台湾人へのプロモーション方法。インバウンド獲得のカギは、訪日メディアやブロガーの協力

「台湾人へのプロモーションって、何をすればいいんだろう…」

と感じているインバウンド担当の方。

結論を言うと、台湾人向けのプロモーションは以下の3つが効果的です。

  • 台湾人向け訪日メディアへの記事掲載
  • 台湾人ブロガーやインフルエンサーの協力を得る
  • メディアとFacebookなどSNSとの連携

台湾は2017年だけで約456万4,000人のインバウンド客を記録しており、リピート率が約80%にものぼるエリアです。特にショッピングを楽しむ人が多く、服やかばん、カメラや時計、電気製品を購入する傾向が強いです。

その際、情報収集には個人のブログやSNSをよく活用しています。特に台湾ではブロガーの影響力が強いため、プロモーションには彼らの協力が欠かせません。

出典:観光庁「訪日外国人旅行者の訪日回数と消費動向の関係について~ 韓・台・香・中の訪日回数の多いリピーターは1人当たり旅行支出が高い~」
http://www.mlit.go.jp/common/001226295.pdf

プロモーションを実施することで、メーカーや小売店、観光スポット、地方自治体などは、さらなる台湾人の集客と売上アップが期待できます。

とはいえ、具体的な方法や掲載メディアなどは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 台湾人に効果的な3つのプロモーション方法
  • 台湾人へのプロモーションに効果的なメディアやブロガー
  • 台湾人向けプロモーションを成功させる3つのコツ

を紹介します。

「いきなりプロモーションを実施するのは難しい…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは台湾人に向けたプロモーション方法について、ざっくりと理解しましょう!

台湾人に効果的な3つのプロモーション

台湾人へのプロモーション方法として、

  1. 台湾人向け訪日メディアに記事を掲載する
  2. 台湾人ブロガーやインフルエンサーの協力を得る
  3. FacebookなどSNSとの連携で拡散をねらう

の3つを紹介します。

1.台湾人向け訪日メディアへの記事掲載

親日傾向の強い台湾では、訪日旅行メディアがたくさん作られています。

そしてメディアでは、日本の

  • 化粧品や衣類
  • 食品
  • 観光スポット

などが、台湾人が使う繁体字で紹介されています。

メーカーや小売店が商品の紹介記事を、地方自治体が観光スポットの紹介記事や動画を作成して掲載することで、台湾人インバウンド客からの認知度がアップ。

そして、売上や訪問率アップにつながります。

2.台湾人ブロガーやインフルエンサーの協力を得る

台湾ではブログ文化が強く、影響力を持つ「パワーブロガー」も少なくありません。彼らは美容や食品、日用品など特定のジャンルに特化したブログを運営しています。

旅行の際、ブログを参考にする台湾人は約40.2%もおり、集客には欠かせません。

ブロガーに商品や観光スポットを体験してもらい、後日その感想やおすすめのポイント、楽しみ方などをブログに掲載してもらいましょう。訪日旅行での訪問率や購入率アップが期待できます。

3.FacebookなどSNSとの連携でさらなる拡散をねらう

旅行の情報収集にSNSを使う台湾人は、以下のように増えています。

  • 2015年:10.3%
  • 2016年:12.0%
  • 2017年:19.2%

特にFacebookの利用率が高く、アカウント所持率も76.6%と少なくありません。

出典:株式会社ジーリーメディアグループ「訪日台湾人&香港人向けNo.1ウェブメディア樂吃購!日本」
http://www.geelee.co.jp/wglp/wp-content/uploads/2016/03/geeleemediaprofile0907.compressed.pdf

そのため「メディアとSNS」、「ブロガーとSNS」のような連携は欠かせません。

プロモーション記事をFacebookページやブロガーのSNSアカウントでも紹介することで、さらなる拡散が期待できます。

ここまで台湾人へのプロモーション方法について、解説しました。

とはいえ、具体的なメデイアやブロガーを探すとなると、なかなか大変ですよね。

そこで続いては、プロモーションに効果的なメディアやブロガーをいくつか紹介します。

台湾人へのプロモーションに効果的なメディアやブロガー

プロモーションに効果的なものとして、

  1. 歩歩日本
  2. Japaholic
  3. 林氏壁氏

を紹介します。

1.【台湾人向けメディア】歩歩日本(ブーブーニホン)

「歩歩日本」は、台湾人や香港人向けに訪日旅行の情報を発信するメディアです。

そして公式Facebookページには、約7万3,000のいいねが集まる人気サイトの1つです。

メディアでは、以下を紹介しています。

  • 観光スポット
  • 人気のスイーツ
  • 買い物スポット

またカテゴリ「優惠券」でクーポンも配布しており、ショッピング好き台湾人の購買意欲を刺激することも少なくありません。

実際に、とある企業が店舗の紹介記事を掲載するとともに、クーポンを配布した事例があります。

すると、記事を見たユーザーのうち20%がクーポンを活用するという、反応の良い結果となりました。また歩歩日本のクーポン使用ユーザーだけで、年間の免税売上が2400万円を突破しています。

記事とクーポンを配布で、売上アップが期待できます。

2.【台湾人向けメディア】Japaholic(ジャパホリック)

「Japaholic」は日本が好きで、日本のライフスタイルに関心のある台湾人女性をターゲットとするメディアです。

月間PVは約140万、月間ユーザー数は40万。公式Facebookページには、約17万3,000のいいねが集まっています。

サイトでは、日本の

  • ファッション
  • 化粧品
  • グルメ

など幅広く紹介しています。

化粧品やアパレルメーカー、カフェなどの飲食店が記事を掲載することで、台湾人の女性にアプローチできます。

3.【台湾人の人気ブロガー】「林氏壁(リン・スーピン)氏」

台湾人で人気のブロガーの1人に、林氏壁(リン・スーピン)氏(以下、林さん)がいます。

林さんは何度もある訪日経験を活かして、ブログ「林氏壁和美狐團三狐的小天地」を運営しています。家族連れでの日本旅行について発信し、約70万人の読者を集めるほど。台湾の大人気ブロガーの1人です。

林さんは新潟県十日町市からファムトリップの招待を受けて、新潟を家族と一緒に旅行しています。

そしてブログの影響もあってか、新潟県を訪問する台湾人は1年間で約1万7,000人も増加。ブロガーの影響力に驚きを隠せません。

新潟県でのファムトリップの詳細や効果については「ファムトリップとは?海外のメディアやインフルエンサーと協力して、インバウンド客の増加につなげる」の後半部分で紹介しています。

このようにメディアや台湾人ブロガーの協力を得ることで、台湾人インバウンド客の呼び込みや売上アップにつながります。

ここまで、台湾人に人気のメディアやブロガーを紹介しました。

最後に、台湾人向けプロモーションを成功させる3つのコツを紹介します。

台湾人向けプロモーションを成功させる3つのコツ

プロモーションを成功させるには、

  1. メディアが自社のターゲットや商品と合っているか確認する
  2. PV数やユーザー数、SNSのいいね数のチェックする
  3. できるだけ多くの台湾人ブロガーにプロモーションを依頼する

の3つが必要です。1つずつ詳しく解説しますね。

1.メディアが自社のターゲットや商品と合っているか確認する

自社のターゲットと掲載メディアの特徴が合っていなければ、届けたい台湾人にアプローチができません。

例えばお菓子メーカーが、日本の化粧品や美容情報をメインに紹介しているメディアに記事を掲載しても、効果はあまり見込めませんよね。

そのため、自社商品を届けたいターゲットとして、

  • 年代
  • 性別
  • 訪日の目的

など、こまかく設定することが欠かせません。

自社のターゲットは誰か、メディアの紹介ジャンルはどのようなものか、しっかりと確認しましょう。

2.PV数やユーザー数、SNSのいいね数のチェック

メディアやブロガーの「合計PV」「月間ユーザー数」もチェックしましょう。PVやユーザー数が少なくては、商品の魅力が届きにくいです。

またメディアやブロガーが、FacebookなどのSNSと連動していることで、シェアによる拡散が期待できます。そのため、SNSページの開設も欠かせません。

問い合わせやメディアの公開資料で確認をしましょう。

3.できるだけ多くの台湾人ブロガーにプロモーションを依頼する

台湾人は情報収集をするとき、1人のブロガーだけを参考にする訳ではありません。

例えば、あなたが「メーカーAの化粧水」の購入を悩んでいるとします。

このとき「メーカーA 化粧水」や「メーカーA 化粧水 評判」などのワードで検索し、出てくるページを上から複数チェックしますよね。この流れは台湾人も同じです。

そのため1人のブログ記事で紹介するよりも、何人ものブロガーによって紹介されている商品やスポットの方が、信頼度が高まります。

ブロガーは1人にしぼらずに、4〜5人に依頼することが、売上アップには必要です。

このように自社に合ったプロモーション方法で、台湾人にアプローチしていきましょう。

台湾人向けプロモーションでさらなる集客と売上アップを

ここまで台湾人向けプロモーションについて解説しました。

おさらいすると、台湾人に効果的なプロモーションは以下の3つです。

  • 台湾人向け訪日メディアに記事を掲載する
  • 台湾人ブロガーやインフルエンサーの協力を得る
  • FacebookなどSNSとの連携で拡散をねらう

そして台湾人から人気のメディアやブロガーとして、以下の3つを紹介しました。

  • 歩歩日本
  • Japaholic
  • 林氏壁氏

プロモーションを実施する際は、以下の3つに注意しながら依頼しましょう。

  • メディアが自社のターゲットや商品と合っているか確認する
  • PV数やユーザー数、SNSのいいね数のチェックする
  • できるだけ多くの台湾人ブロガーにプロモーションを依頼する

これらを実施することで、台湾人から自社商品やサービスの認知度アップ、そして売上アップが期待できます。

また台湾人から人気のメディアには、「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」(以下、ラーチーゴー)もあります。

こちらは化粧品や食品だけでなく、地方の観光スポットなど訪日旅行を幅広く、台湾人スタッフの目線で紹介しています。

ラーチーゴーの詳細や詳しい事例は、「「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」とは?メディアと店舗から台湾と香港のインバウンド客にアプローチ」で紹介していますので、こちらもチェックしてみてください。

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. インバウンド需要の変化に観光バスはどう立ち向かうのか

  2. 健康維持が目的のウェルネスツーリズム。資源豊富な日本で、新たなインバウンド対策になるか?

  3. アキバフクロウがインバウンド客から人気を集める5つの理由。集客のカギは、コンセプトとオンラインでの情…

  4. 美ンバウンドとは?インバウンドで注目を集める「日本の美容」 その強みと課題を解説

  5. オリンピックでのインバウンド効果持続のために、日本が解決すべき課題5つ

  6. 【2018年版】ウェルネストラベルとは?観光×健康でインバウンド獲得のチャンス!

  7. 東京都が美術館・博物館等の観光施設の国際化支援補助金をスタート。インバウンド対応力の強化へ向けて動き…

  8. 中国四国農政局が観光マップを拡充、訪日観光客への対応強化

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP