「JapanTaxi」と「カカオT」が連携。目的は訪日韓国人のタクシー利用アップ

日本のJapanTaxi株式会社と韓国のカカオモビリティ株式会社は2018年12月6日より、両社が展開しているタクシー配車アプリにおいて連携を開始します。

JapanTaxi社が展開しているのは、日本最大のタクシー配車アプリ「JapanTaxi」。対してカカオモビリティ社は、韓国で2000万人以上がダウンロードしている国民的アプリ「カカオT」です。

今回の連携では、訪日韓国人が「カカオT」を利用して日本のタクシーを呼び出すことができます。これにより、わざわざ訪日用に他のアプリをダウンロードするなどの手続きをする必要がありません。

JapanTaxi社は、訪日韓国人に速やかなタクシー利用を体験してもらい、インバウンド需要の増加を狙います。

今回の連携で便利な翻訳機能なども追加される

今回の連携で「カカオT」には、翻訳機能が追加されます。

例えば、

  • 簡単な挨拶
  • 「ここで止めてください」などのタクシー乗車に必要なコミュニケーション

をアプリが翻訳して現地の運転手に伝えられるのです。

この機能により、訪日韓国人が日本語を話せなくてもスムーズなタクシー乗車が可能に。
また、タクシー運転手の負担も軽減されます。

今回の連携を記念して、2019年2月まではローミング利用料無料キャンペーンを実施。海外で高額になりがちなパケット通信料を、無料特典にすることで「カカオT」の利用を促します。

2019年夏までには、日本のアプリ「JapanTaxi」で韓国の現地タクシーを呼び出せる対応を行う予定です。

JapanTaxi社はキャシュレス化などでインバウンド対応を推し進める

JapanTaxi社は、以前からインバウンド対策としてキャッシュレス化を進めています。具体的には、新機能「JapanTaxi Wallet」の追加です。

この機能は、タクシー車輌の助手席側後部に備え付けている広告タブレットのQRコードを、スマートフォンで読み取ることで料金の支払い手続きを完了することができます。

さらに、

  • Google Pay
  • Yahoo!ウォレット
  • Origami Pay
  • Alipay
  • WeChat Pay

などの各種クレジットカードに対応。ちなみに「Alipay」と「WeChat Pay」は中国で人気の2大スマホ決済サービスです。

「JapanTaxi Wallet」は、キャッシュレス化に対応し訪日客のタクシー利用を促進。そして今回の「カカオT」との連携では、訪日韓国人からの流入を狙います。

このように「JapanTaxi Wallet」は、タクシー利用の利便性を向上しインバウンド需要の活性化を図る考えです。

また、タクシーに代わる新しい配車サービスとして期待されているUBER(ウーバー)について詳しく知りたい方は「UBERはインバウンド客に人気の移動手段。配車サービスの普及やタクシー料金を改善すれば、交通機関の混雑が解消できる」をご一読ください。

参考:https://japantaxi.co.jp/news/cat-pr/2018/12/03/pr.html

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 無料オンライン翻訳サービス8つ。英語や中国語を自動的に翻訳すれば、お客さまとスムーズにやり取りできる…

  2. インバウンド需要に合わせた「訪日ベトナム人向けメディア」を立ち上げる際に押さえておくべき3つのポイン…

  3. 地方都市のインバウンド需要が増加。新たな国からの訪日客も

  4. 「大本山 大聖院」がインバウンドに人気の観光地ランキング17位にランクイン!その人気に理由とは?

  5. 箱根彫刻の森美術館がインバウンドから人気の観光地ランキングで第9位に。その理由とは?

  6. メディカルツーリズムとは?日本における現状とインバウンド獲得のポイントを解説

  7. 厳島神社が人気を集める7つの理由。インバウンド客増加のカギは、旅マエと旅ナカのアプローチ

  8. 健康維持が目的のウェルネスツーリズム。資源豊富な日本で、新たなインバウンド対策になるか?

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP