「清水寺」がインバウンド観光地ランキング6位にランクイン!その人気の理由とは?

「清水寺はなんで外国人観光客に人気なんだろう…」

と思っている方。

清水寺は京都を代表する観光名所です。清水寺がインバウンド客の人気を集めているのはいくつかの理由があります。それらの理由を押さえておくことで、インバウンド集客に役立てることが可能です。

とはいえ、具体的にどのようなものなのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 清水寺とは、「清水の舞台」で有名な京都の寺院
  • 清水寺のインバウンド対策
  • 清水寺に対する外国人の反応

の順にお伝えします。

インバウンドの集客はハードルが高そうに感じるかもしれませんが、押さえるポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、清水寺が人気の理由をざっくりと知りましょう!

清水寺とは、「清水の舞台」で有名な京都の寺院

清水寺とは、「清水の舞台」で有名な京都の寺院です。

ことわざとしても有名な「清水の舞台から飛び降りる」は、「必死の覚悟で実行する」という意味。これは、清水寺に高い崖に張り出して作られた舞台があり、そこから飛び降りると「死んだときに成仏できる」などのご利益があるとされていたことが由来です。

清水寺は778年、京都の東にある音羽山(おとわやま)の中腹で開創されました。13万平方メートルにもおよぶ境内には、国宝と重要文化財を含む30以上の建築物があります。

1994年には世界遺産「古都京都の文化財」の1つとして認定され、日本人観光客だけでなく外国人観光客も数多く訪れる観光スポットです。

外国人に人気の日本の観光スポットランキングで「清水寺」は第6位

清水寺は、旅行に関する口コミ・比較サイト「トリップアドバイザー」の「外国人に人気の日本の観光スポットランキング2017」で第6位にランクインしました。

【外国人に人気の日本の観光スポットランキング2017 トップ10】

  1. 伏見稲荷大社(京都府)
  2. アキバフクロウ(東京都)
  3. 広島平和記念資料館(広島県)
  4. 厳島神社(広島県)
  5. 東大寺(奈良県)
  6. 清水寺(京都府)
  7. 新宿御苑(東京都)
  8. 金閣寺(京都府)
  9. 箱根彫刻の森美術館(神奈川県)
  10. 高野山 奥之院(和歌山県)

京都における観光スポットとしては、「伏見稲荷大社」に次ぐ第2位となっており、人気の高さがうかがえます。

出典:トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本の観光スポット ランキング 2017」

次は、清水寺のインバウンド対策についてお伝えしますね。

清水寺のインバウンド対策

清水寺は、外国人観光客に向けたインバウンド対策を実施しています。

代表的な取り組みは、

  • 公式ウェブサイトの多言語対応
  • SNSの活用
  • 夜のインバウンド需要取り込み

の3つです。

1つずつ説明しますね。

公式ウェブサイトの多言語対応

1つ目が、公式ウェブサイトの多言語対応です。

清水寺は公式のウェブサイトを持っており、

  • 清水寺の歴史
  • 見どころ
  • イベント
  • アクセス

などの情報を得ることができます。

ウェブサイトは、外国人観光客も見ることができるように英語へ対応。

外国人観光客は、清水寺に関する情報を事前に得ることができるため、より深く観光を楽しむことができます。

SNSの活用

2つ目が、SNSの活用です。

清水寺が運用しているSNSは、

  • Facebook(フェイスブック)
  • tumblr(タンブラー)
  • Instagram(インスタグラム)
  • Youtube(ユーチューブ)

の4つ。

SNSを通じて、

  • 見どころ画像のシェア
  • イベントの告知
  • イベント動画の配信

などを実施し、清水寺の魅力を海外に向けても発信しています。

夜のインバウンドニーズ取り込み

3つ目が、夜のインバウンドニーズ取り込みです。

清水寺では、桜と紅葉が見ごろになる「春」と「秋」に夜間のライトアップを実施しています。

外国人観光客は「夜の時間を持て余している」と言われており、夜間ライトアップはインバウンドのニーズにマッチしました。

インバウンドのニーズに合わせたプログラムをつくることで、満足度を高めさらなるインバウンド獲得につなげることが可能です。

次は、清水寺に対する外国人の反応についてお伝えしますね。

清水寺に対する外国人の反応

ここでは、外国人観光客の反応を

  1. 清水寺に対する感想はどのようなものがあるか
  2. 清水寺でどのような写真を撮っているか

の2点に分けてお伝えします。

外国人観光客の反応を知ることで、どのような点に日本の魅力を感じているか理解を深めることが可能です。

1. 清水寺に対する感想はどのようなものか

外国人観光客の清水寺に対する感想は以下のようなものです。

If you try to feel the experience of Pilgrims in the old days while walking towards this beautiful and huge temple via the steps and shops of Nineizaka and Sannenzaka, you will feel blessed when you reach there.

古の巡礼者の体験を感じるため、二寧坂や産寧坂の階段や店を通り抜けて、この美しい大きな寺院に向かって歩けば、着いたときには幸せを感じることでしょう。(アメリカ シカゴからの観光客)

One of the most popular temple must visit when you have trip to Japan, especially on Spring Season. You can see beautiful cherry blossom.

清水寺は日本でもっとも有名なお寺の1つで、行くのであれば特に春に訪れてください。とても美しい桜を見ることができますよ。(インドネシア ジャカルタからの観光客)

Go early if you can and see it all when there are fewer people. The view of Kyoto from the main hall is unbelievable.

できるだけ早く行くと、人が少ないうちに清水寺を十分に見ることができます。本堂から見える京都は、信じられないほどの景色ですよ。(アメリカ サンフランシスコからの観光客)

日本の神社や仏閣、四季を感じることができる自然などを楽しんでいることがうかがえます。

出典:トリップアドバイザー「清水寺の口コミ」

2. 清水寺でどのような写真を撮っているか

2018年9月時点で、Instagram上で「#kiyomizudera」とタグが付いた写真は183,709件投稿されています。

外国人観光客が撮っている写真で多いものは、

  • 紅葉、桜を映したもの
  • 仁王門や三重塔などの建築物を映したもの
  • 着物姿で写真撮影したもの

です。

季節の美しさや、日本の伝統や文化を感じられるものが写真として人気を集めています。

インバウンドが求める情報を発信し、ニーズを押さえた商品やサービスを提供することが大事

ここまで、インバウンドに人気の清水寺についてお伝えしました。

おさらいしますと、清水寺とは、「清水の舞台」で有名な京都の寺院です。

清水寺は「トリップアドバイザー」が実施した「外国人に人気の日本の観光スポットランキング2017」で第6位にランクイン。

世界遺産「古都京都の文化財」の1つとしても認定されており、観光スポットとして人気を集めています。

人気を集めている背景には、外国人観光客に向けたインバウンド対策があります。

代表的な取り組みは、

  1. 公式ウェブサイトの多言語対応
  2. SNSの活用
  3. 夜のインバウンド需要の取り込み

の3つです。

お寺に関する情報を積極的に発信したり、ニーズに合わせたイベントを実施したりすることで、インバウンド獲得に成功しています。

さらにインバウンドを獲得するうえでは、外国人観光客の反応を押さえておくことが重要です。

  • 旅行サイトへの口コミ
  • SNSで共有されている写真

などからニーズを常につかむようにしましょう。

京都におけるインバウンド動向については、「京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む」をご一読ください。

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. クルーズ船寄港、LCC就航が地域活性化のカギを握る?増加する訪日観光客

  2. SNSアプリ“派派(paipai)”とは?中国人が化粧品や医薬品の口コミをチェックする理由を解説しま…

  3. ARでインバウンド対策。訪日外国人のストレスを解消し、観光客やリピーターを増やす方法とは

  4. IoTで地域活性化!地方創生の取り組み事例

  5. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  6. 金閣寺がインバウンドから人気の観光地ランキングで第8位に。その理由とは?

  7. 注目すべき「インバウンド婚」とは?外国人に人気のあるウェディングプランを紹介します

  8. ファムトリップとは?海外のメディアやインフルエンサーと協力して、インバウンド客の増加につなげる

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP