tsunagu Japanとは?人気メディアへの掲載が、インバウンド客からの認知度アップにつながる

「インバウンドのお客さまって、どうやって日本のお店を探しているのだろう…」

と感じている小売店や飲食店の方。

インバウンド客の72.1%は、スマートフォンで情報を集めています。そしてSNSや個人のブログ、旅行サイトなどを参考に、旅行中に訪問する場所を決めているのです。

出典:観光庁「旅行動態の変化の状況」

その人気サイトの1つに「tsunagu Japan」があります。tsunagu Japanの目的は、“日本の良さを海外に伝えること”。全国各地の宿泊施設や飲食店、買い物場所などを紹介しています。

このような訪日外国人向けメディアで小売店や飲食店などが紹介されると、認知度アップやインバウンド客の増加、そして売上アップが期待できます。

とはいえ、本当に効果があるのかはなかなかイメージしにくいですよね。

そこで今回は、

  • tsunagu Japanとは
  • tsunagu Japanがインバウンド対策に有効な理由
  • tsunagu Japanを通してインバウンド客が増えた美容室の事例

を紹介します。「メディアを使った集客って難しそう…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけなら簡単です。

まずはtsunagu Japanについて、ざっくりと理解しましょう!

tsunagu Japanとは、日本の良さを海外に伝える訪日外国人向けメディア

tsunagu Japanとは、コンセプト「日本の誇れるモノ・コトを世界に発信して、日本の良さをもっと海外の人に知ってもらう」をもとに、2013年から運営されているメディアです。

サイト内では観光やショッピング、日本文化などを紹介。2017年には、利用者数が月間130万人で350万PV(ページビュー)を記録しています。

tsunagu Japanで紹介する日本のもの一覧

tsunagu Japanでは、主に以下の情報を紹介します。

【旅行に役立つ情報】

  • 都道府県ごとに観光スポットの紹介
  • 宿泊施設
  • 飲食店
  • 買い物

【日本文化や流行について】

  • 日本食の食べ方やマナーなどの豆知識
  • 折り紙などの日本文化
  • インスタ映えするスポットなど日本のトレンド

これらは、以下の4カ国語で閲覧できます。

  • 英語
  • 中国語(繁体字・簡体字)
  • タイ語

tsunagu Japanのようなメディアは、旅行の準備をする「旅マエ」や、旅行中の「旅ナカ」へのアプローチに有効です。

「旅マエ・旅ナカ・旅アト」について詳しくは、「旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!」で紹介しています。

tsunagu Japanを使ったインバウンド対策

tsunagu Japanでは企業向けに、

  • タイアップ記事の作成
  • プロモーション
  • 訪日外国人を対象としたアンケート調査

などを実施しています。

メーカーや小売店、飲食店などが利用することで、店舗やブランドの認知度アップ、インバウンド客増加につながります。

とはいえ、本当にインバウンド効果があるのか疑問に感じますよね。

そこでtsunagu Japanが、インバウンド対策に効果的な理由を3つお伝えします。

tsunagu Japanがインバウンド対策に有効な3つの理由

tsunagu Japanがインバウンド対策に有効な理由は、以下の3つです。

  1. 外国人目線をもとにコンテンツを作成
  2. FacebookなどSNSを使ってアプローチ
  3. サイトの利用者をインバウンド客のみにしぼる

1つずつ解説します。

1.外国人目線を大切にしたコンテンツ

tsunagu Japanは「外国人目線」を第一に考えながら、コンテンツを作っています。

実際に社内には、10名ほどのネイティブスタッフを採用しています。これにより日本人にとっては当たり前で、なかなか魅力に気づけなかった日本文化を紹介するコンテンツの用意が可能に。

その結果tsunagu Japanはインバウンド客の心をつかみ、月間130万人が利用するメディアとして支持を集めています。

2.FacebookなどSNSを使ったアプローチ

tsunagu Japanでは、SNSを使った発信に力を入れています。

冒頭で紹介した観光庁の調査で、72.1%のインバウンド客が旅行中の情報収集にスマートフォンを使っているとお伝えしました。

そしてそのほとんどが、

  • 個人のブログ
  • SNS
  • 口コミサイト

などをチェックしています。

tsunagu Japanでは、Facebookページの更新に力を入れています。2018年8月時点で、いいねは20万380件、ページのフォロワー数は20万2,475人にものぼります。

またこのページをもとにした、訪日旅行者向けコミュニティも運営しています。そのグループ内では、日本への旅行に関する情報交換が盛ん。初めての日本旅行でも、安心して計画を立てることができます。

SNSを使って記事をシェアしたり、グループを通して日本の情報を伝えたりすることで、よりインバウンド客に届きやすくなっています。

SNSを使ったマーケティング事例について、詳しくは「インバウンドはSNS活用が外せない!インフルエンサーによるマーケティング事例」で解説しています。

3.日本語ページを用意しないことで、利用者はすべてインバウンド客に

tsunagu Japanでは、日本語ページを用意していません。そのため利用者は、ほとんど外国人のみにしぼられています。

多くのインバウンド向けメディアは日本語ページも用意しており、日本人が国内旅行をする際にも利用できます。しかしその結果、利用者がほとんど日本人というメディアも。これでは、インバウンド向けメディアを運営する意味がありませんよね。

さらにtsunagu Japanは、インバウンド向けのSEO対策にも力を入れています。

もしも記事を作成する場合、ノウハウを持ったtsunagu Japanに任せることで、自社でSEO対策をする必要がありません。来店時のお客さま対応などに集中でき、インバウンドにしぼった確実な集客につながります。

インバウンド向けSEO対策については、「インバウンド向けSEO対策とは?コンテンツ作成の流れから注意点まで解説します」で紹介しています。

ここまでtsunagu Japanがインバウンド対策に有効な理由を説明しました。

そして実際に、tsunagu Japanでお店が紹介されたことにより、インバウンド客が増えた美容室があります。

詳しくは次でお伝えします。

tsunagu Japanの紹介で、美容院を利用するインバウンド客が増加

tsunagu Japanでは美容情報の発信が盛んです。実際に美容ページのPV数は多い傾向にあります。中でも日本の美容室を紹介した記事が人気で、インバウンド客が増加したという報告も。

いったいどのような記事なのか、詳しく紹介します。

tsunagu Japanで観光客に優しい11の美容室を紹介

tsunagu Japanでは、東京をはじめとした各地にある美容室を紹介しています。

例えば「東京にある観光客に優しい11の美容室(11 popular hair salons in Tokyo that are tourist friendly too)」などです。

というのもtsunagu Japanは、株式会社USEN Media株式会社USEN Mediaとメディア連携をしています。

USEN Mediaは、インバウンド客に飲食店を紹介する「SAVOR J APAN」や、美容室を紹介する「bangs」などのメディアを運営しています。

USEN Mediaと連携することで、tsunagu JapanはUSEN Mediaが紹介する1万件以上の店舗情報を新たに手に入れることに。インバウンド客に紹介できる店舗の幅がさらに広がっています。

今回の記事も、bangs掲載の店舗をもとに作成されました。

tsunagu Japanで紹介後、毎日1組以上のインバウンド客が来店

tsunagu Japanでの紹介後、多くのサロンで「毎日1組はインバウンドのお客さまが来店している」という声があがっています。

この効果には「日本のヘアサロンの利用ガイド(The Complete Guide to Japanese Hair Salons)」という記事も関係しています。

記事では来店のハードルが下がるように、美容室のシステムを前もって説明。訪日外国人にとっては初めてでわかりにくい日本のシステムでも、この記事があれば安心して来店できます。

また日本の美容が「美ンバウンド」として、注目を集めていることも関係しています。「美ンバウンド」について詳しくは、「美ンバウンドとは?インバウンドで注目を集める「日本の美容」 その強みと課題を解説」で紹介しています。

このように、tsunagu Japanに自店の紹介記事を掲載することで、インバウンド客からの認知度がアップ。実際の来店でインバウンド客が増えるだけでなく、売上アップも期待できます。

まずはtsunagu Japanに掲載されている記事を、いくつかチェックしてみましょう!

tsunagu Japanなどメディアへの掲載で、インバウンド客の増加につながる

ここまでをおさらいします。

tsunagu Japanとは、「日本の良いものを海外に伝える」ことを目的としたインバウンド向けメディアです。利用者数は月間130万人、PVは350万を記録しています。

tsunagu Japanは、インバウンド対策に有効なメディアの1つです。その理由として以下の3つを紹介しました。

  1. 外国人目線をもとにコンテンツを作成
  2. FacebookなどSNSを使ってアプローチ
  3. サイトの利用者をインバウンド客のみにしぼる

そして実際に、“インバウンド客に親切な美容室”として東京にある11の美容室を紹介したところ、「毎日1組以上はインバウンド客が来店している」という効果があらわれています。

tsunagu Japanのような人気メディアに紹介されることで、インバウンド客からの認知度アップや売上アップが期待できます。

また、このようなインバウンド客向けメディアはtsunagu Japanだけではありません。

他のメディアは「目的別に選ぶインバウンド向けメディア5選!情報を的確に読者へ届けるために」で紹介していますので、こちらもチェックしてみてください。

関連記事

  1. 旅の音声ガイドアプリPokke、ロリータが案内する「原宿カワイイツアー」配信開始

  2. 訪日中国人FITとは?インバウンド集客における注目のトレンドと事例を解説

  3. 海外向け越境ECサイト制作での5つの課題と解決策。インバウンド消費の促進効果あり

  4. 箱根彫刻の森美術館がインバウンドから人気の観光地ランキングで第9位に。その理由とは?

  5. Wwoof(ウーフ)とは?登録から訪日外国人の受け入れ方法まで解説します

  6. 旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!

  7. タイのサッカー選手・ティーラシンがサンフレッチェ広島へ加入。訪日タイ人への影響と地方へ呼び込む方法と…

  8. インバウンド需要に合わせた「訪日ベトナム人向けメディア」を立ち上げる際に押さえておくべき3つのポイン…

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP