• 最終更新日
  • ノウハウ
  • この記事は約2分で読めます

クルーズ船寄港、LCC就航が地域活性化のカギを握る?増加する訪日観光客

クルーズ船や格安航空会社(LCC)によるインバウンド(訪日外国人)の増加で、西日本の商店街店舗の5割で訪日客が増えた、という結果が日本経済新聞社の調査で明らかになっています。売上の増加、それに伴う雇用の可能性などで良好な影響がでているとし、増加する訪日観光客を取り込んでいくことが、地域活性化のカギを握るといえるでしょう。

関西学院大学大学院教授は、地方の商店街が「訪日客を取り込む余地はいくらでもある」との見方を示しているそうです。ただ、「地方に来て、名所を見た訪日客に地元産品を『買ってもらう』工夫が問われる」と各地に共通する課題も指摘されています。

SNSでの集客も、各店舗ごとに工夫をこらした取り組みが行われており、こうした取り組みが商店街や地域全体で行われることで、より一層訪日観光客を引き付けることができるでしょう。

参考:西日本の商店5割「訪日客増えた」 本社観光調査 「雇用増やす」1割超 地域に恩恵
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22215590T11C17A0960E00/

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

PR:インバウンド地域創生プロジェクト

街をまるごと多言語化し、訪日外国人(インバウンド)の送客までをサポートします。

bnr-inbound-1000x300

この記事と併せて読まれている記事

  1. ワンコインバスを導入した地方自治体の事例。地域におけるメリットとデメリットも解説します

  2. 伊勢神宮が改元や天皇陛下の退位にともなって注目されている理由とは?訪日外国人の興味も解説

  3. ネットインバウンド需要が高まる2020年。訪日客の帰国後、リピート購入を狙うための越境EC対策とは

  4. KOLとは。概要から中国市場へのプロモーション方法までを解説します

  5. 国内旅行業者の経営実態を調査!2018年の旅行業におけるインバウンドトレンドを徹底解説

  6. 越境ECの利用者層とは?日本・中国・アメリカの特徴、市場規模を紹介

  7. 緊急時に役立つ災害アプリ3つ。訪日外国人に案内して、安心できる滞在を提供する

  8. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

インバウンド需要の変化に観光バスはどう立ち向かうのか

訪日外国人向けプリペイドSIMで「繋がらない国ニッポン」返上なるか

PAGE TOP