アキバフクロウがインバウンド客から人気を集める5つの理由。集客のカギは、コンセプトとオンラインでの情報発信

「アキバフクロウが外国人から人気を集める理由ってなんだろう…」

と感じているインバウンド担当の方。

アキバフクロウとは、秋葉原にあるフクロウとふれあえるカフェです。フクロウ好きの夫婦が、完全予約制で運営しています。

アキバフクロウは、「旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本の観光スポット ランキング 2017」で第2位に選ばれました。

人気の要因には、「コンセプト」と「情報発信」の2つがあります。

【コンセプト】

  • 海外にはめずらしい「動物とふえあえる」場所
  • フクロウを一番に考えるスタッフの姿勢
  • ユニークな名前を持つフクロウたち

【オンラインでの取り組み】

  • 4カ国語に対応する公式サイト
  • InstagramなどSNSでの発信

今回は、アキバフクロウについて

  • アキバフクロウとは
  • アキバフクロウが外国人から人気を集める理由
  • 体験型カフェや飲食店に必要なインバウンド対策

の順に紹介します。

「いきなりインバウンド対策を実践するのは難しそう」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはアキバフクロウについて、ざっくりと説明します!

アキバフクロウとは、秋葉原にあるフクロウとふれあえるカフェ

アキバフクロウとは、秋葉原にあるフクロウとふれあえるカフェです。カフェですが飲食物の提供はありません。また少人数制で完全予約制のため、早めの予約が必要です。

来店時は、以下の体験が可能です。

  • 写真を撮る
  • フクロウに触れる、腕に乗せる
  • カメラマンによる記念撮影と写真をポストカードにして配布

アキバフクロウがトリップアドバイザーのランキングで第2位に

トリップアドバイザーにおけるアキバフクロウのページでは、満点である5.0の評価と2,024件の口コミが集まっています。

口コミの内容は、以下の通りです。

【オランダ人】

  • 原文:Definitely a recommended thing to do while you’re in Tokyo!
    Even with big groups (we were with 7 people) they made sure that we all had enough time to each get our own owl to hold. And even take a big group picture with owls.
    All in all a great experience!
  • 日本語訳:東京の中で絶対におすすめの場所!私たちは7人のグループで来店しましたが、1人1匹ずつ触れあえるほど十分な時間がありました。また全員で集合写真を撮ることもできます。とても素晴らしい経験でした!

【タイ人】

  • 原文:Who knew that there could be such a gentle, peaceful experience in downtown Tokyo! The staff was great with the guests but it was clear that their first priority where their owls.
  • 日本語訳:誰がこんな穏やかで平和な体験が、東京でできると知っていたのでしょうか。スタッフがゲストに親切にしつつ、フクロウを最も大切にしていることも伝わりました。

また人気がわかるのは、トリップアドバイザーだけではありません。

Instagramでも「#owlcafe」(owl=フクロウ)というタグで約8万1,000件の投稿が、「#akibafukurou」というタグでは、約2,200件の写真や動画が投稿されています。

投稿される写真や動画は、フクロウとのツーショットが中心です。

またアキバフクロウの店舗のSNSでも、お店にいるフクロウを紹介しています。

アキバフクロウの料金やアクセス方法

アキバフクロウの詳細は、以下の通りです。

  • 料金:1人あたり2,000円
  • 営業時間:12:00〜19:00で毎週火曜日は定休日
  • アクセス方法:JR秋葉原駅の中央改札口から歩いて2分

予約はウェブからのみで、電話では受け付けていません。

このようにアキバフクロウの営業時間は長くなく、毎日営業しているわけでもありません。また人気を集めているのは外国人が中心のため、日本人から見ると人気の理由はなかなかわかりにくいですよね。

そこで続いては、アキバフクロウが外国人から人気を集める理由を紹介します。

アキバフクロウが外国人から人気を集める理由:コンセプト

アキバフクロウは、「コンセプト」と「情報発信」によって人気を集めています。

まずコンセプトとして、

  1. 動物とふれあえる場所がめずらしい
  2. スタッフがフクロウを最優先に考えている
  3. 1羽ずつフクロウに名前をつけている

の3つを紹介します。

1.「動物とふれあえる場所」が海外ではめずらしい

欧米など日本以外の国では、動物愛護にとても厳しいです。そのため海外にはアキバフクロウのような、動物とふれあうカフェはほとんどありません。

そのため「動物とふれあえる」ことが、日本でしかできないめずらしい体験として注目を集めているのです。

2.フクロウを最優先に考えるスタッフの姿勢

アキバフクロウの公式サイトには、「フクロウのケアを最優先に」「フクロウの体調を最優先とした上で」などの注意書きがあります。

先ほどもお伝えしたように、動物愛護の観点から訪日外国人の中には、動物とふれあえるカフェを避けようとする人もいます。

しかしアキバフクロウの口コミを見ると、「スタッフがフクロウを一番に考えている」など、スタッフをほめる声が絶えません。そして店舗のフクロウにも、こまめな休憩を用意。フクロウの体調が悪ければ、ムリに店舗には出しません。

このようにフクロウを一番に考えている姿勢が訪日外国人にも伝わり、好感を得ているようです。

3.フクロウに1羽ずつ名前をつけて親近感を持たせる

アキバフクロウのフクロウには、1羽ずつ名前がつけられています。

例えば、

  • 魔法使い
  • 山下さん
  • たこ焼き
  • 餃子
  • 歌舞伎

などです。

どれも日本食や日本文化に関係ある、ユニークな名前ですよね。

そのため名前からフクロウに愛着がわき、ファンになる人が続出しています。

アキバフクロウが外国人から人気を集める理由:情報発信

続いては「情報発信」として、

  1. 多言語の公式サイトを用意
  2. InstagramなどSNSの活用

の2つを紹介します。

1.公式サイトは4カ国語で情報を掲載

アキバフクロウの公式サイトは、4つの言語ページが用意されています。

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(繁体字)
  • フランス語

ホームページの情報確認から予約まで、自国の言語で可能です。

2.InstagramなどSNSでフクロウを紹介

アキバフクロウでは、Instagramを中心に店内の様子を発信をしています。

主にInstagramを海外向け、Twitterは日本語のみで日本人向けに活用し、ほとんど毎日投稿されています。

特にInstagramではフクロウの様子だけでなく、フクロウの名前や性格紹介など、お店に来たくなる内容も少なくありません。その結果、アカウントは約2,300人のフォロワーを集めています。

このようにアキバフクロウは、「外国人に受け入れられるコンセプト」と「オンラインでの情報発信」によって、インバウンド客からの人気を集めています。

ここまでアキバフクロウが人気の理由をお伝えしてきました。

最後に、体験型カフェや飲食店、観光施設などに必要なインバウンド対策を紹介します。

体験型カフェや飲食店、観光施設に必要なインバウンド対策

飲食店や観光施設には、以下のインバウンド対策が欠かせません。

  1. コト消費のアピール
  2. SNSでの情報発信
  3. ウェブからの予約受付

1つずつ解説します。

1.体験を中心とした「コト消費」ができること

インバウンド客は、着物の着付けや温泉への入浴など、「コト消費」を求める傾向が強いです。そのため飲食店や観光施設でも、「体験できること」がインバウンドの集客には欠かせません。

アキバフクロウの場合、「フクロウとふれあえる」というめずらしい体験を、インバウンド客は魅力に感じています。

モノ消費からコト消費への移り変わりについて、詳しくは「『モノ消費からコト消費へ』は本当?訪日外国人の目的別消費額の比較から見るインバウンド効果」で解説しています。

2.InstagramなどSNSで店内の様子を発信

SNSでの写真や動画による発信は、言葉を必要としません。そのため外国人にも、店内の様子やコンセプトが伝わりやすいです。

Instagramの具体的な活用方法と、集客の事例は「インバウンドの施策:インスタグラムで訪日観光客を呼ぶ方法とは」をご一読ください。

3.ウェブから予約できる受け付け体制

訪日外国人の困りごとの1つに、「言葉がわからないから予約が難しい」ことがあります。そのため日本語がわからないインバウンド客でもストレスを感じることなく予約できる体制は、インバウンド集客において必要な要素の1つです。

アクティビティやツアー、店舗の予約は、予約サイトを使うとスムーズです。オススメのサイトは「インバウンド向けアクティビティ予約サイト7選!訪日外国人の集客につながる工夫とは?」で紹介しています。

このように、インバウンド客のニーズを満たし、かつ手間を少なくする体制を整えることで、さらなる集客が期待できます。

アキバフクロウが人気を集める理由を参考に、自店の集客につなげる

今回は、アキバフクロウが外国人から人気を集める理由をお伝えしました。

アキバフクロウの人気の理由は、「コンセプト」と「オンラインでの情報発信」の2つです。

【コンセプト】

  • 海外にはめずらしい「動物とふえあえる」場所
  • フクロウを一番に考えるスタッフの姿勢
  • ユニークな名前を持つフクロウたち

【オンラインでの情報発信】

  • 4カ国語に対応する公式サイト
  • InstagramなどSNSでの発信

そしてアキバフクロウのような、体験型カフェや空間の集客には、以下の3つが欠かせません。

  • コト消費ができること
  • SNSでの情報発信
  • ウェブからの予約受付

アキバフクロウを参考に、まずはSNSアカウントの開設などからはじめてみてはいかがでしょうか。

またアキバフクロウと同じくらい外国人に人気のスポットとして、長野県の白馬村にある“地獄谷”があります。地獄谷では温泉に入るサルを見ることができ、その姿が「かわいい」と好評です。

白馬村の詳しいインバウンド対策は、「オプショナルツアーとは?着物体験やスキーなどコト消費をアピールすれば、地方を訪れるきっかけとなる」で紹介していますので、こちらもチェックしてみてください。

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 2019年4月「MUJI HOTEL GINZA」がオープン!ホテル開業ラッシュの背景には「インバウ…

  2. 中国人が選ぶ神薬12選とは?イラストや使い方など、分かりやすいアピール方法がカギ

  3. 「忍びの里伊賀」創生プロジェクトとは?地方インバウンド誘致のカギは、産学官民との連携

  4. 「新宿御苑」が外国人から人気の観光地ランキングで第7位に輝く理由とは?

  5. 「高野山 奥の院」がインバウンド観光地ランキング10位にランクイン。人気の理由とは?

  6. Wwoof(ウーフ)とは?登録から訪日外国人の受け入れ方法まで解説します

  7. インバウンド客のクリスマス。ニーズや事例など、地方の集客につなげるコツを解説

  8. サスティナブルツーリズムとは?環境や文化を守ることが、持続的な観光客の呼び込みに

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP