ100万人時代に向けた取組~」

飛行機で日本を訪れた場合、まず空港から市内のホテルへ、そしてホテルから目的地までのルートを検索する必要があります。場所によっては空港からのアクセスが悪く、なかなかスムーズに到着できません。

しかしクルーズ船ならば、港が観光スポットの近くに位置するだけでなく、到着後はツアーバスが迎えに来ます。そのままバスで観光スポットに到着できるため、目的地までのルートを調べる必要がありません。

この自由時間に“オプショナルツアー”に参加する訪日外国人も多いです。オプショナルツアーについては、「オプショナルツアーとは?着物体験やスキーなどコト消費をアピールすれば、地方を訪れるきっかけとなる」をチェックしてみてください。

2.荷物制限を気にすることなく買い物できる

クルーズ観光を利用することで、荷物制限を気にすることなく家電や化粧品など購入できます。

多くの航空会社では、「スーツケースなどの受託手荷物は1人につき1個(23kg)まで」など、個数と重さに制限があります。それ以上の荷物を預けると、追加料金が必要に。そのため家電など大きな荷物を購入したくても、1〜2個におさえる必要があります。

クルーズ船は、飛行機ほど荷物制限が厳しくありません。クルーズ船によっては30kgまで持ち込むことができ、重さを気にすることなく買い物できます。

とはいえ、冒頭でも述べたようにクルーズ客の消費額はまだまだ少ないのが現状です。そのため、売上アップに必要な対策もイメージしにくいですよね。

そこで続いてはショッピングモールなどの売上アップに成功した、沖縄県にある那覇港の事例を紹介します。

那覇港の事例:クルーズ観光の利用客のために免税やWi-Fiなどを準備し、売上アップ

沖縄県の那覇港が、クルーズ観光の増加にともなってインバウンド対策を実施したところ、2015年7月に1カ月で約4万人を集客しました。

那覇港の近くにあるショッピングモールも、2015年度の売上は、

  • イオン琉球:691億1800万円
  • スーパーのサンエー:1645億5300万円

を記録。ちなみに、イオン琉球は過去最高の売上でした。

出典:ITmediaビジネス「インバウンドに沸く沖縄の小売業、しかし課題も」

以下では、那覇市のショッピングモールが実施したインバウンド対策を詳しく紹介します。

クルーズ船を利用する観光客のために、那覇市が準備した3つのこと

インバウンド客が本格的に増える前に、那覇市にあるショッピングモールは、以下3つのインバウンド対策を実施しています。

  1. 無料Wi-Fiの導入
  2. 免税カウンターの設置
  3. 沖縄の食材の取り扱いを充実させる

「買い物をしたい」というインバウンド客のニーズに応えて、スムーズに買い物できる環境を整えました。

その結果、那覇港から入港する旅客の消費額は、1日につき1人あたり約3万8,000円を記録しています。

出典:国土交通省 港湾局「クルーズ振興を通じた地方創生~クルーズ100万人時代に向けた取組~」

クルーズ観光の受け入れエリアに必要なインバウンド対策

クルーズ観光を受け入れるエリアでは、以下のインバウンド対策が欠かせません。

  1. Wi-Fiを利用できる環境
  2. クレジットカード決済や免税の導入
  3. 日本らしいお土産や食材

沖縄県でショッピングを楽しんだ人が満足した項目を見ても、

  • クレジットカードの対応(53.6%)
  • 土産品(51.9%)
  • Wi-Fi(37.1%)

など、力を入れたインバウンド対応と重なるところがあります。

出典:沖縄県「クルーズ船調査」

3つのインバウンド対応を実施することで、訪日外国人の満足度がアップ。集客に加えて、小売店などの売上の増加が期待できます。

また、インバウンド客にとっては「免税であるかどうか」が買い物をする理由になることも。免税の導入については「インバウンド消費を加速させる免税店!タックスフリーとデューティーフリーを正しく理解し、上手に活用しよう」で詳しく解説しています。合わせてチェックしてみてください。

クルーズ観光の利用客へのインバウンド対策は、小売店などの消費額アップにつながる

ここまでをおさらいします。

“クルーズ観光”とは、船で数日間かけて日本に到着する旅行スタイルです。

以下の理由により、訪日外国人から人気を集めています。

  1. 観光スポットや世界遺産へのアクセスがスムーズ
  2. 荷物制限を気にすることなく、買い物できる

そのため2017年、クルーズ船を利用した観光客は約253万3,000人を記録、人気エリアは博多や長崎、那覇など西日本に集中しています。

しかしクルーズ客は増加しているものの、消費額は大きくありません。そこでクルーズ観光の利用客の消費額をアップさせた事例として、沖縄県の那覇市を紹介しました。

那覇市にある小売店は、以下のインバウンド対策を実施して、1日あたり3万8,000円の消費額を記録しています。

  1. Wi-Fiを利用できる環境
  2. クレジットカード決済や免税の導入
  3. 日本らしいお土産や食材

クルーズ観光客の消費アップには、買い物しやすい環境を整えることが欠かせません。クルーズ船の受け入れエリアが、これらのインバウンド対策を実施することで、小売店はさらなる集客と消費額アップが期待できます。

そしてクルーズ観光で買い物だけでなく、宿泊も考えてもらうためには“リノベーションホテル”など、訪日外国人が宿泊したくなる施設を準備することが必要です。

「リノベーションホテルって何だろう」と感じた方は、「リノベーションがホテル予約の理由に。訪日客の集客に成功した、京都の事例を紹介します」も合わせてチェックしてみてください。

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. Tik Tok(抖音)とは?中国発の動画投稿アプリとその使い方について徹底解説

  2. 海外向け越境ECサイト制作での5つの課題と解決策。インバウンド消費の促進効果あり

  3. 東武鉄道のインバウンド対策10個。訪日外国人を日光に約10万人も呼び込んだコツとは?

  4. インバウンド需要の変化に観光バスはどう立ち向かうのか

  5. 「清水寺」がインバウンド観光地ランキング6位にランクイン!その人気の理由とは?

  6. 旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!

  7. 『モノ消費からコト消費へ』は本当?訪日外国人の目的別消費額の比較から見るインバウンド効果

  8. ターゲットは明確に!オンリーワンな観光地になるには?

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP