南海電鉄がWeChatpayの導入をスタート。中国の電子決済を受け入れるメリットとは?

「WeChatpayなど電子決済を導入したいけれど、難しそうだな…」

と感じている公共交通機関の方。

WeChatpay(ウィーチャットペイ)やAlipay(アリペイ)などの導入は、南海電鉄が参考になります。

南海電鉄は2018年7月から、WeChatpayやAlipayなど電子決済の支払いを受け付けています。これにより訪日中国人は両替が必要なくなり、スムーズに旅行できるように。

結果として、窓口の混雑解消や利用客の増加につながっています。

とはいえ、具体的にどうすればよいかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 南海電鉄のWeChatpay導入について
  • 公共交通機関が電子決済を導入するメリット
  • 知っておきたい中国の電子決済サービス

を紹介します。

「いきなり導入するのは難しそう…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは南海電鉄のWeChatpay受け入れについて、ざっくりと紹介します!

南海電鉄がWeChatpayの決済を受け入れスタート

2018年7月より、大阪の南海電鉄がWeChatpay(ウィーチャットペイ)の受け入れをスタートしています。

これは新生銀行グループの「株式会社アプラス」と、「南海電気鉄道株式会社」が利用契約を結んだためです。

決済には、株式会社アイティフォーの決済クラウド「iRITSpay(アイリッツペイ)」を採用しています。

これにより、中国人のお客さまがWeChatpayで

  • 乗車券
  • 特急券
  • 特別車両券

などを購入できるようになりました。

WeChatpayを受け入れている駅は、以下の6つです。

  • 関西空港
  • 高野山
  • りんくうタウン
  • 天下茶屋
  • 新今宮
  • 難波

また駅だけでなく、「なんばパークス」にある236店舗、「なんばCITY」にある220の店舗でもWeChatpayでの支払いを受け付けています。

南海電鉄が導入した「WeChatpay」とは、中国の電子決済サービス

「WeChatpay」とは、中国の連絡アプリ「WeChat(微信)」のアカウントを使う決済方法です。

WeChatは月間アクティブユーザーが10億人を超えており、中国人のほとんどが使っています。日本人にとってのLINEのような存在ですね。

WeChatpayはQRコードやオンラインでの決済に対応しており、中国国内での利用者は6億人、決済額は600兆円を超えるほど。支払いのほとんどを、WeChatpayで済ませる人も少なくありません。

出典:株式会社アプラス「WeChatとは?」
https://wechatpay.aplus.co.jp/

南海電鉄でWeChatpayを利用する流れ

WeChatpayを利用する流れは、以下の通りです。

  1. お客さまがWeChatpayの決済画面を用意する
  2. 駅員がモバイル決済専用の端末で読み取る

また南海電鉄は、Alipay(アリペイ)や銀聯カードにも対応しています。

そして南海電鉄は、国内で初めて電子決済を受け入れました。

まだまだ浸透していない電子決済ですが、WeChatpayなどの導入には多くのメリットがあります。次で詳しく説明しますね。

南海電鉄のような公共交通機関がWeChatpayを導入するメリット

ここからは公共交通機関が電子決済を導入するメリットとして、

  1. 窓口の混雑が解消できる
  2. インバウンド客の利用が増える
  3. ショッピングセンターや空港の売上アップにつながる

の3つを紹介します。

1.多言語の対応や両替の案内がなくなり、窓口の混雑解消に

今まで日本の電車を利用するには、日本円の現金が必要でした。しかし電子決済の導入で、インバウンド客は日本円への両替が必要なくなります。

また中国語で切符の買い方を案内することも減り、インバウンド対応がスムーズに。窓口を利用するお客さまが減り、混雑の解消につながります。

2.WeChatpayの導入による訪日中国人の電車利用が増える

先ほど電子決済の導入で、インバウンド客は日本円を用意する必要がなくなった、とお伝えしました。これにより、日本の電車を利用するハードルが下がります。

実際にWeChatpayの影響もあってか、南海電鉄の2017年4月から12月の利用客は1,122万人を突破しています。これは前年から11%もの増加です。

また2011年の利用者は540万人だったため、6年間で2倍を超えた計算です。

出典:日本経済新聞「南海、空港線乗客6年で倍増 訪日客取り込み 次は難波」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26393510R30C18A1LKA000/

このように、電子決済の導入によって電車を利用するインバウンド客の増加が期待できます。

3.周辺のショッピングモールや空港の売上アップにつながる

南海電鉄のように、周辺のショッピングモールなどにも電子決済を導入することで、集客や売上アップにつながります。

例えば、関西国際空港も決済方法の多様化によって、インバウンド客の消費額アップに成功しています。

関西国際空港では、インバウンド客の中でも中国人が、最も買い物への意欲が高いお客さまであることが明らかになっていました。

そのためWeChatpayやAlipay、Mastercardコンタクトレスなどさまざまな決済方法を導入。その結果、免税店だけでなくコンビニやカフェなどでの少額決済にも使われるようになり、外国人のお客さまの消費を促しています。

出典:payment navi「関西国際空港、Alipay、電子マネー、国際ブランドの非接触決済などを続々導入」
https://www.paymentnavi.com/paymentnews/68335.html

このように公共交通機関での電子決済の導入は、集客や売上アップにつながります。

そして、中国人のお客さまが使う電子決済のサービスは、WeChatpayだけではありません。

最後にインバウンド担当者が知っておきたい、中国の決済方法をいくつか紹介します。

WeChatpay以外に知っておきたい中国の電子決済

中国のモバイル決済として、

  1. QQ Wallet
  2. Alipay

の2つを紹介します。

1.QQ Wallet

QQはWeChatと同じく人気の連絡アプリです。そして「QQ Wallet」という電子決済に対応しており、中国国内では約6億4,000人が利用しています。日本でも、コンビニや百貨店で使う中国人のお客さまが少なくありません。

QQ Walletも同時に導入することで、WeChatpayを利用していないインバウンド客の集客につながります。

QQについて詳しくは「QQとは?訪日中国人の利用アプリに幅広く対応することが、集客や消費アップにつながる」で解説しています。

2.Alipay

Alipayとは、中国の「阿里巴巴集団(アリババ)」が提供する電子決済の1つです。

もともとECサイト「淘宝網(タオバオ)」の公式決済としてスタート。中国では2017年だけで、約3,450兆円もの決済がAlipayで行われています。WeChatpayと同じくらい、さまざまな支払いに使われています。

最近、Alipayは「Pay Pay」の加盟店で決済が可能になったことが話題です。詳しくは「PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る」をご一読ください。

南海電鉄のようなWeChatpayの導入が、訪日中国人の集客につながる

今回は南海電鉄のWeChatpay導入について解説しました。

おさらいすると公共交通機関がモバイル決済を導入することには、以下のようなメリットがあります。

  • 窓口の混雑が解消できる
  • インバウンド客の利用が増える
  • ショッピングセンターや空港の売上アップにつながる

また、

  • QQ Wallet
  • Alipay

のような他の決済方法も導入することで、さらなる集客につながります。

そして電子決済とは異なりますが、東武鉄道も幅広いインバウンド対策で集客につなげています。詳しくは「東武鉄道のインバウンド対策10個。訪日外国人を日光に約10万人も呼び込んだコツとは?」をご一読ください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 「東大寺」がインバウンド観光地ランキング5位にランクイン!その人気の理由とは?

  2. 訪日中国人FITとは?インバウンド集客における注目のトレンドと事例を解説

  3. インバウンド客への多言語対応でスムーズな接客を! 手軽にできる対策からおすすめアプリまでご紹介

  4. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  5. インバウンドの施策:インスタグラムで訪日観光客を呼ぶ方法とは

  6. インバウンドに人気の奈良公園。インバウンド獲得に向けて官民一体となった取り組みがスタート

  7. オリンピックでのインバウンド効果持続のために、日本が解決すべき課題5つ

  8. OKWAVEが多言語化により、103の言葉に対応。インバウンド対策に活用できるサービスも紹介

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP