Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約4分で読めます

「Chill Chill Japan」はタイのインバウンド獲得に。概要とメリットを解説します

「Chill Chill Japanがタイからのインバウンド獲得に重要って本当かな」

と思っている方。

Chill Chill Japanは、タイ人に向けて日本旅行の情報を発信するWEBメディアです。訪日旅行メディアとしてタイで広く利用されており、日本へのインバウンド獲得において重要な役割を担っています。

とはいえ、具体的にどのようなメディアなのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • Chill Chill Japanとは「タイでナンバーワンの訪日旅行WEBメディア」
  • Chill Chill Japanの強みは「魅力的なコンテンツ設計」と「多彩なプロモーションプラン」

の順に紹介。

タイからのインバウンド獲得はハードルが高そうに感じますが、概要をつかむだけならすぐにできます。

まずはこの記事で、Chill Chill Japanについてざっくりと知りましょう!

Chill Chill Japanとは「タイでナンバーワンの訪日旅行WEBメディア」

Chill Chill Japan」は、タイでナンバーワンの訪日旅行WEBメディアです。「chill」とは、日本語で「リラックスする、ゆっくりする」を意味します。

Chill Chill Japanは、日本の魅力をさまざまな形で伝えるコンテンツをとりそろえており、2016年12月の開設からわずか1年間でサイト訪問者数が50万人を突破。2018年現在は月間110万PV、40万UUに達しています。

Chill Chill Japan利用者の実態は以下の通りです。

  • 1ヶ月以内に日本旅行の予定がある人:28%
  • 1〜3ヶ月後に日本旅行の予定がある人:24%
  • 3〜6ヶ月先に日本旅行の予定がある人:23%
  • 訪日旅行を計画中もしくは日本を旅行中の人:97%

ユーザーの97%が日本への旅行に関心を持っていることから、タイ人を集客したい旅行会社にとって効果的なプロモーションを打つことが可能です。

サイト上では、日本における

  • アトラクション
  • レストラン
  • 買い物
  • 温泉旅館
  • 旅行プラン

が検索でき、ウィークリーランキングも知ることができます。

またChill Chill Japanは、Facebookも運用中です。「Chill Chill Japan」Facebookアカウントでは、日本の観光に関する情報をタイムリーに得ることができます。

タイからの訪日観光客数は年々増加

観光庁のデータによると、2017年におけるタイからの訪日観光客数は第6位にランクインし、その数は987,211人でした。

また、タイからの訪日観光客は年々増えており、5年前と比較して2倍以上に増加しています。

【2017年訪日外客数上位10ヶ国】

順位 国名 訪日外客数(人)
1位 中国 7,355,818
2位 韓国 7,140,165
3位 台湾 4,564,053
4位 香港 2,231,568
5位 アメリカ 1,374,964
6位 タイ 987,211
7位 オーストラリア 495,054
8位 マレーシア 439,548
9位 フィリピン 424,121
10位 シンガポール 404,132

【タイからの訪日観光客数推移】

タイからの訪日観光客数(人)
2017年 987,211
2016年 901,525
2015年 796,731
2014年 657,570
2013年 453,642

タイからの訪日観光客数が増えている背景には、ビザの緩和があります。

  • 2012年:「数次ビザ(期間内に何度でも出入国できるビザ)」が開始
  • 2013年:「ビザ免除(15日以内)」が開始

またタイは親日国家としても知られており、タイ人の多くは、

  • 日本食
  • 日本のアニメ
  • 日本の製品
  • 日本の文化

に高い関心を持っています。タイ人にとって日本を訪れることは、憧れの1つになっているのです。

出典:観光庁「国籍/月別 訪日外客数(2003年~2018年)」

次は、Chill Chill Japanの強みについてお伝えしますね。

Chill Chill Japanの強みは「魅力的なコンテンツ設計」と「多彩なプロモーションプラン」

Chill Chill Japanの強みは、

  1. 魅力的なコンテンツ設計
  2. 多彩なプロモーションプラン

の2つです。

1. 魅力的なコンテンツ設計

1つ目の強みが、魅力的なコンテンツ設計です。

Chill Chill Japanのサイトは、主にブログコンテンツで構成されています。ブログコンテンツは、

  1. エリア:TOKYO、KYOTO、OSAKAなど
  2. アクティビティ:食事、買い物、宿泊など

という、大きく分けて2つのカテゴリから記事を検索できます。

さらにブログコンテンツは、タイ人が日本の旅行を調べるさいによく使う300以上のキーワードで、Google検索の上位表示を達成。これにより、日本に旅行したいタイ人のあらゆるニーズに対応できる状態を実現しています。

2. 多彩なプロモーションプラン

2つ目の強みが、多彩なプロモーションプランです。

Chill Chill Japanのプロモーションプランを利用することで、

  • サイト上のさまざまな場所で展開できるバナー広告
  • 購買を促進する記事広告
  • Chill Chill Japanライターによる取材および記事制作

など、タイ人に向けてしっかりと魅力をPRすることができます。

またその他にも、

  • ユーザーに対するアンケート調査
  • タイの旅行会社やメディア誘致
  • セールス・コール
  • パンフレットなどのツール作成

など、プロモーションに必要なさまざまなサービスの提供を受けることが可能です。

タイからのインバウンド獲得のカギは、「Chill Chill Japan」をうまく活用すること

ここまで、Chill Chill Japanとタイからの訪日観光客数の実態についてお伝えしました。

おさらいしますと、「Chill Chill Japan」は、タイでナンバーワンの訪日旅行WEBメディアです。

サイトを訪れるユーザーの実に97%が日本への旅行に興味を持っていることから、タイ人を集客したい旅行会社が効果的にプロモーションを打つことができます。

Chill Chill Japanの強みは、

  1. 魅力的なコンテンツ設計
  2. 多彩なプロモーションプラン

の2つ。魅力的なコンテンツをそろえることで、タイ人が日本旅行の情報を検索するさいによく使用する300以上のワードでGoogle検索の上位表示を達成しています。

また、多彩なプロモーションプランは、

  • サイト上のさまざまな場所で展開できるバナー広告
  • 購買を促進する記事広告
  • Chill Chill Japanライターによる取材および記事制作

など、タイ人に向けてしっかりと魅力をPRすることが可能です。

タイからの訪日観光客は年々増えており、2017年の訪日外客数ランキングでは第6位でした。インバウンドビジネスを考えるうえで、タイは重要な国の1つといえます。

タイからのインバウンドを獲得するには、日本を訪れるタイ人がもっとも利用しているChill Chill Japanをうまく活用することが重要です。

まずはChill Chill Japanが提供している、

  • サイト上のさまざまな場所で展開できるバナー広告
  • 購買を促進する記事広告
  • Chill Chill Japanライターによる取材および記事制作

などのプロモーションプランの利用を検討してみましょう。

また、タイ人を集客するうえで「ソンクラーン」はおさえておきたいワードの1つです。詳しくは「ソンクラーンとは?訪日タイ人の悩みを解決して、観光スポットの集客につなげる」をご一読ください。

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. インバウンド向けSEO対策とは?コンテンツ作成の流れから注意点まで解説します

  2. IoTで地域活性化!地方創生の取り組み事例

  3. 訪日外国人はSNSをどのように利用している?最新のSNS事情をインバウンド対策に活かそう!

  4. ピクトグラムとは?インバウンド対策への導入メリットとおすすめ無料サイトを紹介

  5. サムライ剣舞シアターとは?人気のカギはインバウンドが好む「体験型」

  6. 「新宿御苑」が外国人から人気の観光地ランキングで第7位に輝く理由とは?

  7. インバウンド獲得に重要な「大衆点評」とは?中国人向け口コミサービスについて解説

  8. QQとは?訪日中国人の利用アプリに幅広く対応することが、集客や消費アップにつながる

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP